2020年01月01日

謹賀新年2020 〜明けましておめでとうございます〜



写真:2020年・子年の初日の出。浜松市北区引佐町、三岳山山頂の「三岳城址」にて撮影。



先日2019年の大みそかに川口オートで競われました「スーパースターフェスタ2019

SG第34回スーパースター王座決定戦」、SSシリーズ優勝戦は重富大輔選手が、

スーパースター王座決定戦は青山周平選手が優勝を成し遂げ、さらに

飯塚オートにて繰り広げられましたミッドナイトオートレース、

「チャリロト杯 深夜のダイヤモンド年末決戦」では浜松ライダー・

平塚雅樹選手が念願の初優勝を成し遂げ、幕を閉じました。





謹賀新年、明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

そしてオートレース&浜松オートへのご愛顧を賜りまして、

誠にありがとうございます。

本年もどうぞ変わらぬご声援のほどをよろしくお願い申し上げます。








毎年恒例、元旦の朝は5:30から家を出発して引佐町の井伊谷へ。

こちらは数年前に大河ドラマ・「おんな城主 直虎」の主人公、

井伊直虎の生まれ育った場所であり、わたくしブンブンボーイの祖父のふるさとです。

写真の右側奥にそびえるのが三岳山であります。井伊直虎の時代には

三岳城という敵勢監視の城があったと言われています。



 

急な斜面と岩肌&地面に張り巡らされた木の根っこが体力を奪いますが

6合目あたりまでは乗用車でいけるので、健康な方ならば

2〜30分ほどで山頂にたどり着けると思います。





そして朝7時前に、浜松市の上空を覆っていた帯状の雲の奥から

ようやく顔を出しました、令和はじめての初日の出。

登頂に成功した皆さんで一緒に万歳三唱を行ないました。



昨年は亥年らしくイノシシのような形をしていた初日の出ですが、

今年はオリンピックイヤーを象徴するような、まんまる金メダルの輝きです☆

どうか良縁に恵まれますように♪







山を下りて一路、本日前検日の浜松オートへ。

中駐車場では毎年恒例、浜松オートのある街・和合町西和の皆さんによる

浜松凧の新春凧揚げが行なわれました。

先日に続いて西風が猛烈に吹き荒れており、たこの重心となる

ワラ製の尾っぽがこんなにも長く取り付けられていました。





正門前のロータリーでは明日より開幕する「第4回 花の舞 新酒杯」の

開催告知用”のぼり”が等間隔に掲げられました。

入場ゲートにはお正月の定番・”門松”も設置されています。





ここで競走会からのお知らせが入ってまいりました。

明日1/2に開幕する「第4回 花の舞 新酒杯」に出場の予定でした

鈴木圭一郎選手は私病により休場するとのこと、

補充は落合 巧選手に決まったとのことです。

競走会からの通達とJKA・ネットスタジアムのあっせん情報の更新が

両方そろったのちにオフィシャルサイトサイトの更新を行なってまいりますので

どうぞご了承ください。





明日開催初日の浜松&川口の出走表が完成。

正門前の出走表箱に投函されました。

どちらも全12Rが「予選」となります。



浜松オートオフィシャルサイトのWEB出走表もUPしましたので

どうぞご覧下さい♪





所変わってこちらは選手ロッカー。

メインスタンドの改修工事にともない、浜松オートは約3ヶ月間

レースがなかっただけに、ロッカーの中はこれまでの遠征先で

使ってきたタイヤや梱包箱などレース用具でひしめき合っていました。



  

その遠征道具ひとつひとつを仕分けして、先輩選手たちのロッカー&競走車の

準備をしていたのは浜松新人選手でした。

左から、佐藤大地選手、桝崎星名選手です。

両選手ともに私の姿に気付くや、「明けましておめでとうございます!」と

挨拶の言葉を送ってくださいました。こちらこそ、今年もよろしくお願いします!



  

写真左:タイヤを削るはんだごてを用意する矢内昌木選手(伊勢崎)。

写真右:使用するタイヤを並べていく本門延唯選手(飯塚)。



  

写真左:渡邉 篤選手も早々にロッカー入りを果たしていました。

 お正月開催への意気込みを感じます。

写真右:遠征選手専用ロッカー・B棟の一番乗りは芝崎茂信選手(伊勢崎)。



  

写真左:青島正樹選手のロッカーを準備する筒井健太選手。

写真右:松本やすし選手(伊勢崎)。毎回浜松入りの早い選手です。



  

左から、浜松新人・米里崇徳選手&深谷俊太選手。

深谷選手はけがによる長期休場を経て久々のホームレースとなります。

深谷選手:「ようやく浜松に戻ってこれました(苦笑)新しい年になりましたので

気持ちを新たに、けがしないように走りたいです!」

米里選手:「浜松で乗り味の良かったタイヤが、よそのレース場では全然

使えなかったり…と、各レース場ごとに特長があって、それに合わせた

マシン調整をしていかなければならない、と、この3ヶ月で学びました。

とても勉強になりましたが、覚えることがいっぱいですね(苦笑)

ファンイベントとかも積極的に参加していきたいと思いますので、

今年もどうぞよろしくお願いします!」





気がつけばロッカーの外は日没を迎えて暗くなっておりました。

初日の出を拝んでから、あっという間に1日が終わろうとしています。

お正月に限っては先日の川口SGを終えた選手たちが連戦で

各開催場入りを行なうために、遅めのエントリーが認められています。



先日「川口SG予想会イベント」を行なってくださいました浜松オートCS放送・

安原幸子さんもロッカー入りを果たし、準備作業をしている選手の方々へ

新年の挨拶まわりを行なっていました。

いよいよ浜松の本場レースが始まろうとしています!





新春4日間開催、「第4回 花の舞 新酒杯」は明日1/2より開幕です。

どうぞお楽しみに☆




posted by ブンブンボーイ at 17:49 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする