2022年03月06日

伊勢崎「GUレジェンドカップ」場外発売・最終日&浜松 前検日



昨晩に猛烈な風・春一番がダーッと吹き荒れました浜松オートの本日は

伊勢崎「GUレジェンドカップ」の場外発売・最終日。そして明日開幕する

地元開催・「第55回 中日スポーツ杯」の前検日として、選手管理地区では

朝9時を回る前からレーシングスタッフが続々と管理地区入りを果たし、

スピーディに事前準備を進めています。

浜松の天候は晴れ、走路状況は良走路。大きな雲が次々と西から東へ流れており

今朝も昨晩の暴風の名残を感じさせます。



  

写真左:屋外の湿温度計は10℃、36.5%を差していました。

写真右:さっそく出走表を片手にロッカーへ向かう本門延唯選手(飯塚)。前節の

「第2回アメージングカートISK杯」からの連続参戦、ほぼ浜松所属のようです(笑)





本日伊勢崎「GUウィナーズカップ」・最終12R「優勝戦」のメンバーです。

浜松からは伊藤信夫選手がただひとり出場を果たしました。

熱戦にご期待下さい!





選手宿舎前では浜松新人女子・西 翔子選手と飯塚新人女子・木田こころ選手が

荷物を部屋に運び込んでおり、私を見つけるや「おはようございます!」と

元気よく朝の挨拶をしてくださいました☆





体温測定36.3℃、私は今日もファインですが基本低血圧なので朝は苦手です(苦笑)

ロッカー内へ足を運ぶと、澁澤憲司選手(伊勢崎)の新旧マシンカラーが。





そう、しばらく遠征続きでした浜松女子・桝崎星名選手が昨年の10月以来、

久々の地元あっせんとなり浜松へ戻ってまいりました☆

星名選手:「ブンブンさん、しばらくのご無沙汰でした(笑)久々の地元なので、

 なるべく早めにロッカーへ入って先輩がたの準備をと思って来ました。

 今節からまたよろしくお願いします。」

と、星名選手はさっそく先輩選手の梱包を解いて準備を進めていました♪





前節「第2回 アメージングカートISK杯」にてみごと優勝戦進出を決めました

浜松女子・交川陽子選手が今節連続参戦。デビュー時と比べて格段に

レース度胸がつきました。なんだかカッコイイです♪





奥の通路では野上史豪選手が梱包箱を開けていました。両サイドの

片岡信之選手&鈴木章夫選手が今節休場のため、ひとり黙々と

整備に打ち込むことになりそうです。





前節「第2回アメージングカートISK杯」にて”練習参加”としてあっせんされていました

他地区新人選手の多くが、今節「第55回中日スポーツ杯」にて正式にレースへ

参戦します。写真は飯塚新人・北原岳哲選手のマシン整備を手伝う

飯塚新人女子・木田こころ選手。すると・・・

木田選手:「ブンブンさん!私の写真、たくさん撮ってください♪私のお母さんが

ブンブンブログをいつも見ていて、母心的に娘が写っていると嬉しいみたいです(笑)」

こちらこそありがとうございます♪木田選手は前節、そして今節と、同期選手とともに

一生懸命がんばっています☆「予選」では3着以内、「準決勝戦」では2着以内に

連体しますと写真を掲載しますので、応援をよろしくお願いします☆



  

渡邉 篤選手&鈴木一馬選手の同門コンビが近場のロッカーを使う選手の

部屋の準備を手分けして行なっていました。





飯塚新人・中村颯斗(はやと)選手。

「前回の練習参加で浜松の走路を初めて走ってみて、地元飯塚よりも少し

滑る感じがありました。そして何より浜松は風が強いです。見た目が同じような

競走路でも、他場によってそれぞれ特徴があるんだな、と大変勉強になりました。

今節は多くの新人選手が出場しますが、今、気になっているのがハンデ位置です。

自分の今のポジションだと、ゼロハンが単騎なら問題ないのですが、例えば

新人が3名ゼロハン、と揃った時に、自分が真ん中になると思います。両側から

挟まれる陣形になると、厳しい感じがするので、これから一生懸命練習します。」

まるで「特攻の拓」のような上着&黒マスクがカッコイイ中村颯斗選手。

コメントありがとうございました!



  

写真左:先輩選手のロッカーを整える浜松新人・兵頭寛和選手。

写真右:屋外のタイヤ加工室にてタイヤを削る西 翔子選手。





注文タイヤを載せた輸送トラックが検車場の前に到着。

今節出場の若手選手とともに浜松女子選手も勢揃いして

注文タイヤを一気に検車場内へ運び込んでいきました。



さてここで選手変更のお知らせです。今節の休場選手がさらに増えて、

米里崇徳選手(公傷)、山田 徹選手(家事都合)、森村 亮選手(私病)、

仲田恵一朗選手(私病)、横田翔紀選手(公傷)、磯部真樹選手(公傷)、

青山周平選手(私病)、角貝拓海選手(私病)、三浦康平選手(私病)

の9名となりました。なお、追加選手が取れないために

今節は「車立て減」となります。どうぞご了承下さい。



話題は変わりまして、浜松オートへN様(仮名)よりメッセージが届いており

「『第6回 花の舞新酒杯』のクイズ景品届きました。ありがとうございました。」

とのことです♪きっと2/3〜5実施の”優勝選手地区当てクイズ”のことでしょう、

木村武之選手の優勝により「浜松」が正解となりました。

的中&ご当選おめでとうございました☆





浜松オートでは早くも新年度に向けた告知物の準備が進められています。

本日私は今年5月に開催予定である「GTゴールデンレース」の

開催告知ポスターのモデルが佐藤貴也選手に決定、ということで

検車場内へ簡易スタジオを製作、宣伝材料用の写真を撮影することに。





ヘルメットのシャドー越しに見える佐藤貴也選手の素顔。

いくつかのカットを撮影し、良さげな写真をポスターの挿絵として活用します。

さらに明日から3日間をかけて走行練習&レースの写真を撮影してまいります。





北原岳哲選手(飯塚)。





兵頭寛和選手。





筒井健太選手。





CS放送で伊勢崎GUの戦況を見守る深谷俊太選手。





今節有力選手のひとり、吉原恭佑選手(伊勢崎)。

左手に握っていたのはフロントフォーク内のスプリングです。





競走車を見るとフォークの下半分がありません。

前輪の足回りを入念にチェックしていました。

本日の気候は寒の戻りとなっていますが明日以降は再び気温が上昇するとのこと、

併せて走路温度も高まればタイヤ滑りが発生しやすくなり注意が必要です。





ロッカールームを自分仕様にする内越忠徳選手(伊勢崎)。

やはり周囲はタイヤでいっぱいです。





リアタイヤを作る花田一輝選手。ホイールにタイヤのゴムをはめ込む作業は

思いのほか力仕事&テクニックがいります。





そして伊勢崎GUの最終12R「優勝戦」は8周回にて約17:00に実施。





おひなさま&啓蟄も過ぎますと、17時頃でもまだ外は明るいです。

だいぶ日照時間が長くなってまいりました。









ゼロハン単騎&10線7車という陣形でスタートした8周回「優勝戦」は

絶好のハンデチャンスである2枠10線最内から飛び出して序盤で先頭を

手に入れました久門 徹選手(飯塚)が4枠・篠原 睦選手(飯塚)と

長い距離をかけた攻防戦を繰り広げ先頭を守り抜き、さらに後方から迫り来る

7枠・高橋 貢選手(伊勢崎)&5枠・伊藤信夫選手の猛追も振りきって

1着ゴール!なんと2002年の「GUトーマスメモリアルカップ(飯塚)」以来、

約20年ぶりとなるGUタイトルを獲得しました!

久門 徹選手、優勝おめでとうございました!







写真:先月「GT第63回スピード王決定戦」にて優勝を成し遂げました、

 丹村飛竜選手(山陽)の優勝戦レース写真です。



本日は浜松オート本場開催「第55回中日スポーツ杯」の前検日ということで

もう少し選手情報をお伝えしたかったのですが、

「GTゴールデンレース」のポスター画材製作をはじめ、山陽オートさんから

「丹村飛竜選手のGT優勝レース写真を分けて頂けたら」という

ご依頼もありまして…同時進行であっという間に時間切れです(苦笑)

山陽オートさんへ写真をお送りいたしましたのでイベント等にご活用下さい♪



明日の開催初日は全12Rをかけて「予選」が繰り広げられ、

第9Rまでは「7車立て」にて競われます。

熱戦にご期待下さい!




posted by ブンブンボーイ at 19:43 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする