2022年05月10日

川口場外発売・最終日&浜松「GTゴールデンレース」前検日のようす



明日開幕をひかえる浜松オート・伝統の一戦、「遠鉄グリーンカップ

GT開場66周年記念ゴールデンレース」。本日は前検日、場内にて

川口デーレース「市営 第5回1節」の場外発売が実施されているなか、

こちら選手管理地区では続々と出場選手が到着しエントリーを行なっています。



今朝の走路状況は昨晩に降りました雨の影響によりぶち走路でしたが

川口場外発売の始まる頃にはあっという間に乾ききってしまいました。

気象情報によればここ数日で二転三転、本日と明日は曇りの表記となり

雨の心配がなくなってしまいました。「準々決勝戦」〜「準決勝戦」のあたりに

雨の可能性が高まっています。



  

選手ロッカーの入口に集合していましたのはCS放送の生中継チームスタッフです。

明日から3日間、「予選」と「準々決勝」にて1着勝利選手の生インタビューを

写真右の検車場前にて中継します。歩いているのは先輩選手のロッカーを準備する

川口裕司選手(飯塚)と長田稚也選手(飯塚)です。





写真は今年2月に実施しました「GT第63回スピード王決定戦」・初日の

1着勝利選手インタビューにて、コメントをする花田一輝選手です。

明日のGT開催初日は恒例、全12Rの1着勝利選手インタビューの直後に

CS中継用カメラのカバーガラスへ選手が直にサイン書きを行ないます。

カバーガラスは額縁にはめ込み、サイン書きをしている選手のブロマイドと

ともにCS放送の視聴者プレゼントとなります☆



しかも今回はグレードアップし、カバーガラスのサイズが

はがき版(148×100mm)から2L版(178×127mm)へグレードアップ!

二回りほど大きくなり、写真もサインもかなり大きくなります♪

応募方法等は明日以降の浜松オートCS放送をご覧下さい!





今節「GT開場66周年記念ゴールデンレース」の開幕を前に

全国より寄せられました”選手応援幕”です。

浜松オートレース公園のある第2コーナーから競走会・管理棟のある

第4コーナーのフェンスまで、さらには西側スタンドの通路も選手応援幕で

びっしりと埋め尽くされました!今節もご応募ありがとうございました☆





選手が管理地区に到着するとまず最初に選手宿舎の入口にて

検温や消毒などを実施し安全を確認。そしてすぐさま

「枠番抽選」を行ないます。5日間をかけたレースの中で

勢力の均衡した8選手が出そろった場合、ハンデのない

0mオープンレースが組まれることになりますが、その際の出場枠は

この時の抽選結果によって決定されます。ちなみに抽選結果は

宿舎内に貼り出されるそうで、全選手が確認できるとのことです。





屋外試走場の前にて天日干しされてあった鈴木圭一郎選手のマシン。

本日は7月にひかえる「新スタンドオープン記念レース」をPRするための

ポスター作りとして圭一郎選手の走行写真の撮影依頼が入りました。

15:30頃、走行練習ながら8枠の勝負服と番号札をマシンに装着してもらい

走路の中から撮影を行なう予定です。





圭一郎選手は吉原恭佑選手と一緒に過ごしていました。



ここでお知らせです。明日5/11(水)の開催初日、第6R発売中に

鈴木圭一郎選手がCS放送に出演。先日の川口「SGオールスター・

オートレース」の優勝報告を行ないます。どうぞお見逃しなく!



  

写真左:ハンドルまわりを調べる和田健吾選手。

写真右:笠木美孝選手のエンジン整備を手伝う辰巳裕樹選手。

 下回りの整備でしょうか、とても重たそうです。





遠征選手専用ロッカー・B棟にて。佐久間健光選手(伊勢崎)が

篠崎 実選手(川口)へ「入口の扉、どらくらい開けておきます〜?」と尋ねると

「もう寒くはないから、好きなだけ開けておいていいよ!がっはっは!」

と篠崎選手(笑)ごきげんなようです♪





タイヤ作りをする佐藤大地選手。先日の記事の通り、大地選手の隣の部屋が

先日本人の申し出によりあえなく引退となりました須賀 学選手のロッカーです。

ここでわたくしブンブンボーイの元に須賀選手へのファンメッセージが届いています。

「…さて須賀選手が引退されましたがSG制覇やゴールデンレース優勝、買った時に

落車したこともあったりして懐かしいです。ブログの中で須賀選手がもし、

浜松に来たら可能でしたら最後にインタビューなど載せてただけたらと思います…」

私もぜひとも須賀選手とお会いしたいのですが、はたして浜松に来られるのか、

また、その日にお会いできるタイミングがあるのか、まったくの未知数です。

今一度、ロッカー内での須賀選手の勇姿を記録に残したいところです。





電気位置の調整でしょうか、車体を寝かす藤川 竜選手(飯塚)。



  

写真左から、久門 徹選手(飯塚)、深谷俊太選手のマシン。

深谷選手はカーテンの奥から「あはは」と仲間と過ごしている声が聞こえます。





田村治郎選手(伊勢崎)のマシン。サドルに「IMASARA J(今さらジロー)」の文字。





浜松走路と相性バツグン、高橋 貢選手(伊勢崎)のマシン。主人の到着を待ちます。





伊藤正司選手(伊勢崎)のマシンはホワイトを基調としたカラーリング。

どこかで見覚えのあるカラーリングと思ったら・・・





ガソリンタンクにジルダの文字。そう、飯塚のレジェンドライダー・

永冨高志選手(引退)がかつて操っていたマシン・ジルダ号を踏襲しています。

伊藤正司選手にとって永冨選手は師匠と呼ぶべき尊敬する人物なのだそうです。





川口裕司選手(飯塚)はB棟・荒尾 聡選手(飯塚)の隣の部屋を使用。

先日の指定整備日も朝一番でロッカーに到着し準備を進めていました。



  

写真左:梱包箱を開ける福永貴史選手(山陽)。

写真右:クランク組立室。選手&スタッフ以外入室禁止の部屋です。

 入口の外側から見ても分かる通り多くの選手が出入りをしていました。





高木健太郎選手(山陽)の整備を手伝う同32期の片野利沙選手(川口)。





佐藤摩弥選手(川口)は渡邉 篤選手のロッカーを訪ねていました。

新人・角貝拓海選手がエンジン整備を手伝っています。





ここで告知の依頼が入ってまいりました。

https://www.youtube.com/watch?v=u01CauCqp14&t=73s

浜松オートYouTubeチャンネル オリジナルのレース展望番組配信がスタート!

今回は直近に迫ったGIゴールデンレース(5/11〜15)の展望記者対談をメインに、

花田 一輝選手、西 翔子選手のインタビュー、好レースや高配当レースの振り返りなど

オートレースを楽しむための濃い情報満載でお届けします。

観戦の予習復習用としてぜひご覧ください!





走行練習、特にスタート練習では毎回マックスの8車がハンデ位置に並び、

しかも2回、3回と参加を繰り返して感触を確かめる選手が印象的でした。





遠藤 誠選手。





まるで双子?併走する鈴木宏和選手と片野利沙選手(川口)。





新井惠匠選手(伊勢崎)。





岩科鮮太選手。





早川清太郎選手(伊勢崎)。今節追加あっせん選手の一人です。





手前は松山茂靖選手。奥の久門 徹選手(飯塚)と併走し・・・





久門選手が離れると、今度は弟子の新人女子・西 翔子選手と併走し

稽古をつけていました。自身の練習と新人の育成に手腕を振るっていました。





そして鈴木圭一郎選手。最初は新人・角貝拓海選手の走行フォームをチェックすべく

後を追うように走っていましたが・・・





一度フィニッシュゲートをくぐり退場したかと思いきや、連獅子か、はたまた

戦えレッドタイガーか、瞬く間に8枠の勝負服姿で再び走路に登場!



実はこちら、きたる7/8(金)の新スタンドオープンを告知する

PRポスター用の写真撮影として、事前に圭一郎選手へお願いし

8枠の勝負服を着用しての走行練習を行なってくださったのでした♪

お忙しい中ありがとうございました!ポスターの完成をお楽しみに♪









前検日・走行練習の終了時刻となり、のちに川口オートの最終12R「優勝戦」が

CSモニターに映し出されると、周囲に選手が集まってまいりました。





選手の和の中に、今節GTの開催中、ピットレポートを担当して下さいます

元・浜松オート3人娘のひとり、垰口美穂子さんもロッカー取材の手を止めて

戦況をうかがっていました。





ハンデ10mに選手を置かないゼロm単騎・20m3車、30m4車の陣形で

「優勝戦」がスタート。3枠20線からハンデ勢の主導権を握りました

谷津圭治選手(伊勢崎)が1枠ゼロハンの吉田祐也選手(川口)を

終始追走、5周目の第1コーナーで吉田選手をインから差して

先頭に立つと、そのままTOPを守り抜いて1着チェッカー!

約4年ぶりとなる久々の優勝を成し遂げました!

谷津圭治選手、川口「市営 第5回1節」優勝おめでとうございました☆







川口「優勝戦」の全8車のゴールインを見届けた伊藤信夫選手は、そのまま

ロッカーから外に出て競走路へ。体力トレーニングを開始していました。

その後も次々と走路へランニング&ウォーキングを始める選手の姿がありました。





浜松オート伝統の一戦、

「遠鉄グリーンカップGT開場66周年記念ゴールデンレース」は

明日5/11(水)開幕。初日はウェルカムドリンクサービスとして

開門先着200名様へ「紙パックドリンク」をプレゼント、さらに

グリーンスタンドご利用先着200名様へ「スポーツ新聞」を無料配布します。



浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんは開催中毎日来場、

新コスチュームの初お目見えとなります☆

明日初日は来場者お出迎えの後にイベントプラザにて「写真撮影会」を実施します、

どうぞお楽しみに☆




posted by ブンブンボーイ at 18:02 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川口「市営 第5回 1節」場外発売・最終日&浜松GT前検日


5/10(火)は川口「市営 第5回1節」・3日目 最終日と
浜松「遠鉄グリーンカップGT開場66周年記念ゴールデンレース」の前検日。
10時開門、川口第1R試走開始は10:35です。

浜松の天候は「くもり」、走路状況「ぶち走路」。
先日降り続けた雨の影響で路面はまだ濡れ残っていますが
午後からの走行練習前には雨さえ降らなければ乾くと思われます。

開催地・川口の天候は「はれ」、走路状況「ぶち走路」。
気温 16℃、湿度68%、走路温度21℃。
川口は本日も肌寒い朝を迎えているようです。






本日川口では最終12Rに「優勝戦」がくり広げられます。
熱戦にご期待下さい!

☆5/10(火) 川口 第12R「優勝戦」



posted by ブンブンボーイ at 09:30 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする