2022年08月20日

第50回報知新聞社杯 2日目のようす



写真:「1着が取れて&同門の後輩である角貝くん(角貝拓海選手)に勝てて

良かったです☆」と笑顔の桝崎星名選手♪

撮影を横から眺めていました鈴木圭一郎選手はレース写真を見て

「レースはセナの勝ちだけど走行フォームはツノのほうがイイね」と

角貝選手を評価していました(笑)



これまでの酷暑が徐々に落ち着きを見せ始めている浜松オート・

「第50回 報知新聞社杯」。本日シリーズ2日目が終了し、明日8/21()は

第5&10〜12Rをかけて「準決勝戦」が繰り広げられます。

気象情報によれば浜松の明日は一時雨?の表記もあります。

どうぞ天候の移り変わりにもご注意いただき、雨天の際にはぜひとも

1Fインフォにて販売中の”浜松オートオリジナル傘”を差して応援しましょう☆







第12R、道中第3〜4コーナーにて2枠・橋本優一選手(浜松)へのイン差しを

狙おうと前輪攻勢を仕掛けた4枠・和田健吾選手(浜松)が接触スレスレとなり

逆ハンをきって回避、コースアウトしてしまうアクシデントが発生。

落車はなくレースは続行、1着7枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、

2着2枠・橋本優一選手(浜松)、3着1枠・新井日和選手(伊勢崎)の確定は7-2-1。

なおレース後に審議がかかるも失格には至らず、和田選手は戒告となりました。





第11R、1着6枠・笠木美孝選手(浜松)、2着7枠・伊藤信夫選手(浜松)、

3着3枠・鈴木健吾選手(浜松)の確定は6-7-3。





第10R、1枠・金田悠伽選手が身体不良の欠車、レースは6車にて競われました。

1着4枠・池田政和選手(川口)、2着2枠・西川頼臣選手(浜松)、

3着3枠・鈴木辰己選手(浜松)の確定は4-2-3。

なお本日の浜松第10Rは1枠にまつわる購入車券は全て返還となります。

どうぞご了承ください。





第9R、1着4枠・淺田真吾選手(浜松)、2着5枠・中村友和選手(浜松)、

3着6枠・渡邉 篤選手(浜松)の確定は4-5-6。





今節も”全国公営競技・最年長1着勝利記録”を更新させました鈴木章夫選手。

さっそくコメントを、と思いロッカーへ向かいましたが、そこには「スポーツ報知」の

淡路記者が章夫選手へ独占インタビューを敢行していました。

そう、今節は第50回を数える「報知新聞社杯」ということで、淡路さんは言わば

今節協賛の独占記者さんなのです。ここは淡路さんを立てまして、明日の

「スポーツ報知」新聞のオートレース欄を楽しみに待ちましょう☆





第8R、1着1枠・杉本雅彦選手(山陽)、2着2枠・青嶋裕治選手(浜松)、

3着7枠・佐藤大地選手(浜松)の確定は1-2-7。





第7R、1着3枠・齋藤 努選手(浜松)、2着2枠・藤本 剛選手(山陽)、

3着4枠・戸塚尚起選手(伊勢崎)の確定は3-2-4。





第6R、1着3枠・鈴木章夫選手(浜松)、2着4枠・関口隆広選手(浜松)、

3着1枠・稲原瑞穂選手(飯塚)の確定は3-4-1。

鈴木章夫選手は自身の持つ全国公営競技・最年長1着勝利記録を

さらに更新させました!





第5Rから「準々決勝戦」。1着2枠・山下知秀選手(山陽)、

2着6枠・鈴木静二選手(浜松)、3着5枠・櫻井晴光選手(伊勢崎)の確定は2-6-5。





写真:先日初日に幸先よく1着を獲得しました伊勢崎新人女子・新井日和選手。

 レース写真を現像して本人へプレゼントしました♪



本日第4Rに1着を獲得しました浜松女子・桝崎星名選手へインタビューを、

と思いましたが、ロッカーを訪ねてみると西川頼臣選手や鈴木圭一郎選手とともに

チームワークで同門の新人・角貝拓海選手のマシン整備を行なっていました。

とても話しかけられる雰囲気ではありませんでしたので、先に

先日1着を獲得しました新井日和選手へ写真をプレゼントしました♪



新井選手:「ありがとうございます!昨日はリングを前検日の時に扱って

乗り味が良くなったと思いましたが、前回の地元伊勢崎開催からずっと跳ねが

出続けていて、なかなか取れないんです。フロントからなのか、リアからなのか…

いま原因を探っているところで、今節は跳ね対策がメインになるかなと。

タイヤは選んだ番号がちょうど浜松の走路に合っていた感じですね。

私のなかで浜松走路の感触は過不足なく。普通に乗れるかなって思います。」

新井日和選手、コメントありがとうございました!





第4R、浜松新人・角貝拓海選手が1枠ゼロハンから、浜松女子・桝崎星名選手が

2枠20線から出場し角貝選手は7着、桝崎選手は6周回を走り抜き

みごと1着勝利を獲得しました!おめでとうございました☆





第3R、浜松新人・兵頭寛和選手が1枠ゼロハンから、浜松女子・交川陽子選手が

5枠40線から出場し、兵頭選手は7着、交川選手は6着の成績となりました。

1着は7枠・浅野浩幸選手(浜松)です。





第2Rにアクシデント発生。道中最終コーナーにて2番手を走る

4枠・塚本浩司選手(川口)をインから差そうとした6枠・柴田紘志選手(浜松)が

勢いあまって塚本選手へ接触。落車はありませんでしたが柴田選手は

大きく減速しゴールイン。レース後に審議がかかり、柴田選手は

反妨失格と判定されました。1着は3枠・福田義久選手(山陽)です。





第1R、山陽女子・早川瑞穂選手が1枠ゼロハンから出場し7着の成績となりました。

1着は4枠・小林頼介選手(浜松)です。





写真:以前に行なわれました走路内「優勝選手表彰式」のようす。



ここでお知らせが入ってまいりました。

今節「優勝戦」後、優勝選手表彰式の実施場所を

再び「走路内」(ゴール線付近)に変更するとのことです。

※雨天時中止

皆さまの祝福をよろしくおねがいします!





先日1着勝利を獲得しました永島潤太郎選手(山陽)へレース写真をプレゼント♪

永島選手:「初日はスタートでだいぶ失敗した感じがあったのですが、

ハンデが軽くなっていたのと、浜松の走路が前回出場した飯塚よりも

グリップ感があったので、周回で態勢を立て直して大きく回ったら何とか

うまくいきました。飯塚の時は走路温度が60℃と記録されていましたからね(苦笑)

その時に比べたら浜松の走路はタイヤの食いつく感じがあるので、

おかげで大きく回れましたし、比較的乗りやすいかもしれないです。」

永島潤太郎選手、コメントありがとうございました!





朝練習の開始前に、昨晩のうちに落車の車両修理が完了しました

浜松新人・角貝拓海選手がテスト徐行を行なっていました。

無事本日のレースには出られそうです。



その一方でお知らせが入ってまいりました。

昨晩に浜松女子・金田悠伽選手が身体の不調を訴え、大事をとって

参加解除・早退となったそうです。しかしながら出走表の確定後だったため

本日の第10Rは1枠が欠車となり6車にて競われることになりました。

第10Rの1枠にまつわる購入車券は返還となります。どうぞご了承ください。



なお、明日以降の補充選手が取れないために

明日あさっては2回出走が適用されるそうです。

どの選手になるかは情報が入り次第お伝えしてまいります。





渡邉 篤選手にもチャンピオンレーサー写真へサインを記入してもらいました♪

ファン感が行なわれなかった3年越しの優勝写真なので様々な選手の

優勝写真が多数残っています。





浜松オート4日間開催、「第50回 報知新聞社杯」は本日シリーズ2日目。

第5Rから「準々決勝戦」が繰り広げられます。熱戦にご期待下さい!

今朝の浜松はこれまでのような蒸し暑さはなく、まさに夏休み終盤の朝、といった

過ごしやすさがありました。周囲からはつくつくぼうしの鳴き声が聞こえます。





検車場には上村敏明選手と鈴木圭一郎選手のマシンが停めてありました。

上村選手は前回の飯塚遠征にて1着を獲得しており現在の通算1着勝利数は

996、と夢の1000勝まであと4つとなっています。





まだ誰もいない選手ロッカーに見えますが、数名の選手がロッカールーム内にて

過ごしています。米里崇徳選手が先輩選手の部屋をひとつずつ確認して

「おはようございます!」と挨拶まわりをしていました。





部品の掃除をする伊勢崎新人女子・新井日和選手。

先日初日は1着勝利をあげ本日は第12Rに1枠ゼロハンから出場します。





先日自落を喫してしまった角貝拓海選手ですが身体は大丈夫とのことで

昨晩を徹して車両修理が完了、師匠・西川頼臣選手とともに

本日2日目にむけたチェックが行なわれていました。





さて今年は10月に浜松市恒例のオートバイ発祥を記念したイベント、

「バイクのふるさと浜松2022」が浜松オートで復活開催されることが

決定しています。そこで個人的にいろいろと予測をし、浜松オートも

何らかのPRブースを出すかも?配り物や販売物があるかも?と考えて

わたくしブンブンボーイからはコロナ禍により3年間中止となっている

ファン感謝祭用にと貯めてまいりました過去のチャンピオンレーサー写真

(A3版、A2版)を倉庫から引っ張り出し、選手にサインをお願いして

何かファングッズが必要になった時にはこちらを提出しようと計画。

写真は松山茂靖選手にサインを書いてもらっているところです。

となりで見ていたのは岩科鮮太選手。

岩科選手:「いつの優勝写真かな?…平成30年度って書いてある!(驚)

一緒に写ってる交川さん(交川陽子選手)なんてまだ学生みたいじゃん!

すっげ〜若い(笑)」



ということで、「バイクのふるさと浜松」のイベントはまだ未定ですが

もしもチャリティ販売の実施などが決定しましたら、こちらの

チャンピオンレーサー写真を出品させて頂きますので、どうぞお楽しみに♪





ロッカールームからひょっこりと出てきました猪熊龍太選手(伊勢崎)。

今節は澁澤憲司選手(伊勢崎)とご近所のロッカーを使用しています。




posted by ブンブンボーイ at 19:23 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第50回報知新聞社杯 2日目

8/20()は浜松4日間開催・「第50回報知新聞社杯」の2日目。
(開門予定時刻10:00、浜松第1R試走開始10:35)
浜松の天候は「はれ」、走路状況「良走路」。気温32℃、湿度44%、
走路温度32℃、降水確率は午前10%・午後30%と発表。
これまでの猛暑で早朝=暑いという固定観念ができてしまいましたが
今朝は涼しいまでいかずとも暑くはありませんでした。
走路内ではレーシングスタッフがスタート位置についての談義をしていました。




今節場内ではたい焼き・「高木商店」、焼き鳥・「鳥好」、
漬けマグロの串カツ・「ほっこりDININGきら」が常駐。
どうぞお立ち寄り下さい。





今節4日間・開門先着100名様へ、女性と小学生以下のお子様限定の
「かき氷引換券」をプレゼント♪ (各日お一人様1枚ずつ配布、なくなり次第終了)
引換は「浜松観光食堂・軽食コーナー」にて行ないます。
お子様は保護者同伴でお越し下さい☆



本日は第5Rから「準々決勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待下さい!


posted by ブンブンボーイ at 08:37 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月19日

第50回報知新聞社杯 初日のようす



写真:初日第12R「オートレース姫路開設記念」を制しました浜松ライダー・

鈴木圭一郎選手は10月より全国ランキングNo.1(S-1)に返り咲きします。



浜松オート4日間開催、「第50回報知新聞社杯」・シリーズ初日が終了。

本日8/19(金)から兵庫県姫路市にて「オートレース姫路」がオープン、

こちら浜松オートが管理施行者となります。最近では浜松オートCS放送の

視聴者プレゼントに近畿地方から応募される方も増えつつあり、ぜひとも

「オートレース姫路」をきっかけに浜松オートへご来場・ご観戦頂ければ幸いです♪



明日8/20()は第5Rから「準々決勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待下さい!







第12R「オートレース姫路開設記念(選抜予選)」、1着7枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、

2着4枠・淺田真吾選手(浜松)、3着6枠・伊藤信夫選手(浜松)の確定は7-4-6。





第11R、1着4枠・鈴木健吾選手(浜松)、2着7枠・木村武之選手(浜松)、

3着6枠・平塚雅樹選手(浜松)の確定は4-7-6。





第10R、1着1枠・永島潤太郎選手(山陽)、2着3枠・下平佳輝選手(浜松)、

3着5枠・戸塚尚起選手(伊勢崎)の確定は1-3-5。





第9R、1着7枠・渡邉 篤選手(浜松)、2着5枠・和田健吾選手(浜松)、

3着3枠・藤本 剛選手(山陽)の確定は7-5-3。





「SGの6日間開催は正直大変ですよ…」と鈴木宏和選手。

撮影の時だけマスクを外してくださいました。

「伊勢崎ナイターの6日間をかけて走りましたけど、前検日を合わせれば1週間、

指定整備の参加もあれば8日間、毎日ロッカーで過ごすことになります。

開催が始まればもう外へは出られませんし、しかも毎日猛暑でしたから、

みんな缶詰めで過ごすのはなかなか大変だったと思いますよ。

自分たちはいつ事故が発生するか分からないという覚悟とか緊張感のなか、

命をかけて走っていますからね…そのSGクラスの緊張が通常よりもさらに

1日増えるわけですから、フィジカルもメンタルも、大なり小なり疲れがたまってくる

でしょうし、それは選手だけでなく審判とかスタッフも同じような気がします。

そういった疲労の蓄積から選手もスタッフも注意力とか判断力が落ちたりしないか…

それならむしろモチベーションが最高潮を保てるうちに優勝戦を実施する

日程のほうが、洗練されて質の高いレースができるんじゃないかなって思います。

まぁ今年の夏が暑すぎて余計にそう思ったのかも知れないですけどね。」



オートレースは他の公営競技と違い、走るのみならず競走バイクまるまる1台の

組み立てや整備、メンテンナンスを全て選手本人が行なっているため、

常に高い集中力や注意力を張り巡らせていないと、部品の見落としや

レース中の接触などにつながりかねません。

(コロナ前では大がかりな整備や修理を10人、12人と仲間が集まり手伝って

いましたが、コロナ禍の現在は密を作らないよう、極力人数を減らして整備や

修理を行なっており、そのぶん一人あたりの作業負担が多くなっている気がします)

その見落としや接触などが起こらないようチェックするレーシングスタッフも

選手とともに前検日を含めた日数分を過ごすのですから、いろいろ工夫が

必要かもしれません。過ごしやすい季節に実施とか、あるいは

3日間(前検日を含め4日間)、3日間で1日インターバルを置くとか?

いろいろ試行錯誤を繰り返して、とにかく事故やけがのないように、安全かつ

最高に研ぎ澄まされたエキサイトレースを行なってまいりたいものです。

鈴木宏和選手、コメントありがとうございました!





走行練習をする山陽新人・永島潤太郎選手。





走行練習を終えてロッカーに戻る伊勢崎新人女子・新井日和選手。

きりっとした表情、そして白雪姫のように透き通った肌です。

女優の新垣結衣さんに似ているかも?





第8R、1着2枠・猪熊龍太選手(伊勢崎)、2着3枠・青嶋裕治選手(浜松)、

3着7枠・佐藤裕二選手(川口)の確定は2-3-7。





第7R、1着1枠・戸塚 茂選手(浜松)、2着5枠・筒井健太選手(浜松)、

3着7枠・池田政和選手(川口)の確定は1-5-7。





第6R、1着2枠・橋本優一選手(浜松)、2着5枠・鈴木章夫選手(浜松)、

3着7枠・仲口武志選手(浜松)の確定は2-5-7。





第5R「ランチアタック予選」、1着4枠・佳元光義選手(飯塚)、

2着7枠・鈴木宏和選手(浜松)、3着6枠・佐藤大地選手(浜松)の確定は4-7-6。





今節は「サマーキャンペーン」と題し、4日間毎日・開門より1Fインフォにて

女性&お子様(小学生まで)限定100名様へ「かき氷の引換券」をプレゼント!

引替えは1Fインフォ付近の浜松観光食堂・ケータリング(軽食コーナー)にて、

当日開門から15:00までの間で行なっています。





写真:今年初のかき氷体験。レインボーを描いてみました♪



浜松観光食堂の軽食コーナーでは「かき氷」を無料券の引換えのみならず

一般のお客様にも250円で販売しています。私は自腹で購入してみました(笑)



シロップは1枠、3枠、4枠、5枠、6枠…もとい、

みぞれ、いちご、ブルーハワイ、レモン、メロンの5種類を用意。

しかもお好みの量をかけることができ、担当のお母さんいわく

「2色でもレインボーもOKですよ」とのこと♪”お絵かきせんべい”のノリで

真っ白なかき氷のキャンパスを夏色に染めちゃいましょう☆





第4R、1着6枠・鈴木一馬選手(浜松)、2着4枠・西川頼臣選手(浜松)、

3着5枠・水本竜二選手(飯塚)の確定は6-4-5。





第3R、1着2枠・新井日和選手(伊勢崎)、2着5枠・長谷晴久選手(浜松)、

3着7枠・中村友和選手(浜松)の確定は2-5-7。





第2R、道中第4コーナーにて浜松新人・角貝拓海選手(浜松)が

リアスリップを起こし自落を喫してしまうアクシデントが発生。レースは続行し、

1着4枠・中原 誠選手(飯塚)、2着7枠・岩科鮮太選手(浜松)、

3着3枠・杉本雅彦選手(山陽)の確定は4-7-3。

なお角貝選手は自ら起き上がって外周へ避難し、一礼して走路を後にしました。

容態は打撲程度、「身体は大丈夫です」とのことで既にロッカーへ戻っています。





第1R、1着7枠・笠木美孝選手(浜松)、2着5枠・関口隆広選手(浜松)、

3着6枠・鈴木辰己選手(浜松)の確定は7-5-6。





本日8/19(金)より、兵庫県・姫路市の競輪場外車券売場「サテライト姫路」内に

オートレースの場外車券売場「オートレース姫路」がオープン☆

おめでとうございます!いつか浜松オートのPRを兼ねて行ってみたいものです…が

コロナ禍の影響もあり、まだオートレース名古屋やオートレース一宮、

オートレース南国は一度もおうかがいしたことがありません(苦笑)



本日の開設を記念して第12Rに「オートレース姫路開設記念」と銘打たれた

「選抜予選」を実施します。どうぞお楽しみに☆





先日8/6()に飯塚ナイターで繰り広げられました「ガールズ王座飯塚予選」にて

みごと1着勝利を獲得しました浜松女子・金田悠伽選手。

本日は第12R「オートレース姫路 開設記念(選抜予選)」にて

1枠ゼロハンから出場を果たしました。

金田選手:「「ガールズ王座飯塚予選」の時はエンジンの調子は良かったのですが

スタートが行けてなくて、1回目のスタートは明らかに後手を踏んでいたんです。

でも藤本さん(藤本梨恵選手、伊勢崎)がフライングをきってしまい、再発走に

なってしまって。それで2回目の発走ではスタートがそこそこきれて、良い展開を

作れたので勝てたのかなぁと。1回目の発走でフライングがなかったら

勝てたかどうか分からないですね。



今のマシン状態はちょっと跳ねが気になるのでフロント回りの跳ね対策と、

タイヤ選びを慎重に。今節は女子選手のあっせんが比較的多めなので

いろいろ教わりながらレースにのぞもうと思います。」

金田悠伽選手、コメントありがとうございました&

「ガールズ王座飯塚予選」・1着勝利おめでとうございました☆







8月2回目の浜松オート本場開催は今年で半世紀を迎える老舗開催、

「第50回 報知新聞社杯」です。先日の伊勢崎SGナイターから帰ってまいりました

強豪選手が多数あっせん、本日は第12Rに選抜予選・

「オートレース姫路 開設記念」が繰り広げられます。熱戦にご期待下さい!



今朝の浜松は相変わらず残暑が厳しいですが、青空と流れる雲の高さを見ると

秋が少しずつ近づいているような気持ちにさせてくれます。





検車場には上村敏明選手のマシンだけが停めてあり、

鈴木圭一郎選手のマシンはありませんでした。





本日一番最初にお会いできましたのは交川陽子選手。

選手専用の掲示板・今後の遠征先あっせん表へ目を通していました。





鈴木圭一郎選手は桝崎星名選手のマシン整備を手伝っていました。



  

写真左:タイヤを交換する兵頭寛和選手。手前の赤いマシンは中野 肇選手。

既にロッカールーム内で過ごしていました。

写真右:今節急きょ追加あっせんとなりました新井 淳選手(伊勢崎)。





早朝から整備を開始していました早川瑞穂選手(山陽)。





整備をする米里崇徳選手のロッカーへ同期の早津康介選手(川口)が

立ち寄っていました。上村敏明選手も両選手へ話しかけています。





ひとり整備を進める山陽新人・永島潤太郎選手。若干二十歳の若人選手です。




posted by ブンブンボーイ at 17:18 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第50回報知新聞社杯 初日

8/19(金)は浜松4日間開催・「第50回報知新聞社杯」の初日。
(開門予定時刻10:00、浜松第1R試走開始10:35)
浜松の天候は「はれ」、走路状況「良走路」。気温29℃、湿度48%、
走路温度30℃、降水確率は午前0%・午後0%と発表。
早朝から気温も空も高いです。

今節場内ではたい焼き・「高木商店」、焼き鳥・「鳥好」、
漬けマグロの串カツ・「ほっこりDININGきら」が常駐。
どうぞお立ち寄り下さい。
本日より4日間・開門先着100名様へ、女性と小学生以下のお子様限定の
「かき氷引換券」をプレゼント♪ (各日お一人様1枚ずつ配布、なくなり次第終了)
引換は浜松観光食堂・軽食コーナーにて行ないます。
お子様は保護者同伴でお越し下さい☆
本日は全12Rをかけて7車立ての「予選」が繰り広げられます。
そして第12Rに7車立ての選抜予選、「オートレース姫路 開設記念」が
繰り広げられます。熱戦にご期待下さい!
☆8/19(金) 浜松第12R「オートレース姫路 開設記念(選抜予選)」
posted by ブンブンボーイ at 09:00 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月18日

第50回報知新聞社杯 前検日のようす


本日8/18(木)の浜松オートは山陽ナイター「山陽プロパン賞」の場外発売・
最終日と、浜松本場開催「第50回報知新聞社杯」の前検日です。

浜松の天候は午前中までは秋雨前線・通過の影響により暴風をともなう
大雨に見舞われましたが、お昼を過ぎると前線一過、抜けるような青空が
戻ってまいりました。照りつける真夏の太陽は健在ながらも、何となくですが
秋の兆しを感じます。


本日前検日の朝、一番最初にお会いできましたのは何と鈴木圭一郎選手。
先輩選手のエンジン整備の準備を進めたあと、屋外の試走場で
自身のエンジンを確かめ、午後には競走路へ。


伊勢崎オートにて6日間に及ぶ熱戦、「SGオートレースグランプリ」を終えて
中2日で浜松入りという過密スケジュールですが、圭一郎選手のなかで
すぐさま整備に走りにと確かめてみたいところがイメージできているのでしょう。

10月からは全国No.1オートレーサーへ返り咲きをみせる圭一郎選手、突然の
走路の登場に場外発売を観戦に来場されたお客様も驚いているようでした。


圭一郎選手と同じく先輩選手の準備と自身のエンジン確認をしていたのが
渡邉 篤選手です。午前中の大雨のうちに準備作業を済ませて
お昼からは自身の競走車をチェックしていました。

  
写真左:兵頭寛和選手、角貝拓海選手の浜松新人選手コンビも早朝から
浜松ロッカー入りを果たして先輩選手の作業準備と手伝いをしていました。

写真右:新人選手とともに先輩選手のロッカー準備をしていたのが
米里崇徳選手。午前中をかけてひとつずつロッカーを回り、せっせと
梱包を解いたりオイルの補充をしたりと準備作業を進めていました。


早朝から作業を始めていた選手のひとり、交川陽子選手。
「このTシャツ姿を写してください♪」と、ボートレーサー・峰 竜太選手の
アパレルブランド・「ONE」のオリジナルTシャツを着用していました♪


写真:管理地区内にて「先日の伊勢崎SGナイターに参加された選手の方々は
ロッカーへ入る前に抗原検査を行なってください」という声が。
一方、選手宿舎前にはレントゲンなどの健診カーが常駐していました。

ここでわたくしブンブンボーイに至急の製作作業依頼が入ってまいりました。
明日8/19(金)の浜松オート本場開催「第50回 報知新聞社杯」の初日より、
兵庫県は姫路市にある競輪場外車券売場・「サテライト姫路」内にて
新たに「オートレース姫路」がオープンするとのこと。
明日の開幕に間に合うよう、本日付で紹介ページを製作することになりました。



そのほか近々開始されます「特別GT共同通信社杯プレミアムカップ」
(9/21〜25開催)用の選手応援幕・募集ページなど数点、優先して
製作しなければならない作業が増えましたため、午後はほとんど
ロッカーを回ることはできませんでした。どうぞご了承ください!

浜松オート「第50回 報知新聞社杯」、明日8/19(金)より開幕です。
初日の第12Rは「選抜予選」が繰り広げられます。
熱戦にご期待ください!


posted by ブンブンボーイ at 18:58 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする