2020年06月04日

第6回 チャリロト杯 前検日のようす



写真は先日「指定整備日」の検車場のようす。タイヤの海となっていました。



明日6/5(金)から始まる浜松オート無観客4日間開催、「第6回チャリロト杯」では

新型コロナウィルス感染症対策のため浜松vs伊勢崎の2場交流、そして

現在のお住まいが静岡に近い選手、ということで岩永清文選手がただ一人

山陽オート所属からあっせんされています。





本日「前検日」は早朝から梱包用の大型トラックがやってきて…





ご覧の通り、先日の「GTゴールデンレース」に出場&以降喫緊で出場予定のない

選手の競走車やタイヤが全て各レース場へと運ばれていきました。



  

写真左から、開催の準備をする中村友和選手、落合 巧選手。

中村友和選手は今節、尾藤憲吾選手が私病による休場のため

追加あっせんとなりました。





荒川哲也選手(伊勢崎)のマシン。カバーにはFUJISAKI(ふじさき)の名前が。





今節の注目選手といえば、ご存知われらが御大・鈴木章夫選手。

明日からの「第6回 チャリロト杯」の4日間のうちに1つでも

1着勝利をあげれば、これまで記録していました浜松レジェンドライダーの

ひとり・谷口武彦元選手の”最年長1着記録(73歳280日)”を更新する

快挙達成となります。全オートレースを総括しています財団法人・JKAからも

「章夫選手の出場レースを4日間追って下さい」とご依頼を受けましたので

記録更新の際にはレース写真をJKAへお送りします。

どうぞJKA・オートレース総合サイトのプレスリリースをお待ち下さい♪





石川岳彦選手(伊勢崎)のマシン。カバーに「宇都宮レース場」の文字。





シリンダーライナーを掃除する花田一輝選手。

前節「GTゴールデンレース」では「準決勝戦」進出を果たしました。





「ブンブンさん!先日はマスク寄付の取材をありがとうございました!」と、

今年度から選手会浜松支部長に就任されました、西川頼臣選手。

これからは西川支部長をリーダーとして、市内の各福祉施設へ訪問&

社会福祉活動を取材させていただきます♪本日はいち選手として

新品タイヤの検車場内搬入を行なっていました。



  

リアタイヤを交換する、(左から)上村敏明選手、野上史豪選手。

野上選手から「ブンブンさんのマスクは黄色なんですね」と声をかけてくだいました。

マスクそのものは市販の不織布マスクですが、繰り返し洗って使える

木綿のマスクカバーをかぶせて使用しています♪





「GTゴールデンレース」を制覇しました鈴木圭一郎選手も引き続き

「第6回チャリロト杯」に出場。出場4開催・連続優勝となるでしょうか。

新人・佐藤大地選手は師匠・浅野浩幸選手が不在での参戦となります。





湯浅 浩選手(伊勢崎)のロッカー。湯浅選手も「GTゴールデンレース」からの

連続出場、最終日に湿走路で1着を獲得しています。





タイヤを作る渡邉 篤選手。前節「GTゴールデンレース」にて

「優勝戦」に進出。6着の成績となりました。





B棟・谷津圭治選手(伊勢崎)のマシン。谷津選手の他にも

佐久間健光選手(伊勢崎)、鈴木将光選手(伊勢崎)も

前節「GTゴールデンレース」からの連続参戦です。





スロープをのぼって検車場の中へ競走車を運び込む岩本君男選手。





整備の合間をみて本日行なわれている

川口開催のCS中継を見る新人・米里崇徳選手。





走行練習を始める鈴木静二選手。



  

左から、木村直幸選手、廣瀬豪彦選手。





原田富夫選手(伊勢崎)。パトリオットかジ・イーグルのように

全身アメリカンのツナギ&ヘルメット&マシンです。





リアタイヤをチェックする鈴木宏和選手。





先輩選手のロッカーをセッティングする新人女子・桝崎星名選手。





試走場でエンジンをかける辰巳裕樹選手。新緑が揺れていました。





平塚雅樹選手のロッカーに設置してあるCSモニターで

川口の中継をじっと見つめる田中竜二選手。





今節あっせんの女子ライダー・交川陽子選手。今節は師匠・長谷晴久選手をはじめ

前節「GTゴールデンレース」にて「優勝戦」に進出し3着をおさめた松山茂靖選手、

鈴木辰己選手、中村晋典選手、仲口武志選手、新人・米里崇徳選手と

同じグループの先輩&後輩選手がマックスであっせんされており、

交川選手にとって吸収できるものが多い今節となりそうです。





試走場にてエンジンをかける橋本優一選手(写真右)。

左奥は佐久間健光選手(伊勢崎)。





今節は「浜松No.1決定戦」のリベンジマッチ!? 5/27(水)に競われました

「浜松No.1決定戦」の出場選手・8名全員が「GTゴールデンレース」から

引き続きあっせんされており、伊藤信夫選手&木村武之選手も

整備に勤しんでいます。全員が勝ち上がっていけば、今節「優勝戦」にて

再び相まみえるかもしれません!?





一方、川口オートで繰り広げられている無観客開催は本日が最終日。

第12R「優勝戦」の発走時刻になると、浜松ロッカーでも多くの選手が

CSモニターにて戦況を見守りました。





レースは地元川口ライダー・田邉 誠選手が3枠10線から一撃離脱走法を駆使して

先頭を手に入れチェッカー!7年ぶりとなる優勝を成し遂げました!

おめでとうございました☆







※クリックするとポップアップします



ここでお知らせです。

明日6/5(金)よりスタートします浜松オート4日間・無観客開催、

「第6回チャリロト杯」は、新型コロナウィルス感染症対策の一環として

4日間の全12レースを「7車立て」で実施します。

つきましては第5Rを「ランチアタックバトル」とした

「7車立て」レースとなりますので、上図勝ち上がり表をご参考ください。





「第6回チャリロト杯」、CS放送&ネットライブにて

ご観戦&ご投票をお楽しみください!




posted by ブンブンボーイ at 17:34 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする