2020年10月07日

第2回 ダイナオガレージ杯 前検日(非開催日)



本日10/7(水)の浜松オートは非開催日。そして本場3日間開催、

「第2回ダイナオガレージ杯」の前検日。場内では自販機の補充や

電気の点検などが行なわれており、比較的静かです。

明日より場内にて出店、「鳥好」のお母さんがさっそく屋台を建てにやってきました。



写真はグリーンスタンド2Fの観覧席から撮影。場内ではスイーパーが

走路の清掃を行なっていました。午後から前検日の走行練習が始まります。



ここでお知らせです。前節「GUウィナーズカップ」にて好評を博しました

優勝選手・公開表彰式を、今節「第2回ダイナオガレージ杯」でもこちらの

グリーンスタンドから見える走路内(0mスタートライン〜大時計の範囲)にて

執り行うことが決定しました。雨天の場合は中止です。

今節の決戦、「優勝戦」は10/10()です。皆さまの祝福をよろしくお願いします!





企画レースであるGU開催が終わり、明日からは再び通常開催、ということで

浜松新人選手や交川陽子選手、松尾 彩選手(山陽)など若手女子選手も参戦。

さっそく管理地区内にて「購入タイヤが届きましたのでお手すきの選手は

運び込みのご協力をお願いします」というアナウンスが響き、朝早くから

前検日入りを果たしている選手たちが検車場の前へと集まってまいりました。





浜松にお住まいの方ならお気づきかと思いますが、本日は上空にて

航空自衛隊・浜松基地のジェット機が轟音を響かせながら演習を行なっており、

編隊を組んで飛行機雲を描きながら浜松の空を幾度も旋回しています。



ただいま日本列島へ徐々に台風14号が接近しており、その影響からか

天候は「くもり」となっていますが、時折、数滴の雨粒を感じます。





「おや、雨か・・・」と、両手で雨粒を確認しながらタイヤを受け取りに行く

廣瀬豪彦選手&鈴木孝治選手。右は中村友和選手です。





「GUウィナーズカップ」が終了したことで場内の告知や看板が

非開催日をかけて全て取り外されました。そして新たに、場内には

「オッズパーク杯 SG第34回全日本選抜オートレース」の看板が設けられました。

開催日は翌年の2/19〜23、年中温暖な”雪知らず”の浜松だからこそ

真冬である2月実施のビッグタイトルでもまかせて安心といったところです。





外ではゴーッ、ヒューンとジェット機の音が何度も響くなか、ロッカー内では

チュイーンと旋盤の音が鳴っています。加工室にて鉄のスリッパや

ハンドルの角度を曲げているようでした。



  

写真左:会話をする中野 肇選手と橋本陽介選手。ロッカーがお向かい同士です。

写真右:早くからロッカー入りをしていた伊藤信夫選手。リベンジとなるでしょうか。





エンジンのふたを開ける新人・佐藤大地選手。いつも整備をがっつり行なうタイプです。



  

写真左:自身の部屋へ向かう渡邉 篤選手。今節追加あっせんとなりました。

写真右:タイヤを外へ持ち出して削る新人・深谷俊太選手。





新人女子・桝崎星名選手。今節あっせんの山陽新人女子・松尾 彩選手と

話し合いながら整備を進めていました。左奥には鈴木圭一郎選手の姿も。

「GUウィナーズカップ」優勝戦は3着の成績となり、今節はさらに上を目指して

次なるグレードレース、山陽「GU若獅子杯」へとのぞんでまいります。



  

写真左:本門延唯選手(飯塚)。今節は浜松・飯塚・山陽の3つ巴戦となっています。

写真右:うがいをする鈴木宏和選手。岡松 忠選手(山陽)のTシャツを着用していました。





小雨のためにひさしのある場所でエンジンを鳴らす松尾隆広選手(飯塚)。



  

写真右:フロントタイヤ&フォーク回りを見る田中正樹選手(飯塚)。

写真右:検車場へと足を運ぶ仲口武志選手。





整備談義をする馬場雄二選手と小林頼介選手。奥は岡松 忠選手(山陽)。



  

写真左から、青島正樹選手、鈴木健吾選手。どちらもタイヤをチェック。





小雨がパラパラと降る中、スタート練習に励む山浦博幸選手。



  

写真左:「今節よろしくお願いしまーす」と、傘をさして各所へ挨拶にまわる

 荒尾 聡選手(飯塚)。

写真右:岩見貴史選手(飯塚)へコメント取りをするCS放送の安原幸子さん。





雨の整備をどうするか…と腰に手を当てて考える鈴木章夫選手。周囲は

片岡信之選手、鈴木静二選手、笠木美孝選手が黙々と作業していました。



  

写真左:春本綾斗選手(山陽)と談義をする井村淳一選手(飯塚)。

写真右:自身のロッカーへ向かう岡谷美由紀選手。





西川頼臣選手と談義をする篠原 睦選手(飯塚)。

西川選手の隣のロッカーを借りて3日間過ごします。





そして前節「GUウィナーズカップ」の優勝者である木村武之選手。

ともにGUからの連続出場となりました花田一輝選手、重富大輔選手(飯塚)に

手伝ってもらいながら、優勝後の課題となった”レースの後半にエンジンが

タレてきてしまう”という症状を改善させるための整備を進めていました。





写真:今回もチャンピオンレーサー前にマイベース用コンテナ、

「ダイナオガレージ」を設置。ぜひご覧下さい!



ここでお知らせです。今節の出場予定でした金子大輔選手が家事都合により

急きょ休場となり、明日からの追加あっせんは石貝武之選手に決定しました。

どうぞご了承下さい。





「第2回 ダイナオガレージ杯」は明日10/8(木)より短期決戦・

3日間シリーズでお送りします。熱戦にご期待下さい!


posted by ブンブンボーイ at 19:29 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする