2020年11月14日

第16回レッドリボンカップ2日目&飯塚ナイター初日場外発売 リレー併売のようす





「第16回 レッドリボンカップ」、4つの「準決勝戦」が終了し

明日11/15()の最終12R「優勝戦」はご覧のメンバーに決定。

浜松 vs 伊勢崎”による対抗戦となりました。

木村武之選手、鈴木圭一郎選手、青山周平選手(伊勢崎)は

”完全優勝”へリーチをかけました。熱戦にご期待下さい!





第12R「準決勝戦」、上位1・2着選手が「優勝戦」進出となります。

1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着7枠・新井惠匠選手(伊勢崎)





第11R「準決勝戦」、上位1・2着選手が「優勝戦」進出となります。

1着8枠・青山周平選手(伊勢崎)、2着1枠・白次義孝選手(伊勢崎)





第10R「準決勝戦」、上位1・2着選手が「優勝戦」進出となります。

1着4枠・仲田恵一朗選手(伊勢崎)、2着3枠・鈴木健吾選手(浜松)





第9Rの発売中、オートレース選手会・浜松支部長の西川頼臣選手が

CS放送に出演♪仮面ライダークウガを思わせるダンディズムがあります☆

西川選手は2021年の選手会カレンダーとオリジナルマスクが今日から販売開始

されたことを告知。さらに、「今後も浜松S級選手デザインのオリジナルマスクを

追加販売していきます」とのことです☆

新たなマスクが完成し追加販売が決定次第、ブンブンブログ等でお伝えします。

どうぞお楽しみに♪





第7R「一般戦A」にて浜松新人・佐藤大地選手が1枠ゼロハンから出場し、

6周回逃げきりに成功!1着勝利を獲得しました♪おめでとうございました☆



  

選手会マスクやカレンダーが販売されている場内1Fインフォメーションの前には

今節「レッドリボンカップ」の協賛であるNPO法人・「魅惑的倶楽部」の

ボランティアコーナー、”レッドリボンブース”が明日まで設置されています。

本日はレッドリボンゲストでお馴染み、静岡を拠点に活動している

シンガーソングライター・HIROさんが来場しています♪





レッドリボンブースではAIDSやHIVについて正しい知識と理解をはぐくむ

ガイダンスをはじめ、レッドリボン活動の一環として募金を行なっています。

愛知県は豊川市の社会福祉施設と提携してレッドリボンクッキー&メロンパンも用意。

ご購入頂けますとそのままレッドリボン基金の参加につながります♪



「魅惑的倶楽部」会長・鈴木恵子さんのお話によれば、「優勝選手への景品に

アオイネオン株式会社さん製作の”光るレッドリボントロフィー”を

今年もご用意させて頂きました。少量の電圧でも光るように改良され、

家庭用電源いらずの特殊電池をトロフィーに内蔵、スイッチを入れるだけで

レッドリボンの形をしたネオンサインがやさしく光る逸品となっています。

選手の皆さま、頑張って下さい!」とのことです☆



ご来場の際にはレッドリボンブースにもお立ち寄り下さい♪





第5R「ランチアタック準決勝戦」、上位1・2着選手が「優勝戦」出場となります。

1着8枠・木村武之選手(浜松)、2着2枠・栗原俊介選手(伊勢崎)





写真:今節期間中、場内チャンピオンレーサー前にて展示中のジャガー車。



ここでお知らせが入ってまいりました。

先日身体不良により早退となりました木部匡作選手(伊勢崎)、青島正樹選手の

補充として、つい昨晩まで川口オートのナイトレースに出場していました

岡谷美由紀選手と花田一輝選手が「明日最終日の補充参戦、OKです」と

承諾の連絡が入り、シリーズ3日目の補充に決定しました!



明日11/15()は第1Rのみが「7車立て」となる予定です。

川口オートから競走車や工具など一式が大至急で運ばれてくることでしょう、

選手&スタッフの頑張りには頭が下がるばかりです。





本日から場内1Fインフォメーションにて選手会浜松支部が制作しました

「浜松オート オリジナルマスク」を販売開始。

マスクは「通常デザイン」と「鈴木圭一郎選手デザイン」の2種類があります。

「通常デザイン」は1枚500円、フリーサイズと小さめMサイズのどちらかを選べます。

「鈴木圭一郎選手デザイン」はフリーサイズのみで1枚600円です。

売り切れ次第終了となります、どうぞお早めにご購入ください☆





さらに「2021年 浜松オート選手会カレンダー」も本日より1Fインフォメーションにて

販売開始。こちらは1部500円です。売上は地域貢献・社会福祉に役立てられます。



さっそくお客さまから「来年2月の浜松オート開催・「SG第34回全日本選抜オートレース」の

開催時も販売は続いているでしょうか?」というご質問を頂きましたが、

これまでの選手会カレンダー販売にて2月に売り切れてしまった前例がないことと、

今年はコロナ禍により毎年恒例の特別イベント・「選手によるカレンダーサイン会」が

現在も実施できないことから販売数は例年より減少傾向にあると思われます。

2月でも十分にご購入頂けると思いますのでご来場の際にはぜひお買い求め下さい♪





第1Rは車立て減による「7車立て」にて実施、1車少ない状況をも味方につけて

浜松の大御所ライダーがまたも記録更新!





5枠20線から出場の鈴木章夫選手が軽ハン勢4車をさばききり、

先頭をキープして1着チェッカー!齢74歳、競馬、競輪、ボート、オートレースの

全公営競技中、最年長1着勝利記録をさらに更新させました!



  

選手ロッカーへ凱旋した章夫選手のマシンを片付けるお手伝いをする鈴木圭一郎選手。

おなじ鈴木姓の御大として、圭一郎選手も章夫選手に一目置いているようです♪





公営競技ライター・沢 朋之さんもイチバンに章夫選手へ取材を行なっていました。

CS放送や沢さんのSNSにて紹介があるかもしれません、どうぞお楽しみに♪





今節3日間は「ジャガー・ランドローバー浜松」様ご協力、ジャガー車による

試走先導を全レース試走時にて行ないます。どうぞご覧下さい♪





毎朝、開門1時間前には場内清掃スタッフが消毒スプレーを使って

各いす&ベンチの清掃をひとつひとつ丁寧に行なっています。

いつもありがとうございます♪





屋外にてエンジンをかける、左から、石井大輔選手(川口)、松山茂靖選手。

石井選手は今節唯一、川口からの参戦です。



  

左から、内山高秀選手(伊勢崎)、西川頼臣選手。





左から、和田健吾選手、木村武之選手。



  

左から、保永高男選手(伊勢崎)、伊藤弘幸選手(伊勢崎)。





扉が開いており、朝の日差しが差し込む選手ロッカー。

山浦博幸選手、関口隆広選手、赤堀 翼選手、深谷俊太選手が

早朝から整備を始めていました。



  

左から、福田勝則選手(伊勢崎)、新井惠匠選手(伊勢崎)。





検車場では顔が隠れていますが、千葉泰将選手(伊勢崎)をはじめ

鈴木圭一郎選手や鈴木章夫選手のマシンが停められており

朝練習の準備が既に施されていました。





写真:いつも仲良し伊勢崎トリオ、左から猿谷敦史選手、岩沼靖郎選手、近藤裕保選手。



短期決戦・3日間開催、「第16回 レッドリボンカップ」、本日はシリーズ2日目。

第5&10〜12Rをかけて「準決勝戦」が繰り広げられます。

さらに引き続いて飯塚ナイター「日本写真判定杯 争奪戦」の場外発売を

リレー形式で実施してまいります。どうぞ最後までお楽しみください♪



  

左から、早朝から身体を動かす柴田紘志選手、柴田健治選手、鈴木章夫選手。

本日も好天に恵まれ、日中は気温が先日よりも上昇するそうです。




posted by ブンブンボーイ at 16:59 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第16回レッドリボンカップ 2日目&飯塚ナイター初日 リレー場外発売


本日11/14()は浜松オート本場開催・「第16回 レッドリボンカップ」の2日目と、
飯塚ナイター「日本写真判定杯 争奪戦」初日のリレー場外発売。
(開門予定時刻10:00、浜松第1R試走開始10:25、飯塚第1R試走開始14:39)
浜松の今朝の天候は「はれ」、走路状況「良走路」。
気温19℃、湿度48%、走路温度20℃、降水確率は午前0%・午後0%と発表。
飯塚オートの走路状況はまだ発表がありません。
走路内ではスタッフ運搬用のキャラバンカーがテスト走行を行なっており、
発走スタッフがスタート位置にて停車方法を習っていました。




今節は場内にてたい焼き・「高木商店」、広島焼き・「夏目商店」、
すっぽんエキス入り浜松餃子・「甘えんぼう」の移動販売が常駐。
どうぞお立ち寄り下さい♪




浜松オートは今節3日間、場内1Fインフォメーション前にて
「レッドリボンブース」を設置。
社会福祉施設にて作られたクッキーやメロンパンなどを用意しています。
どうぞお立ち寄り下さい♪




本日開門より1Fインフォメーションにて「浜松オートオリジナルマスク」と
「2021年浜松オート選手会カレンダー」の販売を開始。カレンダーは1部500円、
マスクは「ノーマルバージョン」が1枚500円(フリーサイズ or Mサイズ)、
「圭一郎選手バージョン」が1枚600円(フリーサイズのみ)です。
売り切れ次第終了です、どうぞお早めにご購入ください☆



本日浜松は第5&10〜12Rをかけて「準決勝戦」が繰り広げられます。
飯塚ナイターは全レースをかけて「予選」が繰り広げられます。
熱戦にご期待下さい!


posted by ブンブンボーイ at 09:16 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

第16回レッドリボンカップ 初日のようす


写真:今回「レッドリボンブース」は1Fインフォメーションの手前にて設置。
血圧測定などは行なわれませんが、社会福祉施設で作られました
クッキーやメロンパンなどを揃えています♪

「第16回レッドリボンカップ」、初日が終了。本日の成績をもとに、

明日11/14()は第5&10〜12Rをかけて「準決勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待下さい!



  

明日11/14()から場内1Fインフォメーションにて「浜松オートオリジナルマスク」と

「2021年 浜松オート選手会カレンダー」を販売♪

マスクは「ノーマルデザイン」がフリーサイズかMサイズの2種から選べて税込500円、

「圭一郎選手デザイン」はフリーサイズのみで税込み600円です。

選手会カレンダーは税込500円、売り上げは社会福祉に当てられます。

全て販売次第終了です、どうぞお早めにお買い求めください!




第12R、1着8枠・青山周平選手(伊勢崎)、2着1枠・佐藤大地選手(浜松)、
3着5枠・石井大輔選手(川口)の確定は8-1-5。


第11R、1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着6枠・落合 巧選手(浜松)、
3着3枠・新井裕貴選手(伊勢崎)の確定は8-6-3。


第10R、1着8枠・金子大輔選手(浜松)、2着6枠・藤波直也選手(浜松)、
3着7枠・吉田恵輔選手(伊勢崎)の確定は8-6-7。


本日はレッドリボン・ゲストでお馴染み、静岡を拠点に活動しています
ボーカリストの森 一馬さんが来場♪
しかしながらコロナ禍の影響でステージイベントができず、今回は
CS放送の出演とジャガー車による試走先導の乗車を担当してくださいました☆


ぜひスペシャル・ハイクラスな乗り心地をご堪能下さいね♪


第9R、1着8枠・木村武之選手(浜松)、2着6枠・福田勝則選手(伊勢崎)、
3着7枠・淺田真吾選手(浜松)の確定は8-6-7。


第8R、1着8枠・佐藤貴也選手(浜松)、2着2枠・伊藤幸人選手(伊勢崎)、
3着7枠・柴田健治選手(浜松)の確定は8-2-7。


第7R、1着7枠・松山茂靖選手(浜松)、2着6枠・山浦博幸選手(浜松)、
3着8枠・内山高秀選手(伊勢崎)の確定は7-6-8。


浜松オートCS放送にて、安原幸子さんや島田祐希さんが着用していたのは
”浜松オート・オリジナルマスク”です♪このご時世柄、満を持していよいよ完成。
選手会浜松支部による、整備などロッカー内の作業時に使用するマスクを
浜松オートを日々応援してくださるお客様にも販売することが決定しました♪



販売は明日11/14()から場内1Fインフォメーションにて開始。
黒字に浜松オートのロゴマークだけを記しました「通常デザイン」は1枚500円(税込)、
フリーサイズと、小さめ・Mサイズの2種類から選べます。

黒字に浜松オートのロゴマークと鈴木圭一郎選手の「K」マーク+
カルマ(圭一郎選手の競走車名)のスペルを施しました「鈴木圭一郎デザイン」は
フリーサイズのみの1枚600円(税込)で販売。
どちらも全て販売が完了しだい終了となりますので、どうぞお早めに!



さらに恒例、「2021年 浜松オート選手会カレンダー」も明日11/14()から
場内1Fインフォメーションにて販売開始。これまで通り1部500円(税込)です♪

売り上げは選手会浜松支部が推進しています地域貢献・社会福祉のために
幅広く役立てられます。どちらもぜひお買い求めください!


第6R、1着7枠・鈴木宏和選手(浜松)、2着8枠・渡邉 篤選手(浜松)、
3着3枠・岩沼靖郎選手(伊勢崎)の確定は7-8-3。


第5R「ランチアタック予選」、最終コーナーにてインをすくい一気に逆転。
1着8枠・伊藤信夫選手(浜松)、2着6枠・遠藤 誠選手(浜松)、
3着7枠・三浦康平選手(伊勢崎)の確定は8-6-7。


第4R、1着4枠・白次義孝選手(伊勢崎)、2着8枠・中村友和選手(浜松)、
3着7枠・鈴木健吾選手(浜松)の確定は4-8-7。


写真:第4R発売中の中間走行練習に参加する鈴木圭一郎選手。

ここでお知らせが入ってまいりました。

本日第2R「予選」にて2着の成績をおさめました青島正樹選手がレース後、
管理棟を訪ねて「身体に痛みがある」と身体の不調を訴え、大事をとり
敢えなく本日付で参加解除・早退に。

今朝の木部匡作選手(伊勢崎)も先日の走行練習中落車による身体不良により
参加解除となっており、「補充選手なし」となっていますので、
明日以降は「車立て減」が増えることになりそうです。
7車立てを増やすのか、6車立てを含ませるのかは
2日目の出走表にてご確認下さい。


第3R、1着7枠・岩科鮮太選手(浜松)、2着8枠・笠木美孝選手(浜松)、
3着4枠・落合 淳選手(伊勢崎)の確定は7-8-4。
なおレース後に審議がかかり、6枠・齋藤正悟選手は反妨失格の判定となりました。


第2Rは「7車立て」にて実施。1着5枠・木村義明選手(伊勢崎)、
2着7枠・青島正樹選手(浜松)、3着2枠・野田光宏選手(浜松)の確定は5-7-2。


第1Rは「7車立て」にて実施。1着5枠・栗原俊介選手(伊勢崎)、
2着7枠・新井惠匠選手(伊勢崎)、3着2枠・野沢守弘選手(伊勢崎)の確定は5-7-2。


今節はたい焼きの移動販売・「焼きたて屋」はイベントプラザの右側にて出店。
他にも広島焼き・「夏目商店」と、すっぽんエキス入り浜松餃子・「甘えんぼう」が
場内警備本部前にて出店しています。
どうぞご賞味下さい☆


第1Rの試走を前に、ぐるっと1周ジャガーがお目見え。
藤波直也選手が運転を担当していました。


場内でもチャンピオンレーサー前にてジャガー車を展示しています。
どうぞご覧下さい♪

  
左から、長谷晴久選手、笠木美孝選手。どちらもフロントまわりを調整。


師匠・中村晋典選手の走行練習準備を手伝う弟子・米里崇徳選手。


先日の前検日、走行練習中に落車を喫してしまった木部匡作選手(伊勢崎)が
ロッカーに戻ってまいりましたが・・・なんと松葉杖。そして足には
ギプス&包帯が幾重にも巻かれていました。総合病院での検査の結果、
くるぶしの下のあたりに骨折箇所が見つかったそうで、残念ながら本日付で
参加解除・早退となるそうです。明日以降の補充選手は情報が入り次第
お伝えしてまいりますが、ひょっとしたら補充なしの車立て減になるかもしれません。
伊藤信夫選手が木部選手のロッカーの片付けを手伝っていました。どうぞお大事に・・・。


浜松オート恒例の一戦、「第16回 レッドリボンカップ」。9時からの走行練習を前に
早朝の走路内では多くの選手がトレーニングを行なっていました。


そんな中、ヴォォォォン!と雄々しいマフラー音が管理地区内に鳴り響くと、
走路内へ高級車が入場。「レッドリボンカップ」恒例、”高級車による試走先導”用の
車両のテスト走行を、鈴木圭一郎選手が運転して行なっていました。


検車場には鈴木圭一郎選手や鈴木章夫選手など
数台の競走車が既に停めてありタイヤに毛布が巻かれていました。
これから日に日に寒くなる季節、タイヤの十分な温めが必要になります。


本日初日のレース結果で「準決勝戦」行きが決まってしまう短期決戦・3日間開催。
渡邉 篤選手が検車場へ向かっていました。


早朝8:20頃の選手ロッカー。若手&ベテランを問わず、選手たちが
活発に作業を開始していました。右は石貝武之選手、
通路を歩いているのは藤波直也選手と栗原俊介選手(伊勢崎)です。

  
左から、赤堀 翼選手、野沢守弘選手(伊勢崎)。


言葉を交わしながら整備を進める、鈴木健吾選手と関口隆広選手。

  
左から、近藤裕保選手(伊勢崎)、清水 卓選手(伊勢崎)。


右手前から、木村直幸選手、辰巳裕樹選手。


先日山陽のオイルハプニングもあってのことでしょうか、朝の走路清掃が
行なわれているさなか、遠藤 誠選手がスタートライン周辺の
これまでの落車によるダメージ具合を入念に点検していました。


posted by ブンブンボーイ at 17:52 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第16回レッドリボンカップ 初日


本日11/13(金)は浜松オート本場開催・「第16回 レッドリボンカップ」の初日。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:25)
浜松の今朝の天候は「晴れ」、走路状況「良走路」。
気温19℃、湿度54%、走路温度17℃、降水確率は午前0%・午後0%と発表。
初日は雲ひとつない秋晴れとなりました。選手数名が走路で運動をしています。





今節は場内にてたい焼き・「高木商店」、広島焼き・「夏目商店」、
すっぽんエキス入り浜松餃子・「甘えんぼう」の移動販売が常駐。
どうぞお立ち寄り下さい♪



本日は全レースをかけて「予選」が繰り広げられます。
熱戦にご期待下さい!


posted by ブンブンボーイ at 08:45 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

山陽「豊田石油杯」場外発売・3日目&浜松 前検日のようす


本日の浜松オートは山陽場外発売の3日目・最終日と

浜松本場開催・「第16回レッドリボンカップ」の前検日を実施。

本日は早朝から小さな出来事が頻発、なにやら”きぜわしない”

(遠州弁で落ち着かない、騒がしいの意味)1日となりました。



まずは朝1番で入った情報にて、本日山陽の走路状況が「オイル」と発表。

昨日の夕方走行練習にて落車トラブルが発生し、車体から

オイルがポトポトと漏れてしまったとのことです。




果たして開催は可能なのか、と心配になりましたが、山陽オートのCS放送が

映し出されると、ゴール線から外周付近にかけて、まるで”飛行機雲”のような

白い跡が。これは煙ではなく、中和剤をまいて洗浄した跡なのだそうです。

レースで使われる走行コース、いわゆる黒潮から離れていることもあり、

山陽3日目は無事に開催。とりあえず無事でほっとしました。




一方、選手管理地区・検車場では購入用の新品タイヤを大量に乗せた

大型トラックが到着、「手の空いている選手は荷下ろしを手伝ってください」と

ロッカー内にアナウンスが入り、さっそく力仕事を行なっていました。




本日前検日の選手ロッカーは、先日の指定整備日ほどの賑やかさはなく、

比較的落ち着いた様子でした。やはり先日は実施されました「事故防止訓練」の

参加のために大勢の浜松所属選手がやってきたようです。

写真中央に映っているのは藤波直也選手です。



  

先日の指定整備日からロッカー入りを果たしている浅野浩幸選手&佐藤大地選手の

師弟コンビですが、それもそのはず、大地選手のマシンのカラーリングが

これまでとはすっかり変わっていたのです。

大地選手:「実は先日、川口遠征にて他落を受けてしまい、テンメイ号のフェンダーや

ガソリンタンクがベコっとヘコんでしまって・・・お星様となりました(苦笑)」

もう使えないほどにまで変形してしまった、かつての伊藤典明選手(引退)の愛車・

テンメイ号のパーツは敢えなく廃棄となってしまい、師匠の浅野浩幸選手は

自ら長らく使用していた「ガデス」号のパーツを譲ったそうです。

明日から大地選手は装い新たに、黄色と赤のカラーリングでレースに臨みます。




こちらも先日の朝からロッカー入りをしていました、仲口武志選手と

交川陽子選手。仲口選手も先日の飯塚ナイター遠征時、スタートと同時に

車体が傾き落車、最終日は異常発走による欠車となってしまいました。

今節は昨日と今日をかけて車体の修理を行なっており、

交川選手がつきっきりで修理の手伝いをしていました。



  

写真左から、タイヤを用意する中野 肇選手、橋本優一選手。




上回りのパーツを並べる辰巳裕樹選手。



  

写真左:工具箱を開ける内越忠徳選手(伊勢崎)。

写真右:ロッカー前のセッティングをする片岡信之選手。望遠ですが気付かれました(笑)




鈴木圭一郎選手も先日そして本日と朝8時過ぎにはロッカー入りを果たして

作業を行なっていますが、言葉数はほとんどありません。

お隣のロッカーである、妹分の新人女子・桝崎星名選手が先日の

「ガールズ王座山陽予選」にて他落を受けてしまい公傷のため今節欠場、

もうひとつ隣のロッカーである平塚雅樹選手も今節非あっせんのため、

圭一郎選手の周囲は静かな状態となっています。




一方、選手宿舎前では健診カーが常駐し、本日1日をかけて

身体測定やレントゲンなど浜松所属選手の健診が行なわれます。

ロッカー内にて「○○選手、○○選手、・・・は宿舎前にお集まりください」と

時折呼びだしのアナウンスが報じられていました。




そこへ今節の注目選手、青山周平選手(伊勢崎)が浜松ロッカーに到着。

青山選手は先日川口の「オートレース発祥70周年 記念レース」にて

初日の「オートレースNo.1決定戦」にて1着勝利、2日目の「準決勝戦」も1着優出、

そして最終日の「優勝戦」も土付かずの堂々1着3連勝で”完全優勝”を達成と

破竹の勢いを続けています。




西川頼臣選手会浜松支部長は藤波直也選手とともに打ち合わせをしていました。

おそらく選手会浜松支部による「ふるさと納税」・寄付の話かと思われます。

GT開催も来週に控えており、年末も近いとあって何かとお忙しそうです。



  

写真左:工具箱を開ける関 仁孝選手(伊勢崎)。

写真右:澁澤憲司選手(伊勢崎)のマシン。

今節は浜松vs伊勢崎の対抗戦を予定していましたが、公傷や家事都合など

休場選手が多くなってしまったために川口から石井大輔選手の追加参戦が決定。

浜松・伊勢崎・川口による三つ巴の争いとなります。

※追加選手が十分取れなかったために明日初日は「車立て減」として

 第1Rが「7車立て」になるそうです。




すると今度はオートレースを総括している財団法人・JKAから

連絡が入り、「資料として浜松オートの正門やスタンドなど

写真数点を撮影し送ってほしい」とのこと。

ところが11月にもなると季節柄、午後を過ぎると途端に日が傾いてしまい

場内や走路の撮影は逆光の状態になってしまいます・・・。今節をかけて

午前中のうちに撮影を行ないますので、今しがたお待ちください。




ロッカーの掃除をする長谷晴久選手。奥の通路では

選手取材をするオートレース担当記者の姿が見えます。



  

浜松新人・米里崇徳選手が足早に向かった先は「クランク組み立て室」

こちらで木村武之選手が内山高秀選手(伊勢崎)や伊藤信夫選手に

手伝って貰いながら、スタッフ監視のもとクランクの整備を行なっていました。




木村選手のマシンを見るとエンジン部がごっそり抜け落ちていました。

綺麗に並べられた工具がまるで緊急オペのようです。



  

写真左:伊藤正司選手(伊勢崎)のマシン。浜松のあっせん率が比較的高いです。

写真右:浜松新人・深谷俊太選手のマシン。鈴木宏和選手の使用パーツを踏襲。




筒井健太選手と会話をする山脇孝志選手。



  

一方、走路では走行練習が盛んに行なわれていましたが、仲口武志選手のマシンが

エンストを起こしてしまったりとハプニングも発生。さらには・・・




本日の走行練習が終盤に差しかかった頃のこと。木部匡作選手(伊勢崎)が

練習中第3コーナー付近にて落車を喫してしまい、身体が痛むことから

身体不良として明日の欠車が決定。(現在病院にて診察を受けています)

補充選手が取れないことから明日の開催初日は「車立て減」となり

第1、2Rが「7車立て」となります。ご了承ください。




浜松ロッカーがバタバタしている状態のなか、山陽オートでは

第12R「優勝戦」のファンファーレが。新井惠匠選手(伊勢崎)や

近藤裕保選手(伊勢崎)、和田健吾選手が整備の手を止めて

CSモニターの前に集まりました。




こちらの通路では鈴木圭一郎選手、関口隆広選手、金子大輔選手が

壁に取り付けてあるCSモニターを眺めていました。

ロッカーのいたる所から、時折「おぉっ」というどよめきが聞こえます。




レースは7枠20線から周回をかけて上位へと競り上がっていきました

山陽ライダー・松尾啓史選手が1着チェッカー!

栄えある地元優勝を成し遂げました!

松尾選手:「次にすぐ飯塚開催があるので、これからも1走1走頑張って

走りますので、応援をよろしくお願いします。」

松尾啓史選手、優勝おめでとうございました☆








前検日練習、山陽場外発売と終了し、日没を迎える頃に

入場門・ファイティングゲート前へレッドリボンのステッカーを貼った高級車が到着。




明日から試走先導&場内展示用に使用するジャガーなど高級車がお目見えとなり、

レッドリボンカップの協賛であるNPO法人・「魅惑的倶楽部」会長の鈴木恵子さんが

選手会やスタッフへ挨拶まわりを行なっていました。そこへ佐藤貴也選手や

鈴木宏和選手がやってきて、「すげ〜、優勝の副賞に1台付かないかなぁ」と

興味津々で高級車を眺めていました。

明日からの試走先導にご期待下さい☆




posted by ブンブンボーイ at 17:53 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする