2022年07月01日

浜松アーリーレース・初日&川口GTナイター場外発売・3日目のようす



「そろって1着が取れました!」

とニッコリ笑顔の浜松女子Wライダー、(右から)交川陽子選手と西 翔子選手。

同じグループの米里崇徳選手が今節練習参加として復帰を果たし、さらに

グループの長・鈴木辰己選手も1着勝利をあげ、西選手の師匠である

松山茂靖選手も2着連対と好成績。グループが一丸となって快進撃です☆



明日の浜松アーリーレース「TIPSTAR杯」・シリーズ2日目は

第6Rに1着選手のみ優出の「準決勝戦B」、第7〜9Rをかけて

上位1・2着選手が優出の「準決勝戦A」が繰り広げられます。

熱戦にご期待下さい!





第9R、1着3枠・石川岳彦選手(伊勢崎)、2着7枠・佐藤貴也選手(浜松)、

3着6枠・戸塚尚起選手(伊勢崎)の確定は3-7-6。





第8R、1着4枠・猿谷敦史選手(伊勢崎)、2着2枠・野上史豪選手(浜松)、

3着5枠・石貝武之選手(浜松)の確定は4-2-5。





第7R、1着6枠・鈴木辰己選手(浜松)、2着4枠・宍戸幸雄選手(伊勢崎)、

3着7枠・岩科鮮太選手(浜松)の確定は6-4-7。





早朝にキャブまわりの整備を行なっていました清水雄平選手(川口)。

お仕事中の写真を撮らせてください、とお願いしましたところ、

「自分の整備風景なんかで良いのですか?(照)」と照れ笑いしていました♪





第6R、1着1枠・西 翔子選手(浜松)、2着7枠・遠藤 誠選手(浜松)、

3着6枠・押田和也選手(伊勢崎)の確定は1-7-6。





レースを終えたあとの鈴木章夫選手。ブーツを磨いていました。

章夫選手:「前回飯塚遠征の最終日(6/21)にも1着が取れて、エンジンの具合が

良かったので今日はその延長でレースに臨んだのですが、相変わらず良いですね。

今日はハンデ20mからのスタートでしたが、選んだタイヤが良かったみたいで

熱走路でも滑りをあまり感じずに攻めて行けたのが良かったと思います。」

鈴木章夫選手、コメントありがとうございました&記録更新おめでとうございました☆





第5R、1着5枠・鈴木章夫選手(浜松)、2着7枠・松山茂靖選手(浜松)、

3着2枠・原田富夫選手(伊勢崎)の確定は5-7-2。 章夫選手は

自身の持つ”全国公営競技・最年長1着勝利記録”をさらに更新させました!





第4R、1着3枠・交川陽子選手(浜松)、2着4枠・笠原三義選手(伊勢崎)、

3着6枠・仲田恵一朗選手(伊勢崎)の確定は3-4-6。





1F屋外観覧席からは立ち見でこのくらいのアングルになります。





1F屋外観覧席。左上のガラス窓が室内有料のA席となります。

庇(ひさし)にアナウンススピーカーが左・右・中央と3箇所付いており、

選手紹介や審議、確定のアナウンスがクリアに聞こえます。





車椅子のご利用のお客様もスタンド西サイドのスロープから観覧席へ移動できます。





東サイドにはスタンド入口からバリアフリーで自動扉をくぐった先に

デッキテラスがあり、先端は車椅子のお客さま優先席となります。





早朝に走行練習ができない分、開門を過ぎての各レース発売中に

走行練習時間を設けています。駆け込みや渋滞を起こさせないように、

第1R発売中における走行練習は本日第6Rまでの出場選手が参加可能、

第2R以降の発売中における走行練習は第9Rの出場選手まで参加可能、

という規定があります。





第3R、1着5枠・長谷晴久選手(浜松)、2着2枠・廣瀬豪彦選手(浜松)、

3着7枠・鈴木一馬選手(浜松)の確定は5-2-7。





第2R、1着5枠・筒井健太選手(浜松)、2着6枠・落合 巧選手(浜松)、

3着7枠・佐藤大地選手(浜松)の確定は5-6-7。





第1R「今日は浜松市制 111周年記念日」、1着5枠・齋藤正悟選手(浜松)、

2着6枠・鈴木静二選手(浜松)、3着4枠・中村晋典選手(浜松)の確定は5-6-7。





1Fの階段から2Fへ上ったあとも、テラスの真ん中に3Fへと続く階段があるため

3Fテラスまでは無料で行き来できます。3Fは審判棟やCS中継室、開催協賛の

来賓席などがあるため一般のお客様は入室することはできません。

3FテラスからはCS放送とおなじ高さからレースをご覧いただけます。





今節3日間をかけて新スタンドを紹介するコーナー、まずはこちら、

写真中央2&3Fの吹き抜け、「エキサイティング・テラス」を上ってみましょう。





3Fテラスの反対側はこのようなアングルで1F通路を見下ろせます。

現在はコロナの影響で見合わせとなっている、浜松オート夏の恒例イベント・

”サンバフェスティバル”が再び実施された暁にはここからお客さまとの

盛り上がりをご覧いただけそうです。





走行練習ができないまま、そうこうしているうちに開門が近づいてまいりました。

朝9時ながらも正門前にはオートレースをこよなく愛するファンに

お集まり頂いておりました。ご来場ありがとうございます!





ロッカー内の清掃や道具を運ぶスタッフへ「おはよございます」と会釈をする

浜松女子・交川陽子選手。その奥では木村直幸選手、辰巳裕樹選手が

鈴木静二選手とともに整備を始めていました。





2022年度の浜松アーリーレース・第3弾、「TIPSTAR杯」はさらに開催が早くなり

開門は9:00ちょうど。最終第9Rの発走予定は13:55となります。

朝起きて、朝食を済ませたら浜松アーリーレースをお楽しみください!

写真は今朝7:30頃の新メインスタンドです。



  

今節は第1Rの試走開始が9:10と非常に早く、仮に朝の走行練習を実施するとなれば

朝8時台から多くのエンジンを回さなければいけなくなるため、音の関係も含めて

開門(朝9時)までの走行練習はなくなりました。第1Rの選手は

練習なしのままで試走へ出かけることになります。

エンジンが掛けられないとなれば、車体の整備か試走の準備、あるいは

フィジカルのトレーニングしかありません。早朝7:30過ぎには数名の選手が

走路内にてウォーキングを行なっていました。

左から、猿谷敦史選手(伊勢崎)、片岡信之選手、柴田紘志選手です。





検車場。早朝からスタッフが集合し検車作業の準備を行なっていました。

第1Rの試走開始が9:10ということは、8:40前後には第1R出場選手の検車を

終わらせていなければなりません。万が一部品の不具合が見つかった時には

最低5分は交換修理&再点検の時間も設けなければならず、かなりの

スピーディ&正確さが求められます。



ちなみに検車場の一番先には既に上村敏明選手のマシンが停まっていました。

上村選手いわく、朝練習ができないだけにタイヤの温めは十分にしておかないと、

とのことでした。





朝7時台のまだ誰もいない遠征選手専用ロッカー・B棟にてひとり、

タイヤを確認する阿久津正夫選手(川口)。




posted by ブンブンボーイ at 14:34 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜松アーリーレース・初日&川口GTナイター場外発売・3日目


本日より文月。7/1(水)は浜松アーリーレース・「TIPSTAR杯」・初日&
川口ナイター「GT第46回 日刊スポーツ キューポラ杯」場外発売・3日目。
(開門予定時刻9:00、浜松第1R試走開始9:10

開催地・浜松の天候は「はれ」、走路状況「良走路」。
気温31℃、湿度45%、走路温度32℃、降水確率は午前0%・午後10%と発表。
気象情報によれば今節3日間は晴れるそうです。
川口の走路状況はまだ発表がありません。






今節場内ではすっぽんエキス入り浜松餃子・「あまえん坊」、
漬けマグロの串カツ・「ほっこりDININGきら」、
焼き鳥・「鳥好」が常駐。どうぞお立ち寄り下さい。



本日は各門開門先着300名様へ
川口「GTキューポラ杯」オリジナルウェットティッシュをプレゼント。
どうぞお手に取りください。


本日から3日間、開門より1Fインフォメーションにて
4000円分の未確定車券をご提示の方先着25名様、
4000円分の未確定投票受付明細をご提示の方先着25名様へ
「川口「GTキューポラ杯」オリジナルQUOカード」をプレゼント!
全て配布次第終了となります。どうぞお早めに!


本日は全9Rをかけて7車立ての「予選」が繰り広げられます。
第1Rは「今日は浜松市制111周年記念日」と銘打たれています。
熱戦にご期待下さい!

☆7/1(金) 浜松第1R「今日は浜松市制111周年記念日」



posted by ブンブンボーイ at 08:52 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする