2019年08月25日

GUウィナーズカップ 4日目のようす



先日&本日と浜松市総合産業展示館にて催されました『バイクのふるさと浜松2019』、

浜松オートPRブース出展も無事に終了となりました♪今回のブースを通じて

オートレースそして浜松オートを知るきっかけとなりました皆さま、

ぜひハイスピードバトル・浜松オートレース場へご来場ください☆





少しずつ秋の足跡を感じる「K-mix杯 GUウィナーズカップ」・シリーズ4日目、

4つの「準決勝戦」が繰り広げられました結果、明日8/26(月)の

最終12R・8周回「優勝戦」はご覧の出場メンバーに決定しました!

熱戦にご期待ください!







第12R「ライジング準決勝戦」、

1着6枠・金子大輔選手(浜松)、2着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)



第12Rの終了後はすぐさま夕方練習が始まるため、

イベントプラザでの「公開インタビュー」は行なわれません。ロッカーにて

記者団とともに金子選手&圭一郎選手の優出コメントをいただきに伺いました。





写真:「道中、すみません…」と謝りにきた中村友和選手へ「いや全然、大丈夫、大丈夫!」と

 笑顔でいえいえと手を振る金子選手。



金子選手:「長かった…優出できるまでが…(安堵)昨日からはヘッド回りだけを一カ所扱って、

ニブさはなくなったんですけど、エンジン的にちょっと余裕はなかったですね。いっぱいいっぱいで。

追走してるときも、余裕はなかったし…ただ、ここで欲張っちゃうと、まだ自分は”病み上がり”

みたいなものなので、今はそんなに欲は出さないように。足りない部分は、まだありますけど…

ただ、ちょっと思い当たるところがないので、少しだけ考えてみます。もうちょっとだけノビが

必要かなとも思いますが、まぁ、これから考えます。最近の中で比べれば良くなってきて

いるので、今の状態のままレースをしても、十分ではあるのですけど。タイヤは一緒です。

耐久力はまぁ、なんとか。本当にムリしたところではスベっちゃうのですけど、それ以外なら、

頑張ってくれてたんで。スタートも最近ちょっと良くなってきてて、今日も悪くなかったんですけど、

友和君(中村友和選手)も優出したさに必死で突っ張ってきたから。まぁでも、スタートでも

欲を出しても仕方がないので、自分の中ではきれてますし。あとは落ち着いて。

・・・まぁ、あとは…6枠になったことも、すごくプレッシャーがあって…ちょっと

キツかったのですけど…もう、これで負けたらもう、無いなぁと思っていて、はい。

本当に、ようやく気持ちは解放されましたね…今節GUはポスターにもなっていましたし、

新聞社訪問も行っていたので、、まぁ”最低限の責任”は、果たせたかなと(記者団笑)

部品交換は今の時点ではあまり考えていないですね。」





写真:レースから戻って着替えるや、夕方練習には参加せずに、平塚雅樹選手に

 手伝ってもらいながらエンジン部をごっそり外す作業を始める鈴木圭一郎選手。



圭一郎選手:「再試走をしたのは、ちょっと、手前の惠匠さん(新井惠匠選手)がリアタイヤを

滑らせて、挙動があったので、グリップが早めになってしまいました。再試走をしたのですが、

何だか軽いし…良いところは無いですね。音も出てなかったんですよ。それだけに道中も

ちょっと焦りがありました。自信なかったです。リングを変えてみても重みがでなかったですし。

今からは下回りを開けて、ひと通り点検を。前回が良かっただけに、軽さを感じちゃうのも

あるかも知れないけど、ちょい差しも差さらないし、「ただ乗りやすい」ってだけですね。

シリンダーは元のに戻しています。昨日乗り比べしてみて、あんまり…準決勝戦で

使う感じではないなと思ったので、元に戻してるんですが、さほど代わり映えがしないから、

変えるところはそこじゃない、と。明日に向けては、メタルとか下回りを見て、

ヘッドを新品入れます!

(記者さんから「明日は青山さんとの対決・・」と言い出したところで)

ちょっと負けられないですね。…(沈黙)

タイヤは初日のか、今まで取っておいたやつがあるのですけど、1周乗ってみて、

スベりがなければ、取っておいたやつで行きます。

初日のタイヤでもタイムが出てるので、悪くないので。」



金子選手、圭一郎選手。コメントありがとうございました!





第11R「マスターズ準決勝戦」、

1着6枠・伊藤信夫選手(浜松)、2着8枠・浦田信輔選手(飯塚)





左から、伊藤信夫選手、浦田信輔選手。





第10R「ライジング準決勝戦」、最終コーナーで逆転、怒濤の”13連勝”を達成!

1着8枠・青山周平選手(伊勢崎)、2着3枠・田中正樹選手(飯塚)





左から、青山周平選手、田中正樹選手。





マスターズバトル&ライジングバトルの「準決勝戦」を第9Rより実施。

各レース上位1・2着選手が優勝戦進出となります。



第9R「マスターズ準決勝戦」、1度目の発走にて6枠・佐々木啓選手がフライング、失権に。

1着4枠・有吉辰也選手(飯塚)、2着6枠・佐々木啓選手(山陽)

佐々木選手はフライングによる失権のため3着の3枠・重富大輔選手が

繰り上がっての優出となりました。





左から、有吉辰也選手、重富大輔選手。





あずき色の衣装を身にまとって浜松オートへやってまいりました、

K-mixパーソナリティ・「STAR MARIE」の皆さん。

第6&9R発売中の2回、イベントプラザにて「トーク&ライブ」を実施しました。





彼女たちをこよなく応援するファンの方々も続々と浜松オートに来場し、

オリジナルソングと振り付けに合わせたタイミングばっちりな応援&声援を贈っていました。





第7Rにてハプニング発生。発走直前、3枠ゼロハン・石貝武之選手(浜松)のマシンが

車体故障を起こし、敢えなく欠車に。第7Rは「7車立て」にて競われ、

3枠にまつわる購入車券は全て返還となりました。どうぞご了承ください。

1着は6枠・中尾貴志選手(飯塚)です。





第7R発売中、メインスタンド西側広場にて「なつかしの競走車エンジン掛け」を実施。

元・浜松オートレーサー1期生の伊藤寧歳さんがフジ、トライアンフ、セアの3台を

順番に押し掛けして、マフラーサウンドの違いを堪能させてくださいました♪





浜松オートの「なつかしの競走車エンジン掛け」では、見学にお越しくださった

お客さまの中から参加者を募り、アクセルグリップの開閉によるエンジンの”うなり”を

体感していただくイベントも行なっています。朝の練習時に管理地区から聞こえてくる

マフラー音はアクセルの開閉によって生まれてくるサウンドです。

伊藤寧歳さん、この時でしか体験できないレアなイベントを、いつもありがとうございます!





明日まで第5R発売中、1Fインフォメーション前にて

「車券購入引換券が当たる未確定車券抽選会」を実施。

1000円分の未確定車券かはまりっちレシートを会場にご提示で参加できます、

当たればさらに予想目を増やすことができますので、ふるってご参加ください☆





本日の「走路内観戦」時のサプライズイベント、”選手と一緒に記念撮影”は

これからの浜松オートを牽引する新人4名全員が参加してくださいました☆

左から、米里崇徳選手、佐藤大地選手、桝崎星名選手、深谷俊太選手です。

米里選手はけがによりデビューが遅くなりましたが、佐藤選手、桝崎選手、深谷選手は

いよいよ勝ち上がりの権利が得られるようになります。

「優勝戦出場を目指して頑張ります!」と、お客さまの前で目標を掲げてくださいました。

新人選手の皆さま、イベントのご協力をありがとうございました☆





第3Rに「走路内観戦」を実施。浜松オートでは先月から、第4Rの発売中に

「中間走行練習」が行なわれることになったため、少々観戦後のプログラムが

ばたばたしております。お客さまにはご足労をおかけしまして大変申し訳ありませんが、

なにとぞご了承ください。





毎日開門から実施しています「GUポスター、選手サイン色紙」の先着プレゼント。

本日は佐藤貴也選手と青山周平選手のサイン色紙をそれぞれ10名様に、

金子大輔選手のサイン入りGUポスターを3名様にプレゼントします。

サイン色紙は2000円分、GUポスターは3000円分の未確定車券か

はまりっちレシートを会場へご持参ください。現在破竹の12連勝中である青山選手の

サイン色紙はぜひともゲットしたいと、開門からお客さまの行列ができあがっていました。

全てプレゼント次第終了です。





浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんが開門の来場者お出迎えを行なっている一方、

場内チャンピオンレーサー前では「浜松オート版 VR体験」ブースが設置。

専用のスコープを覗けば、あなたも浜松オートレーサー気分をヴァーチャル体験できます。

参加は無料です、どうぞご体感ください♪







仲田圭一朗選手(伊勢崎)。





筒井健太選手。





竹本 修選手(伊勢崎)。





朝の走行練習。くっきりと”黒潮”が写っています。メインスタンドでは場内予想屋さんが

選手ひとりひとりの走行を観察していました。走路内では、万が一の落車トラブル等が

起きないよう、審判&救護員も監視しています。





竹中一成選手(山陽)のリアタイヤの左右バランスを見てあげる浦田信輔選手(飯塚)。





キャブレターの開閉を調べる中野政則選手(山陽)。





右から、青嶋裕治選手、山浦博幸選手&渡邉 篤選手、柴田健治選手。

渡邉選手はサドルを修正する相談をしているようでした。



  

写真左:ハンドル回りを調整する鈴木一馬選手。

写真右:浜松新人・米里崇徳選手へ指導をする師匠・中村晋典選手。





森谷隼人選手(川口)のロッカーには古木 賢選手(川口)、新村嘉之選手(飯塚)、

黒岩 明選手(川口)と元・船橋ライダーズが集まっていました。大幅整備の相談でしょうか。

タイヤを運んでいるのは佐藤裕児選手(飯塚)です。



  

写真左から、佐藤貴也選手、小林悠樹選手。貴也選手は第10R「準決勝戦」に

7枠10線から出場します。





左手前から、TVの気象情報を見る花田一輝選手、中村杏亮選手選手(飯塚)、

久門 徹選手(飯塚)。久門選手は第11R「準決勝戦」に5枠10線から出場します。





左から、長谷晴久選手、中村友和選手。中村選手は本日第12R「準決勝戦」に

5枠10線からの出場を果たしています。外枠は金子大輔選手、

新井惠匠選手(伊勢崎)、鈴木圭一郎選手と並んでおり激戦区です。





検車場では穴見和正選手(山陽)が走行練習の準備を進めていました。





8月最後の日曜日となる浜松オートは「K-mix杯GUウィナーズカップ」の開催4日目。

第9〜12Rをかけてマスターズバトル&ライジングバトルの

「準決勝戦」が繰り広げられます。熱戦にご期待ください!

走路内では今朝も野田光宏選手をはじめ岩沼靖郎選手(伊勢崎)、

猿谷敦史選手(伊勢崎)など数名の選手が身体を動かしていました。

これまでの酷暑に比べると早朝の風に涼しさを感じ始めています。




posted by ブンブンボーイ at 19:10 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする