2021年02月13日

伊勢崎「GUレジェンドカップ」場外発売・4日目のようす


伊勢崎オートにて繰り広げられている「GUレジェンドカップ」、
浜松オートでは場外発売を実施、シリーズ4日目は第9〜12Rをかけて
「準決勝戦」が繰り広げられます。浜松からは5選手が出場、
第10R「準決勝戦」では木村武之選手が健走しました。


10mOPにて競われた第10R、7枠のポジションからスタートし
1周回で3番手の位置につけた木村選手は東小野正道選手(飯塚)、
福田勝則選手(伊勢崎)をさばいて首位へ。終盤は永井大介選手(川口)の
猛攻を振りきり1着ゴール。みごと優勝戦出場のキップを手に入れました。


第11R「準決勝戦」では伊藤信夫選手が8枠・10線大外から出場。
スタートダッシュで一気に他10線勢を飲み込み、1周回で2番手まで浮上。


レース中盤には1枠ゼロハン・山田真弘選手(川口)から先頭を奪って独走状態。
1着チェッカーを手に入れ、木村選手とともに浜松Wライダーの優出を果たしました。




伊勢崎「GUレジェンドカップ」、4つの「準決勝戦」が競われました結果、
明日2/14()の最終12R「優勝戦」はご覧のメンバーに決定しました。
0m単騎、10m7車のハンデレースが8周戦で争われます。
熱戦にご期待下さい!


posted by ブンブンボーイ at 17:16 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする