2022年06月13日

森 且行選手(川口)、1年5ヶ月ぶりに川口走路で練習走行


先日繰り広げられました浜松アーリーレース・第2弾、
「第9回 HK交通タクシー ブルーラインカップ」・最終9R「優勝戦」は
7枠・伊藤信夫選手(浜松)が最重ハンから全車抜きを繰り出し1着ゴール、
さらにシリーズ全1着の”完全優勝”を成し遂げ、幕を閉じました。

時を同じくして川口オートでは「市営 第6回2節」の前検日を実施、
スポーツ新聞によりますと森 且行選手(川口)が2021年1月の
レース中の事故以来、久々となる”練習参加”でのあっせん登録をし、
川口走路にて練習走行を行なったそうです。


写真:2016年2月28日(日)に撮影。「GUウィナーズカップ」の
最終12R「優勝戦」に4枠10線から出場を果たしました森 且行選手。

「復帰1走目にしてはまずまず」と及第点のコメントをしつつも「(けがをした)骨盤が
原因なのでしょう、左足が上がらない」とコメントしていたという森選手。
2度目の練習走行に出発したところ、小雨が降って滑りやすい走路になったため
安全のために途中で練習を断念したそうです。

川口オートは今年走路改修工事を控えておりレース再会は12月以降となります。
森選手は「来年1月の地元川口開催での復帰を目標」として、
今後も練習参加として川口開催へ参加していくと意欲をみせたそうです。

皆さまの応援をよろしくお願いします!


posted by ブンブンボーイ at 11:00 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする