2019年09月15日

GT第61回 秋のスピード王決定戦 4日目のようす



ここでお知らせ。明日シリーズ最終日の第3R発売中・イベントプラザ

「選手会カレンダー2020 販売記念サイン会」の参加選手は

鈴木宏和選手、中村友和選手、桝崎星名選手に決定しました☆

当日カレンダーをご購入くださいましても、これまでにご購入くださったカレンダーでも

会場へお持ちこみ頂ければ3選手がサインを記入します。

どうぞご参加ください!







「サンケイスポーツ杯GT第61回秋のスピード王決定戦」、シリーズ4日目が終了。

4つの「準決勝戦」を経て、明日9/16()の最終12R「優勝戦(8周回)」は

ご覧のメンバーにて繰り広げられます。熱戦にご期待ください!







第12Rの優出インタビューは夕方練習がすぐに始まるため、CS放送での中継となりました。

インタビュー後に写真をお願いすると、笑顔&安堵の表情で応じてくださいました。





第12R、菜乃花ちゃんがチェッカーを担当。

1着3枠・藤波直也選手(浜松)、2着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)





第12Rの試走先導は菜乃花ちゃんがラウンドガールを担当しました。





第11R、早川里香ちゃんがチェッカーを担当、レースは完全独走の展開に。

1着4枠・柴田健治選手(浜松)、2着8枠・若井友和選手(川口)





左から、柴田健治選手、若井友和選手です。

若井選手はアントニオ猪木を模したパフォーマンスでお客さまを沸かせました☆





第11Rの試走先導は2号車・早川里香ちゃんがラウンドガールを担当しました。





第10R、夢奈ちゃんがチェッカーを担当、3連単は14万円を越える高額配当に。

1着4枠・淺田真吾選手(浜松)、2着3枠・浅野浩幸選手(浜松)





左から、淺田真吾選手、浅野浩幸選手です。




本日は第10Rの試走から来場ゲストによる先導・ラウンドガールを実施。
まずは2号車・夢奈ちゃんが第10Rを担当しました。


第9Rから天下分け目の「準決勝戦」。上位1・2着の選手が明日の「優勝戦」に出場となります。
1着8枠・荒尾 聡選手(飯塚)、2着3枠・鈴木静二選手(浜松)


左から、荒尾 聡選手、鈴木静二選手です。


本日は「まちの保険室」と題し、看護士さん数名がチャンピオンレーサー前の
特設テントに15時まで常駐。血圧測定をはじめ、お客さまの高血圧や禁煙など
健康相談に応じます。健康・長寿のためにどうぞご利用ください。


第8R発売中のお楽しみ、「ASAHIトーク&抽選会」はイベントプラザにて実施。
本日はさらにゲストとして伊勢崎オートCS放送でお馴染み、森泉さんが参加して
ASAHIちゃんとのレース予想トークが繰り広げられました♪
明日のトーク&抽選会ではオートレース大好きグラビアアイドル・千鶴さんが来場して
レース予想を行ないます。どうぞお楽しみに!

  
第7R発売中、メインスタンド西側広場にて浜松オートPRチーム・「遠州動楽會」プレゼンツ、
「なつかしの競走車エンジン掛け」を実施。かつての藤川 武選手(引退)が搭乗していた
タイヘイヨー(太平洋)号を押し掛けして広場の周囲を徐行したのですが・・
エンジン部からわずかに白煙が漏れているのを見逃さなかった一人の男性が、
ギャラリーの中を割ってロープをくぐり、「一旦待って!キャブの根元がおかしいと思うよ!」と
アドバイスをくださいました。そのお方はなんと、”トノサマ(殿様)”こと伊藤博康 元選手。
マシンを止めてエンジンを見てみると、なんとキャブレターの根元を固定するナットが
ゆるくなっていて、そこから排気が漏れていたのでした。
博康さん:「今、メインスタンド改修工事の前準備で地面が部分的に掘り起こされて、
 波打っているじゃないですか。その砂利の部分を通った時の車体の激しい振動でナットが
ゆるくなったのかもしれないね。まぁ現役時代なら、検車場で十数分で直せたけどね。」
とのことです。さすがはお殿様、おみそれしました☆


本日は急きょ「メインスタンド写真撮影会」を第6R発売中・イベントプラザにて実施。
なんと選手会浜松支部を代表して中村晋典選手支部長も参加してくださり、
「メインスタンドは改修工事で取り壊されますが、これからも浜松オートを応援してください!」
と、当選されました5組のお客さまへコメントしてくださいました♪


本日は1R発売中ごとにイベントがぎっしり詰め込まれており、大忙しとなっています。
第5R発売中、イベントプラザにてASAHIちゃん、菜乃花ちゃん、夢奈ちゃん、早川里香ちゃんの
コラボトークショーが行なわれている一方で、「メインスタンド写真撮影会」の当選5組の団体が
選手管理地区への移動を開始していました。


本日は場内でもレースと同じくらい白熱したPRバトルが展開。
こちらGambooブースと・・


チャリロトブースです。お互いに入会特典を前面に出したアピール合戦を繰り広げていました。


本日「第3R走路内観戦」のサプライズイベント、”選手と一緒に記念撮影”では
仲良し26期コンビの松尾啓史選手(山陽)と木村武之選手が参加してくださいました☆
木村選手:「優出を目指して頑張ります。応援よろしくお願いします。」

  
いよいよ終盤、GTシリーズ4日目の開門。本日はスペシャルゲスト、
川口オート・イメージガール「菜乃花」ちゃん(左)をはじめ、伊勢崎オートグリッドガールズ
『G★smil』より、2号車「夢奈」ちゃん(右)&7号車「早川里香」ちゃん(中)が来場♪
浜松オートレースヴィーナスASAHIちゃんとともに1日をかけてイベントを行ないます。


シリーズ中、一旦気候が秋めいたかと思いきや、再び本日は朝から気温が急上昇。
夏のような暑さが予想されます。高気温&灼熱走路に再び対応しなければならなくなり
選手たちはねばり強く日々に合わせたセッティングを施して走行練習にのぞんでいます。

  
写真左:「おはようございます」と挨拶の声をかけてくだいました、中村杏亮選手(飯塚)。
 両肩を回しながら検車場へ向かっていました。
写真右:クラッチ板の厚さを計る吉原恭佑選手(伊勢崎)。

  
写真左:屋外の加工場にてタイヤを削る鈴木辰己選手。
写真右:整備を進めていた山浦博幸選手。本日は会話もなくひとり集中していました。

  
足早にロッカーを往復していた(左から)辰巳裕樹選手、花田一輝選手。
本日は急きょ追加イベント・「メインスタンド写真撮影」を実施することとなり、
辰巳選手と花田選手は当選5組のお客さまと一緒に記念撮影に参加してくださいます。


今朝のロッカー通路にタイヤの串差しが置いてありました。
今日明日で使わないと判断したタイヤは串に差してまとめ、次なる開催地へと
運ばれていきます。このタイヤ串を見ると、いよいよ開催は大詰めだと感じます。

   
雲一つない快晴からのスタートとなった
「サンケイスポーツ杯GT第61回秋のスピード王決定戦」のシリーズ4日目。
走路では本日補充に選ばれました野田光宏選手、そして齋藤 努選手会長が
ウォーキングで身体をほぐしていました。


posted by ブンブンボーイ at 19:04 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする