2021年01月29日

飯塚「ケアーサポート高栄presents ジルダカップ」場外発売・2日目&浜松前々検日


本日1/29(金)は飯塚「ケアーサポート高栄presents ジルダカップ」の場外発売・
2日目と浜松本場開催「アメージングカートISK杯」の前々検日。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:35)
浜松の天候は「はれ」。まるで台風のような、小枝くらいなら
へし折ってしまいそうなほどの猛烈な風が吹き荒れています。
開催地・飯塚の天候は「くもり」、走路状況「良走路」。
気温2℃、湿度54%、走路温度1℃、降水確率は午前40%・午後20%と発表。





本日は漬けマグロの串カツ・「ほっこりDININGきら」の移動販売が常駐。
どうぞお立ち寄り下さい。



本日は第9〜12Rをかけて「準決勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待下さい!


posted by ブンブンボーイ at 09:05 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月28日

浜松市「第17回 浜松シティマラソン」は中止となりました



浜松オートはこの時期になると恒例の”「浜松シティマラソン」開催による
交通規制&迂回のお知らせ”を毎年発表していますが、今回の第17回大会は
新型コロナウィルスの防疫対策として大会の中止が発表されたために
交通規制などは行なわれないとのことです。

ちなみに、浜松市の夏の恒例イベント、「バイクのふるさと浜松」については
まだ未発表となっています。公式サイトにてご確認下さい。




余談ですが、オートレースを総括しております財団法人JKAの
オートレース総合サイト」にて発表があり、きたる2/2(火)の静岡朝日テレビ・
深夜番組、「霜降り明星のあてみなげ」にて、かつて浜松オートにて
繰り広げられました”鈴木選抜8車レース”が紹介されるそうです。
静岡県内にお住まいの方はどうぞお楽しみに♪



posted by ブンブンボーイ at 11:03 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月27日

川口「市営 第12回1節」場外発売・最終日のようす


川口オートにて繰り広げられました「市営第12回 1節」、
シリーズ最終日の第12Rに「優勝戦」が繰り広げられました。

8枠から出場の全国No.1オートレーサー、青山周平選手(伊勢崎)は
今節スーパーハンデ30mを背おいながらも昨年末の川口大一番、
「SGスーパースター王座トライアル戦」・4日目から依然として土付かずの
9連勝をあげ、今節は完全優勝&10連勝をかけてレースに臨みました。


レース終盤、川口の超新星・上和田拓海選手と真っ向勝負の展開を呈し、
青山選手は上和田選手のインコースを貫いて首位へ。


スーパーハンデを課せられても物ともせず、他7車抜きを達成。
シリーズ全1着の完全優勝&驚異の10連勝目をあげました。
青山周平選手、おめでとうございました!



明日からの浜松オートは再び飯塚オートのデーレース・3日間開催の
場外発売を実施します。どうぞお楽しみに♪


posted by ブンブンボーイ at 17:36 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月25日

次節開催「アメージングカートISK杯」イベント情報



浜松オートは1/31()から2/2(火)の3日間をかけて
「アメージングカートISK杯」を開催します。

浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんの来場は開催初日となる1/31()です。
同じく1/31は5R発売中に木村武之選手がCS放送へ出演予定。
昨年12月に山陽オートにて繰り広げられましたグレードレース、
「GT第55回 スピード王決定戦」の”優勝報告”を行ないます。

さらに3日間連続、第10〜12Rの試走時・走路内にて
”選手運転によるカートでの試走先導”を実施予定。
どの選手が参加をするかは当日のお楽しみとなっています。
※雨天の場合中止となります。


CS放送の視聴者プレゼントでは7000円分に相当する
”カート走行チケット”を8名様にプレゼント。
応募方法は開催期間中のCS放送にて発表します。
どちらもお見逃しなく!


posted by ブンブンボーイ at 12:00 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月24日

飯塚ナイター「チャリロト杯 GT開設64周年記念レース」場外発売・最終日のようす



飯塚オートで繰り広げられている2021年最初のグレードナイターレース、

「チャリロト杯 GT開設64周年記念レース」。浜松オートは場外発売を実施、

本日がシリーズ最終日となっています。

浜松は1日をかけて雨が降ったり止んだりを繰り返していました。





第9R「特別一般戦」では先日の湿走路「準決勝戦」にて7・8着と

涙を飲んだ選手6車が出場。伊藤信夫選手は10線大外の

8枠から出場し、2着の成績をおさめました。

1着は7枠からの発走となりました永井大介選手(川口)です。





第11Rではアクシデント発生。ファーストコーナー旋回時、

6枠・新井恵匠選手(伊勢崎)の前輪が8枠・金子大輔選手の後輪と接触、

金子選手は態勢を立て直すも新井選手は右に極まりアウトコースに膨れ、

外側から追走する7枠・森 且行選手(川口)と接触。

両車ともに落車を喫してしまう事態に。レースは続行、

1着は2枠・越智尚寿選手(飯塚)となりました。

両選手の容態が気になるところです。





そして最終12R「優勝戦」は8周回・10mOPにて実施。

1度目の発走にて何と8枠・鈴木圭一郎選手がまさかのフライングを喫してしまい

再発走に。2度目は正常、序盤から3番手という好位置につけた

6枠・高橋 貢選手(伊勢崎)がレース中盤、5枠・佐々木 啓選手(山陽)、

3枠・平田雅崇選手(川口)をさばいてTOPに立つと、そのまま他車との

車間を広げるぶっちぎりの態勢でフィニッシュ。

8周戦にして上がりタイム.309という度肝を抜くスピードをマークし、

飯塚GT開設記念タイトルを制覇しました





高橋 貢選手、飯塚GT優勝おめでとうございました!





明日からの浜松オートは川口デーレースの場外発売を実施します。

どうぞお楽しみに。




posted by ブンブンボーイ at 19:54 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする