2022年05月31日

第15回スポーツニッポン新聞社杯 2日目のようす



「第15回 スポーツニッポン新聞社杯」、シリーズ2日目が終了。

4つの「準決勝戦」が繰り広げられました結果、明日6/1(水)の

最終12R「優勝戦」はご覧の7車にて競われることが決定しました。

中村友和選手、金子大輔選手は完全優勝へ王手をかけました。

熱戦にご期待下さい!





第12R「準決勝戦A」、上位1・2着選手が優勝戦進出となります。

1着7枠・金子大輔選手(浜松)、2着6枠・佐々木 啓選手(山陽)





青島正樹選手。

「「準決勝戦」に向けてピストンを変えていったんですけど…昨日より少しは

良くなってるとは思うのですけど、劇的には、何も良くなっていないです。

何を扱ってもタイヤのドドドがきちゃうので、今日は昨日のタイヤで行ったのですけど

やっぱり滑りますね。滑るので、結果として立ち上がりが開かないので、余計に

直線が伸びていかないです。コーナーも乗りづらいし。ちょっとみんなに迷惑を

かけてしまって…1着でも素直に喜べないですね、いっぱいいっぱいです。



スタートも悪くないと思うのですが、7番(丹村飛竜選手)にもぐられたので…。

明日はタイヤを変えて、セッティングを変えてみます。このままじゃ多分、

戦えないと思うので。優出が久しぶりで…約1年ぶりくらいじゃないですかね。

それくらいに今は厳しいんですよ、もうスタートポジションが(苦笑)

一生懸命やってるんですけど、なかなか優勝するのは厳しいです。



今日はたまたま、3コーナーの勝負どころで入っていけたってだけです。でも

もちろん、悪ければあそこまで入っていけないんで、良くない中でも、そこまでは

悪くはない…そんな感じです。明日は…目標はできれば掲示板(に載る)ですけど、

かなり厳しいと思うので、あとは弟子(中村友和選手)に頑張ってもらいます!(苦笑)」

青島正樹選手、コメントありがとうございました!





第11R「準決勝戦A」、上位1・2着選手が優勝戦進出となります。

1着6枠・青島正樹選手(浜松)、2着7枠・丹村飛竜選手(山陽)





優出1番乗りを果たしました五所 淳選手(山陽)。ですが

準決勝レースにて道中タイヤを滑らせたことへの競走戒告を受けたため

みんなに迷惑をかけて申し訳ないです、と表情は険しいです。

「エンジンそのものは悪くないと思うのですが…急に晴れてきたのと

ぶち走路の影響からか、タイヤを滑らせてしまって。戒告にとどまりましたけど

やっぱり迷惑をかけて申し訳ないという気持ちですね。明日は一日晴れる

みたいなので、1からタイヤ探しを。それからどうするかです。スタートは並です。」

五所 淳選手、コメントありがとうございました!





第10Rから「準決勝戦A」。上位1・2着選手が優勝戦進出となります。

1着5枠・中村友和選手(浜松)、2着6枠・松尾啓史選手(浜松)





場内を歩いていると「以前、走路内観戦に当たったことがあります」という

お客さまに呼び止められました。「発走ピットの上の黄色いパイロットランプは

どんな意味があるのでしたっけ」というご質問です。



レースの発走1分前になると発走ピットの上のパイロットランプが消えます。

ランプが消えている時は、レースで走路を使用するため、レーシングスタッフは

横断理由での「通行禁止」となります。(落車処理・救護などの例外を除く)

この時、走路内中庭にいる人は外に出ることができなくなります。



本レース、そして次レースの試走が終了し、発走スタッフがスタート位置を知らせる

カラーパイロンを持って内線にやってきますが、まだランプが点灯していないため

走路に進入することができません。





安全が確認されて、メインスタンド最上段の審判棟より、横断OKの

パイロットランプが点灯すると、スタッフは確認してからパイロンを

スタート位置へ置きに走路へと進入します。安全確認のためのランプなのです♪





第8R、浜松女子・金田悠伽選手が2枠ゼロハンから出場し、3着戦が写真判定に。

判定の結果、掲示板に載る3着の成績をおさめました!

1着は6枠・松井大和選手(山陽)です。





第7R、浜松女子・岡谷美由紀選手が4枠40線から出場し4着の成績となりました。

1着は3枠・岩本君男選手(浜松)です。



  

5Rから6Rをかけて青空が見え始めると、たちまち走路は良走路へ回復、しかも

再び先日のような夏日&熱走路へと急変。マシンにも大なり小なり

影響を及ぼしているようです。ロッカー裏の試走場では夏の気候と化した

路面上でエンジンを調べる選手を多く見受けました。

左から、橋本陽介選手、岡本博幸選手(山陽)です。





第6R、浜松新人女子・西 翔子選手が1枠ゼロハンから出場し4着の成績となりました。

1着は4枠・橋本優一選手(浜松)です。





第5R「ランチアタック準決勝戦B」、上位1着のみ優勝戦進出となります。

1着6枠・五所 淳選手(山陽)

なおレース後に審議がかかり、五所選手は戒告の判定となっています。

レースを終えたあと、五所選手は足早に管理棟へ向かっていました。





今節3日間、場内では漬けマグロの串カツ・「ほっこりDININGきら」、

すっぽんエキス入り浜松餃子・「あまえん坊」、焼き鳥・「鳥好」が常駐。





「ほっこりDININGきら」さんでは”漬けマグロの串カツ”、”イカフライ”をはじめとする

串モノ・揚げモノの他に、”遠州しらす丼”や”焼きうどん”など主食となる

ごはんモノ&めん類も販売。さらに、兼ねてからお客様にご好評を頂いている

人気の”豚汁”と合わせれば、1回分のお食事が定食セット風で味わえます☆

ご来場の際にはどうぞお立ち寄りください♪





第4R、伊勢崎女子・高橋絵莉子選手が4枠10線から出場し5着の成績となりました。

1着は7枠・筒井健太選手(浜松)です。





レース後、早くも整備に取りかかろうとしていた古城選手へ1着写真をプレゼント♪

古城選手:「今日は雨上がりで気温が下がったおかげか、タイヤの滑りもなく

走りやすかったです。走路もほぼ良走路の感覚でしたね。」



安堵の表情を見せた古城選手、写真を持っていることに気付きました

五所 淳選手(山陽)がやってきて、「もう今のレースの写真ができたの?」と

たずねてきました。公営競技中・最速を誇るのがオートレースなのです♪



古城選手:「見てください、めっちゃかっこ良く写ってませんか!?」

五所選手:「おぉ、確かにかっこいいな!…6番やろ?(笑)」

古城選手:「ちょっと待ってくださいよ、7番ですって。。」

ちなみに6枠は3着と掲示板に載りました満村陽司選手(山陽)です♪

古城龍之介選手、1着勝利おめでとうございました☆





第3R、毎日徹夜の努力がみのり、古城龍之介選手(山陽)が

ぶっちぎりで1着ゴールイン!今節初の1着勝利を手に入れました!




写真は昨晩19時頃のようす。窓の外は日が沈んで真っ暗ですが
古城龍之介選手(山陽)がひとり整備を続けていました。


別の通路では山本 翔選手(山陽)も、周囲に誰もいないなかで
ただ一人整備を続けていました。今節は特に山陽ライダーズの
人知れぬ努力を垣間見ることが多いです。



現在も浜松オートでは新型コロナワクチンパスポートの
特典キャンペーンを実施中です。ワクチンパスポートとは、
”新型コロナワクチンを2回接種したことが分かる証明書”のことで
「ワクチン接種証明書」、「PCR検査の陰性証明書」、「抗原検査の陰性証明書」
を指します。日々開門より場内1Fインフォメーションにてワクチンパスポートを
ご提示すれば先着50名様に場内で利用できるクーポン券100円分をプレゼント。
詳しくは場内1Fインフォメーションへ問い合わせるか、
浜松オートオフィシャルサイトをご覧下さい。


朝の走行練習&スタート練習、ラストを迎えて
天候および走路状況はご覧の通りです。


スタート練習をする中村友和選手。走路は徐々に乾き始めていますが
晴れの日のような回復の早さはありません。


上村敏明選手。

  
左から、下平佳輝選手、松井大和選手(山陽)。


矢野正剛選手(山陽)。

  
湿走路にて朝練習をする浜松新人・(左から)兵頭寛和選手、角貝拓海選手、
西 翔子選手。練習中にいつ再び雨が降ってきても良いように雨具を着用しています。


まだ湿走路の試走場にてエンジンを回してみる米里信秀選手(伊勢崎)。


試走場にてエンジンを鳴らしてみる穴見和正選手(山陽)。
この時雨は止んでいましたが、再びいつ降るか分からないような天候です。


雨具を装備して朝練習の開始時間を待つ中野 肇選手。
管理地区内通路の路面は少し乾き始めています。


連続6日間続く浜松オート本場開催もいよいよ終盤。
7車立てレース・「第15回スポーツニッポン新聞社杯」は本日シリーズ2日目、
第5Rに1着のみ優出の「準決勝戦B」、第10〜12Rをかけて1・2着が優出の
「準決勝戦A」が繰り広げられます。熱戦にご期待下さい!

昨晩から降り始めた雨は夜間を通して降り続け、今朝は小雨に変わっています。
路面はご覧の通り一面濡れており、雲によって直射日光は遮られています。
乾きはまだ遅いと思われます、太陽さえ顔を出せばたちまち乾くと思いますが…


出場選手も自分の出場するレースが晴れるのか、走路が濡れたままなのか
頭を悩ませているようです。私が選手管理地区へ到着した時から、
ロッカーの至るところからタイヤのかすを吹き飛ばすエアの音が
シューッと聞こえていました。
半透明のトタン壁の奥がタイヤ加工場ですが、本日より補充参戦の
鈴木辰己選手、そして浜松新人・兵頭寛和選手がタイヤを作っていました。


検車場。田中竜二選手、中野 肇選手、青嶋裕治選手のマシンが停めてあり、
路面が濡れていても朝練習に参加する準備ができていました。


ロッカーの裏にあたる、試走場側のタイヤ加工場。
平塚雅樹選手と、浜松新人・角貝拓海選手がタイヤを作っていました。

そこへ「おはようございます」と、宿舎からロッカーへ移動する
金田悠伽選手&高橋絵莉子選手(伊勢崎)、
藤本梨恵選手(伊勢崎)、岡谷美由紀選手が挨拶をしてくださいました♪


今朝のロッカーは西川頼臣選手、西 翔子選手、落合 巧選手、
林 弘明選手(山陽)、野田光宏選手、小林悠樹選手、辰巳裕樹選手、
赤堀 翼選手が作業を始めていました。


中野政則選手(山陽)のマシン。一見ハートに見えますが、
よく見るとへびが2匹からんでいます。


posted by ブンブンボーイ at 18:12 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第15回スポーツニッポン新聞社杯 2日目・準決勝戦


5/31(火)は浜松3日間開催・「第15回スポーツニッポン新聞社杯」の
2日目。(開門予定時刻10:00、浜松第1R試走開始10:35)

開催地・浜松の天候は「小雨」、走路状況「湿走路」。
気温22℃、湿度76.2%、走路温度20℃と発表。
昨晩から降り始めた雨は7:30現在で小雨と弱まっています。
気象情報によれば雨は午前中のうちに止んでお昼からは晴れるそうです。










今節場内ではすっぽんエキス入り浜松餃子・「あまえん坊」、
漬けマグロの串カツ・「ほっこりDININGきら」、
焼き鳥・「鳥好」が常駐。どうぞお立ち寄り下さい。


今節3日間毎日、各門開門先着200名様へ
「スポーツニッポン」新聞をプレゼント。どうぞお手に取りください。



本日は第5Rに1着選手のみ優出の「準決勝戦B」、
第10〜12Rに1・2着選手が優出の「準決勝戦A」が繰り広げられます。
全て「7車立て」にて競われます。熱戦にご期待下さい!


posted by ブンブンボーイ at 08:11 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする