2021年09月17日

第36回日刊スポーツ杯 2日目のようす







ここでお知らせが入ってまいりました。

飯塚オートオフィシャルサイトにて、今夜に実施予定でした飯塚オートの

「チャリロト杯 ミッドナイトオートレース」・2日目は台風14号接近の影響により

あえなく中止となるそうです。なお、順延はありません。

どうぞご了承ください。







写真:夕方走行練習のラストにスタート練習を控えていましたが、参加選手が

 ゼロだったために早めの切り上げとなりました。

 雨脚はまだ強くありませんが次第に風がぬるく、かつ強まってきています。



浜松オート無観客レース、「第36回 日刊スポーツ杯」・シリーズ2日目が終了。

本日までの成績をもとに、明日9/18()は第5&10〜12Rをかけて

「準決勝戦」が繰り広げられます。熱戦にご期待下さい!

なお台風14号の動向には十分ご注意ください。開催の是非に関しましては

何か情報が入り次第お知らせしてまいりますので、最新の情報をお待ち下さい。









第12R、1着7枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着1枠・木村悦教選手(川口)、

3着3枠・辻 大樹選手(飯塚)の確定は7-1-3。





第11R、1着7枠・荒尾 聡選手(飯塚)、2着1枠・生方将人選手(伊勢崎)、

3着3枠・牛澤和彦選手(川口)の確定は7-1-3。




第10R、1着2枠・占部健太選手(飯塚)、2着5枠・岩科鮮太選手(浜松)、
3着6枠・田中 茂選手(飯塚)の確定は2-5-6。



浜松オートオフィシャルサイト」にて、来月10/6(水)〜10()の5日間をかけて
繰り広げられる「K-mix杯 GUウィナーズカップ」のポスター画像をUP、
無料ダウンロードができます。プリントアウトをしてご活用ください♪



ちなみに木村選手は現在、通算1着勝利回数が997回をカウントしています。

あと3勝で夢の1000勝、本日は第8Rに出場し5着の成績となりましたので

今節での達成はできなくなりましたが、来週の飯塚SGナイター・全日本選抜

5日間のうちで成し遂げる可能性が出てまいりました。

皆さまの応援をよろしくお願いします!



第9R、1着3枠・竹谷 隆選手(飯塚)、2着2枠・馬場雄二選手(浜松)、
3着6枠・鈴木 清選手(川口)の確定は3-2-6。


第8R、1着6枠・吉原恭佑選手(伊勢崎)、2着3枠・柴田健治選手(浜松)、
3着5枠・別府敬剛選手(飯塚)の確定は6-3-5。


第7R、1着6枠・青島正樹選手(浜松)、2着3枠・阿部仁志選手(飯塚)、
3着1枠・橋本陽介選手(浜松)の確定は6-3-1。


第7R発売中、雨脚はさらに強くなってきて内線通路は水鏡のような状態に。
完璧な湿走路での競技となりそうです。


第6R、1着7枠・重富大輔選手(飯塚)、2着6枠・中村友和選手(浜松)、
3着4枠・間中大輔選手(川口)の確定は7-6-4。


午後1時、いよいよ浜松の空から数滴の雨粒が…。発走スタッフも外に出て
「いよいよ来たか」とばかりに両手を広げています。

管理棟では「ロッカーへアナウンスをお願いします」という声が聞こえ、
『走路変化によるタイヤ交換はお早めにお済ませ下さい』という放送が流れました。

第6Rの試走は良走路にて行なわれましたが、レースでは
どの走路状況になるかはまだ未知数です。


第5Rから「準々決勝戦」。1着7枠・金子大輔選手(浜松)、
2着4枠・齋藤撤二選手(川口)、3着3枠・中野憲人選手(川口)の確定は7-4-3。


オフの日は過去のレース映像から木村武之選手、高橋 貢選手(伊勢崎)の
走行フォームを何度も見て研究しているという西選手。ちょっと似てきましたでしょうか。


第4R、浜松新人女子・西 翔子選手が1枠ゼロハンから出場し、掲示板に載る
2着の成績をおさめました!1着は6枠・竹中修二選手(飯塚)です。

  
第3R、3車並んだゼロハン勢の中から3枠・上村敏明選手(浜松)がスタート先行し
逃げの態勢を作ろうとするも、2周目の第1コーナーで1枠・吉田富重選手(浜松)が
上村選手へのイン差しを強行。すると勢い余って外へはらんでしまい、上村選手も
もらい受けるような形でコースアウト。この事象がレース後の審議となり、
吉田選手は反妨失格の判定に。1着は7枠・遠藤 誠選手(浜松)です。


台風14号の到来に備えて、改修工事中である新メインスタンドの防塵&防音用
シートが外されていました。暴風を受けて飛ばされないようにするためです。


第1R試走時の天候。だいぶ暗くなってまいりました。
気温もさほど上昇していません、追い上げが利きそうな気候です。


藤波直也選手。黄色く色づいた落ち葉の量が秋の訪れを感じさせます。

  
左から、生方将人選手(伊勢崎)、谷島俊行選手(川口)。


ハコ乗りで移動する鈴木圭一郎選手。奥は伊藤信夫選手。

  
左から、黒岩 明選手(川口)、田中 賢選手(伊勢崎)。


徐々に曇り空へと変化していく浜松、エンジンの回転具合を確認するため
大勢の選手が試走場に集まってまいりました。



浜松オート無観客開催、「第36回 日刊スポーツ杯」・シリーズ2日目。
本日も全レースを「7車立て」にて実施、第1〜4Rが「一般戦」、第5Rから
「準々決勝戦」が繰り広げられます。第4Rから正午過ぎとなりますが
気象情報によれば午後から台風14号の影響による雨が降るとのこと。
いくつめの「準々決勝戦」にて天候が雨と変わるのか気になるところです。


写真は昨晩の走路内・夕方練習後のようす。8月と比べて
だいぶ涼しくなったことも手伝ってか、数名の選手が運動を行なっていました。
今朝の走路内は選手は誰一人おりませんでした、走路スタッフ数名が
パイロンを用意するなど作業を開始していました。


走路内清掃車も出動。まだ早朝8時を回る前です。
缶ジュース&ペットボトルの自動販売の補充も同じ時間に行なわれていました。


昨日と一変し検車場には競走車が1台も停めてありませんでした。やはり、いつ
雨が降り出すか分からないという気象情報をうかがってのことかもしれません。

  
写真左:これまでに試走開始の数分前に出場8選手が詰めていた控え室ですが
 現在は”待合行為は密につながる”として使用されていません。それでも
 扉が開いているのは、手洗い・うがいなど他に利用できる用途があるからです。
写真右:遠征選手専用ロッカー・B棟の前ではタイヤ加工など作業を開始している
 選手を数名見受けました。左は鈴木幸治選手(伊勢崎)と思われます。


浜松ロッカーは先日の初日に比べると驚くほどに静かでした。
山浦博幸選手は新聞を読んでおり、柴田健治選手は天気予報を見ていました。


そんな中で静かに闘志を燃やしていたのは佐藤貴也選手。
おはようございますと挨拶を交わすのみの会話でしたが、
気迫のオーラが伝わってきました。


posted by ブンブンボーイ at 17:27 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第36回日刊スポーツ杯(無観客レース) 2日目


本日9/17(金)は浜松オート無観客レース・「第36回日刊スポーツ杯」の2日目。
(入場不可、第1R試走開始10:35)
浜松の今朝の天候は「はれ」、走路状況「良走路」。
気温27℃、湿度45%、走路温度26℃。降水確率は午前20%・午後90%。
気象情報によると気になる台風14号は進路を東に変えながら福岡〜浜松方面へと
向かっており、浜松は本日の午後から雨が降り出すとのこと。
浜松の明日の天候はほぼ雨と報じられています。





公式インターネット(inet)投票の新規会員登録は

からアクセスしてください。
https://autorace.jp/netvote_guide/member/

※民間投票サイトは以下のとおりです。
・オッズパーク https://www.oddspark.com/autorace/
・GambooBET https://gamboo.jp/
・チャリロト https://www.chariloto.com/
・WINTICKET https://www.winticket.jp/autorace





外向前売発売所にて「緊急事態宣言」以前の的中車券の払戻しを実施しています。
実施時間 10:00〜15:00  上記の各項目をお守り下さい。



本日は第5Rから「準々決勝戦」が繰り広げられます。
CS放送・インターネットライブにてご視聴ください。


posted by ブンブンボーイ at 08:13 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする