2020年04月19日

第38回 中日新聞東海本社杯 2日目のようす



写真:7代目浜松オートレースヴィーナス就任初の”ラウンドガール”を

 第12R試走時に実施☆

「無観客の状態だったことで、自分ひとりだったのでさらに緊張しました。

 いっぱいお客さまがいらしたほうが、むしろ緊張しなかったかな?(笑)」

JINちゃんの次回CS放送出演予定は5/2()です。

CS放送&インターネットライブにて応援をよろしくお願いします☆





明日4/20(月)は第5&10〜12Rをかけて「準決勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待ください!







第12R「準々決勝戦」、ぶっちぎりのチェッカー。1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、

2着6枠・山浦博幸選手(浜松)、3着3枠・片野利沙選手(川口)の確定は8-6-3。





第11R「準々決勝戦」、1着8枠・金子大輔選手(浜松)、

2着4枠・浅野浩幸選手(浜松)、3着7枠・平田雅崇選手(川口)の確定は8-4-7。





第10R「準々決勝戦」、1着7枠・松本やすし選手(伊勢崎)、

2着8枠・佐藤貴也選手(浜松)、3着5枠・落合 巧選手(浜松)の確定は7-8-5。





第9R「準々決勝戦」、1着7枠・笠木美孝選手(浜松)、

2着6枠・鈴木静二選手(浜松)、3着8枠・若井友和選手(川口)の確定は7-6-8。





皆さまお待たせいたしました♪ 7代目浜松オートレースヴィーナスがついにデビュー、

その名はJ I N (じん)ちゃんです☆ CS放送にて初おひろめとなりました!

JINちゃん:「浜松オートレースヴィーナスのデビューに向けて、オートレースの

 過去のVTRやインターネットで”オートレース”、”初心者”で検索して

 予習をしてきました。まだまだ覚えたてですが、皆さんと一緒に、浜松オートを

 盛り上げていくことができればと思います。これからよろしくお願いします☆」





趣味は音楽鑑賞、そして写真というJINちゃんは、プライベートでも写真をいっぱい

撮っているそうで、CS放送・実況担当の島田祐希さんと趣味が一致♪

カメラの話に花を咲かせていました☆ 皆さまの応援をよろしくおねがいします☆





第8R「準々決勝戦」、1着8枠・新井惠匠選手(伊勢崎)、

2着6枠・吉田恵輔選手(伊勢崎)、3着5枠・中野政則選手(山陽)の確定は8-6-5。





第7R「準々決勝戦」、2着戦が写真判定に。1着4枠・今田真輔選手(浜松)、

2着5枠・牧瀬嘉葵選手(飯塚)、3着8枠・山田達也選手(川口)の確定は4-5-8。





第6R「準々決勝戦」、1着4枠・岡谷美由紀選手(浜松)、

2着5枠・佐久間健光選手(伊勢崎)、3着7枠・岩科鮮太選手(浜松)の確定は4-5-7。





第5R「準々決勝戦(ランチアタック)」、1着2枠・田崎 萌選手(伊勢崎)、

2着7枠・鈴木宏和選手(浜松)、3着8枠・松尾啓史選手(山陽)の確定は2-7-8。





走行練習をする山陽新人・松尾 彩選手と山本 翔選手。車両がキラキラと輝いています。





車両を磨く田崎 萌選手(伊勢崎)。先日「ガールズ王座 浜松予選」の

1着勝利選手です…が、本人の心境は複雑なようです。

田崎選手:「なんとか1着は取れましたが、、道中に他選手の落車とか、

いろいろあったので…運が良かったというか、自分は展開に恵まれていた、

というだけだと思います。試走タイムは他7車と比べてそこそこ出ていたとしても

乗り味的に、とても中間の列からさばけるエンジンではない、と思っていましたから。

前検日の際にお話しましたとおり、1対1や逃げの態勢にもっていけたら、

良いところがあるかな、と思っていた通りの展開になれたことが勝因だと思います。

先日の天候や湿走路では今日のレースに向けての参考にならないので、また

走行練習で晴れ用の感触をつかみたいです。」

田崎 萌選手、コメントありがとうございました!





第1R、同ゼロハンの1枠・松尾 彩選手(山陽)をインからさばく2枠・佐藤大地選手。

道中で8枠・鈴木一馬選手にさばかれるも、大地選手は2着の成績をおさめました。



  

写真左:本日交川陽子選手が1日罰則休のため、下平佳輝選手が補充参戦します。

写真右:先日2着を獲得した岡谷美由紀選手は本日第6Rに出場します。





ゲリラ豪雨と言っても過言ではないほどの猛烈な雨が降り注いだ先日から一変、

今朝は青空に見舞われている浜松オートは無観客開催、

「第38回 中日新聞東海本社杯」・シリーズ2日目。走路状況は完璧な良走路、

救護員や発走補助スタッフが物干しやトレーニングを行なっております。





今朝の検車場。先日より台数は低めながらも、かなりの数の車両が停めてありました。

今度は晴れのセッティングでマシンが良く動いてくれるかどうか、

日々変動する気候に合わせた調整&整備が求められます。



  

写真左:選手あっせん表の一覧を読む戸塚 茂選手。

写真右:リアタイヤの溝を彫る小林悠樹選手。



先日の「ガールズ王座 浜松予選」にて他落を被ってしまった信澤綾乃選手(川口)、

身体は無事とのことで、「おはようございます」と挨拶をしてくださいました。

ちょうど若井友和選手に修理の済んだマシンを見てもらっているところでした。

本日は第4Rに出場予定です。





同じく女子戦にてスリップ自落を喫してしまった本田仁恵選手(川口)も

谷島俊行選手(川口)に修理の完了したマシンを見てもらっていました。

容態は右肩の打撲で大事には至らず、本日は第3Rに出場予定です。



  

こちらの通路は先日と変わらない雰囲気。

写真左:各自のマシン整備を淡々とこなしていく、

 渡邉 篤選手と鈴木一馬選手。左は小走りで移動する桝崎星名選手。

写真右:野田光宏選手からコーヒーを受け取る吉川麻季選手(飯塚)。





米里崇徳選手のマシン整備をする先輩選手たち。

しかしながら米里選手本人の姿がありません。それもそのはず、

先日の女子戦で落車を喫してしまった同じグループの先輩、

交川陽子選手のマシン修理を米里選手が手伝っていたからです。



本日交川選手は落因(他車落車原因)により1日罰則休となっており、

昨晩をかけて信澤綾乃選手(川口)のマシン修理を手伝っていました。

修理は翌日出場予定となっている車両が最優先され、罰則休が適用された

選手のマシン修理は後回しされます。そこで本日、交川選手の

マシン修理をグループの後輩である米里選手が手伝い、不在となった

米里選手のマシンを先輩選手たちが見てあげているのです。





腰回りを調べる佐藤大地選手。キンチョール、ならぬ

”キンチョースル”と書かれたシャツを着ていました(笑)




posted by ブンブンボーイ at 17:03 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする