2020年10月04日

K-mix杯GUウィナーズカップ 5日目・最終日のようす



ベテランライダーvsヤングライダーのタイトルマッチ、浜松オート5日間開催

「K-mix杯GUウィナーズカップ」、最終12R「優勝戦」は8周回・10mOPにて競われ、

地元浜松ライダーの4枠・木村武之選手が先頭を手に入れ渾身の力走!





マスターズ(ベテラン勢)とライジング(ヤング勢)が一気にゴール線へと飛び込む

接戦&激走の末、木村武之選手が初の「GUウィナーズカップ」タイトル獲得、

前身である「GUジェネレーションズカップ」以来、10年ぶりの優勝となりました!





今節GUは久々に走路内での表彰式となりましたが、ご時世柄

大声をあげることができません。ウィニング・ランでは拍手&手を振っての

祝福となりました。





GU優勝の証・ウィナーズカップが浜松市副市長、長田繁喜様より

木村選手へと贈られました。





続きまして今節協賛・静岡エフエム放送株式会社の代表取締役社長、

今井 学様よりK-mix杯の優勝トロフィーが贈られました。



勝利のコメントです。

「スタートは自分なりには悪くはなかったですが、貴也君(佐藤貴也選手)が

スタートが早いので、外からかぶせられちゃうかな…と思ったのですけど、

まぁ、展開が自分に向いて、内側でとらえることができましたね。



整備は昨日、上下バックとプレートを換えたのですけど、朝練習で乗ってみた感じ、

まだ違和感が抜けてなかったので、さらにフォークの足とかを変えて、厳しそうかな、

どうかな…と思って試走に出たのですが…また違和感が来てしまって(苦笑)でも、

ゴツゴツ感がありながらも試走タイムが31出たので、まぁエンジンは良いんだろなと

思って。レースではそのゴツゴツ感はほとんどありませんでした。



周回ごとにだんだんエンジンが疲れてきたのか、良いところが走れなくなってきて

大きくは走っていましたけど。最近はエンジンが良くても、展開が向かなかったりして

勝ちきれないところがあったので、ようやく優勝できて、良かったです。…これが、

一つ前の(特別GTプレミアムカップ)だったら、さらに良かったでしょうけどね…(苦笑)



でも、そうですね、地元浜松で優勝できたというのは、すごい嬉しいですね。

グレードには関係なく。やっぱり、地元の方々の応援があってこそ、ですから。



長距離だとタレて自分のコースより大きく回ってしまう、という課題も新たに

見つかったので、この後すぐ10/8(木)から地元開催「第2回ダイナオガレージ杯」を

控えていますが、今の調子の良い状態の時にどんどんレースをして、

良くしていければいいかなと。8周でバテてるようでは、10周は夢の話ですからね。

次節も頑張りますので、応援よろしくお願いします。」





写真:表彰式後のスポーツ新聞記者団によるインタビュー時。

「ナイスレースだったよ、おめでとう!」と、最後までレースを見守っていた

青島正樹選手が祝福。木村選手も「ありがとうございます!」と笑顔を見せました♪



木村武之選手、コメントありがとうございました&

「K-mix杯 GUウィナーズカップ」優勝おめでとうございました☆















最終12R「優勝戦」は時間変更となり、16:34ファンファーレ予定です。

熱戦にご期待下さい!





JINちゃん:「凄いメンバーだ、って、後ろからオーラがジンジン伝わってきます!(笑)」

かなりどんよりした曇り空ですが雨は降っておりません。

このまま優勝戦まで持ってもらいたいです!





最終12R「優勝戦」の試走は、ご存知浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんによる

「優勝戦ラウンドガール」始動です☆





第11R「特別選抜戦」、1着3枠・岩田行雄選手(伊勢崎)、

2着5枠・岩見貴史選手(飯塚)、3着6枠・渡邉 篤選手(浜松)の確定は3-5-6。





第10R「選抜戦」は波乱。スタート直後の旋回時に2枠・山浦博幸選手(浜松)が

スリップを起こしたか、車体をがぶらせてしまい、後方追走の7枠・

佐藤裕二選手(川口)があおられるように外側へコースアウト。さらに外側を

併走していた4枠・中村友和選手(浜松)が連動するようにあおられて

他落を被ってしまうアクシデントが発生。レースは続行し、

1着は5枠・丸山智史選手(山陽)。なお、中村友和選手の容態は

自力で起き上がって外周へ避難、一礼して自ら救急車に乗り込みました。

打撲程度とみられます。レース後の審議の結果、

山浦選手は反因(反則妨害・他車落車原因)により失格と判定されました。





第10Rの発売中、浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんが

ネットライブ配信を少々抜け出してCS放送に出演♪

JINちゃん:「先日のラウンドガール用先導車の運転、楽しかったですよ!」

通常開催ではJINちゃんがラウンドガールの主役ですが、各オートレース場の

イメージガールが浜松オートへ来場した際には、再びJINちゃんの運転も

あるかもしれませんね♪今後の活躍にも期待大です☆





写真:昨年に実施しました「第1回 ダイナオガレージ杯」の

 開催中イベント、”ダイナオガレージ”の場内展示です。



浜松オートの次節は早くも3日後が前検日となります、

「第2回 ダイナオガレージ杯」です。昨年に引き続き、場内にて

”ダイナオガレージ”の展示を予定しています。

バイクやサーフィンなどホビールームとして活用できる格納庫、

ダイナオガレージをぜひご覧下さい♪





今節5日間、初の試みとして西側スタンドの裏にてお店を出してくださいました、

たい焼きの移動販売、「焼きたて屋」さん。

西側スタンドご利用のお客さまへのサービス向上、そして

正門〜グリーンスタンド側へお客さまがたが集まりすぎないように、

西側スタンドへの流動率を高めるためのアイデアとして、

「焼きたて屋」さんがお願いを引き受けて下さいました。

5日間の出店、ありがとうございました☆



感謝の気持ちをこめて、本日収録スタジオにてネットライブ配信をしている

内野久照さん、JINちゃん、MITSUKIちゃんへ

たい焼きを差し入れに購入し、担当スタッフへお渡ししておきました♪

実際にご賞味くださるかは私は見られませんが(笑)

浜松オートで1、2を争う人気のできたてメニュー、ぜひ味わってみてくださいね☆





優勝戦に使うタイヤを決めて残りをまとめる中村雅人選手(川口)。





「そのままにしてしまうと機力が落ちる気がするから、何かしないと」と

エンジンのヘッドカバーを開ける伊藤信夫選手。





同31期の春本綾斗選手(山陽)や平塚雅樹選手と会話をする佐藤摩弥選手(川口)。

若手選手は10/14(水)から山陽オートにて「GU若獅子杯争奪戦」を控えており、

さらに全国区選手は10/30から川口オートにて「SG第52回 日本選手権オートレース」

が待っています。体力が不可欠な過密日程、日に日に昼夜の寒暖の差が

激しくなっていることもあり、体調管理には細心の注意が必要です。





第7R「2連単払戻率80%競走」、浜松女子ライダー・岡谷美由紀選手が

2枠ゼロハンから出場し、上がり.394というハイスピードタイムをマークし

1着勝利を獲得しました!おめでとうございました☆

なお、道中に審議がかかり1枠・石貝武之選手は反妨失格の判定となりました。





写真は先日の第11R試走時に行なわれました、飯塚オート勝利の女神・

MITSUKIちゃんによる「ラウンドガール」のようすです。

サイドカーの運転を浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんが担当。

浜松&飯塚オートの新イメージガールによる、初めてのコラボイベントとなりました☆





イベントステージ右側のスペースでは歴代オートレース競走車がズラリと並ぶ

「なつかしの競走車」を展示♪本日は浜松オートPRチーム、”遠州動楽會”の

スタッフが常駐し、お客さまへ歴代バトルマシンの紹介を行なっていました。





「遠州動楽會」のリーダーである元・浜松オートレーサー第1期生の

レジェンド、伊藤寧歳さんもお変わりなく、久々の浜松オート入りです♪





場内1Fインフォメーション前では「チャリロトブース」が出展中♪

その場で入会、その場で車券がすぐ買える!

お手持ちのスマホを使ったチャリロトの入会方法をはじめ、

入金やオートレース投票、的中払戻しなど一連の操作方法を

スタッフが丁寧に教えます。

本日こちらでご入会くださった方へ、チャリロトで使える電子マネー・

2000円分をその場でチャージするキャンペーンを実施中♪

ぜひ「チャリロトブース」の常駐スタッフへお問い合わせ下さい☆





第3Rにて飯塚新人・川口裕司選手が1枠ゼロハンから出場、今節初の

連絡みとなる2着の成績をおさめました。1着は2枠・和田健吾選手(浜松)です。





「JINちゃん、MITSUKIちゃん!僕らがCS放送に映っていますよ!」と

興奮ぎみにCS中継カメラを指さす内野久照さん(笑)



現在ニコニコ生放送&YouTubeにてインターネットライブを配信しており、

浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんと飯塚オート勝利の女神・MITSUKIちゃんが

初めてのオートレース予想に挑戦しています♪わたくしブンブンボーイが取材の

拠点にしている競走デスクでは、かねてよりニコニコ生放送をはじめとする

チャット型ネットライブは閲覧禁止のセキュリティロックがかかっているために

どんな放送が繰り広げられているのか、うかがい知ることはできませんが

CS放送にてちょっとだけネットスタジオ内の様子が紹介されていました☆

内野さん、JINちゃん、MITSUKIちゃん、予想的中を目指して頑張って下さいね♪



  

朝のルーティンとなっている、お気に入りのコーヒーを煎れて

一杯たしなんでから、CS放送スタッフより届けられました応援FAXを読む

岩田行雄選手(伊勢崎)。毎日コーヒーを振る舞ってくださりありがとうございました♪

「5日間あっという間だったけど、僕は次々節の浜松4日間(10/19〜22開催、

「第48回 報知新聞社杯」)に再び呼ばれてるんでね、またロッカーへ寄ってよ。」



私はラストコーヒーをいただきながら、岩田選手へ

「オートレーサーを目指したきっかけは何ですか?」と聞いてみたところ…

ふたつ返事で「高収入!(笑)」と微笑みました。

「学校を卒業してから働いて、当時の愛読書だった雑誌…プレイボーイだったかな?を

読んでいたら、広告欄に『オートレーサー募集!』って掲載されていてね。

目に留まった時は、こういう職業があるんだ、へーって程度だったけど、そこには

このくらい稼げます、って、当時の仕事の倍以上の収入が紹介されていたんだよ。

僕はバイクの免許が取れる年にすぐ免許を取りに行って、あの時はバイクに

のめり込んでいたから、収入の魅力も手伝って、すぐ挑戦しよう!って思って(笑)

もう年をとってからはバイクの趣味というのはだいぶ薄れて、今はセアしか

いじってないけど、船橋所属のオートレーサーになれた当時はバイクに夢中で

船橋オートへ出場するために家から移動する時も、バイクで管理地区へ

飛ばしていったことも良くあったなぁ。ちょっと前まで所持していた大型バイクも、

金子君(金子大輔選手)にあげちゃったよ。今はもっぱら車での移動だけど、

ドライブは好きだから、この前も「特別GTプレミアムカップ」へ出場するために、

関東から山陽オートまで車で運転したら…11時間くらいかかったっけ(苦笑)

大阪くらいまでは楽しいんだよ、いろんな景色が見られて、「あぁここまで来たか」

って思えるけど、岡山あたりから、山以外に何にも見るものがなくて。。

山陽道はドライブというより単調な作業という感じがして、まだ着かないのかなって

けっこう大変だったよ。。浜松くらいならドライブも楽しいんだけどね(笑)

また次々節に会おう。ブンブン君も頑張ってくれよ!」

岩田行雄選手、いつもおいしいコーヒー&おしゃべりタイムを

ありがとうございます♪今節もお世話になりました☆





本日は10:00からニコニコ生放送&YouTubeにて

インターネットライブ配信、『JIN&MITSUKI ゆるふわ予想会』を実施します♪

予想に挑戦するのは浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんと

飯塚オート勝利の女神・MITSUKIちゃんです。

内野久照さんが司会進行を勤めながらお二人へ予想の仕方や

オートレースのイロハを伝授します。どうぞご覧下さい!






☆ニコニコ生放送 〔浜松オートチャンネル〕

https://ch.nicovideo.jp/hamamatsuauto



☆YouTube 〔浜松オートチャンネル〕

https://www.youtube.com/user/hamamatsuauto







マシンと向き合う高宗良次選手(飯塚)。



  

左から、鈴木章夫選手、長谷晴久選手。

章夫選手は検車場へ車両を運んでいるところでした。





工具箱を開く佐藤貴也選手。貴也選手も早朝から整備を開始していました。





遠征選手専用ロッカー・B棟へ「おはようございま〜す!」と挨拶にやってきましたのは

女子ライダーの片野利沙選手(川口)。先日は落車を喫してしまい心配されましたが

「けがは大丈夫?」という周囲の質問に「ご心配をおかけしてすみませんでした、

身体はこの通り、大丈夫です!」と、上半身を右回り、左回りとひねって

無事をアピールしていました。ひと安心です。





タイヤを削る、(左から)川口裕司選手(飯塚)、篠崎 実選手(川口)。



 

写真左:ヘッドカバーを開ける森谷隼人選手(川口)。

写真右:コーヒーを飲んで一息ついてからロッカーに向かう花田一輝選手。





車両にまたがって腰回りを確かめる辰巳裕樹選手。

手前は押田和也選手(伊勢崎)、先日は他落を被りましたが

マシンの修理は既に完了しており、元・選手会長の榑林敏郎さんへ

「心配をおかけしました、身体は大丈夫です」と伝えていました。



  

写真左:森選手とともに整備を開始していた山浦博幸選手。

写真右:タイヤウォーマーを用意する重富大輔選手(飯塚)。

 先日は木村武之選手の整備をずっと手伝っていました。





日曜日の早朝7:50頃ですが、本日の「優勝戦」へ出場を果たしました

森 且行選手(川口)は既にロッカー入りをして整備と片付けの作業を

ともに進めていました。使わないタイヤを串にさしてまとめているところです。





本日の検車場には鈴木一馬選手の車両だけが停めてありました。

微妙な天候だけに走行練習へ参加をするか否か、意見が分かれていそうです。





あっという間に本日の浜松オートは「K-mix杯 GUウィナーズカップ」の

シリーズ最終日。本日はくもり空からのスタート、スタッフいわく

一瞬だけ小雨がぱらついたかも?という話でしたが、現在はその形跡は

残っていません。入場門・ファイティングゲート前にて

栗原勝測選手(伊勢崎)が走路フェンスに足をかけて腹筋を鍛えていました。




posted by ブンブンボーイ at 19:30 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

K-mix杯GUウィナーズカップ 5日目・最終日

本日10/4()は浜松オート本場開催・「K-mix杯GUウィナーズカップ」の5日目。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:15)
浜松の今朝の天候は「くもり」、走路状況「良走路」。
気温24℃、湿度61%、走路温度23℃、降水確率は午前30%・午後10%と発表。
非常に曇っており、気象情報では降水確率は低いそうですが
パラっとした小雨は時折降るかもしれません。




今節は西スタンド裏にてたい焼き・「高木商店」、正門奥右・警備本部前にて
広島焼き・「夏目商店」、漬けマグロの串カツ・「ほっこりDINING きら」、
すっぽんエキス入り浜松餃子・「甘えんぼう」の移動販売が常駐。
どうぞお立ち寄り下さい♪



☆グリーンスタンド入場先着200名様へ「スポーツ新聞」、
 「ラッキーカード」をプレゼント。全て配布次第終了となります。
ラッキーカードは当選者へ「オートレース70周年記念Tシャツ」をプレゼント!



本日は最終12Rに8周回・10mOPの「優勝戦」が繰り広げられます。
中村雅人選手(川口)、伊藤信夫選手、鈴木圭一郎選手は
”完全優勝”へ王手をかけました。熱戦にご期待下さい!

☆10/4() 浜松第12R「優勝戦」

本日はネットライブ特別企画、
『JIN&MITSUKI の ゆるふわ予想会』と題し、
10:00〜17:00をかけてニコニコ生放送&YouTubeにて
本日最終日の全レースをかけて
オートレース初心者のお二人が予想に初挑戦します♪
MCの内野久照さんがサポート役となり、お二人へ
オートレース用語や予想の仕方などを手取り足取り?教えちゃいます♪
ビギナーズラックの大穴的中が飛び出すか、どうぞお見逃しなく!

☆ニコニコ生放送 〔浜松オートチャンネル〕

☆YouTube 〔浜松オートチャンネル〕
posted by ブンブンボーイ at 08:24 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする