2019年09月01日

第10回浜松観光食堂杯フードアタック 3日目のようす



浜松オート短期決戦・3日間開催「第10回 浜松観光食堂杯フードアタック」、

最終12R「優勝戦」は灼熱の6周回にて競われ、前節GU優勝戦からの

リベンジスタートに成功し好展開を作った4枠20線・伊藤信夫選手(浜松)が

3周目で先頭に立つと、レース終盤、8枠20線・鈴木圭一郎選手(浜松)と

5枠・木村武之選手(浜松)との3つ巴戦を呈し、ゴール線は接戦。

写真判定に持ち込まれた末、軍配は伊藤信夫選手に上がり

久々の浜松オート地元優勝を成し遂げました!





写真判定となった場合、優勝選手がまだ分からないので、一旦8選手全員が

通常のレース通りに検車場へと戻ってまいります。そしてレーシングスタッフから

『優勝は4枠・伊藤信夫選手です』と無線で情報が伝えられると、

信夫選手を慕う先輩&後輩選手たちから「おめでとう!」、「おめでとうございます!」と

拍手が贈られました。左から、弟子の花田一輝選手、そして青島正樹選手、

鈴木啓示選手、山脇孝志選手、中村友和選手、筒井健太選手です。

花田選手は今節、休場選手の補充として本日1日だけ参戦しており、

師匠の優勝を目の前で見られたのはまさにラッキーといえます♪

日頃から仲の良い先輩、青島正樹選手も大変喜んでいました☆





ウィニング・ランを終えて、走路フェンス〜場内イベントプラザまでの

ヴィクトリーロードを進む信夫選手、すると両サイドには

走路フェンスからイベントプラザまでびっしりとお客さまが集まり、

「信ちゃーん!おめでとう!」と、”ハイタッチ・アーチ”ができあがっていました!





公開表彰式にて、(株)浜松観光食堂 代表取締役 平田隆康様、ASAHIちゃんと一緒に。

信夫選手の優勝コメントです。

「早めに先頭に立てたんですけどそれからペースが上がらなくて…それでも、どうしても

勝ちたかったので、先頭に立ってからはコースを守るようなレースになってしまいましたね。

今日は勝てたことは嬉しいですが、レース的には反省するところと、立て直したいところが

あるので、それだけ直して「GT秋のスピード王決定戦」でも優出できるように頑張りたいです。



今日は遅くまでご観戦くださり、ありがとうございます。久しぶりに表彰式に出て

緊張したんですけど、また近いうちに再び勝てるように頑張りたいと思いますので、

応援をよろしくお願いします!」



伊藤信夫選手、優勝おめでとうございました☆









第12R「優勝戦」は時間変更となり16:33ファンファーレです。

熱戦にご期待ください!





そして第12R「優勝戦」の試走。ASAHIちゃんによる優勝戦ラウンドガール始動です♪





第11R「特別選抜戦」、ゴール線ぎりぎりで逆転のまくりが炸裂。

1着3枠・町田龍駿選手(飯塚)、2着1枠・佳元光義選手(飯塚)、

3着4枠・斎藤正悟選手(浜松)の確定は3-1-4。





第10R「特別一般戦」、1枠ゼロハンから出場の浜松女子ライダー・金田悠伽選手が

道中、一度は6枠20線・赤堀 翼選手(浜松)から先頭を奪われるも

さらにバックストレッチ〜第3コーナーで赤堀選手へイン差しを炸裂、

先頭を奪還してゴールイン!逆転の1着勝利で今節2連勝をあげました!





レースを終えた後もマシンと向き合っていた金田選手。

「たまたま勝てただけなんですよ(笑)今日の朝、アニキの鈴木健吾さんが

このエンジンを鳴らして調子をみてくれて、「この状態でレースに出なさい」と。

セッティングはアニキがやってくれたものですから…おかげで感謝しています♪」

とのことでした。するとちょうど赤堀選手が私の後ろを通り、

「今日は自分の完敗だよ、おめでとう」と、金田選手を讃えていました。

金田悠伽選手、1着連勝おめでとうございました☆





第9〜10R発売中をかけて1Fインフォメーション付近にて

「浜観うまいもん抽選会」を実施。これまで8/30、31、9/1の3日間をかけて

場内食堂にて300円以上のお食事をされました皆さまへ「抽選券」を配布しており、

こちらの「浜観うまいもん抽選会」に参加できるのですが・・・

さすがに3日間配布を行なってきましただけに、抽選券を持って順番を待つ

長蛇の列が、西門側巨大ビジョンの手前まで伸びることに。

「こりゃついたなぁやー」とお客さまも苦笑いの様子でした。





写真:損して得取れ、本日の軽食コーナーではフランクフルトが1本100円のサービス!

ワンコインで買えることにより、一度に2・3本買うお客さまもいらっしゃいました♪



するとそこへ、「相変わらずやっとるね、ブンブン君!」と、なんと!

かつて”殿様”と呼ばれた元・浜松レジェンドライダー、伊藤博康さんが

いちお客さまとして来場、私にお声をかけてくださいました☆

私はちょうど博康さんへお話したいことがあったのです。





写真:8/24に浜松市総合産業展示館にて実施しました、

「バイクのふるさと浜松2019」内イベント、”懐かしの競走車エンジン掛け”。

元・浜松オートレーサー、伊藤寧歳さんが都合により不在だったため、

トライアンフのエンジン掛けは尾藤憲吾選手にお願いしました。



トライアンフでの競走経験者が少数となってきており、もし今後も伊藤寧歳さんが

都合で不在となった場合、尾藤選手以外の代理候補として

上村敏明選手、榑林敏郎さん、そして伊藤博康さんの名が挙がっていたのです。



その旨を博康さんへお話ししましたところ、、

「そんなんで良ければ、お安いご用だよ!またいつでも声をかけてくれれば。

ていうかトライアンフに限らず、競走車なんてどれもセアと一緒だよ(笑)」

と快諾♪ありがとうございます!今後はピンチヒッターとして

お願いすることもあるかもしれませんが、よろしくお願いいたします☆





今節の開催中、後期6ヶ月(10月〜2020年3月)の浜松オート・

開催日程ポスター(タテ型・ヨコ型)が完成し、各所にて配布が行なわれています。





浜松オートオフィシャルサイトにて開催日程カレンダー画像の

無料ダウンロードページを更新させました。

ダウンロード&ご自宅のプリンターで印刷をすればオリジナルポスターができあがります♪

どうぞご活用ください!





第5R「ランチアタック選抜戦」にて「走路内見学」を実施。

白熱の接戦を間近にご覧頂きました。

そして、全面アスファルトの走路内がいかに暑いかも実体験できたかと思います(笑)





宏和選手:「最近絶不調ですけど、頑張ります!(苦笑)」

「走路内観戦」時のサプライズイベント、”選手と一緒に記念撮影”では

鈴木宏和選手に参加をお願いしましたところ、「参加してくれそうな人に声をかけてきました」、

と、藤本梨恵選手(伊勢崎)&金田悠伽選手も参加してくださいました☆

藤本選手は前節「K-mix杯 GUウィナーズカップ」に続いて

浜松オートのファンサービスに務めてくださり、感謝感激です♪

宏和選手&藤本選手&金田選手、イベントのご参加ありがとうございました☆





「走路内観戦」手前の第4Rにアクシデント発生。

レース中、入場門・ファイティングゲートの奥となる第4コーナーにて

6枠40線・本門延唯選手(飯塚)が前方を走る5枠40線・野田光宏選手(浜松)後輪へ

イン差しを狙おうとしたところ、内側からタイヤが接触。本門選手は右へ極まる落車に。



レースは続行、大丈夫かとファイティングゲートのふもとに選手とスタッフが集まり

一時騒然となりましたが、自ら起き上がって外周へ避難し

レース後に一礼をしてゲートへ戻ってきた本門選手は

「身体は大丈夫です」と、周囲に謝ってロッカーへと戻っていきました。

大事にはいたらない模様です。





第2Rにハプニング発生。発走時刻を迎え、発走ピットから押し掛けをして

走路へやってきた1枠ゼロハン・桝崎星名選手でしたが途中でエンストを起こし停車。

エンジンやクラッチの故障も考えられるとして、レースが一時中断され

桝崎選手のみ1周テスト走行をする時間が設けられました。

異常は見られないとして無事発走、1着は3枠・城戸 徹選手(飯塚)。

桝崎選手は8着の成績となり、レース終了後、お手合わせをした選手たちへ

「ご迷惑をおかけしてすみませんでした」と謝りに回っていました。





第1Rに浜松新人・米里崇徳選手が1枠ゼロハンから出場、

8着の成績となりました。1着は2枠・田中竜二選手(浜松)。





本日までグリーンスタンドの入場先着200名様へ

グリーンスタンド2F食堂で使えるお食事の割引券をプレゼント。(売店は使用不可)

お昼を安く済ませられる分、もうひと目の勝負ができそうです♪





朝のスタート練習でのひと幕。鈴木圭一郎選手が本日「優勝戦」のハンデ位置である

20線の大外に着こうと思ったのですが、先着順で外枠が取られていたので・・





空いている20線の最内からスタート。





ゴール線の手前で先頭を手に入れていました。





3日間連続で実施してまいりました開門先着「選手サイン色紙」プレゼント、

本日ラストは鈴木圭一郎選手と中村友和選手のサイン色紙をそれぞれ5名様に。

2000円分の未確定車券かはまりっちレシートを会場にご提示の方へ

プレゼントしました。人気選手だけに開門直後から順番ができあがっていました♪





本日は浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんの来場日です♪

1日をかけてファンイベントを行なってまいります。

応援をよろしくお願いします!





エンジンを鳴らしに”箱乗り”で試走場へ移動する伊藤信夫選手。





屋外にてエンジンをかける渡邉 篤選手。奥は中山 光選手(川口)です。





検車場のスロープを使ってエンジンの押し掛けをする金田悠伽選手。





野上史豪選手と会話をする鈴木章夫選手。

現在浜松所属・最年長の2期生、73歳ですが卓越した整備力とライディングの

テクニックがあれば年齢関係なく優勝戦へ進出できるのがオートレースです。





鈴木圭一郎選手。ロッカーに訪れた鈴木宏和選手や浜松新人女子・桝崎星名選手と

会話をしながらエンジン上回りの整備をしていました。表情は穏やかです。





浜松新人・佐藤大地選手。先日は2着の成績、本日は第4Rに出場します。



  

左から、田中竜二選手、鈴木一馬選手。リアタイヤのリムバランスを調べていました。





左から、柴田紘志選手、青嶋裕治選手、鈴木宏和選手、山浦博幸選手。早朝組です。



  

写真左:大谷翔平選手のユニフォームTシャツを着て作業をする辰巳裕樹選手。

写真右:町田龍駿選手(飯塚)。毎日早朝からロッカー入りをしています。



  

写真左:ちょうどロッカーの入口にて選手会長・齋藤 努選手とすれ違いました。

写真右:エンジンのふたを開ける小林瑞季選手(川口)。





本日は検車場に1台もマシンが置いてありませんでした。

まだ早朝7時台ですがレーシングスタッフが給油作業を行なっていました。





離れの遠征選手専用ロッカー・B棟のほうからカチャン、カチャンと

工具を床に置くような音がしていたのでお伺いすると、杉本雅彦選手(山陽)や

写真には写っていませんが松尾 学選手(飯塚)が整備を始めていました。

藤本梨恵選手(伊勢崎)は本日出場する第8Rの番組表へメモを記していました。





「第10回浜松観光食堂杯フードアタック」、シリーズ最終日、日曜日の朝。

日差しは強いですが秋の訪れを思わせる空の青さが広がっています。

本日は田中 茂選手(飯塚)が走路外周を早足で回っていました。


posted by ブンブンボーイ at 17:51 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第10回 浜松観光食堂杯フードアタック 3日目・最終日



本日より長月。9/1()は「第10回浜松観光食堂杯フードアタック」の開催3日目。
(開門予定10:00、第1R試走開始10:35)

浜松の今朝は「はれ」、走路状況「良走路」。気温24℃、湿度55%、

走路温度31℃、降水確率は午前10%・午後10%と発表。

空がとても高く、走路には黒潮がくっきりと見えています。




「第10回 浜松観光食堂杯フードアタック」のイベント情報です。



本日の日替わりサービスはグリーンスタンド2F食堂以外にて割引メニューがあります。
グリーンスタンドでは入場先着で「お食事券」が配布されます。
どうぞご利用ください。




本日は第12Rに「優勝戦」が繰り広げられます。

金子大輔選手、鈴木圭一郎選手は”完全優勝”へ王手がかかりました。
熱戦にご期待ください!

☆9/1() 第12R「優勝戦」


posted by ブンブンボーイ at 08:18 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする