2022年06月12日

浜松アーリーレース&伊勢崎GUナイター場外発売 最終日のようす



浜松アーリーレース名物、日中の最高気温&灼熱走路の元で競われました

「第9回 HK交通タクシーブルーラインカップ」、最終9R「優勝戦」は

最重ハン・7枠30線大外の位置から全車抜きをしてみせた伊藤信夫選手(浜松)が

シリーズ全1着の”完全優勝”を成し遂げました!



  

勝利のウィニング・ラン、そして新型コロナ対策を万全に、

開催スタッフが用意しました不織布マスクを装着して

大時計前の開放フェンスからイベントプラザまで徒歩で移動。



お客様がたには事前に、足を止めさせてのピンショットやツーショット撮影、

サイン書き、握手、会話といった”呼び止め行為”へのご遠慮をお願いしました。

ご協力ありがとうございました!





写真:イベントステージでの選手表彰式が復活。今節協賛のHK交通タクシー様は

 日頃からタクシーの車体に浜松オートのラッピングを貼って下さったりと

 浜松オートのPRに一役買ってくださっています♪

 浜松交通 株式会社 執行役員 営業部部長、松下和弘様と一緒に。

 撮影時、一緒にガッツポーズを決めてくださいました☆



勝利のコメントです。

「だいぶ優勝から遠のいていたので嬉しいです。あまり間があくと自信がなくなるので。

「準決勝戦」のあとにピストンリングとヘッドまわりを扱って、確実に良くなりました。

レースが進むほどに走路温度が上がって滑りやすくなるアーリーレースですが、

日に日にエンジンが良くなってくれたおかげで勝てました。



でもかなり厳しいですよ、レース中に何度も滑りそうで。

道中でもしもワンミスでもしてしまったら、おそらく先頭までは届かないですね。

これで通常の「8車立て」だったら、なおのこと届かなかったと思います(苦笑)

そういった意味でも7車立てにすることで、もっとも熱い時間帯での

アーリーレースに対する難しさのバランスが取れていると思います。」





「何より新スタンドのオープン(7/8運営開始)を前に、イベントステージでの

表彰式が復活できて、久々に大勢のお客様に祝福してもらえて…

(コロナ前の浜松オートの表彰式はこんな雰囲気だったなぁ)と思い出せて。

世の中が少しずつ動いて、元に戻りかけていることが何よりも嬉しかったです。

このまま浜松オートの盛り上がりが前のように戻っていって、

また表彰式でお客様の待つイベントステージへ立てられるように頑張ります。 」





写真:表彰式終了後、場内をあとにする信夫選手。久々に大勢のお客様と

 イベントプラザで再会できたことをとても喜んでおり、笑顔にあふれていました♪



振り返れば新型コロナウィルスの発生によって浜松オートが無観客レース&

緊急事態宣言による開催中止となる前、最後の有観客レースの優勝&表彰式が

伊藤信夫選手だったと覚えてます。そして変異株の発生やワクチンの開発という

長い攻防のトンネルを経て、再び有観客でのステージイベントが復活。

最初の優勝&表彰式が伊藤信夫選手となったのです。



伊藤信夫選手、コメントありがとうございました&

完全優勝おめでとうございました☆















最終9R「優勝戦」の試走。

発走予定は13:45ファンファーレです。

熱戦にご期待下さい!





第8R「特別選抜戦」、1着3枠・関口隆広選手(浜松)、

2着2枠・長谷晴久選手(浜松)、3着6枠・高宗良次選手(飯塚)の確定は3-2-6。





金田悠伽選手。

「最近はエンジンが安定しているので、優出できて良かったです。「準決勝戦」では

スタートで残さないと、もうダメ…と思っていたので、苦手ながらに頑張りました。

コーナースピードが足りないな、とレース後のVTRを見て思ったのですが、

女子ならではの軽量を活かして、直線でスピードを上げて、フォローをして。

コーナーの旋回をもうちょっとスムースに乗りたいなって思います。

タイヤは「準決勝戦」のものでもまだ行けますが、もうひとつ考えているのが

2走目で、そのタイヤも良かったので、残りの時間を使って決断したいです。

試し乗りでの比べっこは、悩んじゃうと思うので、しません!(笑)

エンジンもキャブと電気程度の微調整にとどめて、部品交換はしないでいきます。」

初の開催優勝なるか、コメントありがとうございました!





第6R、「1日2回出走」、2度目のレース。1着6枠・落合 巧選手(浜松)、

2着2枠・西 翔子選手(浜松)、3着4枠・齋藤正悟選手(浜松)の確定は6-1-4。

石貝武之選手は7着、6着の成績、落合 巧選手は5着、1着の成績、

柴田健治選手は3着、4着の成績となりました。





本日第5&6R発売中をかけて1Fインフォ前にて「未確定車券抽選会」を実施。

今回の賞品は「HK交通タクシー ブルーラインカップ」の恒例、

”静岡県共通タクシークーポン券”です♪一等賞が何と1万円分、

2等賞、3等賞でも5000円分、1000円分と大盤振る舞い。

JR浜松駅から浜松オートレース場までタクシー代が2000円少々かかるかと

思いますので、2等賞以上が当たれば帰りは豪華にタクシーで帰宅、なんてことも♪

景品が全てなくなり次第終了、当日1000円以上の未確定車券か

未確定投票受付明細(はまりっちレシート)を会場へご提示ください。

みごと当選されました皆さま、おめでとうございました☆





第5R、浜松新人・兵頭寛和選手が1枠ゼロハンから、浜松女子・桝崎星名選手が

2枠20線から出場し、兵頭選手は7着、桝崎選手は6着の成績となりました。

1着は6枠・和田健吾選手(浜松)です。





本日は浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんの来場日☆

CS放送に出演したJINちゃん、開門来場者お出迎え後の「JINちゃん写真撮影会」や

「優勝戦」終了後の「公開表彰式」と、イベントステージでの企画が徐々に

解禁となっているなか、近日ビッグな場外イベントが。







それがこちら、来週6/18()&19()をかけた

オートレース場外場・サテライトへJINちゃん&安原幸子さんがやってくる!

トーク&予想会イベントです☆



6/18()はサテライト一宮、6/19()はオートレース名古屋

2日間をかけて愛知県へおじゃまします♪







当日はJINちゃん&安原さんによるスペシャルトークショーをはじめ、

川口オート3日間開催・初日&2日目の予想会、さらには

”JINちゃんのサイン入りQUOカード”が当たるじゃんけん大会を実施予定。

どうぞ来週末はサテライト一宮&オートレース名古屋にて

JINちゃん&安原さんと一緒にオートレースを楽しみましょう☆

(新型コロナウィルスの感染状況により内容が変更となる場合があります)





「同期のタムジロ(田村治郎選手。伊勢崎)のおかげで優出できたので、

写真撮影してくださるなら、この”タムジロマスク”も写してください!」

と、赤堀 翼選手。「優勝戦」は2枠ゼロハンからの逃げきりにのぞみます。



「この前タムジロと一緒にレースへ出場していた際、彼からリングを譲ってもらって、

それを付け変えてからエンジンの調子が良いんですよ。おかげで優出できました。

優勝戦に向けてはエンジンはもうこのままで、あとは跳ねないタイヤなのですが…

前に優勝できた時も、誰もが使っていない番号のタイヤを一か八かで使ってみたら

優勝できた、という例があるので、人のタイヤ情報を参考にしないで、思いきった

勝負をしてみるのも良いかな、なんて思っています。どうしても候補が

見つからなかったら昨日のままで行きますけど。あとは、スタートで行けなければ

何もないと思いますので、張り込んで行こうと思います。」



本日の伊勢崎ナイター「GU稲妻賞」にて8周回・10mOPの「優勝戦」に

1枠から出場を果たした田村治郎選手を応援しますよ!と赤堀 翼選手。

コメントありがとうございました!





第3R、浜松新人・角貝拓海選手が1枠ゼロハンから出場し、6周回の逃げきりに成功!

先日に続く今節”2連勝”をあげました!おめでとうございまいた☆





ここでお客様より質問のメッセージを頂いていますので紹介します。

『素朴な疑問なのですが、アーリーレースの時は朝練習はいつもより早かったり、

また、ロッカーの消灯時間なども早かったりするのでしょうか?アーリーレースの

選手の過ごし方を紹介していただけますと嬉しいです。』

とのことで、岩科鮮太選手と過ごしておりました鈴木一馬選手に

質問してみました。



一馬選手:「消灯時間は…確かいつもと変わらないよね?(鮮太選手が「うん、

一緒だと思う」と返事)朝練習の時間が通常の開催だと9:10くらいから約1時間、

10:10くらいまで行なわれているのに対して、アーリーだと9:00から9:30くらいと

かなり短いですが、そのあともレース発売中に練習ができるので、アーリーだからと

いっていつもより早く寝なきゃ・起きなきゃという感覚はないですね。いつも通りで。

ただ自分たちのチームは日頃から早朝型なので違和感がない、というのも

あるかもしれません。」



なるほど、鈴木一馬選手や平塚雅樹選手は朝一番の7:30過ぎにロッカー取材を

初めても、すでにロッカー内で過ごしている姿をお見受けしますので、

アーリーレースに対する過ごし方の変化はなさそうです。

ただ次回のアーリーレース・第3弾、7/1〜3「TIPSTAR杯」は開門が9:00、

第1R試走開始が9:10と、通常よりも1時間早くなりますので、来月こそ

過ごし方が変わってくるかもしれません。また次回にどなたかの選手へ

お話を伺ってみたいと思います。鈴木一馬選手、コメントありがとうございました!





浜松アーリーレースでは第1Rの試走が終わった後、発売時間中に

走行練習が認められています。後半に出場する選手は

走路温度が上昇している状況下での乗り味を試すことができます。





鈴木宏和選手。1日2回出走で他選手より多く走っている影響が?

「日に日にタイヤが跳ねるようになってきました。エンジンは大丈夫だと思うので

タイヤとフォークまわりのチェックをして、跳ね対策を。もう候補のタイヤがないので・・

探します。スタートは悪くないです。」

いつもより言葉少なめの鈴木宏和選手。コメントありがとうございました!





第1R、石貝武之選手、落合 巧選手、柴田健治選手は「1日2回出走」となります。

1着3枠・秋田貴弘選手(川口)、2着1枠・交川陽子選手(浜松)、

3着7枠・柴田健治選手(浜松)の確定は3-1-7。





岩科鮮太選手。

「夏の熱走路はすぐタイヤが滑ってしまうので苦手なのですが、先日の「準決勝戦」は

曇り空でそれほど走路温度が上がっていなかったのに、滑っていたので・・・何とか

優出できたとはいえ、どうにも。滑りの原因がタイヤからなのか、エンジンからなのか

も分からない状態なので、「優勝戦」の時間まで滑り対策に費やします。

スタートは自分なりには悪くないと思います。」

コメントありがとうございました!





伊藤信夫選手のロッカー。

エンジンがピストン部までバラされていました。大勝負の予感です。





朝練習の開始時間を待つ鈴木章夫選手。





浜松新人・角貝拓海選手。背後に試走先導用のHK交通タクシーが停まっています。



  

屋外の試走場にてマシンを軽く走らせてみる、(左から)橋本優一選手、野上史豪選手。





浜松アーリーレース・第2弾、「第9回 HK交通タクシー ブルーラインカップ」の

シリーズ最終日は雲ひとつない快晴に恵まれました。昨晩に雨が降った影響で

早朝の路面は多少の濡れ残りがありましたが、強い直射日光により

たちまち乾いてしまい、朝練習前には完全な良走路に。本日は1日をかけて

良走路で競われそうですが、逆に熱走路によるタイヤ滑りに注意です。





レーシングスタッフが各所持ち場へと移動していくなか、走路内では

審判員を乗せるキャラバンカーが外周を数回、テスト徐行をしていました。





検車場には3台、平塚雅樹選手、田中竜二選手、青嶋裕治選手のマシンが

停めてあり、中野 肇選手はタイヤ加工場にてタイヤの表面を削っていました。

他に桝崎星名選手が宿舎からロッカーへ移動、落合 巧選手が準備を終えて休憩、

他にも浜松新人女子・西 翔子選手、浜松新人・兵頭寛和選手、渡邉 篤選手、

金田悠伽選手が整備を始めていました。





検車場内に貼られている火気厳禁の看板。

なんだか浜松オートのロゴマークのようです(笑)





丸山浩信選手(川口)のマシン。フロントタイヤが外されていました。





別の通路では平塚雅樹選手と西川頼臣選手が

浜松新人・角貝拓海選手の作業を見てあげていました。





浜松オートレース場と言えば浜松市内の桜の名所のひとつですが、

今の時期になるとあじさいも見頃を迎えます。

住吉バイパス〜航空自衛隊浜松基地へと続く1本道の県道から

正門ロータリーへの入口に咲くあじさいは満開を迎えていました。




posted by ブンブンボーイ at 17:44 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜松アーリーレース 3日目&伊勢崎GUナイター場外発売・5日目


6/12()は浜松アーリーレース「第9回HK交通タクシーブルーラインカップ」の3日目&
伊勢崎ナイター「日本トーター・日刊スポーツ杯 GU稲妻賞」の場外発売・5日目。
(開門予定時刻9:30、浜松第1R試走開始9:40、伊勢崎第1R試走開始13:55)

開催地・浜松の天候は「はれ」、走路状況「ぶち走路」。
気温22.5℃、湿度73%、走路温度21.7℃と発表。
開催地・伊勢崎の天候&走路状況はまだ情報が入っていません。
ご覧の通り雲ひとつない快晴となりました。










今節場内ではたい焼き・「高木商店」、焼き鳥・「鳥好」、
広島焼き・「夏目商店」が常駐。どうぞお立ち寄り下さい。



本日まで各門開門先着100名様へ「BOXティッシュ」をプレゼント。
どうぞご利用ください♪



本日まで各レースの試走時に「HK交通タクシーによる試走先導」を実施。
どうぞご覧下さい♪



本日浜松は第9Rに7車立ての「優勝戦」が繰り広げられます。
淺田真吾選手、鈴木宏和選手、伊藤信夫選手は完全優勝へ王手をかけました。
「優勝戦」終了後、大時計前のフェンスを開放。優勝選手はウィニング・ランののち
走路からイベントプラザへ徒歩で移動し「優勝選手表彰式」を執り行います。

新型コロナウィルスの感染防止対策として、選手の接触、呼び止め行為
(握手、会話、サイン記入、足を止めさせての写真撮影など)はご遠慮下さい。


伊勢崎GUナイターは第12Rに8周回の「優勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待下さい!

☆6/12() 浜松第9R「優勝戦(7車立て)」


☆6/12() 伊勢崎GUナイター 第12R「優勝戦(8周回)」



posted by ブンブンボーイ at 08:24 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする