2021年05月05日

第8回HK交通タクシーブルーラインカップ&川口ナイター 最終日のようす



ゴールデンウィーク・浜松まつり決戦、「第8回HK交通タクシーブルーラインカップ」・

最終12R「優勝戦」はさらさらと小雨の降る湿走路の6周回にて競われ、

ファーストコーナー旋回で同ゼロハンの1枠・花田一輝選手をまくりきり

先頭を手に入れた2枠・藤波直也選手が激練りのごとき激走を披露!





他車とのリードを保ったまま6周回を走り抜いてチェッカー!

通算4回目となる優勝は念願の地元浜松・初優勝となりました!





CS放送の優出選手インタビューにて「前節「第39回中日新聞東海本社杯」では

同31期の辰巳君(辰巳裕樹選手)が優勝したので、今度は自分が優勝したい」と

コメントしていた藤波選手がファイティングゲートへ凱旋すると・・

「いぇ〜い!やったね!!」、「おめでとう!!」と、辰巳裕樹選手、渡邉 篤選手、

平塚雅樹選手、森本優佑選手(飯塚)、小原 望選手(川口)など

同期選手をはじめとする仲間選手や、山浦博幸選手など

日頃から仲の良い選手が凱旋をお出迎え。さらに・・・





「優一さん、藤波君の隣で優勝記念の撮影をどうぞ!」と、仲間選手たちが

橋本優一選手をお招きしました。そう、橋本選手は藤波選手の師匠なのです。

「ついにやったね、おめでとう!」と、橋本選手は愛弟子の地元浜松・初優勝に

一番の喜びの笑みを浮かべていました。

まるで「浜松まつり」の意義である”初子(初めて誕生した子供、長男)”の快挙を

皆さんでお祝いしているようでした☆





そして小雨降るなかでも勝利のウィニング・ランを実施☆

すると、フェンス越しに「ふじなみー!」、「なみくーん!」、「ドラゴーン!」と、

多くのお客様がたが最後まで残ってくださり、藤波選手を祝福。





一足早く、「GTゴールデンレース」のウィニング・ランを思わせるような

ファンの祝福の多さに、後に藤波選手は「皆さんの応援があたたかくて、

思わず泣きそうになってしまいました」と感謝を語ってくださいました。

そして藤波選手は、その感謝を表すように、ウォーン!、ウォーン!と

時折マシンを轟かせて、お客さまへのお礼に代えていました。







降雨のために「優勝選手表彰式」は管理地区内にて執り行われました。

浜松交通株式会社 執行役員 営業部部長 松下和弘様、

浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんと一緒に。



優勝のコメントです。

「良かったっス…こんな、まさか雨の「優勝戦」で地元の初優勝を決められるなんて、

思ってなかったので…めっっちゃ嬉しいです!しかも、あんな雨が降っている中なのに

フェンス越しにお客さまがめっちゃいてくれて…すごい最後までいてくれて…

(回想しながら)嬉しかったっス…あたたかくてもう泣きそうになってしまいました。

今日まですごい長い時間がかかってしまったので…地元で優勝できるまで。

しかも親方の見ている前で優勝できたことや、仲間が祝福に集まってくれたことも…

良かったぁ。・・・本当に良かったです。



前回出場した「第6回 Gamboo杯」最終日(4/4)の第11R「特別選抜戦」で、

雨で1着が取れたんですよ。その時のセッティングに今日、合わせて、

あとはもう…人に聞いてもよく分からないので、ブンブンさんのインタビューで

お話した通り、あとは”当てずっぽう”です(笑)タイヤ選びも、今日の湿走路に

変わってからは練習に出ていないので、当てずっぽうが当たった感じです(笑)

かえって湿走路で練習に出たら、変なイメージがついちゃうと思ったので。



それで試走をしてみたら、(あれ、案外いいかもしれないぞ)って手応えを感じて。

それだけにレースでは必死で、ガムシャラに走って、何だか良く覚えていないですね。

ただ、最後にタイヤを滑らせたりしていたので、次に向けての課題もありということで

修正しないといけないなと思っています。皆さんに迷惑をかけてはいけないので。



(最後に藤波選手ファン、浜松オートファンへひとこと)

あんな雨が降る中でも、お客さまに最後まで残って頂いたことが、すごく

ありがたかったです。地元優勝がすごく遅くなってしまったのですが、今日初めて、

地元でのウィニング・ランが、お客さまからこんなにも感動を貰えることを覚えました。

これからすぐ伊勢崎に向かい、明日はナイター開催の前検日に入ります。そして

3日開催のあと、今度は「GTゴールデンレース」の前検日に戻ってきます。

すごいスケジュールですけど、頑張りますので、応援をよろしくお願いします!」



コメントありがとうございました、藤波直也選手、

「第8回HK交通タクシーブルーラインカップ」優勝、おめでとうございました☆













湿走路の状況も手伝ってか、かなり1車ずつの車間を開けてのダッシュとなりました

第12R「優勝戦」の試走。第11Rに発生しました落車トラブルの影響により

発走時刻は変更し16:37ファンファーレとなりました。

熱戦にご期待ください!





第12R「特別選抜戦」は波乱。ゴール線の間近で先頭争いの1枠・小原 望選手と

2枠・淺田真吾選手が接触し、ともに落車。追走陣がその間をすり抜けるように

通過しチェッカー、1着6枠・遠藤 誠選手(浜松)、2着5枠・柴田健治選手(浜松)、

3着4枠・平塚雅樹選手(浜松)の確定は6-5-4。

なお審議の結果、淺田選手が落因、小原選手が他落の判定となりました。





写真:救急車が現場に到着、乗り込む前に周囲の各方面へ一礼する

 小原選手と淺田選手。両選手ともに歩いており、すぐさまロッカーへ

戻っているとのこと、大事には至らないそうです。





第10R「特別一般戦」にて浜松女子・交川陽子選手が1枠ゼロハンから出場し、

掲示板に載る3着の成績をおさめました。1着は4枠・青嶋裕治選手(浜松)です。




GW開催の移動販売・ケータリング探訪、3日目のラストは

浜松オートで5本の指に入る人気を誇る焼き鳥・「鳥好」のお店です。

本日はお店の看板お母さんが席を外していたようで、代理人の

おとうさんとおねえさんがお店をきりもりしていました。





カウンターにはこれまで紹介してきた鶏汁がなく、その代わりに

お米を鶏肉とダシ汁で炊いた「鶏めし」を使った”おにぎり”や

”鶏めし弁当”、”チキンサンドイッチ”など、鶏肉料理が揃っていました。

毎回、お店を覗いてみるたびに試行錯誤で新メニューが生まれている

「鳥好」のお店は次節の「GTゴールデンレース」でも出店予定です。

焼き鳥は全品1本100円とお買い得&美味しさは折り紙付きです。

どうぞお立ち寄りください☆



第8R発売中、今節ラストの中間走行練習を全面湿走路にて実施。
参加をしたのは佐藤貴也選手のみでした。


第4&7&10Rの各発売中、CS放送にてJINちゃんが出演。本日の来場において
JINちゃんが一番気になっている「優勝戦チェッカーフラッグ」ですが…
「スタッフさんいわく、”できればなるべくヴィーナスコスチュームを雨で濡らしたくない”
とのことでしたので、チェッカーはできない可能性のほうが高そうです・・・が、
私は提案として、走路スタッフの方々がお仕事にて着用している”雨がっぱ”を
私にも貸していただければ、チェッカーフラッグができるのではないかと(笑)」
と、何とJINちゃんは雨がっぱを着用してのチェッカーフラッグを提案。
せっかくレースヴィーナスとして浜松オートへ来場したからには、たとえ雨でも
ひと役買いたい!という熱意が伝わってまいりました♪
本日急には難しいかもしれませんが、いつか実現すると良いなと思います☆


伊藤信夫選手。
信夫選手:「”師弟対決”とか言われるかもですが、それは全然関係ないですよ(笑)
自分たちにとっては勝負の世界なので、レースの中では相手が弟子とか師匠とかは
余分なことですね。まったく意識してないです。
初日のレースでエンジンがかなり悪かったので、シリンダーヘッドを変えたのですが
そのおかげで2日目の動きは格段に良くなりました。でもまだ気になる所がいくつか
ありますので…例えばコーナーでタイヤがちょっとはねたりとか。それでもまぁ、
今日は雨なので、”晴れの時ならばそういった症状がある”、という感じですね。
雨走路のほうが苦手ではありますし、スタートも良走路に比べたら
めいっぱいは行けないと思いますが、条件はみんな同じなので。
雨用のタイヤを当てて、やれるだけのことはやって「優勝戦」に挑戦してみます。」
信夫選手、コメントありがとうございました!


場内各所の張り出しやCS放送でも紹介されております通り、
5/12(水)から浜松オート伝統の一戦、「遠鉄グリーンカップ
GT開場65周年記念ゴールデンレース」が開催されます。



なお、「GT開場65周年記念ゴールデンレース」の開催期間中は
ご時世柄、開門より入場5000名様までとする”入場制限”を設けます。

ご入場の際にはソーシャルディスタンスをお守りいただき、
マスクの着用、手指の消毒、検温にご協力ください。そして
大声での観戦はご遠慮いただき、拍手等による声援をよろしくお願いいたします。


佐藤貴也選手は得意の「ベット・オン・ミー」ポーズをしてくださいました♪
貴也選手:「エンジンは初日からずっとパーツの変更とかはなく、乗った感じも
初日、2日目とそんなに変化はないですね。「準決勝戦」で勝てたのは、現状で
気になっているドドドがちょっとマシになったおかげかも知れません。この改善は
初日と違うタイヤに変えたことが良かったんじゃないかと思っています。
スタートはよくきれているので、整備はヘッドを変えて、あとはこの
ドドドを解消できるように、雨対策と合わせてとっていきます。」
貴也選手、コメントありがとうございました!


第5R「ランチアタック選抜戦」、1着1枠・鈴木辰己選手(浜松)、
2着2枠・鈴木健吾選手(浜松)、3着3枠・落合 巧選手(浜松)の確定は1-2-3。

  
左から、早川清太郎選手(伊勢崎)、岩田行雄選手(伊勢崎)。
早川選手:「初日と比べて「準決勝戦」のほうがエンジンは良くなっていると思います。
といってもエンジンの中身を変えたわけではなく、微調整程度ですが。
スタートは自分の中では悪くないとは思うのですが、相手が強豪揃いなので
通用するかどうかは「?」です。雨タイヤを当てて、もう部品交換をする気持ちでは
ないので、「優勝戦」の試走が始まるぎりぎりまで天候を見ながら調整のみですね。」

岩田選手:「初日のレースを終えてリング交換をしたら、だいぶ乗り味があがりました。
タイヤは初日に使ったもので、結構良いグリップ感があったので、「準決勝戦」でも
同じものを使っていったのですが、やっぱり良いですね。晴れのタイヤはこれが
良いのですが雨なので、選択肢を増やさないといけません。他に気になるところは・・
もうちょいだけ、伸びが出ればなぁと思うけど。練習に出て乗ってみたところで、
どうすればその部分がもっと引き出せるのかは自分じゃよく分からないから(笑)
外でエンジンの音を聞いてみて、あとはフィーリングで。」


写真:開門時刻の頃、「優勝戦」レポート担当のレーシングスタッフ・
 りえちゃんも岩田選手へインタビューを行なっていました。

ちなみに私も岩田選手の整備コメントを頂きに
時間をずらしてロッカーへ伺いましたところ、
「コーヒーも飲んでいくでしょ?」と用意してくださいました。
お忙しくなければぜひとも、と、初めて早朝に続き2杯目を頂きました(笑)
早川選手&岩田選手、コメントありがとうございました!



ここでお知らせです。ギャンブル等依存症対策基本法において、
毎年5月14日〜20日は『ギャンブル等依存症問題啓発週間』に定められています。

車券の購入は二十歳になってから。オートレースは適度に楽しみましょう。
詳しくは全国公営競技施行者連絡協議会オフィシャルホームページをご覧ください。

  
左から、花田一輝選手、藤波直也選手。
花田選手:「昨日の「準決勝戦」に向けては電気位置を扱って、・・・僕的には
悪くないと思うんですけどね。圭一郎さんにはやられちゃいましたけど、
圭一郎さんのエンジンは相当良いと思うので別格として、僕のは僕なりに
タイム的にも出ていたと思いますし、エンジンは良いところにあると思います。
雨はちょっと苦手なんですけど・・・タイヤだけをしっかり準備して、
練習に出て、やれるだけやってみようと思います。
タイヤの滑りとかがあったとしても、エンジンを信じていきたいです。」

藤波選手:「「準決勝戦」は試走が出ていないわりにはレースはできていましたし
優出もできましたので…まぁ何とかといった感じです。ただ、ドドドがあるので、
まったく安心はできません。今日はしっかりタイヤを選ぶところから始めます。
晴れていたらもっと試走タイムを上げられるようにしないといけませんが。
まぁ・・・「優勝戦」は相当速い選手がみんな勝ち上がっているので…
もう雨用の整備に関しては当てずっぽうになりそうです(苦笑)」

花田選手&藤波選手、コメントありがとうございました!


管理地区内では多くの選手が”ひさし”のある場所に競走車を運び、
湿気を帯びた気候にエンジンを合わせるべく音を鳴らしています。
写真は木山優輝選手(飯塚)。今節唯一の飯塚A級出場選手でした。


きっと1週間後にひかえる地元の大レース、「GTゴールデンレース」も
見越してのことでしょう、木村選手は集中して整備を行なっており、
私は敢えて話しかけることは控えようと思います。


天気予報を見つめる柴田健治選手。


「マグネットには私も写っています♪」と、浜松オートレースヴィーナス・JINちゃん☆
本日来場日、正門での開門来場者お出迎えをはじめ、CS放送や
ロッカーでの選手取材に本日も1日頑張ります♪
「優勝戦」時にはゴール線にてチェッカーフラッグを予定していますが・・・
あまりにも雨が本降りになっていましたら、無理しないでくださいね(笑)


開門の数分前になると正門の鉄格子が開き、門前にて
等間隔をあけて開門を待つお客様の姿を遠くに伺い知ることができます。
何か嬉しいことがあったのでしょうか、JINちゃんは拍手して喜んでいました♪


本日3日間、開門先着で今節協賛・HK交通タクシー様ご提供の
「オリジナルマグネットシート入りポケットティッシュ」をプレゼント。
本日は150名様分が用意されました。なくなり次第終了です。


吉田富重選手のエンジン上回り整備を手伝う山浦博幸選手。


「まいったなぁ…」とロッカーを飛び出して空を見つめる田中竜二選手。
ロッカー内では「検車に出す選手の方々へお知らせします、
”締切1分前”の放送以降でのタイヤ交換はできませんのでご注意ください」
というアナウンスが流れています。毎回、このアナウンスを耳にすると
ついに雨が降ってきたんだと認識します。


小粒の雨がぱらつく中でも走行練習をする花田一輝選手。


今田真輔選手。


野上史豪選手。


朝練習の最中にいよいよ、浜松の空からパラパラと小雨が…。
午前中の降水確率は40%と報じられていましたが…おそらく「浜松まつり」の
凧揚げ会場もてんやわんやとなっていそうです。


試走場にてエンジンを鳴らす鈴木圭一郎選手。


晴れと雨、両方のタイヤを用意する岩元 毅選手(飯塚)。

  
写真左:ジャージに付いたタイヤのかすを払う松尾 学選手(飯塚)。
写真右:雨と晴れ、両方のタイヤを用意する中原 誠選手(飯塚)。


試走場にてストレッチをする早川清太郎選手(伊勢崎)。

  
写真左:空を眺めてからロッカーに戻る清岡優一選手(伊勢崎)。
写真右:松山茂靖選手。今節はいろんな同門選手のエンジン整備を
 手伝ってあげており、ちょっとお痩せになったかな?と思います。


2年ぶり、かつ無観客の限定開催となった「浜松まつり」も本日が最終日となる
静岡県は浜松市。こちら浜松オートでは「第8回HK交通タクシーブルーラインカップ」
のシリーズ最終日を実施、第12Rに「優勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待ください!

先日より一変、早朝から灰色い雲が西の方角へと流れていき、明らかに
あやしい天候です。気象情報によれば午後の降水確率が100%と発表、
選手の方々は”何時頃から雨が降り出すか”という不安げな気持ちを持ったまま
走路内でのトレーニングを始めていました。写真は鈴木章夫選手です。


「あん時ゃ、マジで目がイっちゃってたもんな〜」と会話をしながら
走路を闊歩する柴田紘志選手、山浦博幸選手、柴田健治選手。
浜松まつりのイベントのひとつ、”激練り”が今年は中止になったぶん、
時間の限り走路を左回りで歩き続けます。


検車場。鈴木圭一郎選手と鈴木章夫選手のマシンが停めてありましたが、
今朝は日照が少なくてあまり気温が上がっていないためか、圭一郎選手の
競走車のフロントタイヤにはウォーマーのさらに上に毛布がくるまれていました。


ロッカー内で一番にお会いしましたのは佐藤貴也選手。
ちょうど自身のロッカーに向かっているところでした。
時計はまだ朝8時を回っていません。

  
左から、雑誌を読む久門 徹選手(飯塚)、手を洗う交川陽子選手。


ロッカーでは扉が開けられており、走って熱くなったエンジンを冷やすために
使われる扇風機を稼働させての換気が行なわれていました。


横田翔紀選手(伊勢崎)のロッカーには既に梱包箱が用意されており、
今日の最終日レースに使わない道具がしまってあります。
まだ新品・キラキラの梱包箱はゴールドライタンのようです。


ロッカーから戻る際、上村敏明選手が追いかけてきて
「今ちょうど入ったところだから」とコーヒーをおすそ分けしてくださいました♪
励みになります、いつもありがとうございます☆


posted by ブンブンボーイ at 18:53 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第8回HK交通タクシーブルーラインカップ&川口ナイター場外発売 最終日


5/5()は3日間開催・「第8回 HK交通タクシー ブルーラインカップ」の3日目&
川口ナイター「市営 第2回1節」の場外発売・4日目、どちらも最終日。
(開門予定時刻10:00、浜松第1R試走開始10:35、川口第1R試走開始14:08)
浜松の今朝の天候は「くもり」、走路状況「良走路」。
気温20℃、湿度70%、走路温度21℃、降水確率は午前40%・午後100%と発表。
東の空から”赤電”こと遠州鉄道・西鹿島線の走る音が聞こえてきます。
地元では「電車の音が聞こえたら雨、オートの音が聞こえたら晴れ」
という言い伝えがあります。
気象情報によれば午後の降水確率100%と発表されており、
最終12R「優勝戦」の雨は免れないようです。





今節は場内にてすっぽんエキス入り浜松餃子・「あまえん坊」、焼き鳥・「鳥好」、
漬けマグロの串カツ・「ほっこりDININGきら」の移動販売が常駐しています。
どうぞお立ち寄り下さい。



本日まで開門時に各入場門にて各日先着150名様へ
「HK交通タクシー オリジナルマグネットシート&ポケットティッシュ」をプレゼント!
各日全て配布次第終了です。どうぞお早めに!



本日は浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんが来場♪

・開門時、正門奥にて来場者のお出迎えを行ないます。
※ソーシャルディスタンスをお守り下さい。
 サイン、握手、写真撮影、会話はご遠慮下さい。
・第4、7、10R発売中、CS放送に出演。
・第12R「優勝戦」時、チェッカーフラッグを実施予定。(雨天時中止の場合あり)
・第12R「優勝戦」後、走路内(グリーンスタンド手前)にて「公開表彰式」に参加。
※雨天の場合、走路内での公開表彰式は中止(管理地区内にて実施)となります。

皆さまの応援をよろしくお願いします!




本日の浜松は第1〜3Rまで「6車立て」にて競われます。
第4Rは「7車立て」にて競われます。
第12Rに「優勝戦」が繰り広げられます。
岩田行雄選手(伊勢崎)、鈴木圭一郎選手は”完全優勝”へ王手をかけました。

川口ナイターも第12Rに「優勝戦」が繰り広げられます。
福村唯倫選手は”完全優勝”へ王手をかけました。
あわせて熱戦にご期待ください!

☆5/5() 浜松&川口ナイター 第12R「優勝戦」







posted by ブンブンボーイ at 08:35 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする