2022年05月22日

山陽デーレース・初日&伊勢崎ナイター・2日目 リレー場外発売 


5/22()は山陽デーレース「第4回 山本自動車杯」・初日と
伊勢崎ナイター・伊勢崎vs浜松対抗戦、「第47回 上毛新聞社杯」・
2日目のリレー場外発売。
(開門予定時刻10:00、山陽第1R試走開始10:35、伊勢崎第1R試走開始14:39)
浜松の今朝は晴れ。ようやく浜松に青空が戻ってまいりました。

開催地・山陽の天候は「はれ」、走路状況「良走路」。
気温20℃、湿度55%、走路温度31℃と発表。
開催地・伊勢崎の走路情報はまだ入っていません。







今節場内ではたい焼き・「高木商店」が常駐。
どうぞお立ち寄り下さい。



本日山陽は全12Rをかけて「予選」が繰り広げられます。
「2回出走」が第4・5R、第10・11Rに適用されています。

伊勢崎ナイターは伊勢崎所属vs浜松所属の2場対抗戦となっています。
第5Rから「準々決勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待下さい!


posted by ブンブンボーイ at 09:36 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月21日

伊勢崎ナイター「第47回上毛新聞社杯」場外発売・初日


浜松オートは5/21()から伊勢崎ナイター・伊勢崎vs浜松対抗戦、
「第47回 上毛新聞社杯」の場外発売を実施。
(開門予定時刻14:00、第1R試走開始14:39)
浜松の今朝はくもり。5月とは思えない肌寒さを感じ、時折小雨が
降ることもあります。一枚はおってお過ごし下さい。
開催地・伊勢崎の天候は「雨」、走路状況「湿走路」。
気温19℃、湿度82%、走路温度22℃と発表。かなり寒そうです。






今節場内ではたい焼き・「高木商店」が常駐。
どうぞお立ち寄り下さい。



今節は伊勢崎所属vs浜松所属の2場対抗戦となっています。
本日は第1〜11Rをかけて「予選」が競われます。
第12Rに「上毛新聞社杯 選抜」が繰り広げられます。
熱戦にご期待下さい!

☆5/21() 伊勢崎ナイター第12R「上毛新聞社杯 選抜」



posted by ブンブンボーイ at 11:30 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月20日

なつかしの競走車を撤去しました


場外発売の実施中、「GTゴールデンレース」の開催中に浜松オートPRチーム・
「遠州動楽會」さんが用意してくださいましたメグロ、トライアンフなどの
”なつかしの競走車”を片付けに行きます、とメンバーの大将である
町田さんから連絡が入り、関係者用の扉を開いて作業を手伝いました。


オートレースの歴史の中で、これまで使用してまいりました歴代競走車を
集めているコアなファンは浜松市内周辺に点在しているようで、今回の
「GTゴールデンレース」では遠州動楽會の所持マシンの他に
浜名湖周辺に存在するという競走車のコレクターの協力を経て
数台展示を行なっていたそうです。町田さんいわく、
「これにて”なつかしの競走車”イベントはひと区切りです。自分より若いメンバーが
競走車運びをやると言ってくれれば、イベントのお呼びがあればやれると思うけど、
もう自分は”競走車”から”車いす”に乗り換えるんじゃないかなぁ(苦笑)
もう体力的にきついから、展示会場にも行けなくなる気がします」
とのこと。動楽會のメンバーも、
「コロナ禍の影響でバイク関連や産業展示イベントが軒並み中止になってしまい、
動楽會そのものの出番がすっかりなくなってしまいました。こうして定期的に
運んだり、お客様の対応をするイベントがあれば、活力も持続できるのですが…」
と、今や浜松オートのグレードレースのみでしか出動がないことに
もの悲しさを感じているようでした。

コロナ禍がもう少し沈下して屋外イベントの復活が増えてくれれば良いのですが…
次回の浜松オートのグレードレースは7/27(水)開幕の
「K-mix杯 GUウィナーズカップ」ですが、果たして。
若いメンバーの新規加入もあると良いですね。
「GTゴールデンレース」での展示、ありがとうございました!


posted by ブンブンボーイ at 12:27 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月19日

GTゴールデンレース 編集後記 その2


5/15()の「GTゴールデンレース」最終日、急きょ飯塚オートから
5代目勝利の女神に選ばれました「RUKA」さんが初の浜松オート遠征に
やってくることが決定し、浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんと
初対面。初めましてながらもすぐに馴染みあい、開門来場者のお出迎えや
イベントステージ撮影会、ニコ生&YouTubeライブ、CS放送出演など
各種イベントを一緒にこなしてまいりました。


わたくしブンブンボーイは1日管理地区にて取材を行なっていましたため、
開門お出迎え前のわずかな時間しかRUKAさんにお会いできませんでしたが
ゴールデンレースの終了後、スタッフさんから「RUKAさんがご挨拶代わりに
オリジナルグッズを各所の浜松オート関係者へ配っていましたよ」と
RUKAさんのオリジナル千社札やPR用チョコレートを見せて下さいました♪
千社札はシールになっているのでバイクやヘルメットなどに貼ることができます。
チョコレートとあわせて、自分を知って頂く良いアイテムですね☆


皆さまも飯塚オート・5代目勝利の女神「RUKA」さんへの
応援をよろしくお願いします!

posted by ブンブンボーイ at 11:51 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月18日

GTゴールデンレース 編集後記


5/15()に浜松オートで繰り広げられました伝統の一戦、
「遠鉄グリーンカップGT開場66周年記念ゴールデンレース」・最終12R「優勝戦」は
レース直前にしてポツポツと雨の降り出したなか8周戦にて競われ、
スタート勝負から1周回をかけて2番手を手に入れた4枠・木村武之選手(浜松)が
レース前半のうちに先頭を手に入れて逃げの態勢へ。


中盤〜終盤、8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)の猛追をゴール線ぎりぎりまで
かわして1着ゴール、地元浜松の開場記念を制し優勝を成し遂げました!

新メインスタンドの周囲がひらけて通行可能になったことで久々に
ホームストレッチ前の走路フェンスは興奮最高潮のお客様の列となりました。



そして勝利のウィニング・ラン。最後までご観戦くださいましたお客さまがた
ひとりひとりへ木村選手は「ありがとうございます!」と、手を振って
お礼の言葉を述べていました。


ここでちょっとしたハプニング発生?表彰式に参加するご来賓の方々は
新メインスタンドの最上階から「優勝戦」を観戦されていたために、
表彰式会場までの移動に少々距離があるとのことで、表彰式の開会が
数分遅くなることに。表彰式が始まるまでの間、木村選手はフェンス越しに
お集まり下さいましたお客さまがたへ右に左に正面にと手を振って
祝福や写真撮影に応えていました♪


写真:浜松市副市長、長田繁喜様から賞金パネルを受け取った木村選手。

木村選手にとって17年ぶりとなる地元GT開場記念タイトル獲得となりました☆


木村選手:「皆さんに祝福して頂いてとても嬉しいです!
スタートで遅れたら何もないと思っていたので、自分の中では
良いスタートをきれたと思います。「優勝戦」に向けて調整はしていったのですけど
試走も本走もそれほど変化ない乗り味が出ていたので、そこが大きかったと思います。

少しだけタイヤの跳ねもあったので、だんだんペース的に落ちちゃったのですけど
最後まであきらめずに、自分なりの精一杯で走りました。

後半はだんだんとエンジン音が聞こえてきたので、うしろに
(鈴木圭一郎選手が)すぐいるなとは分かっていました。

「優勝戦」でスタートラインに着いた時、シールドに雨粒が付いたのはちょっと
ドキドキしていたのですけど、1着ゴールできるというのは嬉しいですね。

自分の中ではやっぱり雨での「予選」をしのげたのが一番大きかったです。
これからもたくさん優勝できるように頑張ります。応援よろしくお願いします!」



写真:浜松オートレースヴィーナス・JINちゃん、
出世大名・家康くん、出世法師・直虎ちゃんと一緒に。

木村武之選手、「遠鉄グリーンカップGT開場66周年記念ゴールデンレース」優勝、
おめでとうございました☆


posted by ブンブンボーイ at 17:48 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする