2022年11月30日

チャリロト杯GUオートレースメモリアル 5日目のようす



浜松オートの新レース・「チャリロト杯 GUオートレースメモリアル」、

最終12R「優勝戦」は8周回の10mOPにて競われ、川口地区から勝ち上がり

代表して優勝戦に臨んだ4枠・加賀谷建明選手が0.03という超抜スタートを決めて

ファーストコーナーを制すると、そのまま8周回を先頭で駆け抜けゴールイン!





1週間前の飯塚オート「GT開設記念レース」優勝に続いての

浜松「GUオートレースメモリアル」優勝、破竹の

GT&GUダブルグレードレース連続制覇を成し遂げました!





対抗戦が終われば、みんなで一つのオートレース。

祝福に集まってくださった仲間選手たちへ、川口選手も他場選手も

「みんな一緒に入って!写真を撮りましょう!」と促しました加賀谷選手。

豪華なメンバーとなりました☆

左から、黒川京介選手(川口)、佐藤摩弥選手(川口)、山田達也選手(川口)、

淺田真吾選手、木村武之選手、花田一輝選手です。





勝利のウィニング・ラン。地元川口からのお客様でしょうか、加賀谷選手の応援幕や

自作の応援うちわを振って加賀谷選手の連続優勝を祝福していました。





浜松副市長、長田繁樹様より栄えある優勝カップを手にしました加賀谷選手。

勝利のコメントです。



「いやぁちょっと、信じられないです。はい。復帰からGT、GUと連続制覇なんて

本当に、何が起きているのか自分でも分からないくらいに出来過ぎです。

いろいろなファンの方からも支えの言葉を頂いて、選手の方からも、みんなから

励ましの言葉を頂いて、本当にそのおかげで今またここで走れていると思います。

今節は各地区の代表による優勝戦となりましたが、川口チームの代表として

恥ずかしくない走りができるようにめいっぱい頑張りました。



試走タイム30、ちょっといろいろな立ち上がりで張ってしまったので、自分なりには

それで30なら悪くないなという手応えはありました。

レースでは4枠からのスタートとなりましたが、みんな早いので、遅れないようにと

思ってめいっぱいきりました。自分での評価は100点です!



その後は8周回をかけてトップを走っていまいたが、メンバーが本当に早かったので

いつ来るんだろう、と思って無我夢中で走りました。トップでゴールできて信じられない

気持ちです。ウィニングランでは、またこうして皆さんの前で走れるのが本当に

幸せだなと思っています。普段から川口の選手はみんな仲が良いのですけど、

今節は地区対抗戦ということで、いつにも増して、団結していたかなと思います。」





写真:川口の名を背おって感無量、浜松の空を見上げた加賀谷選手。



「川口では12月から新走路での開催、そして年末に「スーパースターフェスタ」を

控えていますけど、年末で恥ずかしくない走りができるように、

次の川口開催から地元に合ったセッティングを見つけて、

スーパースターフェスタを目指して頑張りたいと思います。



たくさんのお客様に残って頂いて、ありがとうございました。また年末に向けて

めいっぱい頑張るので、これからも応援をよろしくお願いします!」



加賀谷建明選手、「チャリロト杯GUオートレースメモリアル」優勝、

おめでとうございました☆









ピットレポーターは伊勢崎オートCS放送の岩切奏恵さんでした♪

GU開催5日間、天候&選手情報をありがとうございました☆















第12R、8周回10mOP「優勝戦」の試走。

発走予定は16:10ファンファーレです。

熱戦にご期待下さい!





第11R「特別選抜戦(10mOP)」、1着7枠・佐藤摩弥選手(川口)、

2着2枠・淺田真吾選手(浜松)、3着3枠・仲口武志選手(浜松)の確定は7-2-3。





第10R「選抜戦(10mOP)」、1着5枠・岩見貴史選手(飯塚)、

2着8枠・松尾啓史選手(山陽)、3着3枠・西村龍太郎選手(山陽)の確定は5-8-3。







お待たせしました、先日の「各地区準決勝戦」にてナンバーワンに輝きました

選手6名プラスJINちゃんのサイン入りフォトフレームが完成!

今回はさらにレア度アップ!?中継スタッフさんの「決めポーズをお願いします」という

ご要望にお応えくださいました選手のポーズを写真に採用しました☆



こちらはCS放送の視聴者プレゼントとして、抽選でお一人様に1枚差し上げます。

応募方法などは浜松オートCS放送にて!





第8&9R発売中・1Fインフォメーション付近にて「未確定車券抽選会」を実施。

本日1000円以上の未確定車券か未確定投票受付明細(はまりっちレシート)を

会場へご提示いただければ1回、スロットゲームに挑戦できます。

絵柄が揃えば大当たり、今回の1等賞はその名も高き「銀座千疋屋」の

高級フルーツスイーツです☆当ててご帰宅されましたらご家族に驚かれるかも!?

ご当選されました皆さま、おめでとうございました☆





開催3日目から本日までの間、開門より16時までの間にメインスタンド1F・

フードコート前にて「マイナンバーカード」の出張申請サポートブースが常駐。



最短3分で手続きが完了、無料で証明写真撮影や申請に関わるサポートを行ないます。

必要な持ち物はありませんが、「通知カード」または「交付申請書」をお持ちいただければ

さらに短時間で手続きが可能です。しかもこちらで申請していただいたお客様へ


100円分の「場内食事利用券」をプレゼント!


申請がまだの人はぜひブースへお立ち寄りください♪





今朝の取材にて「1500勝目指して、めいっぱい走るよ!」とコメントしてくださいました

篠崎 実選手(川口)が第6Rにて4枠ゼロハン大外から出場し、

みごと1着勝利を獲得!GU開催にて2連勝をあげ通算1497勝とし

夢の1500勝まであと3勝と近づけました!



ロッカーに戻って着替えを済ませた篠崎選手へ「おめでとうございます!」と

インタビューしましたところ、

篠崎選手:「おぅ!今日はこれでおしまいだから、またな!…おっとそうだ、

今日の朝食でこれが出たんだけどよ、俺ぁこれ、ニガテだから、兄ちゃんにやるよ!」

と、紙パックのコーヒー飲料をプレゼントしてくださいました☆

「えぇっ、私はコーヒー大好物だから嬉しいですけど…いいんですか?」と聞くと、

篠崎選手は「俺にはこれがあるからよぉ!」と、冷蔵庫から

キンキンに冷えた赤ラベルのコカコーラボトルを取りだし、フタをひねって

グビグビと飲み始め、がっはっは!と高笑い☆

こんなに赤ラベルのコカコーラが似合うオートレーサーは他にいないと思いました(笑)

篠崎 実選手、今節2連勝おめでとうございました!





得意の”ベット・オン・ミー”ポーズをフェンス越しに応援してくださる

お客様がたへ披露する佐藤貴也選手。





第6R発売中、走路内にて優勝戦出場選手の紹介セレモニーが執り行われました。





進行はレポーターの岩切奏恵さん、選手紹介はJINちゃんが担当しました♪





さて場内メインスタンド1F・「ゼロ飯食堂」のマスターから

「新たに”おみそ汁”を販売することにしましたので、ぜひ寄って下さい」

と声をかけられ、さっそくお昼ご飯に「ゼロ飯食堂」へ。

舞茸天丼や特製牛丼、豚のしょうが焼き丼など、”丼モノ”の多い

ゼロ飯食堂にて、お客様からのご要望が高かったおみそ汁を

低価格の50円にて販売することになったそうです♪

具は油揚げ、わかめ、刻みネギの3種類。風味豊かな鰹だしが利いた

”養老の滝”の定食の味です♪





さらにお店のカウンターには「限定・ねぎとろ丼(みそ汁付)」の新メニューが。

こちらはおみそ汁とセットになって600円とのこと。

今回は先に舞茸天丼を注文してしまったので、また次節で食べてみたいと思います♪

「ゼロ飯食堂」のあったかおみそ汁、丼メニューのお供にどうぞ☆





第4R、伊勢崎新人女子・新井日和選手が1枠ゼロハンから出場し

4着の成績となりました。1着は8枠・永井大介選手(川口)です。

なお道中に審議がかかり、2枠・櫻木公和選手(飯塚)は反妨失格となりました。





第3R「浜松オートクロニクル」、師匠から弟子へ。1着7枠・松山茂靖選手(浜松)、

2着6枠・花田一輝選手(浜松)、3着5枠・鈴木辰己選手(浜松)の確定は7-6-5。





第2R「メモリアルオープン(枠番抽選)」、前検日に実施しました事前枠番抽選の

結果にて枠組みが決定。1着5枠・高石光将選手(川口)、

2着7枠山田徹選手(川口)、3着8枠・栗原勝則選手(伊勢崎)の確定は5-7-8。





今節GUあっせんの元・浜松のひとり、猿谷敦史選手(伊勢崎)。

猿谷選手も出身が群馬ということで伊勢崎へ移籍となりましたが、人気の

25期選手として浅野浩幸選手、遠藤 誠選手、片岡信之選手、戸塚 茂選手

とともに浜松オートを牽引。特に猿谷選手は人をまとめるのが得意だったため

当時のファン親睦イベント・「浜松オートフェスタ ファン感謝祭」のイベント部長

として各選手のポジション決めやステージイベントのアイデア、

オリジナルTシャツのデザイン&製作と手腕を振るっていました。



猿谷選手:「ブンブン君!浜松オートは今年「ファン感謝祭」を実施したみたい

だけど、まだ走路内観戦やロッカー見学のほうは復活していないのかい?

再び走路内観戦が浜松で復活した時には、ぜひ僕へ一声かけてよ。

サプライズの”選手と一緒に記念撮影”、いつかまた実現させましょう!」



かつて新型コロナの発生前、猿谷選手が浜松にあっせんされている開催時に

「走路内観戦」が実施されると、前もって猿谷選手は手の空いている選手

5、6名に声をかけて、参加されたお客様と管理地区内で一緒に

記念撮影を行なってくださいました。

今でも「浜松オートのお客さまを喜ばせてあげたい」という

当時の”イベント部長”のサービス精神は健在です♪

コメントありがとうございました!





今節GUは元・船橋オート所属の選手が船橋チームとして団体戦を競いましたが

逆に元・浜松所属でした他場選手もあっせんされていました。

写真は澁澤憲司選手(伊勢崎)。デビュー当時は金子大輔選手や佐藤貴也選手と

同じ浜松の29期生として活躍。のちに出身が群馬ということで伊勢崎へ移籍と

なりましたが…現在でも元・浜松として澁澤選手を応援する浜松オートファンが

多くおり、先日の「浜松オート ファン感謝祭」でも浜松選手ブロマイドに

澁澤選手を加えましたところ、初日から飛ぶように売れてしまいました♪



澁澤選手:「僕は元々西川さん(西川頼臣選手)のグループだったので、今でも

浜松にあっせんした時には西川さんの近辺のロッカーを借りていますが、グループの

皆さんが変わらずにあたたかく接してくださるので、普通に地元に帰ってきたという

感じがしますね(笑)そして今でも浜松から応援してくださるファンの方がいらっしゃる

と聞き、有りがたいことだと思っています。また浜松にあっせんされました時には

よろしくお願いします。」



澁澤憲司選手の浜松所属時代には、同じグループに加茂正孝選手(引退)や

吉田 弘選手(引退)、山田祐輔選手(引退)、島田健一選手(現・川口)がおりました。

コメントありがとうございました!





伊勢崎オートよりの使者、CSレポーター・岩切奏恵さんと

浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんのピットレポートも本日が今節ラスト。

JINちゃんが所属するアイドルグループ・アイオケのコンサートを見にいくほどの

ファンとなりましたイワカナさん、すっかり浜松オートCS放送にて

JINちゃんとの親友ぶりを垣間見ることができました♪





スタート練習の順番を待つ、金子大輔選手、別府敬剛選手(飯塚)、

平塚雅樹選手、鈴木宏和選手。天候は1日晴れと予想されているので

走路さえ乾けば思いきりレースができそうです。





選手宿舎前の試走場にてエンジンを鳴らす岩田行雄選手(伊勢崎)と、

直線を走って乗り味を試す鈴木圭一郎選手。



  

朝練習に出かける(左から)吉原恭佑選手(伊勢崎)、佐藤貴也選手。





屋外にてエンジンをかける松山茂靖選手。





オートレース発祥72年、浜松オート開場は66周年。今年より誕生しました

新レース「チャリロト杯GUオートレースメモリアル」、毎日目が離せない

特大ボリュームでお送りしてまいりましたが本日がシリーズ最終日、

第12Rに総合優勝を決める8周回・10mOPの「優勝戦」が

繰り広げられます。熱戦にご期待下さい!

気象情報によりますと本日は1日雨の心配はないそうですが

朝練習を前に走路のつなぎ目に濡れ残りがあるブチ走路となっており

走行練習へブチ走路でも参加するか否かは判断の分かれるところです。



  

大時計のふもとではCS中継スタッフが長距離用のカメラケーブルを

ファイティングゲート前から伸ばし続けていました。本日の「優出セレモニー」や

「表彰式」にてどれだけケーブルが必要か早朝から計っているそうです。

一方、走路内では栗原勝測選手(伊勢崎)がダンベルを両手に持って

ジョギングを行なっていました。思えば栗原選手の船橋所属時代からずっと

朝のルーティンとして私は撮影し続けている気がします。





今朝の検車場には2台だけ、渡邉 篤選手と丹村飛竜選手(山陽)の

マシンだけが横に揃えて停めてありました。





開催の最終日といえばタイヤの串差しです。本日使わないタイヤは串に差して

1レースの終了から順番に梱包トラックへの運び込みが行なわれます。

あさって12/2(金)





先日雨走路にて試走落車を喫してしまった伊勢崎新人女子・新井日和選手。

「ご心配をおかけして申し訳ありません、身体は大丈夫です!」と

車両の修理を終えて最終日の整備を進めていました。



  

写真左:談義をしながら整備をする田中正樹選手(飯塚)と浦田信輔選手(飯塚)。

写真右:こちらは黙々と整備、栗原俊介選手(伊勢崎)と角南一如選手(山陽)。





早川清太郎選手(伊勢崎)を尋ねる猿谷敦史選手(伊勢崎)。





先日の「グレードレース覇者戦」にてみごと1着勝利を獲得しました

”弾丸ミッキー”こと篠崎 実選手(川口)。

先日の1着写真を現像してプレゼントしました♪

「おぉ、昨日のレースの写真をくれるのかい?ありがとう!俺ぁもう73歳だけどさ、

昨日の勝利で通算1500勝まであと4つになったんだよ。昨日で1496勝目。

兄ちゃんは浜松の生まれなのかい?(はい、浜松オートでカメラマンをしていますと

答えると)そうかい、俺ぁ名前を聞いてもすぐに忘れちゃうかもしれないけど、毎回

ここで電動バイクに空気を入れてやってる兄ちゃんって感じで、アンタの顔は

憶えたからさ(笑)もしも1500勝をこの浜松オートで決めることができたら、

昨日のようにばっちり写真におさめてくれよ!それで、俺ぁいつでも浜松オートの

イベントを手伝ってあげたいって思ってるから、1500勝を達成したら、記念の

トークショーでも用意しておいてよ!(笑)まずは1500勝目指して、あと4勝を

手に入れられるように頑張るよ。今日も力の限り、めいっぱい走るからさ!」

力強くガッツポーズしてくださいました篠崎 実選手。今節GUも前検日に

私の移動用・電動バイクの空気圧を見てくださいました♪

コメントとあわせましてありがとうございました☆




posted by ブンブンボーイ at 19:10 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャリロト杯GUオートレースメモリアル 5日目・最終日

11/30(水)は「チャリロト杯GUオートレースメモリアル」の5日目。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:20)
浜松の天候は「はれ」、走路状況「ぶち走路」。気温17.9℃、湿度71.8%、
走路温度16.2℃、降水確率は午前20%・午後10%と発表。
CS中継スタッフが早朝7:30から走路内入りをして本日の「優出選手セレモニー」や
「表彰式」の撮影場所までケーブルが伸ばせるかのチェックをしていました。
先日より風が冷たく感じますが極端な寒さはありません。
走路は昨晩まで降り続いた大雨の影響で濡れ残りがあります。



今節はイベント多数、詳しくは浜松オートオフィシャルサイトにて。



今節場内では広島焼き・「夏目商店」、焼き鳥・「鳥好」、
すっぽんエキス入り浜松餃子・「あまえん坊」、
漬けマグロの串カツ・「ほっこりDININGきら」が常駐。
どうぞお立ち寄り下さい。


本日まで、メインスタンド1Fフードコート付近にて
「マイナンバーカード」の出張申請サポートを実施します。
申請して頂いたお客様へ場内食堂利用券100円分をプレゼント。
どうぞご利用ください。


浜松オートレースヴィーナスJINちゃんは今節毎日来場♪
本日は第1R発売中、CS放送にて岩切奏恵さんとピットレポートに出演します。
皆さまの応援をよろしくお願いします!


今節は5日間毎日、各門開門先着でスポーツ新聞を配布。
オートレース情報も充実、ぜひご一読ください!


本場開催中の「新型コロナワクチンパスポート特典キャンペーン」は継続中です。
開門より1Fインフォメーションにて3回以上のワクチン接種の証明、
PCR検査か抗原検査の証明書をご提示で各日先着50名様へ
100円分の場内利用クーポン券をプレゼント。
場内の食堂や売店、予想屋、専門紙にてご利用いただけます。


チャリロト杯GUオートレースメモリアル・特別キャンペーンの詳細は
JKAオートレースオフィシャルサイトのオートレースファンクラブページにて。
本日は第8&9R発売中、1Fインフォメーション付近にて
「銀座千疋屋のフルーツスイーツが当たる未確定車券抽選会」を実施。
当日1000円以上の未確定車券か未確定投票受付明細(はまりっちレシート)を
会場にてご提示くだされば1回抽選会に参加でき、絵柄が揃えば大当たり。
1等は「銀座千疋屋」のフルーツスイーツが当たります。
浜松の2つ隣・袋井市の温室メロンも高級品のみが銀座千疋屋にて
高値で販売されるという超有名な老舗の果物専門店です。
ふるってご参加ください!


本日第6R発売中、走路内にて「優勝戦出場選手セレモニー」が執り行われます。
※雨天中止
皆さまの応援をよろしくお願いします!


本日は第12Rに8周回・10mOPの「優勝戦」が繰り広げられます。
金子大輔選手、鈴木圭一郎選手は完全優勝へ王手をかけました。
「優勝戦」終了後、走路内(メインスタンド前)にて「優勝選手表彰式」が
執り行われます。 ※雨天中止
熱戦にご期待下さい!

☆11/30(水) 第12R「優勝戦(8周回・10mOP)」
posted by ブンブンボーイ at 08:52 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月29日

チャリロト杯GUオートレースメモリアル 4日目のようす



「チャリロト杯GUオートレースメモリアル」、シリーズ4日目が終了。

6つの「各地区準決勝戦」が繰り広げられました結果、2着6名の中から

平均得点上位の佐藤貴也選手(浜松)と荒尾 聡選手(飯塚)が選出。

明日11/30(水)の最終12R「優勝戦」はご覧のメンバーにて競われることが決定!

金子大輔選手(浜松)と鈴木圭一郎選手(浜松)は完全優勝へ王手をかけました。

熱戦にご期待下さい!



※団体戦および各地区ナンバーワンが決定しましたので

 船橋チームは現在所属の表記に戻します。





浜松ナンバーワンに輝きました金子大輔選手。

今節サイン書きのラストを飾りました金子選手にもひとポーズをお願いしましたら

分かりました!と両手で力強くガッツポーズをしてくださいました☆





第12R「浜松準決勝戦」、浜松勢8車による頂上対決はラストまで接戦。

1着6枠・金子大輔選手、2着8枠・佐藤貴也選手、3着1枠・淺田真吾選手の

確定は6-8-1。





船橋ナンバーワンに輝きました鈴木圭一郎選手。

サイン書きの後に何か決めポーズみたいなものを、というスタッフのお願いに、

恥ずかしそうに「僕、そういうのを持ってないんですよ…」と圭一郎選手。

そこで貢選手と同じくニッポンの礼節・お辞儀ポーズとなりました♪





第11R「元船橋準決勝戦」、船橋勢8車による頂上対決。

1着8枠・鈴木圭一郎選手、2着5枠・仲口武志選手、3着7枠・西原智昭選手の

確定は8-5-7。写真はスタート直後のファーストコーナー、一撃で先頭奪取!





川口ナンバーワンに輝きました加賀谷建明選手。

サイン書きの後のひとポーズをお願いしましたところ、竹谷 隆選手に続いて

シャカポーズを披露♪ちなみに、親指と小指を伸ばして手のひらのほうを見せると

「アロハ(こんにちは!)」や「マハロ(ありがとう!)」という意味で、

手の甲のほうを見せると「シャカ(がんばろう!)」という激励しの意味になるそうです☆





第10R「川口準決勝戦」、川口勢8車による頂上対決。

1着8枠・加賀谷建明選手、2着5枠・佐藤摩弥選手、3着3枠・泉田修佑選手の

確定は8-5-3。





伊勢崎ナンバーワンに輝きました高橋 貢選手。

サイン書きの後に何かポーズを、というスタッフのお願いに応えて、何と

サッカー日本代表・長友佑都選手を彷彿とさせる”お辞儀ポーズ”を披露!

にっこり笑顔を見せて会場を沸かせました☆





第9R「伊勢崎準決勝戦」、伊勢崎勢8車による頂上対決。

1着7枠・高橋 貢選手、2着2枠・澁澤憲司選手、3着3枠・田中 賢選手の

確定は7-2-3。





飯塚ナンバーワンに輝きました竹谷 隆選手。

優出インタビュー中も周囲に仲間選手が集まってきて(おめでとう)と無音で

拍手のジェスチャーをすると、(ありがとう、ありがとう)と笑顔で応えていました♪





第8R「飯塚準決勝戦」、飯塚勢8車による頂上対決。

1着2枠・竹谷 隆選手、2着8枠・荒尾 聡選手、3着3枠・別府敬剛選手の

確定は2-8-3。





山陽ナンバーワンに輝きました岩崎亮一選手。

サイン書きの後に何かポーズを、とスタッフがお願いしていましたが

恥ずかしいからいいです…と、かなり照れて遠慮していました(笑)





第7R「山陽準決勝戦(2連単払戻率80%競走)」、山陽勢8車による頂上対決。

1着5枠・岩崎亮一選手、2着4枠・角南一如選手、3着3枠・西村龍太郎選手の

確定は5-4-3。





第6R「Gレース覇者戦」、かつてグレードレースを制覇しました鉄人8車レース。

1着4枠・篠崎 実選手(川口)、2着3枠・鈴木清市選手(伊勢崎)、

3着2枠・鈴木章夫選手(浜松)の確定は4-3-2。





本日は第7Rから各団体のナンバーワンを決める「各地区準決勝戦」が

繰り広げられ、1着選手はCS放送のインタビューにてGT&SG開催でお馴染みの

”CS中継カメラのカバーガラスへサイン書き”が行なわれます。



その「準決勝戦」を前に、第1R発売中のCS放送・ピットレポートにて

浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんが先陣をきってのサイン書きを実施☆

レポーターの岩切奏恵さんも「がおー!」とジャガーポーズで見守りました♪

まるで仲良し姉妹のようですが…どちらがお姉さん、あるいは妹さんになっても

遜色ない可愛さですね(笑)





第3Rの試走時、5枠ゼロハンの伊勢崎新人女子・新井日和選手がスリップ自落を

喫してしまうハプニングが発生。新井選手はすぐに起き上がって外周へ避難、

他車の試走実施後、一礼をして到着した救急車へ乗り込みました。

容態は打撲程度で大事には至らず、既にロッカーへ戻っているとのことです。



つきましては本日3日目の第3Rは5枠が欠車となり、7車にて競われます。

5枠にまつわる購入車券は返還となりますのでご了承ください。





団体優勝を成し遂げました浜松チームを代表し、3日間とも1着勝利で15ポイント獲得、

チームに貢献しました佐藤貴也選手へ「団体賞」の目録が贈呈されました☆



貴也選手:「初日から3日目までの団体戦を含んだレースでは、それぞれのレースが

終わった時に、各地元の選手が勝って帰ってきた時の仲間の喜びがいつもより

出ている感じはしましたね。そして通常のレースとは勝ち上がりが変わっていたので

いつもとは違った組み立て方というか、緊張の仕方も変わりました。



約6年ぶりとなった対・船橋戦ですが、最後までポイントが接戦だっただけに、

やはりすごい地区だったんだな…と改めて感じました。今回の企画が自分たちの

地元・浜松開催だったということもあり、ホームの分、有利だったかもしれません。

もし持ち回りになったら、遠征先でも勝って帰りたいという気分になれますね。



団体賞の賞金の使い道は…どうするんですかね?まだ決まってないみたいなので、

何なら僕が全部もらっていっても良いですけど(一同笑)」



ロッカー内に大きな笑いも起きまして授与式は終了です♪

浜松チームの皆さま、団体優勝おめでとうございました☆





CS放送にて発表、先日までの3日間を競いました各地区対抗戦の結果、

第1回GUメモリアル団体優勝は74ポイントで地元・浜松チームとなりました☆

おめでとうございます!!





第1Rの試走開始を直前にして、浜松の空からボタボタと雨が降り出してまいりました。





タイヤのストックを作る伊勢崎新人女子・新井日和選手。





朝練習に出かける、田中 賢選手(伊勢崎)と吉原恭佑選手(伊勢崎)。





話題沸騰、浜松オートの新レース・「チャリロト杯GUオートレースメモリアル」は

いよいよ大詰めを迎えるシリーズ4日目。これまで団体戦を繰り広げてまいりました

浜松、川口、伊勢崎、飯塚、山陽、元・船橋の6地区が、本日は個人戦として

同所属同士8車で「優勝戦」出場をかけて競い合います。ある意味、

今節GUに出場しました各所属選手の「ナンバーワン決定戦」ともいえる

プラチナレースが第7〜12Rの6本も用意されており、年末の川口オート

「スーパースターフェスタ」に匹敵する企画レースとなりました。





写真:2日目の第10Rにて。1着勝利を獲得してCS中継場所へやってきました

有吉辰也選手(飯塚)を大勢の25期選手が「おめでとう!」と出迎えていました。

写真は永井大介選手(川口)。”同期選抜16名”を”第6のチーム”として

各地区と競い合う、という企画も面白そうです。



今回の新GUは新たな可能性や発見を生み出したかもしれません。

元・船橋のチームを別枠に用意したことで、「6場」という偶数の区分けがいかに

バランスが良いか、”2場対抗戦”を1日3つ用意できることや、見応えのあるレースを

通常よりさらにもう1つ増やすことができたり、と、元・船橋に限らず

『第6のチーム』を作って対抗バトルをする、という企画レースを今回生み出せたのでは

ないだろうかと感じました。例えば、西日本地区からもう1チームを生成して

東西3地区対抗戦をする、といった企画もできそうです。

新たな可能性を秘めた浜松オート「チャリロト杯GUオートレースメモリアル」、

どうぞ明日の最終日までお見逃しなく!





走路をジョギングする別府敬剛選手。猿谷敦史選手(伊勢崎)や

林 弘明選手(山陽)も屋外の試走場にてウォーキングをしていました。





今朝の検車場。穴見和正選手(山陽)、丹村飛竜選手(山陽)、

柴山信行選手(川口)のマシンとともに鈴木圭一郎選手(船橋)も

タイヤを温めに車両を運び込んでおりました。





小林悠樹選手(船橋)の整備作業を見守る櫻木公和選手(飯塚)。



  

写真左:タイヤウォーマーを装着したマシンを眺める伊藤正真選手(伊勢崎)。

写真右:天候を見てロッカーに戻る中村友和選手。





アクセルグリップへグリスを差す鈴木 清選手(川口)。





遠征選手専用ロッカー・B棟にて整備をする鈴木清市選手(伊勢崎)。





クラッチのケーブルを点検する角南一如選手(山陽)。



  

写真左:先輩選手のロッカーを挨拶にまわる道智亮介選手(飯塚)。

写真右:自身のロッカーと検車場を足早に行き来する伊藤信夫選手。





タイヤを交換する浦田信輔選手(飯塚)。





早朝から整備に集中、金子大輔選手。





タイヤのリムを調べる穴見和正選手(山陽)。




posted by ブンブンボーイ at 18:38 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャリロト杯GUオートレースメモリアル 4日目・準決勝戦


11/29(火)は「チャリロト杯GUオートレースメモリアル」の4日目。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:20)
浜松の天候は「くもり」、走路状況「良走路」。気温20.5℃、湿度69%、
走路温度19℃、降水確率は午前50%・午後100%と発表。
気象情報によれば本日の最高気温は23℃と、先日よりも5℃高くなるそうです。
早朝から吹いている強めの風はさほど冷たくなく、むしろ生ぬるさを含んでおり
5月の風に似ています。降水確率が午後100%と表示、雨は免れないようです。
柴山信行選手(川口)をはじめ数名の選手が半袖で運動をしていました。




今節はイベント多数、詳しくは浜松オートオフィシャルサイトにて。



今節場内では広島焼き・「夏目商店」、焼き鳥・「鳥好」、
すっぽんエキス入り浜松餃子・「あまえん坊」、
漬けマグロの串カツ・「ほっこりDININGきら」が常駐。
どうぞお立ち寄り下さい。


3日目から最終日までの3日間、メインスタンド1Fフードコート付近にて
「マイナンバーカード」の出張申請サポートを実施します。
申請して頂いたお客様へ場内食堂利用券100円分をプレゼント。
どうぞご利用ください。


浜松オートレースヴィーナスJINちゃんは今節毎日来場♪
本日は第1R発売中、CS放送にて岩切奏恵さんとピットレポートに出演します。
皆さまの応援をよろしくお願いします!


今節は5日間毎日、各門開門先着でスポーツ新聞を配布。
オートレース情報も充実、ぜひご一読ください!


本場開催中の「新型コロナワクチンパスポート特典キャンペーン」は継続中です。
開門より1Fインフォメーションにて3回以上のワクチン接種の証明、
PCR検査か抗原検査の証明書をご提示で各日先着50名様へ
100円分の場内利用クーポン券をプレゼント。
場内の食堂や売店、予想屋、専門紙にてご利用いただけます。


チャリロト杯GUオートレースメモリアル・特別キャンペーンの詳細は
JKAオートレースオフィシャルサイトのオートレースファンクラブページにて。



本日は第7〜12Rをかけて6地区それぞれの「準決勝戦」を実施。
(浜松、伊勢崎、川口、飯塚、山陽、元・船橋)
1着選手はCS放送にて優出インタビュー&カメラへサイン書きを実施します。
さらに2着選手6名の中から平均得点上位者2名が優出となります。
皆さまの応援をよろしくお願いします!

☆11/29(火) 第7〜12R「各地区準決勝戦」












posted by ブンブンボーイ at 08:21 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月28日

浜松オート深夜便 〜GUメモリアル準決勝戦前夜〜


写真:19時45分頃の選手ロッカー入口。朝の記事から12時間が過ぎました。
浜松は日中よりも勢いを増して雨が降り続いています。
ロッカーの使用は20時までと整備時間が限られています。

これまで団体戦を繰り広げてまいりました「チャリロト杯GUオートレースメモリアル」、
シリーズ4日目はまさにプラチナカード、各6地区選手ごとの今節成績上位8名による
ナンバーワン決定戦とも言える「準決勝戦」が繰り広げられます。
各地区1着選手6名は「優勝戦」進出、そして各地区2着選手6名の中から
平均得点上位2名が「優勝戦」進出となり、かならず「優勝戦」には
全国オートレース場の所属選手が進出することになります。













もしも今回の「GUオートレースメモリアル」の5日間レース形式を
「特別GT共同通信社杯プレミアムカップ」で実施しようものなら、
各地区のランク上位選手で結成されるために”最強団体戦”、
そして「準決勝戦」はまるで「優勝戦」が6つあるような特大ボリュームとなりそうです。

船橋オートのラストレース、「特別GT共同通信社杯プレミアムカップ」の忘れもしない
特別企画、「全準決勝戦・枠番選択」。予選の成績上位選手32名が順番に
第9〜12R「準決勝戦」のうち、どのレースのどの枠番に付くかを選択するという
最初で最後の企画が行なわれました。
今回GUの「準決勝戦」6本の番組を見て、あの時の最強選手32名が船橋オートの
ラストレースにその名を刻みたいと、時間をかけて枠番を選んでいく様子が
思い出されました。皆さまの応援をよろしくお願いします!

posted by ブンブンボーイ at 19:49 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする