2020年10月20日

第48回報知新聞社杯 2日目のようす



写真:「どんなタイヤを付けてるの?」と、伊藤信夫選手と

 整備談義をする浦田信輔選手(飯塚)。いよいよ意識は今節の先、

川口「SG日本選手権オートレース」に向けられているのかもしれません。



浜松オート「第48回 報知新聞社杯」、シリーズ2日目が終了。

本日の成績を元に、明日3日目・第5&10〜12R「準決勝戦」の

出場選手32名が決定します。



ところが「準決勝戦」進出の決まっていた金子大輔選手が身体の不調を訴えて

敢えなく本日付で参加解除、早退することになり、「準決勝戦」進出選手は

1名が繰り上がりとなります。 ※ちなみに熱はありませんでした。



なお、明日以降の補充選手が取れなかったために

3&4日目の第1Rは「7車立て」となります。どうぞご了承ください。





第12R「準々決勝戦」、1着8枠・伊藤信夫選手(浜松)、

2着6枠・福田勝則選手(伊勢崎)、3着7枠・淺田真吾選手(浜松)の確定は8-6-7。





第11R「準々決勝戦」、1着8枠・木村武之選手(浜松)、

2着2枠・岩永清文選手(山陽)、3着1枠・岩本君男選手(浜松)の確定は8-2-1。





坊田寿彦選手(山陽)。

「前検日にキャブレターを扱ったところそれまでよりエンジンは良くなりましたが、

今日は急に晴れてしまい、熱走路によるものでしょう、タイヤが滑ってしまい

乗りにくくなってしまいました。明日も今日と同じくらいに晴れそうなので

これからタイヤをいくつか変えて乗り比べてみます。」

坊田選手、コメントありがとうございました♪





第10R「準々決勝戦」、1着7枠・岩田行雄選手(伊勢崎)、

2着8枠・佐々木 啓選手(山陽)、3着2枠・坊田寿彦選手(山陽)の確定は7-8-2。





佐藤貴也選手はレースを終えてロッカーに戻ると、すぐに着替えて

師匠・中野 肇選手、岩本君男選手、橋本優一選手などロッカーがご近所の

選手たちと一緒にレースのVTRを見ながら真剣に復習していました。

まずは「優勝戦」進出、そんな意気込みが伝わってきます。





第9R「準々決勝戦」、1着8枠・佐藤貴也選手(浜松)、

2着7枠・角南一如選手(山陽)、3着6枠・満村陽司選手(山陽)の確定は8-7-6。





番田隆弘選手(山陽)。強面?とんでもございません、とても丁寧で優しい方です♪

「今日はこれだけ天候が変わってしまったことで、昨日よりも乗り味が悪くなって

しまいました。何とか連に絡めたのは運良く展開が自分に向いてくれたおかげかも

知れません。ただ…本当にエンジンが悪いならばもっと下の着だったと思うので

乗り味が悪くても3着までに入れたというのは、希望じゃないかと。

明日も天候は良くなるようなので、今日とはまた違うセッティングに変えて

練習で試したいと思います。」

番田選手、コメントありがとうございました♪





第8R「準々決勝戦」、1着8枠・金子大輔選手(浜松)、

2着5枠・木村義明選手(伊勢崎)、3着3枠・番田隆弘選手(山陽)の確定は8-5-3。





下平佳輝選手。初日1着、本日2着と好成績を上げています。

「前回出場した「第2回ダイナオガレージ杯」は3日間とも雨の湿走路にも関わらず

エンジンはそこそこ良い感じで(最終日は「選抜戦」に出場し2着の成績)、昨日も

雨で1着が取れただけに、今日はさすがに天気が良くなったから、どうかな…と

思っていたのですけどね。タイヤを変えてセッティングで追う程度でしたが、まぁ

悪くはないですね。天候にあまり左右されないエンジンというのは助かります(笑)」

下平選手、コメントありがとうございました♪





第7R「準々決勝戦」、1着7枠・前田 淳選手(山陽)、

2着3枠・下平佳輝選手(浜松)、3着8枠・青島正樹選手(浜松)の確定は7-3-8。





タイミング良く1着勝利の西村選手にお伺いすることができました。

「自分のエンジンはかねてから暑く照った走路の方が相性が良いので、

出場レースで晴れてくれたおかげで勝てました。朝練習の時はまだ曇っていて、

走ってみた感じちょっとゴツゴツした違和感があったので、大丈夫かな…と

思っていたのですが、レースではタイヤだけ変えて、エンジンはそのままで行ったら

やはり暑くなった気候にエンジンが合ってくれた感じです。勝てて良かったですよ♪」

西村義正選手、コメントありがとうございました!





第6R「準々決勝戦」、1着5枠・西村義正選手(山陽)、

2着6枠・山浦博幸選手(浜松)、3着2枠・石川岳彦選手(伊勢崎)の確定は5-6-2。





第5Rから「準々決勝戦」。天候の回復とともに気温&走路温度が急上昇しています。

第5R「準々決勝戦(ランチアタック)」、1着8枠・浦田信輔選手(飯塚)、

2着6枠・鈴木静二選手(浜松)、3着2枠・鈴木啓示選手(浜松)の確定は8-6-2。





午前中のうちにどんよりとした雨雲が東へと流れていき、

浜松の空に久々の青空が戻ってまいりました。天高い秋晴れの空です♪





きたる11/7()の川口オート3日間開催・初日に”オートレース発祥70周年”を

記念する企画レース、『オートレースNo.1決定戦』を実施します。

出場メンバーは上図8選手に決定、浜松オートでも場外発売を実施します。

(飯塚ナイター場外とのリレー発売となります)



浜松ライダーから木村武之選手と鈴木圭一郎選手が出場、

応援をよろしくお願いします!





今節は開催期間中毎日、開門よりグリーンスタンド入場先着200名様へ

協賛・報知新聞社様ご提供の「スポーツ報知」新聞を無料配布しています。

明日のオートレース記事も俄然楽しみとなってまいりました♪





さっそく章夫選手へインタビューを…と思いロッカーへ向かいましたが、

そこには既に「スポーツ報知」の淡路記者が。そう、今節は第48回を数える

「報知新聞社杯」です。ここは明日の「スポーツ報知」・オートレース特集を

楽しみに待ちましょう♪





第1Rにて、4枠20線から出場の浜松ベテランライダー・鈴木章夫選手が

重ハンデ勢の追走を振りきって1着チェッカー!

自身の持つ”全公営競技中・最年長1着勝利記録”をさらに更新させました!





浜松オートでは11/19(木)より伝統の一戦、

「サンケイスポーツ杯 GT第62回 秋のスピード王決定戦」が開幕します。

浜松オートオフィシャルサイトではGT開催中に掲示します

選手応援幕”の募集を先日10/18()から開始しています。

必ず電話での事前申請を行なって下さい。応募多数の場合、

申請が遅くなりますとCS放送にて映らない場所(西側スタンドなど)の

掲示場所となりますので、ご連絡はどうぞお早めに。

(浜松オートレース場:053-471-0311 受付時間10:00〜16:00)



  

写真左:缶コーヒーを片手にロッカーへ向かう西川頼臣選手。

写真右:荒川哲也選手のロッカーにあった、オリジナルの作業いす。腰掛け部は

 メッシュ状で、足に車輪が付いており、整備をしながら移動することが可能です。





タイヤが十分温まるまで読書をして待つ丹村 司選手(飯塚)。





朝練習が開始される頃には、走路はほぼ良走路へ回復。多少の日差しも感じます。





まるで名人戦を思わせるようなベテラン選手が多く出場している今節。

吉田富重選手や橋本優一選手などが入場門前の停車位置に並び

朝練習の開始時刻を待っていました。



  

写真左:エアーでリアタイヤを掃除する林 弘明選手(山陽)。

写真右:ウエスで車両をピカピカに磨く西村義正選手(山陽)。





岡本信一選手(山陽)の整備を手伝う山脇孝志選手。



  

写真左:タイヤを加工する(右から)浦田信輔選手(飯塚)、押田和也選手(伊勢崎)。

写真右:出走表を確認する伊藤幸人選手(伊勢崎)&清岡優一選手(伊勢崎)。





金子大輔選手も早朝からただひとり整備に集中していました。



  

写真左:フロントタイヤを変える岩本君男選手。

写真右:グラブをはめて整備に取りかかる長谷晴久選手。





コーヒーを飲んで談笑する山浦博幸選手&前田 淳選手(山陽)。



  

荒尾選手とすれ違ったその先には、青嶋裕治選手や石貝武之選手のロッカーが。

先日に接触や落車を被ってしまった選手、ひとりひとりを

荒尾選手は早朝から心配そうに伺っていたのでした。

石貝選手、青嶋選手ともに身体は大丈夫です、とのことでした。





ロッカーへ足を運び、一番最初にお会いできましたのは荒尾 聡選手(飯塚)でした。





検車場には田斎英世選手(山陽)や橋本陽介選手、田中竜二選手、

鈴木章夫選手など大御所選手のマシンが並んでいました。







浜松オート「第48回 報知新聞社杯」・シリーズ2日目は

昨晩に降り続けていた雨がやみ、早朝の走路状況はブチ走路に。

舗装の切れ目に塗れ残りがありますが、気象情報によれば

本日は雨は降らないとのこと、朝練習時には乾くものと思われます。



  

毎朝のトレーニングは欠かせない、(左から)柴田健治選手、伊藤信夫選手。





ハンデ10mのスタートライン付近にレーシングスタッフが集まっていました。

先日の落車トラブルの影響でオイルなどが雨水とともに路面に浮いていないか

最終的な確認と念入りな洗浄を実施、そこへ柴田紘志選手が心配そうに

「どうっスか、オイル浮いてます?」と声をかけていました。スタッフいわく

目立ったにじみもなく、レースはできますので大丈夫です、とのことでした。




posted by ブンブンボーイ at 17:12 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第48回報知新聞社杯 2日目


本日10/20(火)は浜松オート本場開催・「第48回 報知新聞社杯」の2日目。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:35)
浜松の今朝の天候は「くもり」、走路状況「ぶち走路」。
気温21℃、湿度42%、走路温度20℃、降水確率は午前0%・午後0%と発表。
気象情報によれば本日は1日晴れるそうですが、明日から再び
2日間をかけて雨が降るとのことです。




今節は場内にてたい焼き・「高木商店」、広島焼き・「夏目商店」、
すっぽんエキス入り浜松餃子・「甘えんぼう」の移動販売が常駐。
どうぞお立ち寄り下さい♪



本日は第5Rから「準々決勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待下さい!


posted by ブンブンボーイ at 09:45 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする