2022年07月10日

新スタンドオープン記念レース 3日目・最終日のようす



突然の夕立?で滑りやすいブチ走路に変化した浜松オートの3日間開催・

「新スタンドオープン記念レース」最終12R「優勝戦」は7車立てにて競われ、

最重ハン・7枠30線大外から出場しました浜松のエース・鈴木圭一郎選手が

悪状況ながら他6車をさばく圧倒的な強さを披露!





突然の雨でも最後まで新スタンドにてご観戦くださるお客さまのアツい視線を受けて、

ぶっちぎりの完全独走を決めてゴールイン!

「新スタンドオープン記念レース」は鈴木圭一郎選手がシリーズ全1着の

完全優勝”を成し遂げ、2着の準優勝は長らく浜松オートを牽引してきました

かつての浜松エース・鈴木辰己選手と、新旧エースがそろい踏み!そして

浜松所属・鈴木ワンツーフィニッシュを達成しました!







圭一郎選手の凱旋を祝福に出迎えましたのは、同門の先輩である

野田光宏選手、西川頼臣選手、そして浜松新人・角貝拓海選手です。

「あんな不安定の走路でよく追い上げていけたねぇ!」と絶賛していました♪





「優勝選手表彰式」はイベントプラザにて。のちに圭一郎選手は

「日曜日だからというのもありますけど、それでも予想をはるかに超えて

SG並みにお客さまがイベントプラザの周囲に集まってくださっていたので

びっくりしました」と驚いていました。勝利のコメントです。



「さすがに今日は雨が降るとは思わなかったんですけどね。

まさかレースの直前に大粒の雨が降るとは。

優勝戦に向けての整備は、シリンダーを変えました。

タイヤは、初日に使ったタイヤがもう低かったのですけど、今日は朝から

曇っていたので、(さすがに優勝戦は雨が降らないだろう…)と思って

初日のをはめてレースに臨んだんです。そうしたら降っちゃったから(苦笑)

「もうビビらず乗るだけだ!」と思って。レースでは滑って仕方なかったです。



スタートに関しては、あんな雨の中だったので、フライングにだけ気をつけて

よほど遅れなければいいなと思ってきっただけなので…良くはないです。

「タイヤが空回りしないで行けて良かった…」くらいな程度で。

こんな状況下でもさばけて行けたのは、エンジンが良かったからでしょうね。

シリンダー交換の整備をした甲斐があって、その結果が出たのだと思います。



新スタンドがスタートして最初のレースだけに、この記念すべき開催で

すごく優勝したかったので、よい締めくくりとなりました。



今節は「鈴木選抜」もあって勝てましたし、全国オートレーサーの

“鈴木”選手代表として今日勝てたのも、良かったです。



日曜日ということもあり、新スタンドを見に行こうと

ご来場くださったお客さまの数がまるでSG並みだったので、

イベントプラザに立った時はびっくりしました。



メインスタンドがキレイになり使いやすくなったことで、次回の「K-mix杯

GUウィナーズカップ」もきっとレースやイベントを1日かけて楽しめると

思いますので、ぜひこれまで浜松オートへ足を運んだことのなかった方も、

新スタンドと生のレースを体感してもらえたら嬉しいです!」



鈴木圭一郎選手、コメントありがとうございました&

「新スタンドオープン記念レース」完全優勝・おめでとうございました☆













なんと「優勝戦」の発走・数分前にして、北の空より張り出してきた

真っ黒な雲からボタボタと大きな雨粒が。レース直前にしてたちまち走路状況が

スリップしやすいブチ走路へと変化、出場選手は試走タイムからみても

晴れタイヤを使用しているものと思われ、非常に乗りにくい状況となりました。





最終12R「優勝戦」の試走。走路状況は第9Rから良走路に回復しました。

発走予定は16:35ファンファーレです。

熱戦にご期待ください!





第11R「特別選抜戦」、1着3枠・鈴木健吾選手(浜松)、

2着1枠・小栗勝太選手(山陽)、3着2枠・関口隆広選手(浜松)の確定は3-1-2。





初日の「鈴木選抜」1着、先日2日目の「準決勝戦A」1着と、土付かずの

2連勝をあげて「優勝戦」進出を決めました浜松オートのエース・鈴木圭一郎選手。

王者の貫禄を持ちつつ、第8R発売中に行なわれました中間走行練習にて

新人選手とともに参加し練習をこなしていました。

鈴木No.1、浜松所属No.1、そして「新スタンドオープン初開催」のNo.1という

破竹の3冠獲得を成し遂げることができるでしょうか、注目です。





第8R発売中、今節ラストの中間練習に鈴木圭一郎選手とともに参加をしていました

佐藤貴也選手。新人選手とともに今節最後の走り込みを行なっていました。





先日&本日の2日間をかけて「アメージングカート ISK浜名湖」様に

ご協力をいただきましたファミリーイベント、「キッズゴーカート」は

16時をもって終了となります。一時は雨による中止も心配されましたが、

無事に2日間実施の運びとなり、お子様が笑顔でゴーカートを運転する姿に

イベントの成功と、場内スペース有効利用の可能性を感じました。

アメージングカートISK浜名湖様、イベントのご協力ありがとうございました☆





ブログの執筆&更新作業の途中経過をようやく終わらせて

本日実施、1Fインフォ前・「未確定車券抽選会」の会場へ駆けつけたものの

大好評だったようで、すでにイベントは終了していました…。しかしながら

第8&9R発売中をかけて行なう予定でしたイベントが第8R発売中のうちに

終了してしまうのですから、たいへん大勢のお客さまにご来場くださっている

ことが分かります。全国からのご来場、本当にありがとうございます☆

これまで新型コロナの影響によりステージイベントや抽選会イベント、場内イベント

などが中止・自粛となっていましたが、その代替として、新人選手や女子選手の

レース情報を紹介してまいりました。新スタンドの再開とともに場内イベントが

盛んに行なわれることになれば取材はこちらが優先されますので、約3年ほど

臨時でお送りしてまいりました新人選手&女子選手のレース情報は

一旦おひらきになるかもしれません。





第7R発売中、イベントプラザにて浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんの

トークショーを実施。今節は3日間連続で行なわれました。

実は昨日、第10R発売中のCS放送出演のあとに超特急で静岡競輪場へと

足を運んだJINちゃんは新スタンドオープンのPR活動を実施。

本日のトークテーマは初来場となりました静岡競輪場の体験記となりました♪



浜松オートの次節、「K-mix杯 GUウィナーズカップ」(7/27〜31開催)も

イベントプラザでのトークショーを予定しています、どうぞお楽しみに☆





第7R、浜松新人・角貝拓海選手が1枠ゼロハンから、浜松女子・金田悠伽選手が

3枠30線から出場し、角貝選手は7着、金田選手は掲示板に載る

3着の成績をおさめました!1着は7枠・中村友和選手(浜松)です。





新スタンドのオープンとともにこちらも開店となりました、「ゼロ飯(はん)食堂」。

”ハンデなし(0m)”を意味するオートレース用語、ゼロハンを

食堂名にしたこちらのお店は手前にご飯モノや蕎麦などの丼&麺類コーナー、

真裏にサンドイッチや揚げ物などの軽食コーナーを設けており、連日

好評を頂いておりますが、それもそのはず。

「ゼロ飯食堂」は、全国に展開している有名フランチャイズ、

『養老乃瀧(ようろうのたき)』グループが運営しているからです。



今回は牛丼を注文。丼ものは軽食と同じくテイクアウトができます。





率直な感想は、まごう事なき外食産業の王道をゆく牛丼の味で、しかも

これほどの大盛サイズをワンコインでおつりがくる450円で食べられるのは

圧巻すぎます(笑)お子様では食べきれないかもしれません。

浜松オート周辺の某有名牛丼チェーンへ食べに行くくらいならば「ゼロ飯食堂」で

牛丼を注文したほうが、通常の並盛価格で特盛を食べることができ非常にお得です。



そして『養老乃瀧』の牛丼と聞いたら、マニアならすぐに思い浮かぶでしょう。

現在も人気の衰えない永遠のヒーロー、キン肉マンがチャンピオン防衛をかけて

アメリカ各州へ遠征した道中、敵の策略にかかり牢獄へ入れられた際、かつての

ライバル、ロビン・マスクが満身創痍のキン肉マンへ差し入れに用意してくれたのが

『養老乃瀧』の牛丼なのです。



この牛丼を食べて体力の回復したキン肉マンは相棒・テリーマンとタッグを組み

全米各地へと分裂した超人会が主催するタッグマッチシリーズに出場し優勝、

アメリカ超人会を再統一・復興する偉業を成し遂げます。

奇跡の大逆転を生むきっかけとなった力の源・『養老乃瀧』の牛丼。

本場開催だけでなく場外発売でも開店しますので、

ご来場の際にはぜひご賞味ください☆





第6R、川口女子・本田仁恵選手が4枠20線から出場し5着の成績となりました。

1着は6枠・平塚雅樹選手(浜松)です。





第5R「ランチアタック選抜戦」、浜松新人女子・西 翔子選手が1枠ゼロハンから出場し

みごと6周回の逃げきりに成功!初日に続く2回目の1着勝利をあげました!

おめでとうございました☆





第4R、川口女子・片野利沙選手が4枠20線から出場し6着の成績となりました。

1着は2枠・橋本優一選手(浜松)です。





「今日使うタイヤの候補はこれです!」と、交川陽子選手。

本日第12R「優勝戦」への出場を果たし、しかも”完全優勝”がかかっています。



交川選手:「最近になってようやくオートレースの奥深さというか面白さみたいなものが

少し分かってきたかな…と感じるようになってきました。ハンデが10m重くなるだけでも

スタート位置での見た目の視界が違うだけでなく、攻め方とか守り方など、戦術が

デビュー時とは全く変わってきて、(あぁ、だからこうやって教えてくれてたんだ)、

みたいなものが、少しずつながら何となく分かってきた気がするんです。

同じゼロハンといっても、ハンデが10m重くなったことで、他車が10m近づいての

スタートというのは、背後からのプレッシャーはものすごくなります。

今日の「優勝戦」は当然、太刀打ちできないくらいの腕の立つ選手ばかりですが

レースの後になって(やっぱりあの道中でこの選択をすればよかった…)と後悔を

しないように、自分のベストを尽くして走り抜くように頑張ります!」

交川陽子選手、コメントありがとうございました!





走行練習に参加する淺田真吾選手。





第2R、川口新人女子・伊東玲衣選手が1枠ゼロハンから出場し7着の成績に。

1着は2枠・廣瀬豪彦選手(浜松)です。





第1R、レースの前にして雨が強くなり再び湿走路に。

浜松新人・兵頭寛和選手が1枠ゼロハンから出場し6着の成績となりました。

1着は7枠・五所 淳選手(山陽)です。





走路内から見た新メインスタンド。

今節の「新スタンドオープン記念レース」が過ぎれば、今後はもう浜松オートの

メインスタンドとして特別視なく親しまれていくことでしょう。

全国よりスタンドの完成を一目見ようと浜松オートまでご来場下さいました皆さま、

3日間ありがとうございました!





新スタンドオープンを記念して、特別企画・2コマ漫画風劇場です♪



@開門来場者お出迎えイベントを行なうため、正門に到着しました

 浜松オートレースヴィーナス・JINちゃん。

 私が望遠レンズを向けていることにハっと気付いたJINちゃんは・・・





Aぴーーす♪

 おしまい





浜松新人・角貝拓海選手へ稽古をつける鈴木圭一郎選手。





写真:新人選手とともにスタート練習に参加する松山茂靖選手。



開門前にオープニングセレモニーが行なわれた初日、森 且行選手(川口)の来場に

場内が沸いた2日目。そして本日最終日はようやく朝練習の撮影を行える時間が

とれましたので、川口から練習参加&参戦にお越し下さいました”初浜松あっせん”・

川口新人選手の浜松走路での練習シーンを開門時まで撮影しました。





キャブレターをはずす山陽女子・松尾 彩選手。





あっという間に本日は浜松オート3日間開催・「新スタンドオープン記念レース」の

シリーズ最終日。第12Rに7車立ての「優勝戦」が競われます。

熱戦にご期待下さい!



先日の第12R「準決勝戦A」からポタポタと降り出した雨は次第に雷雨と化し、

昨晩は何度も携帯電話から大雨警報のアラームが鳴り響きました。

今朝はスタッフの間で「昨晩はすごい雨だったね」という話題で持ちきりです。





今朝は雨がやんでいますが曇っていて日照が弱いため

路面の乾きは少々遅くなると思われます。

発走ピットでは8時を回る前からスタッフが到着しカブやパイロンを

運び出す準備を進めていました。





本日最終日に検車場内へ停めてありましたのは、青嶋裕治選手、

山崎 進選手(山陽)と・・・





鈴木圭一郎選手のマシンです。今回は普段見られない「左向き」で撮影、すると

チェーンカバーに「Auto Race Funabashi(船橋)」の文字が書かれていました。



  

早朝に目立った整備はやはりこちら、出場レースが雨or晴れどちらになっても

対応できるようにと、タイヤ作りをしている選手の姿が様々な場所で見受けました。

左から、鈴木清市選手(伊勢崎)、竹中一成選手(山陽)です。





リアタイヤを調べる川口新人女子・伊東玲衣選手。奥は川原 剛選手(川口)。



  

タイヤを削る川口新人・佐藤 励選手(川口)、小椋華恋選手(川口)。





次の開催場へと荷物を運ぶための梱包箱を取り出す鈴木辰己選手。

お祭り騒ぎだった今節「新スタンドオープン記念レース」も

いよいよクライマックスが近づいています。




posted by ブンブンボーイ at 19:32 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新スタンドオープン記念レース 3日目・最終日


7/10()は浜松3日間開催・「新スタンドオープン記念レース」の
3日目・最終日。(開門予定時刻10:00、浜松第1R試走開始10:35)

浜松の天候は「くもり」、走路状況「ぶち走路」。気温29℃、湿度51%、
走路温度27℃、降水確率は午前80%・午後50%と発表。
昨晩に降りました雷雨の影響で路面は至る所で濡れています。








今節場内ではたい焼き・「高木商店」、焼き鳥・「鳥好」、
漬けマグロの串カツ・「ほっこりDININGきら」が常駐。
どうぞお立ち寄り下さい。



先日トークショーを行なって下さいました川口ライダー・森 且行選手の
「サイン色紙」を開門より先着10名様へプレゼント。
1Fインフォメーションにて2,000円分の未確定車券か未確定投票受付明細
(はまりっちレシート)をご提示ください。
全て配布次第終了となります。どうぞお早めに!



本日は開門〜16時に新メインスタンドの背中側通路にて
無料の「キッズゴーカート」を実施。対象年齢は2歳〜12歳までです。
※雨天中止、2歳〜3歳までは保護者の同乗が必要です
小学生までのお子様をお連れのお客様はぜひご体験ください♪



本日は浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんが来場!

・開門時、正門にて来場者のお出迎えを実施
・第4&10R発売中、CS放送に出演
・第7R発売中、イベントプラザにてトークショーを実施
・第12R終了後、「優勝選手表彰式」に参加

応援をよろしくお願いします☆



本日第8&9R発売中、1Fインフォ前にて「未確定車券抽選会」を実施。
1000円以上の未確定車券か未確定投票受付明細(はまりっちレシート)を
会場へご提示くだされば1回スロットゲームに挑戦。
絵柄が揃えば大当たり、賞品はお中元に嬉しい「カタログギフト」ですが
1等は10,000円分、2等は5,000円分、3等でも3,000円分と大盤振る舞い。
全て当選次第終了となります、どうぞご参加下さい!




本日は第12Rに7車立ての「優勝戦」が繰り広げられます。
「優勝戦」終了後はイベントプラザにて「選手表彰式」が執り行われます。
交川陽子選手、鈴木圭一郎選手は完全優勝へ王手をかけました。
熱戦にご期待下さい!

☆7/10() 第12R「優勝戦(7車立て)」



posted by ブンブンボーイ at 08:41 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする