2020年03月01日

第53回中日スポーツ杯 4日目のようす



浜松オート史上初?のシリーズ全”無観客レース”にてお送りしました4日間開催、

「第53回 中日スポーツ杯」、最終12R「優勝戦」はくもり空の良走路にて競われ、

浜松の24期、伊藤信夫選手が冷え走路を味方につけてエンジン全開。





3番手の位置から残り1周、ファイナルコーナーにて

一か八かの”外まくり”を仕掛けフルスロットル!





試走一番タイム27をたたき出した愛車・プロドライブが雄叫びをあげて2車を飲み込み、

大逆転の1着フィニッシュ!破竹の”2開催連続優勝”、そして

通算995回目の1着勝利&6連勝、84回目の優勝&”完全優勝”を成し遂げました!



  

入場門・ファイティングゲートに凱旋した信夫選手を木村武之選手、

木村直幸選手、山脇孝志選手、鈴木啓示選手、さらに後ほど

同期の中村晋典選手がやってきて「すごいねぇ」と祝福。

信夫選手:「いや〜、今回ばかりは届かないと思ったけどね。

 内か外かで、外を選んだのが正解だったみたい。」

山脇選手:「おめでとうございます!1000勝まで、あと5つですね!」



そして勝利のウィニング・ラン。木村選手たちは「場内にお客さんがいないのに

やるんですか?と一瞬、疑問に思いましたが、「CS放送に映ります」と聞いて合点。

最後までCS&インターネット中継をご覧になってくださった方々へ

感謝のウィニング・ランとなりました♪





中日スポーツ総局 レース部 部長 田畑皆彦様と一緒に。



優勝選手表彰式もイベントプラザに固定カメラが設置してあるため

無観客&関係者のみのステージ表彰式となりました。その昔、

管理地区内・選手食堂にて執り行っていました静かな表彰式を思い出します。



優勝のコメントです。

「2節連続優勝、今節もすごく乗り味が良かったですね。動きも良いですし。

ただ、今日の優勝戦だけは1着をとれるか厳しかったです。でも

”最後まであきらめなかった”ら、良いことがありました。

次の出場は伊勢崎の「GUレジェンドカップ」(3/4〜8)ですが、

この調子でいけたら良いですね。



今節は無観客レースとなりましたが、それでも

”無観客でも走らせて頂ける”というのは、ものすごくありがたいことで、

画面越しではありますけど、これからも良い走りを見せていきたいと思います。

すぐに「GUレジェンドカップ」が伊勢崎で始まりますけど、引き続き

良い走りができるように頑張りたいです。」



伊藤信夫選手、2開催連続優勝&完全優勝、おめでとうございました☆

















そして第12R「優勝戦」の試走。

時間は変更となり16:36ファンファーレ予定です。

6枠・佐々木啓選手、7枠・伊藤信夫選手は”完全優勝”へ王手がかかっています。

熱戦にご期待下さい!





第11R「特別選抜戦」、1着2枠・和田健吾選手(浜松)、

2着4枠・鈴木辰己選手(浜松)、3着7枠・五所 淳選手(山陽)の確定は2-4-7。





第10R「特別一般戦」に伊勢崎新人・野本佳章選手が1枠ゼロハンから出場し、

2着の成績となりました。1着は8枠・池田政和選手(川口)。





第9Rに浜松新人・佐藤大地選手が1枠ゼロハンから出場し、3着の成績となりました。

1着は3枠・木村直幸選手(浜松)。





選手の方々も毎日のように報じられる新型コロナウィルス関連のニュースが

気がかりなのでしょう、午後の退場許可時間を迎えると、レースを終えている選手は

次々とロッカーをあとにし、次節の浜松開催に連続してあっせん予定の選手は

道具をそのままロッカーに置いたままで、集団下校をするように退場しています。

みるみると静かになってゆく選手ロッカー、どこからか「あぁ〜疲れたぁ〜」という

声も聞こえてまいりました。目に見えない新型コロナウィルス騒動は、うつるまいという

防疫意識さえも緊張感を生み、それが私たちの体力を奪っているように感じました。





発走準備をする大地選手。白い勝負服、遠くからでも目立つ蛍光色のマシン、

そして身長があるため足を広げてスタートを待つスタイルなど、

かつての伊藤典明選手(引退)に瓜二つです♪





ここで開催前までに浜松オートに寄せられました応募はがきの中から

メッセージを抜粋してご紹介します。



・浜松オート中継いつも楽しみに見ています。オートレースは迫力があって大好きです。

 今後もCS中継を楽しみにしています。(横浜市)

・父親がなくなって母一人のため、西伊場町から清水に帰って50年、今でも

 オートレースファンです。若い頃2年間、レース場メインスタンドの2Fで

 焼きそばのアルバイトをやっていた楽しい時代を忘れません!!(清水区)

・いま日本中が話題の新型コロナウィルス問題、早いこと解決し、再び安心して

 オートレースを楽しみたいです。(東京都北区)

・前節準決勝戦にて応援していた鈴木圭一郎選手、スーパーハンデ40mを

 ものともせずに見事な追い上げ、ゴール前まで粘る阿部選手をちょい差し!

 しびれました。完全Vをまた願っています。(春日井市)

・いつも楽しく浜松オートを拝見しています。これからも楽しくCS放送を

 視聴していきたいです。楽しい放送をお願いします。(板橋区)

・先日、はまりっちの黒カードを紛失しましたが、インフォに届いていて、

 手元に戻りました。ありがとうございます!(浜松市中区)

※特にGTやSGの場外発売になると、はまりっちカードを投票機へかざしたまま

 発券だけをして置き忘れるというミスが頻発するようです。優しい方でしたら

 インフォまで届けてもらえますが、中にはカードを悪用される可能性もありますので

 くれぐれもはまりっちカードの置き忘れ、紛失にはお気を付け下さい。

・いつも楽しく夫婦で見ています。鈴木圭一郎選手がんばれ!!(東京都)

・2/18、浜松オート「第5回チャリロト杯」優勝の伊藤信夫選手、完全復活を思わせる

 快走でしたね。できればスーパーハンデになって全国No.1オートレーサーの

 鈴木圭一郎選手と同ハンで優勝戦を走ってほしかったですね。連勝もかかって

 いましたし、いつか同ハンデでの走りを楽しみにしています。(東京都)

・伊藤信夫選手、優勝おめでとうございます。季節柄、インフルエンザや新型コロナなど

 いろいろあるので、選手ファーストで進めて頂けたらと思います。(浜松市西区)



おたよりメッセージありがとうございました☆





首相官邸ホームページより、「感染症対策へのご協力をお願いします」と題し

手洗いやマスクの着用方法などが紹介されています。最近では

近々トイレットペーパーが不足するかもといったデマ情報がネットに上げられ

SNS等にてたちまち拡散していった影響で、スーパーにて品切れが続出するという

騒ぎも起きていますが、こちらは厚生労働省ホームページの問20にて

『トイレットペーパーやティッシュペーパーは不足していません。

100%近くが国内生産であり、十分な在庫があります』と回答されています。

※こちらは高値で転売する目的で拡散されたデマだと言われています。

正しい知識をもって感染症とデマ情報を拡散させないようにしてまいりましょう。





第5R「ランチアタック選抜戦」、1着4枠・田中 進選手(飯塚)、

2着7枠・若井友和選手(川口)、3着8枠・松尾啓史選手(山陽)の確定は4-7-8。





中間練習では朝の走行練習よりも参加選手が多いように見受けました。

走路状況が回復したことによって、午後から出場する選手が

集中して参加していると思われます。





中間練習に参加する柴田健治選手。





第1Rに伊勢崎新人・横田翔紀選手が1枠ゼロハンから出場し、2着の成績となりました。

1着は4枠・竹島繁夫選手(伊勢崎)です。







現在浜松オートでは新型コロナウィルスの感染症対策としまして

場内および早朝前売発売所の入場&入室を3/11まで中止しています。

この間、的中車券の払い戻しは行えませんのでご注意ください。

レースは各場にて無観客で実施し、インターネット&電話にて投票や観戦が可能です。

3/11までに時効を迎える的中車券は、払い戻しの有効期限を3/25まで延長します。

皆さまのご協力をよろしくお願いします。





朝の走行練習の時点で走路の濡れ具合はご覧の通り。

まだほとんど濡れたままですが、青空が見えており乾きは早くなるでしょう。





本日最終日のレースに使うべきタイヤを絞っていく岩佐常義選手(川口)。





リアタイヤのリムバランスを調整する満村陽司選手(山陽)。

本日「優勝戦」にて2枠10線から出場します。



  

写真左:スケジュール表を確認する新人・深谷俊太選手&横田翔紀選手(伊勢崎)。

写真右:私の撮影に気付く新人・野本佳章選手(伊勢崎)。今節2連勝をあげて

 本日は第10R「特別一般戦」にて1枠ゼロハンから出場を果たしています。





ガレージの中にいる田中 進選手(飯塚)と会話をする柴田健治選手&

重富大輔選手(飯塚)。柴田選手も元・飯塚所属のため仲が良いです。

右は出走表を手に取る川原 剛選手(川口)。





  

急きょお上からのお達しを受け、私たちにとってぶっつけ本番での

実施となった”無観客レース”でお送りしてまいりました、浜松オートは

「第53回 中日スポーツ杯」。シリーズ最終日の本日は

昨晩の雨雲が過ぎさって1日好天となりそうですが、

路面はしばらく濡れたままが続きそうです。

早朝7:30過ぎの検車場ではひとり、田中竜二選手がタイヤを温める

作業を行なっていましたが、どこからかラジカセのような音楽が聞こえてきます。

検車場の外側からぐるっと回って調べたところ、掛川和人選手(川口)が

音楽を流しながら踏み台昇降の筋力トレーニングを行なっていました。





こちらは昨晩18時前のようすです。先日試走落車を喫してしまった浜松新人女子・

桝崎星名選手の車両修理が晩を徹して行なわれ、師匠の野田光宏選手や

仲の良い番田隆弘選手(山陽)、お向かいのロッカーを借りている

坊田寿彦選手(山陽)が修理を手伝っていました。

野田選手:「ブンブン君ごめんよ、今はちょっと忙しいので、(指を×にして)これで」

とのことでしたので、遠くから作業を撮影するのみとしました。

私はスポーツ新聞記者やJKAといった肩書きをもつ取材者ではないので

選手がお忙しそうだった場合、あるいは今はちょっと、というコメントが

あった場合は、私はそれ以上踏み込むことができません。

選手ファーストとして、遠巻きに頑張って下さいと祈るだけです。





伊藤信夫選手や木村武之選手も遅くまでロッカーに残り整備作業を続けていました。





ほとんど選手のいなくなったロッカーに残りマシンとにらめっこをする中村雅人選手。

自動ドアの奥を見てもすっかり日が沈んでいることが分かります。

選手は自分の納得する競走車に仕上がるまで、早朝から夜まで

毎日1日をかけて整備を続けてまいります。




posted by ブンブンボーイ at 18:55 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする