2021年12月09日

浜松オートは非開催日です..(山陽オート来場記)


浜松オートは現在、大規模な場内メンテナンスのため本場開催&場外発売を問わず
非開催期間中…ということで、12/9のお休みの日をかけて山陽オートへ
でかけてまいりました。わたくしブンブンボーイにとって、山陽オートが
人生で初めての他場出張先(約15年前にさかのぼります)であり、
思い入れの深いレース場です。


この日の山陽オートは日中は川口デーレースの場外発売、
夜はミッドナイトオートレースの最終日を実施、ということで
川口場外発売の出走表を配布していました。

川口新人35期生、小椋華恋選手と佐藤 励選手のデビュー戦です。

ちなみに、浜松オートでは黒のペグシル(簡易ペンシル)ですが
山陽オートではグリーン色を採用しています。
しかも入場時に出走表とペグシルを警備員が配って持たせることで
無駄なポイ捨てを軽減させています。


食事がおいしいことで知られている山陽オートですが、
4つあった1Fフードコートの中で、一番奥の「中村売店」さんが
今年9月をもって閉店となっていました…残念。
こちらでは毎回来場の際に「回転焼き」を購入していました。
回転焼きとは東海地区でいう”今川焼き”のことです。
さらに地域をしぼって浜松で言うなら”あずま焼き”でしょうか。


となりの社協さんで「ちゃんぽん」を購入。美味しくてボリュームがすごいです(笑)
目の前でフライパンで調理しており、手作りの”おふくろ感”が好きです。
さらにお隣の売店で”肉まん”を購入しました。こちらではかやくご飯を使った
おにぎりや稲荷寿司などご飯ものが充実していました。



川口オート場外発売を実施している最中、走路内では選手数名が
トレーニングをしている様子を金網越しに見学することができました。
当然ながら選手へ声をかけたりすることは厳禁ですので、ただただ
静かに見守るだけです。金田悠伽選手と稲原瑞穂選手(飯塚)がペアで、
そして岡本信一選手(山陽)が単独でウォーキングをしている姿を確認。
今回の私は管理地区には入らないので、いちお客の立場から
静かにトレーニングの様子を見守っていました。


写真:イベントステージの横に掲示されている、初代
 山陽オートイメージガールのYUIちゃんと、かつて岡部 聡選手(山陽)が
 かぶっておりました全国No.1の証、ゴールデンヘルメット。
 現在の全国No.1の証明は勝負服となっていますが、当時は
 ヘルメットが採用されていました。木村武之選手の
”レッドリボンポスター”も掲載くださっており、ありがとうございます♪


かつて「SG日本選手権オートレース」開催の業務を手伝うために
出張しました山陽オート。当時一緒にお仕事しました仲間とは
今も仲良く交流があり、年に1・2回、こうして仲間と会うために
山陽オートへ足を運んでいます♪

ちなみに食堂など当時からお世話になった所へ、お歳暮として
浜松オートカレンダー2022をプレゼントして回りました♪
どうぞご利用下さい☆




山陽オートは12/15(水)から「創刊55周年 九州スポーツ杯
GT第56回スピード王決定戦」が開催します。出走表によりますと、何と
初日の12/15(水)から3日目の12/17(金)まで3日間、晴れの良走路限定で
「第2R 走路内観戦」を実施するそうです!

その他SGオールスター・オートレースのファン投票(12/1819)や
地元野菜の採れたて土曜市(12/18)、ふれあい動物園(12/19)など
イベント&ファンサービスを毎日実施予定。
ぜひ山陽オート「GT第56回 スピード王決定戦」へご来場ください☆



posted by ブンブンボーイ at 16:54 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする