2020年06月17日

再開(6/19)に向けた再会



「あら〜、お元気でしたか?」

と、久々に浜松オートの場内にて場内スタッフの挨拶の声が

聞こえてまいりました。

浜松オートではいよいよ、緊急事態宣言の解除にともない、

あさって6/19(金)から場内の営業を再開します。



本日は数ヶ月ぶりに場内スタッフがそれぞれの作業内容を確認。

作業の中にはもちろん、消毒や検温、ソーシャルディスタンスの確認など

新型コロナの防疫対策といった新たな内容も含まれています。





6/19よりしばらくの間、場外発売の実施時は正門のみの開門となります。

入場にはマスクの着用が必要です。

入場時は検温を行ない、37.5℃以上の体温を検出した場合は

入場することができません。体温チェックをパスした方には

アルコールスプレーによる消毒を行ないます。





場内のいたるベンチには「着席不可」のシールが貼られていますが、

このベンチはまるまる使ってはいけない、というわけではありません。





ソーシャルディスタンス(社会距離)を開けるために、シールの貼られている所だけ

座らずに、ベンチの両サイドをお使い下さい、という意味です。

オッズが表示されるモニターの周囲も、集団の密を作らないように

距離を開けてご覧下さい、という注意書きが貼られています。





場内の各インフォメーションには透明のシートが貼られており、

Q&Aなど応対時の際の飛沫を防ぎます。





しばらく補充をやめて電気を落としていました、鈴木圭一郎選手の

「ラッピング自販機」も再び電気がともり、パック飲料の補充が行なわれました。

入場再開時には飲み頃の冷たさとなるでしょう♪





背もたれ付きのベンチにもテープが巻かれて

腰掛けられる場所が制限されています。





投票所の通路には車券の購入や払戻しの際に

行列の密を作らないよう、足下に立ち位置のシールが貼られました。

お手数をおかけしますが、感染症予防のためのご協力をよろしくお願いします。









一方、山陽オートでは「GT令和グランドチャンピオンカップ」の

8周回「優勝戦」が最終12Rに実施。

3枠10線の位置からスタートで好位置につけ、序盤で先頭に立った

地元山陽ライダー・長田恭徳選手が敏腕選手たちの追走をふりきり

1着チェッカー! 待望の初GTタイトル獲得を成し遂げました!







「周回表示板を見た時に、まだあと3周と表示されていましたが

 最後までめいっぱい走りました!」

長田恭徳選手、初のGTタイトル制覇、おめでとうございました☆





明日6/18(木)からは川口デーレース&伊勢崎ナイターレースが

各場無観客形式で行なわれます。



浜松オートの場外発売はあさって6/19(金)の10:00より再開、

正門のみ開門です。

マスクの着用、入場時の検温&消毒、者間距離をとってのご投票&ご観戦と

感染症対策へのご協力をよろしくお願いします!




posted by ブンブンボーイ at 17:35 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする