2020年03月23日

日管杯 第15回ヴィーナスカップ 初日のようす



写真:浜松オート正門ロータリー付近の桜木。まだ一輪も開花が見られません。



今節「日管杯 第15回ヴィーナスカップ」は”ポイント制”による勝ち上がりとなっており

明日2日目も全12Rをかけて「予選」が繰り広げられます。

本日と明日の「予選」において入着と上がりタイムの両方を順位付けし、

その勝ち上がりポイントによってランクA級、B級それぞれの

「準決勝戦」出場選手が決定します。







※画像をクリックすると勝ち上がり表ページへジャンプします。

明日2日目も応援をよろしくお願いします!



ここでお知らせ。

本日周回誤認により参加解除となりました梅内幹雄選手に代わり、

明日3/24からは野上史豪選手が補充参戦となります。

どうぞご了承下さい。







第12R、1着8枠・鈴木健吾選手(浜松)、2着4枠・青嶋裕治選手(浜松)、

3着1枠・佐藤大地選手(浜松)の確定は8-4-1。





第11R、着内審議がかかるも失格には至らず。1着8枠・鈴木静二選手(浜松)、

2着6枠・猿谷敦史選手(伊勢崎)、3着3枠・金田悠伽選手(浜松)の確定は8-6-3。

なお、着外審議となりました7枠・梅内幹雄選手(川口)は

周回誤認により失格と判定されました。





第10R、1着8枠・掛川和人選手(川口)、2着2枠・橋本陽介選手(浜松)、

3着7枠・下平佳輝選手(浜松)の確定は8-2-7。





第9R、1着2枠・橋本優一選手(浜松)、2着8枠・仲口武志選手(浜松)、

3着6枠・長谷晴久選手(浜松)の確定は2-8-6。





2003年撮影、オートレーサーデビュー当時の山脇孝志選手です。

この頃、山脇選手は走行訓練中にけがをしてしまい

左足にギプスを巻いていましたが、PR活動の参加は欠かせませんでした。





第8R、1着7枠・和田健吾選手(浜松)、2着8枠・桜井晴光選手(伊勢崎)、

3着6枠・川原 剛選手(川口)の確定は7-8-6。





第7R、1着8枠・山浦博幸選手(浜松)、2着5枠・今田真輔選手(浜松)、

3着4枠・松尾 学選手(飯塚)の確定は8-5-4。





第6R、1着7枠・岡谷美由紀選手(浜松)、2着8枠・落合 巧選手(浜松)、

3着3枠・田中竜二選手(浜松)の確定は7-8-3。





第5R「ランチアタック予選」、1着8枠・小林瑞季選手(川口)、

2着7枠・吉松憲治選手(山陽)、3着4枠・杉本雅彦選手(山陽)の確定は8-7-4。



 

無観客開催の特別企画、過去の浜松オート写真をプレイバックする

「あの頃君は若かった」シリーズ。写真は2003年撮影の柴田紘志選手です。

この年に浜松市中央の静岡文化芸術大学にて第1回となる

「バイクのふるさと浜松2003」が開催。同じ年にオートレーサーとして

デビューを果たしました柴田紘志選手は山脇孝志選手とともに

浜松オートをPRするため、さまざまなイベントに参加し活躍しました。





第4R、1着3枠・中村浩章選手(伊勢崎)、2着3枠・小林頼介選手(浜松)、

3着6枠・水本竜二選手(飯塚)の確定は





第3R、1着6枠・石橋 大選手(山陽)、2着7枠・小林悠樹選手(浜松)、

3着8枠・武藤博臣選手(川口)の確定は6-7-8。





第2R、1着3枠・小田雄一朗選手(伊勢崎)、2着6枠・石貝武之選手(浜松)、

3着7枠・小原 望選手(川口)の確定は3-6-7。





第1R、1着4枠・木村直幸選手(浜松)、2着8枠・大月 渉選手(伊勢崎)、

3着3枠・廣瀬豪彦選手(浜松)の確定は4-8-3。





スロープを使ってエンジンをかける関 仁孝選手(伊勢崎)。





今節は師匠・浅野浩幸選手が非あっせんのため、

たった一人で整備をしている佐藤大地選手。

「前節が終わった後で、家族や知人から(3/11に黙祷している)写真を

 見ましたよって声をたくさんもらえまして…予想以上にブンブンブログを

 見てくれている人がいるんだなって思いました。マシンのカラーリングに

 ついても、しばらくはこのままでやってみようかなって思います。」





検車場へマシンを運び込む山崎 潤選手(川口)。

既に停めてあったのは田中竜二選手のマシンです。





浜松オート2019年度のラスト開催、無観客レース「日管杯 第15回ヴィーナスカップ」が

本日よりスタート。ご覧の通り浜松の今朝は雲一つない快晴となりました。

救護員などレーシングスタッフが徐々に走路内ピットへと集まっています。

走路清掃車もさっそく作業を開始していました。



 

写真左:今節から本場開催期間は朝一番で選手管理地区への入場時に

レーシングスタッフ全員、検温をすることになりました。

デジタル体温計を操作しているのは元・全日本オートレース選手会長で

現・レーシングスタッフの榑林敏郎さんです。

写真右:肌寒い朝となりましたが走路内にて運動をする選手を多く見かけました。





ロッカー内は山陽ライダーズが活発に作業を行なっていました。



  

写真左:山本将之選手(山陽)のマシン整備を、林 弘明選手など

数人の山陽先輩選手が見てあげていました。

写真右:桝崎星名選手の予備車のメンテナンスを手伝ってあげる

 同34期の松尾 彩選手(山陽)。





スプリングやカムのバランスを調べる縫田雅一選手(川口)。





タイヤの溝を彫る小林瑞季選手(川口)。

「浜松走路との相性に、あまり良いイメージがなくてねぇ・・」とコメントする

瑞季選手に、同32期の岡谷美由紀選手が

「ネガティブなイメージに捕われず、がんばんなさいね」と葉っぱをかけていました。





ヘッド回りを扱う河合 久選手(川口)。





坊田寿彦選手(山陽)のマシン。フェンダーからシートまで全て真っ白です。




posted by ブンブンボーイ at 18:10 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

日管杯 第15回 ヴィーナスカップ 前検日



飯塚オートにて無観客開催・「特別GT共同通信社杯プレミアムカップ」の

シリーズ最終日が繰り広げられているなか、こちら浜松オートでは

明日3/23(月)より始まる無観客開催・「日管杯 第15回 ヴィーナスカップ」の

前検日作業が開始。改修中のメインスタンドは防塵&防音用の

工事パネルがほぼ全面に張られました。





本日の飯塚 特別GT・最終12R「優勝戦」の出場メンバーです。

CS放送&インターネットライブ中継にて観戦&投票ができます。

応援をよろしくお願いします!





日に日に世界中で脅威を増している新型コロナウィルス。

静岡県内の感染者は3名にとどまっており、いかにクラスター(集団感染)を

炸裂させないかが封じ込めのカギとなっています。

浜松オート管理地区内における防疫対策も、より強固なものとなっており

これまでは選手以外のレース関係者も利用することのできた選手食堂が

選手のみの利用に限定され、関係者さえも利用不可となっています。





写真:選手ロッカーの各入り口に設置されている消毒液。

 手をかざすと自動でワンプッシュ分の消毒液が散布されます。



選手ロッカーも、選手以外の関係者は極力ロッカーへの出入りを控え、

選手との長時間の接触は避けるようにといった自粛が要請されています。

選手取材も総当たりではなくピンポイントが求められそうです。





ということで前検日の最初の取って出しニュースは、

今年の新春開催・「第4回 花の舞 新酒杯」初日にてレース中に他落を被り

長期休場となっていた西川頼臣選手が”練習参加”として復帰します。

ちょうど競走会スタッフへ「今節から再びお世話になります」と

挨拶を終えて、ロッカーに戻ってきたところでした。

西川選手:「練習参加なので、CS放送に映ることはないと思いますが…(笑)

 少しずつ走行のカンを取り戻せるように頑張りますので、まずは

 今節の参戦選手への応援をよろしくお願いします。」

レースファンの皆さまには、もちろん西川選手への応援もよろしくお願いします♪





  

写真左:クランク組立室にて青嶋裕治選手の姿が。今節追加選手に選ばれました。

写真右:携行缶などガソリンに関する道具は1カ所にまとめられます。

「火気厳禁」のマークがニュー・ブンブンボーイに似ていますね(笑)





先輩選手のマシンを準備する金田悠伽選手。今節は同じグループの

先輩、戸塚 茂選手が追加参戦に選ばれています。



  

写真左:タイヤを選ぶ石貝武之選手。

写真右:ロッカー内の整理をする鈴木健吾選手。





師匠・下平佳輝選手のマシンを準備する弟子の落合 巧選手。





各先輩選手の整備作業の準備をしていく深谷俊太選手。

奥は山本将之選手(山陽)。同33期の佐伯拓実選手(山陽)と一緒に

山陽先輩選手の梱包を解いていました。



  

写真左:エンジンオイルを抜く小林瑞季選手(川口)。

写真右:選手ロッカーの至るところにある”流し台”には

「正しい手洗いの仕方」が掲載されています。さらに、受動喫煙の防止策として

 喫煙所の扉が2重に改修されていました。





前節「第5回 山口シネマ杯」のシリーズ最終日にて他落を被り、総合病院にて

検査を受けたまま早退となりました交川陽子選手。レースに支障の出るような

骨折などの怪我はありませんでした、とのことで、明日からのレースに出場予定です。



本日前検日は交川選手のマシン修理を手伝うために、同じグループの

中村晋典選手(今節非あっせん)が管理課の許可証を首にぶらさげて入場、

仲口武志選手と一緒にチェックを行なっていました。

晋典選手は本日16時までの手伝いが認められています。





できる限り選手ロッカーへ入退室の繰り返しは控えるように、と

安原幸子さんなどCS放送チームや新聞記者にも管理課スタッフから

告げられており、全体的に情報が少なめになってしまうかもしれませんが

どうぞご了承ください。



  

写真左:ツナギを着たままリアタイヤの交換をする篠崎 実選手(川口)。

写真右:篠崎選手とともにB棟ロッカーにて整備をする阿久津正夫選手(川口)。



  

試走場にて試し乗りをする、(左から)佐藤大地選手、小林瑞季選手(川口)。





中村浩章選手(伊勢崎)。





山浦博幸選手。





竹内正浩選手(伊勢崎)。







杉本雅彦選手(山陽)。





山陽の新人女子・松尾彩選手。





今節は師匠・野田光宏選手が非あっせん、同門の先輩・鈴木圭一郎選手は

飯塚にて特別GTに出場中とあって、桝崎星名選手は

孤軍奮闘となりそうです。友好グループの吉松憲治選手(山陽)や

川原 剛選手(川口)、坊田寿彦選手(山陽)がサポートしてくれるかも?





リアタイヤをチェックする関 仁孝選手(伊勢崎)。





山陽新人・山本 翔選手は今節、木村武之選手(今節非あっせん)の

お隣のロッカーを使用します。丹村 司選手(飯塚)や山脇孝志選手が

整備を見てあげていました。





そして飯塚「特別GT 共同通信社杯プレミアムカップ」・最終12R「優勝戦」。

CS放送からファンファーレが聞こえてくると、選手たちが整備の手を止めて

モニターの前に集まってまいりました。





8周回・0mOP・枠番選択の特別GT頂上決戦を見守る選手たち。

差しやまくりの勝負をかけたシーンになると「うぉう」といったうなり声が上がります。





レースは終始正確無比、寸分たがわぬ走行ライン一点走破を貫き通しました

3枠・青山周平選手(伊勢崎)が猛追の8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)を

抑えきってゴールイン!





飯塚無観客レース・「特別GT共同通信社杯プレミアムカップ」優勝を成し遂げました!

おめでとうございました☆









5日間をかけたレースの決着がつくや、選手たちは無言のままにそれぞれの

ロッカーへと戻り、再び工具をにぎって整備作業の続きに取りかかっていました。

浜松オートにとって今節が2019年度のラストレースとなるだけに

1つでも多く勝利を手に入れて有終の美を飾りたいという意気込みが感じられます。







無観客レース・「日管杯 第15回ヴィーナスカップ」は明日3/23(月)から実施します。

CS放送&インターネットライブ中継にてお楽しみください!




posted by ブンブンボーイ at 18:16 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

飯塚「ジルダカップ」(無観客レース)3日目・準決勝戦


本日3/14()は飯塚オート無観客開催、「ジルダカップ」の3日目。
(CS放送開始時予定10:20、第1R試走開始10:29、入場不可)
浜松の天候は雨。メインスタンドの周囲に解体時の騒音や破片が
飛び散らないようにするためのクッションが取り付けられています。

開催地・飯塚の天候は「くもり」、走路状況「湿走路」。
飯塚オートCS放送の情報によれば昼以降は天候が回復していくそうです。

本日は「大変な時期ですが、お互いに頑張りましょう!」と
当たり焼きそばでお馴染みでした「メインスタンド東売店」の
お父さん&お母さんが挨拶にお越し下さいました♪
長い間ありがとうございました☆


本日は第9Rから「準決勝戦」が繰り広げられます。
応援をよろしくお願いします!

posted by ブンブンボーイ at 10:52 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

2020年度前期開催日程ヨコ型ポスターが完成しました



2月中旬から撮影&製作を始めていました2020年4月〜9月の
「浜松オート2020年度 前期開催日程ポスター」が完成。
印刷も完了しましたが、1ヶ月が経過した現在は新型コロナウィルスの
感染症対策により、当面の間は無観客レースに…。
表示されています本場開催、および他場の開催は、解禁が発表されるまでは
全て無観客レースとなり、浜松オートへの入場はできませんのでご注意下さい。


写真:ポスター用撮影のようす。この日は「指定整備日」で
16時をもってロッカー作業が終了となり外出が認められていたため、
ポスター撮影は17時頃に行なわれました。


ポスター画像は浜松オートオフィシャルサイトにて
無料ダウンロードができます。
画像保存・プリントアウトをしてご活用ください♪


posted by ブンブンボーイ at 15:28 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

飯塚「ジルダカップ」(無観客レース)初日


財団法人JKAからの公式発表により、全国5場のオートレースは
当面の間、新型コロナウィルス感染症対策として
”無観客レース”の実施を継続することになりました。
場内への入場は当面不可、車券販売をはじめ、場内の食堂や売店、
ケータリング、予想屋さん&予想紙さん、インフォメーション、警備、清掃、
無料バスも全て運営をストップしています。
無観客レースの実施期間に明確な日を設けなくなったことで、
解禁日がいつになるのか、次節なのか、今月までなのか、来月なのか、
皆目見当も付かなくなっているのが現状です。
JKAからの新しい情報をお待ち下さい。


posted by ブンブンボーイ at 12:53 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする