2022年05月09日

川口・2日目&飯塚ナイター・3日目場外発売、浜松指定整備日



写真:浜松GT開催に先立って展示されました、浜松オート・グレードレースの

 恒例イベント、「なつかしの競走車展示」。今回がラスト展示との噂も?



本日5/9(月)の浜松オートは川口デーレース「川口市営 第5回1節」・2日目と

飯塚ナイター「オートレース中州杯争奪戦」・3日目 最終日の場外発売、

そして浜松「遠鉄グリーンカップGT開場66周年記念ゴールデンレース」の

指定整備日。10時開門、川口第1R試走開始は10:35、

飯塚ナイターの第1R試走開始は14:39です。



浜松の天候は「くもり」。本日指定整備日の走行練習は13時からとなりますが

気象情報によれば浜松は午後からの降水確率が80%と非常に高くなっており、

しかもGT開催期間中、5日間とも全て雨の表記となっています!

早くも梅雨のシーズン到来なのでしょうか。

開催地・川口の天候は「くもり」、走路状況「良走路」。

気温15℃、湿度68%、走路温度19℃。とてつもなく寒い朝を迎えているようです。

飯塚の走路状況はまだ情報が入っていません。





昨日の日曜日、元・浜松オート1期生選手、伊藤寧歳さん率いる

浜松オートのPRチーム、「遠州動楽會」さんがGTイベント用歴代マシン・

”なつかしの競走車”をマックス8台、ひと足早く場内イベントプラザ前へ

運び込んで下さいました。ところが・・・展示用の歴代競走車を管理している

親方、町田さんいわく、「今回のGTが”なつかしの競走車”のラスト展示に

なるかも知れない」とのこと。チームの高齢化や後継者不足、管理費の問題など

体力的に維持するのがいよいよ難しくなってきたそうなのです…。

非常に残念でなりません。7月には「新スタンドオープン記念レース」をひかえ、

先日5/3〜5の「浜松まつり」実施をきっかけに、少しずつ「労福協まつり」や

「バイクのふるさと浜松」など浜松市の恒例産業イベントが復活していくことが

予想され、まさにこれからオートレースを世間にPRする「なつかしの競走車」展示の

活躍が期待されるところですのに・・・「遠州動楽會」さんの管理する

歴代オートレース競走車はどれもガソリンを入れさえすればエンジンが掛かるほどの

完成度を誇っています。JKAさんかオートレースを愛するお金持ちのかた、どなたか

こちらの競走車を維持すべく支援して頂けるかたが表れないものでしょうか。

ゆくゆくは売却や解体も選択肢の一つに入れているそうです。

GTゴールデンレースが最後の勇姿(?)となる、なつかしの競走車展示。

浜松オートへご来場の際にはぜひご覧ください!「遠州動楽會」の

ジャンパーを着用しているチームスタッフへ声をかけてみるのもお勧めします。





新メインスタンドは周囲の壁や防塵シートが外されて、その全貌が

明らかとなっています。これまで見えていなかった1Fは

屋外ベンチシートのほかに車いす専用の観覧スペースが設けられています。





本日は1日をかけて全国より届けられました「選手応援幕」の掲示作業が

場内スタッフの手作業行なわれます。明日の前検日からは走路内にて

走行練習が盛んに行なわれるため、走路への行き来が難しくなるということで

本日中に全ての応援幕を走路フェンスへ縛り付けてまいります。

フェンスに掲示しきれなくなった場合は西側スタンド内の掲示となります。

どうぞご了承下さい。





現在川口オートでは5/57の3日間開催&5/8〜10の3日間開催と

実質6日間連続で運営中。5/7にレースを終えた選手の競走車や

梱包箱を載せた大型トラックが今朝がた浜松オートの検車場前に到着。





雨が降ってくる前に、とばかりに迅速に検車場内へと運び込まれる

競走車&梱包箱一式。毎回開催前に見る光景です。





通路には人の気がありませんが、カチャン、カチャン、シューッと

工具を扱っている音は所々から聞こえてまいります。





まず最初にお会いできましたのは松本やすし選手(伊勢崎)。毎回浜松の

あっせん時には地元選手よりも早く作業を始めている印象があり感心します。



やすし選手:「いやぁ、記念レースだから気合が入っている、というワケじゃなくて

こういったオートバイに関わる作業が全般好きなんですよ。だから前検日の前から

ロッカーに入れる指定整備日があると聞くと、都合さえよければさっそく行ってみよう

って気持ちになります。あと、自分は同じ32期生の中でも高齢(42歳)なので…(苦笑)

体力って年々落ちていく実感があるので、どんどん新人が入ってきて&若手が

伸びてきてというのを見ていると、少しでもオートレースに関わる時間を延ばして、

衰えないようにしなきゃ、っていつも思っています。今節も頑張りますよ!」

松本やすし選手、早速のコメントありがとうございました♪



  

松本やすし選手と同32期の中村友和選手&鈴木宏和選手。

自身&仲間のロッカーの整頓を行なっていました。





落合 巧選手も早くから指定整備に参加し点検を行なっていました。





梱包箱からさっとプロテクターを取り出す小林瑞季選手(川口)。

「あっこんにちは!今節よろしくお願いします!」と明るく挨拶してくださいました☆

ちなみに今回の小林選手の応援幕は走路内に張られることになったそうです♪





今節GTは練習参加としてあっせんされている浜松新人3名。

角貝拓海選手は野田光宏選手や渡邉 篤選手の指導を受けながら

エンジンの上回り〜中段部まで外していました。





ロッカーに届いた梱包箱と競走車を見つめながら話し合いをする26期同士、

松山茂靖選手と木村武之選手。





当然ながら鈴木圭一郎選手も若手選手とともに指定整備の早朝から

ロッカー入りを果たして前準備を進めていました。



ここでお知らせです。鈴木圭一郎選手は先月末のGW6日間決戦・

川口「SGオールスター・オートレース」にてみごと2連覇を達成!そこで

今節のGT初日となる5/11(水)・第6R発売中、CS放送に出演し

川口SGオールスターの優勝報告を実施することが決定しました☆

どうぞお見逃しなく!ちなみに5/11はわたくしブンブンボーイの誕生日です(笑)





川口SGが閉幕した数日後、JKA・オートレースオフィシャルサイトにて

発表されました、浜松オート花の19期生・須賀 学選手の引退。

ロッカーナンバー・100番が須賀選手の部屋でしたが、中身は

現役時代のままに残されています。いつもここで準決勝戦、

優勝戦と勝ち上がりました須賀選手のインタビューを行なうのが

毎回楽しみだったのですが…レース中のけがによる引退、とのことで

残念でなりません。





須賀選手の左隣が佐藤大地選手のロッカーなのですが…

大地選手:「自分が浜松オートレーサーとしてデビューし、このロッカーに

選ばれた時には、須賀選手は休場中でして…現役でもプライベートでも

1度もお会いしたことのないまま引退となってしまいました。」

と、大地選手も残念な表情を浮かべていました。



のちのち須賀選手のロッカーは片付けることになるそうなので、もしもその際に

須賀選手が浜松へいらっしゃることになれば、私もぜひ今一度お会いして

いろいろ大変お世話になりましたと感謝の言葉を贈りたいです。

いつになるのか分からないだけに、タイミングが合うかどうか…願うばかりです。





検車場にはふたたび大きなトラックが到着。朝よりも少し小柄です。





こちらの中身は今節GT用に購入された選手の新品タイヤでした。

「お手すきの選手はタイヤ運びを手伝ってください」というアナウンスが

ロッカー内に流れ、若手選手を中心に検車場へと運び込まれていきました。





川口女子ライダーズ、手前から佐藤摩弥選手、片野利沙選手。

片野選手はだいぶ髪の毛が伸びたような印象で、うしろに束ねていました。



  

「おはようございます!」と、その元気な声からもGTのワクワク感が垣間見えました

浜松新人女子・西 翔子選手。腕の立つ先輩選手たちの良い所を見習って

吸収しようという意気込みを感じました。

ちなみに西選手のご近所のロッカーを青山周平選手(伊勢崎)が

使用することになりました。西選手のグループの先輩に仲口武志選手がおり、

仲口選手は船橋所属時代、青山選手を弟子とする師弟関係にあったからです。





気象情報の通り、午後を過ぎてから浜松の空から雨が。

本日指定整備日のエンジン始動は13〜15時と定められているので

多少の雨が降る中でも石貝武之選手をはじめ数名の選手が

試走場にてエンジンの音を確かめていました。





ツナギに着替えて走路を走ってみる石貝選手でしたが、この頃から雨が本降りに。

数回外周を回るのみで戻ってまいりました。





ロッカー内のCSモニターにて川口オートの戦況を見つめる鈴木辰己選手。





遠征選手専用ロッカー・B棟へ行ってみると、なんと

川口の鉄人ライダー・篠崎 実選手も指定整備日から浜松入りを果たしていました!

さっそくお声かけをして、先日の川口SG・6日間を振り返って頂きました。



篠崎選手:「若い衆と同じくGT2日前からの浜松入りは凄いって?ハハハ、実は

圭一郎君(鈴木圭一郎選手)が浜松のロッカーで僕のエンジンを見てくれるって

いうからさ、こりゃいいやと思って前入りしたんだよ。これからエンジンをバラして

中身一式を見てもらう予定。下回りまで及ぶと1日かかっちゃうからね。



先日のSGオールスター・オートレースは初の6日間に及んだけど、僕の感想は

”あっという間に終わっちゃった”感じ。多分そう思えたのは、予選を勝ち上がれて

「準々決勝戦」で一発当たりを出せたからだと思う。6日間開催ということで

5日間とは多少違う、勝ち上がりのルールが変わったことで、その引っかかりで

「準決勝戦」まで進めることができたし、自分の中では時間が短く感じたね。

逆にフライングとか反則をして勝ち上がりの権利を失ってしまったら、6日間は

長く感じるんじゃないかなぁ。色々と新たな感想の生まれる開催ではあったね。」



圭一郎君に(エンジンを)見てもらう前に、先にロッカー作りを進めないと、と

ガラガラと梱包箱を運び込んだ篠崎 実選手。コメントありがとうございました☆





本日の指定整備日は同時に事故防(事故防止訓練)の実施日、ということで

レースにおける事故・反則行為をなくすための対策を話し合う講習日です。

検車場にて解散となった参加選手がそれぞれの持ち場へと戻っていきました。







川口オートのデーレース・2日目が終了し、浜松オートはリレー併売として

飯塚ナイターの場外発売に切り替わりました。

ここで本日ラストのお知らせです。



「GTゴールデンレース」の開催最終日となる5/15()、

飯塚オートにて5代目勝利の女神に選ばれました「RUKA」さんが

浜松オートへ初来場することが決定しました☆



・開門時、正門にて来場者のお出迎えを行ないます。

・ニコニコ生放送&YouTubeライブ配信に出演します。

・11R発売中、CS放送に出演します。



浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんとコラボで

イベントを実施してまいります、応援をよろしくお願いします☆




posted by ブンブンボーイ at 17:23 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする