2023年11月30日

第57回中日スポーツ杯 3日目・最終日のようす



浜松オート短期決戦・3日間開催「第57回中日スポーツ杯」、最終12R「優勝戦」は

日没j前の7車立てにて競われ、浜松新人・吉林直都選手が2級車・500ccの性能を

最大限に引き出し&冷え走路を味方につけ、SG日本選手権クラスの猛者たちを

相手に生き馬の目を抜く脱兎のごとき逃走劇を披露!





全6周回を先頭のまま走りぬいてTOPチェッカー!

破竹のデビュー通算3回目今年3度目の優勝、さらに

今節3日間土つかずの”完全優勝”を成し遂げました!





「すごいなぁ、ほんとすごいよ!」と、友好グループの浅野浩幸選手をはじめ

吉林選手と同じグループの先輩、(左から)辰巳裕樹選手、野上史豪選手、

師匠の木村直幸選手、鈴木静二選手も吉林選手の走りを絶賛。



吉林選手は今年2月4日のデビュー以来、4/25〜27の「浜松アーリーレース」優勝、

10/23〜25の「第51回 報知新聞社杯」完全優勝、そして今節11/28〜30の

「第57回中日スポーツ杯」完全優勝と新人1年目・2級車500ccにて

3つの開催を制しており、来年の活躍も期待される逸材に成長しています。





優勝選手表彰式はイベントプラザにて。

中日スポーツ総局 レース部部長、田中浩一郎様より優勝トロフィーが授与されました。



勝利のコメントです。

「まさか優勝できるとは思っていなかったので、すごく嬉しいです。

エンジンは昨日のまま何もいじらず、タイヤだけ変えていきました。

試走31、昨日の方が良かったには良かったのですが、今日のタイヤも自分的には、

悪くなかったです。スタートも昨日が良くなかっただけに、昨日の反省を活かして

今日は出られたかなと思います。今日は自分のコースでしっかり走れました。



道中ではうしろから音がすごく聞こえていましたし、途中からタイヤが滑りだして

いたので、自分がミスしないようにと、落ち着いて走るよう心がけました。

1着でゴールをきれた時はもう、やったぞ!という感じで(会場笑)

すごく嬉しかったです。



これからハンデが重化されるかと思いますが、これからが

本当のスタートだと思うので、さらに自分の実力を高めていけたらと思うので、

さらに頑張って練習しようと思っています。(会場拍手)



本日はご来場ありがとうございます。これからもっともっと頑張っていきますので、

寒い中ではありますけど、ぜひまたご来場ください。応援よろしくお願いします!」



吉林直都選手、「第57回中日スポーツ杯」完全優勝&

今年通算3回目の優勝、おめでとうございました☆









フィニッシュゲート奥に植えられている紅葉。通路に落ち葉となって

絨毯を作っており、いよいよ秋から冬へと様変わりしてまいります。





第11R「特別選抜戦」、1着4枠・辰巳裕樹選手(浜松)、

2着3枠・藤波直也選手(浜松)、3着5枠・山浦博幸選手(浜松)の確定は4‐3‐5。





第10R「選抜戦」、6枠から出場予定でした中村友和選手(浜松)は

身体不良のために欠車となり、レースは6車にて競われました。

1着5枠・岩科鮮太選手(浜松)、2着7枠・内山高秀選手(伊勢崎)、

3着3枠・遠藤 誠選手(浜松)の確定は5‐7‐3。

なお、第10Rは6枠にまつわる購入車券は返還となります。

どうぞご了承ください。







浜松オートオフィシャルサイトにて告知しました通り、次節の

第9回大成ロテック杯」は12/2()から4日間をかけて開催します。

この開催が2023年の浜松オートラストレースになります。



今年を締めくくる開催として豪華イベントを複数用意、「選手会カレンダー2024」の

選手サイン会をはじめ、先日通算1000勝を達成しました上村敏明選手の

「記念Tシャツ抽選会&サイン会」、先日飯塚オートにて「GT開設記念レース」の

優勝を成し遂げました鈴木圭一郎選手の「CS放送出演&優勝報告」、

豪華景品が当たる未確定車券抽選会や浜松オートレースヴィーナス・

JINちゃんの来場、さらに「わくわくキッズイベント」など、

選手会イベントやプレゼントを充実させてお贈りします!

どうぞお楽しみに☆





第9R、1着7枠・松山茂靖選手(浜松)、2着3枠・橋本優一選手(浜松)、

3着6枠・山脇孝志選手(浜松)の確定は7‐3‐6。





第8R、1着7枠・深谷俊太選手(浜松)、2着4枠・小林頼介選手(浜松)、

3着6枠・長谷晴久選手(浜松)の確定は7‐4‐6。





第7R、1着6枠・鈴木辰己選手(浜松)、2着7枠・北原岳哲選手(飯塚)、

3着5枠・柴田紘志選手(浜松)の確定は6‐7‐5。





写真:来年1/20()〜24(水)に開催する「GT第65回スピード王決定戦」の

ポスターイラストを元にQUOカードを制作。ポスターとQUOカードでは

タテ・ヨコの比率(アスペクト比)が違うため、QUOカード用に各画像やフォントの

配置を微調整してカードの形に切り抜いています。何円分相当かの

数字とQUOカードのロゴは掲載必須です。



JINちゃんがCS放送の出演にてお話していました通り、来年1月開催の

浜松オートグレードレース、「サンケイスポーツ杯 GT第65回スピード王決定戦」の

開催告知ポスターはJINちゃんのアニメチックなイラストがメインとなっており、

これまでの浜松オート開催ポスターでは見られなかった仕上がりとなっています♪

GTのポスター画像は浜松オートオフィシャルサイトにて無料ダウンロードができます、

ホームプリンターにてプリントアウトをしたり、USBメモリーに入れて

コンビニ等のプリントサービスにて印刷することができます。ぜひご活用ください♪





第6R、1着7枠・栗原佳祐選手(浜松)、2着3枠・城戸 徹選手(飯塚)、

3着6枠・中村浩章選手(伊勢崎)の確定は7‐3‐6。





第5R「ランチアタック特別一般戦」、1着4枠・鈴木一馬選手(浜松)、

2着3枠・西 翔子選手(浜松)、3着6枠・西村龍太郎選手(山陽)の確定は4‐3‐6。





第4R、1着4枠・池浦一博選手(山陽)、2着5枠・齋藤 努選手(浜松)、

3着6枠・関口隆広選手(浜松)の確定は4‐5‐6。





優出を決めた選手のロッカーに集まる取材陣。オートレースモバイルをはじめ

数名のオートレース関連記者がコメント取りを行なっていました。

選手のインタビューについては公式インタビュー動画モバイルサイトをご覧ください。





屋外加工場にてタイヤを削る遠藤 誠選手。





試走場にてエンジンを回し試し乗りをする長谷晴久選手。





第3R、1着1枠・桝崎星名選手(浜松)、2着3枠・秋吉忠幸選手(飯塚)、

3着5枠・佳元光義選手(飯塚)の確定は1‐3‐5。

その後レース記録にて星名選手は試走戒告の判定となりました。





第2R、1着7枠・西村義正選手(山陽)、2着6枠・川端 孝選手(飯塚)、

3着2枠・中野 肇選手(浜松)の確定は7‐6‐2。





第1R、1着2枠・松尾 学選手(飯塚)、2着7枠・浅野浩幸選手(浜松)、

3着5枠・齋藤正悟選手(浜松)の確定は2‐7‐5。





本日は浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんの来場日♪

次節の「第9回大成ロテック杯」では来場日が開催2日目の12/3()となるため

今年の優勝選手表彰式の参加&インタビューは本日がラストとなります。

ぜひ会いに来てください☆





写真は先日の第12R「準決勝戦A」、3枠・落合 巧選手が1着を決めたシーンです。

日の出&日の入りがだいぶ短くなり、黄道がフィニッシュゲート〜西スタンド間を

通るようになっていまいりました。今年の冬至は12/22(金)とのことです。



ここで欠車のお知らせです。本日第10R「選抜戦」に6枠から出場予定でした

中村友和選手は身体不良のためあえなく欠車となりました(発熱はありません)。

第10Rは6車にて競われ、6枠にまつわる購入車券は返還となります。

どうぞご了承ください。



  

左から、鈴木辰己選手、本門延唯選手(飯塚)。管理地区内では

「明日が次節の前検日となるため、本日から宿舎へベッドメイキングや清掃員が

入室しますのでご承知おきください」というアナウンスが流れています。

今節&次節と連続で出場する選手もいれば、本日のレースで参加解除、または

明日から新たに前検日入りをする選手もいらっしゃるので、選手宿舎で過ごす

相部屋のメンバーも変わってまいります。通常より早めの宿舎の片付けが

求められているようで管理地区内はばたばたしています。





試走場にて組み上げたマシンを試し乗りをする橋本優一選手。





浜松女子・西 翔子選手。これまで次節「第9回大成ロテック杯」は

非あっせんとなっていましたが、休場選手発生による追加のあっせんが決定。

明日も引き続き前検日入りすることになりました。





一番奥の通路。こちらもあまり最終日の旅支度という雰囲気はありません。

岩科鮮太選手とお会いし挨拶を交わしました。





吉林直都選手のマシン。師匠の木村直幸選手と元自衛官・辰巳裕樹選手の

間にはさまれており、日々手塩に掛けてあたたかく育てられている感じがします。





牧野選手が車両の点検をしている一方、のこりの浜松新人3名は

各先輩選手のロッカーへ挨拶まわりを実施。仲睦まじいいです。





先日1着勝利を獲得しました北原岳哲選手(飯塚)へ勝利写真をプレゼントしました♪

竹原選手:「写真はフォームの勉強になるので、とてもありがたいです!

自分は腰まわりの調整とかを頻繁に行なうので、そのたびに走行フォームが

変わっていってしまうんですよ。それだけに今、どんな姿勢でレースをしているのかが

分かるのはとても参考になります。ありがとうございます!」

こちらこそ、1着おめでとうございました☆





浜松オート短期決戦・3日間開催、「第57回中日スポーツ杯」は本日がシリーズ最終日。

天候はくもり、走路状況良走路。冷たい西風が強めに吹いています。

最終12Rに7車立ての「優勝戦」を実施、吉林直都選手、落合 巧選手、

青島正樹選手は完全優勝に王手をかけました。熱戦にご期待ください!





最終日でも走路内トレーニングをこなす栗原勝測選手(伊勢崎)。

ウォーキングの際には必ずダンベルを両手に持っています。





いつもならば開催の最終日は至る所に今節使わないと判断したタイヤの串が

次なる開催地への輸送用に置いてあるのですが、明日は次節・「第9回

大成ロテック杯」の前検日となり、今日のまま次節に引き続く選手が多いため

置いてあるタイヤ串の本数が少ないです。





今節最終日の検車場にはマシンが4台停められていました。





鈴木一馬選手、上村敏明選手と、





青嶋裕治選手、柴田紘志選手のマシンです。

一馬選手のマシンは前後輪に毛布がかけられており、朝の寒さが感じられます。





ロッカー内もほとんどタイヤ串は見られません。明日の前検日も同じような

雰囲気の朝となりそうです。遠くに柴田健治選手の姿が見えます。

他にも佐藤貴也選手、角貝拓海選手、柴田紘志選手、

赤堀 翼選手の姿を見受けました。





先日の朝練習時に自落を喫してしまい、2日目は車体不良の欠車となりました

浜松新人・牧野竜人選手。「ご迷惑をおかけしました」と本人より

コメントを頂いています。身体は大丈夫とのことで、車両の修理も既に

完了していました。本日は第8Rに出走予定です。


posted by ブンブンボーイ at 18:07 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第57回中日スポーツ杯 3日目・最終日


11/30(木)は「第57回中日スポーツ杯」の3日目・最終日。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:25)
浜松の天候は「くもり」、走路状況「良走路」。
気温11.5℃、湿度57%、走路温度11.2℃、降水確率は午前10%・午後10%と発表。
昨日のほうが気温&走路温度が低く計測されていましたが、今朝のほうが
風が強く体感温度は低く感じます。雨の可能性はほとんどないようです。



今節場内ではすっぽんエキス入り浜松餃子・「あまえん坊」、
たい焼き「高木商店」がそれぞれ常駐。どうぞお立ち寄り下さい。




本日は第12Rに7車立ての「優勝戦」が繰り広げられます。
吉林直都選手、落合 巧選手、青島正樹選手は完全優勝に王手をかけました。
熱戦にご期待ください!

☆11/30(木) 第12R「優勝戦(7車立て)」


posted by ブンブンボーイ at 08:25 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月29日

第57回中日スポーツ杯 2日目のようす



「第57回中日スポーツ杯」、シリーズ2日目が終了。4つの「準決勝戦」が

繰り広げられました結果、明日11/30(木)の最終12R「優勝戦」は

ご覧の7車にて競われることになりました。なお、浜松新人・吉林直都選手、

落合 巧選手、青島正樹選手は”完全優勝”へ王手をかけました。

熱戦にご期待ください!







第12R「準決勝戦A」、上位1・2着選手が優出となります。

1着3枠・落合 巧選手(浜松)、2着7枠・佐藤貴也選手(浜松)





第11R「準決勝戦A」、上位1・2着選手が優出となります。

1着1枠・吉林直都選手(浜松)、2着7枠・木村直幸選手(浜松)

吉林選手は2級車・500ccにして上がりタイム.381をマークしました。





第10Rから「準決勝戦A」。上位1・2着選手が優出となります。

1着6枠・青島正樹選手(浜松)、2着3枠・淺田真吾選手(浜松)





第9R、最終コーナーで順位を入れ替えるまくりがダブルで炸裂。

1着7枠・松山茂靖選手(浜松)、2着5枠・中村浩章選手(伊勢崎)、

3着4枠・川端 孝選手(飯塚)の確定は7‐5‐4。





先日場内を歩いていると、ご年配のお客様より

たい焼きを片手に「いつもブログ見てるよ!」と声をかけてくださいました♪

ありがとうございます!初日に欠車となりました鈴木章夫選手を心配していましたが

骨折によりしばらく入院とのことで、ぜひともお大事になさって頂きたいです。



ご年配のお客様からはいくつか質問を頂きましたが、

・章夫選手は浜松のみならず、全5場の中の最年長か?→はい。

全日本オートレース選手会の中で唯一、2期の章夫選手が77歳の最年長選手です。

・期前の選手はまだ現役か?→残念ながら期前の選手は皆さん引退されました。

・章夫選手の次に年長の選手は?→期別で比べると上村敏明選手の7期です。

年齢的には上村選手と篠崎 実選手(川口・9期)が同じ74歳です。

・何時から取材を始めているのか?→朝7:30過ぎには浜松オートに到着し、

7:45頃からロッカー取材を始めています。選手や現場スタッフは既に開催準備や

整備、トレーニングを開始しています。アーリーレースだとさらに時間が早くなります。

…といった具合です。今節は前検日をはさんだ接続開催のため、

次回の「第9回 大成ロテック杯」最終日(12/5)まで頑張ります!

どうぞ浜松オートの年末2連続開催をお楽しみください♪





第8R、1着4枠・佳元光義選手(飯塚)、2着6枠・西村義正選手(山陽)、

3着7枠・石貝武之選手(浜松)の確定は4‐6‐7。





第7R、1着7枠・深谷俊太選手(浜松)、2着5枠・中村晋典選手(浜松)、

3着2枠・岩元 毅選手(飯塚)の確定は7‐5‐2。





第6R、1着3枠・橋本優一選手(浜松)、2着7枠・栗原佳祐選手(浜松)、

3着4枠・秋吉忠幸選手(飯塚)の確定は3‐7‐4。





第5R「ランチアタック準決勝戦B」、1着選手のみ優出となります。

1着7枠・吉原恭佑選手(伊勢崎)





整備を進める辰巳裕樹選手。お隣のロッカーである浜松新人・吉林直都選手と

ともに本日は第11R「準決勝戦A」に出場します。

木村武之選手や内山高秀選手(伊勢崎)など強豪を相手に優出なるでしょうか。






屋外のタイヤ加工室へ向かう竹中一成選手(山陽)。





第4R、1枠から出場予定でした牧野竜人選手(浜松)は朝練習落車による

車体不良のために欠車となり、レースは6車にて競われました。

1着7枠・北原岳哲選手(飯塚)、2着5枠・池浦一博選手(山陽)、

3着3枠・松尾 学選手(飯塚)の確定は7‐5‐3。



なお本日浜松第4Rは1枠にまつわる購入車券は返還となります。

どうぞご了承ください。





第3R、1着7枠・筒井健太選手(浜松)、2着5枠・齋藤 努選手(浜松)、

3着6枠・谷川一貴選手(伊勢崎)の確定は7‐5‐6。





第2R、1着5枠・下平佳輝選手(浜松)、2着2枠・岩本君男選手(浜松)、

3着7枠・浅野浩幸選手(浜松)の確定は5‐2‐7。





第1R、1着5枠・齋藤正悟選手(浜松)、2着7枠・鈴木辰己選手(浜松)、

3着4枠・保永高男選手(伊勢崎)の確定は5‐7‐4。

なお3枠・西村昭紀選手(飯塚)はスタート戒告の判定となりました。





ひとり黙々とタイヤを交換する浜松新人・栗原佳祐選手。





タイヤを選ぶ、(左から)桝崎星名選手、北原岳哲選手(伊勢崎)。





保永高男選手(伊勢崎)も本日は第1Rからの出場とあって

鈴木辰己選手とともに早朝から整備の準備を進めていました。





遠征選手専用ロッカー・B棟にてタイヤ交換をする栗原勝測選手(伊勢崎)。

鈴木圭一郎選手のサドル、ハンドル、フェンダー、ガソリンタンクを使用しています。

筋向いのロッカーでは松尾 学選手(飯塚)も整備を始めていました。





検車場の外に干してありましたのは佐藤貴也選手のマシンです。

自動扉の奥では浜松女子・西 翔子選手が競走車を立て掛けて

タイヤウォーマーを前後輪に装着しているところでした。





選手の朝練習が行なわれている一方、発走ピット前の広場では

ダミーの競走車を横に寝かせての落車を想定したマシン撤去&救護訓練が

行なわれていましたが・・・何と訓練の最中に第1〜2コーナーにて単独自落が発生。



訓練組と救護組は分担制なので、本日コーナー救護担当でしたスタッフがすぐに

現場へと向かいました。自落を喫してしまったのは浜松新人・牧野竜人選手です。





のちに「身体は大丈夫です」とのことでしたが、車体不良のために

本日出場予定でした第4Rはあえなく欠車に。レースは6車で競われます。

浜松2日目・第4Rは1枠にまつわる購入車券は返還となります。

どうぞご了承ください。



牧野選手は救急車の到着を待つ間、開門前の朝練習で無観客にも関わらず

深々と頭を各方面に向かって下げていました。誠実な方です。





伝説の大型バイク、ホンダのCBX1000です。

盗難防止のケースに入れられているようですが・・・





実はケースに入っているのはプラモデル。なんと本物の上に展示されていました!

プラモデル制作のプロフェッショナル、中野 肇選手の作品と思われます。

ケースから出して撮影したら本物と見間違えてしまいそうなクオリティの高さです。





短期決戦・3日間開催「第57回中日スポーツ杯」、シリーズ2日目の本日は

第5Rに1着選手のみ優出の「準決勝戦B」、第10〜12Rをかけて1・2着選手が

優出の「準決勝戦A」が繰り広げられます。熱戦にご期待ください!



今節一番の冷え込みを感じます今朝の走路内、空も薄い霞を張ったような雲が

周囲を取り囲んでおり寒さが伝わってまいります。走路状況は良走路、

本日は朝練習が盛んに行なわれそうです。





なんと、非常に寒い朝を迎えているにも関わらず、発走スタッフさんは

半袖で開催の準備を進めていました。写真には写っていませんが

走路内では柴田紘志選手が外周を歩いて身体をほぐしていました。



  

選手ロッカーの入口をくぐってすぐ右側に検車スタッフの事務局がありますが、本日は

扉を開けるとすぐ、事務局の中から上村敏明選手の声が聞こえてまいりました。

先日通算1000勝を達成し、長らく応援してくださったお客様には感謝でいっぱいだ、

といった話をしているようでした。

検車場の自動扉の奥では新人選手がチームとなって各先輩選手のロッカーを訪れ

朝のあいさつ回りを行なっていました。





本日の検車場は競走車が2台停めてありました。

早朝から出勤している検車スタッフの準備により室内は十分に温められています。





青嶋裕治選手と、





上村敏明選手のマシンです。





出走表を片手に検車場へ向かう石貝武之選手。

今節が今年のセミファイナルレースだけに、先日そして本日も

早朝からロッカーはバタバタとした忙しさを感じさせます。



  

本日より補充となりました山脇孝志選手が自身のロッカーを組み立てているところへ

浜松新人・早津圭介選手が「手伝うことはありますか」と話しかけていました。

山脇選手といえば競走車が全面、中日ドラゴンズのマークで装飾されているほどの

中日ファンです。今節「中日スポーツ杯」だけに縁があったかもしれませんね♪





走路内でのトレーニングを終えた柴田紘志選手がロッカーに戻り、

お隣の柴田健治選手へ話しかけていました。

柴田健治選手は工具を握りエンジンのフタを開けながら

「♪15、16、17とぉ〜、私の人生暗かったぁ〜」と歌っていました。

何かあったのでしょうか…皆さまの応援をよろしくお願いします!


posted by ブンブンボーイ at 16:42 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第57回中日スポーツ杯 2日目・準決勝戦


11/29(水)は「第57回中日スポーツ杯」の2日目。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:25)
浜松の天候は「はれ」、走路状況「良走路」。
気温10.2℃、湿度64%、走路温度9℃、降水確率は午前0%・午後10%と発表。
放射冷却の影響か、今朝はだいぶ冷え込みを感じます。
ついに早朝の走路温度が10℃を下回ってまいりました。

先日もお知らせしました通り、先日初日の朝練習時に自落を喫してしまいました
鈴木章夫選手の容態は骨盤に骨折箇所が見つかり先日付けで入院、
今節は参加解除・早退となっています。
本日からの補充は山脇孝志選手に決定しました。




今節場内ではすっぽんエキス入り浜松餃子・「あまえん坊」、
たい焼き「高木商店」がそれぞれ常駐。どうぞお立ち寄り下さい。





本日は第5&10〜12Rをかけて7車立ての「準決勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待ください!

posted by ブンブンボーイ at 08:13 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月28日

第57回中日スポーツ杯 初日のようす



「第57回中日スポーツ杯」、シリーズ初日が終了。短期決戦・3日間開催のため

本日の成績を元に明日2日目の第5&10〜12Rをかけて7車立ての

「準決勝戦」が繰り広げられます。熱戦にご期待ください!





第12R、1着7枠・佐藤貴也選手(浜松)、2着6枠・鈴木静二選手(浜松)、

3着4枠・中村晋典選手(浜松)の確定は7‐6‐4。





第11R、1着7枠・木村武之選手(浜松)、2着3枠・木村直幸選手(浜松)、

3着2枠・松尾 学選手(飯塚)の確定は7‐3‐2。





第10R、1着6枠・山浦博幸選手(浜松)、2着5枠・西 翔子選手(浜松)、

3着7枠・田村治郎選手(伊勢崎)の確定は6‐5‐7。




第9R、2・3着戦が写真判定に。1着7枠・内山高秀選手(伊勢崎)、
2着4枠・赤堀 翼選手(浜松)、3着6枠・柴田健治選手(浜松)の確定は7‐4‐6。


今節はたい焼き・「高木商店」とすっぽんエキス入り浜松餃子・「あまえん坊」の
2店舗が出店していますが、高木商店さんではたい焼きのお隣に
1パックに8つ入った”たこ焼き”も販売しています。

  
デカかわいいタコさんがお店番をしている高木商店のたこ焼きコーナー。
たい焼きと同じ高級小麦粉を使用しているため、巷の一般的なたこ焼きとは違う
粉っぽさや粘り気のないフカフカ感を味わえます。タレは甘口ソース、辛口ソース、
そしてだし醤油の3種類からチョイス。さらにマヨネーズも無料で追加できます。
辛味やだし風味を強く感じる方はマヨ追加で味をまろやかにさせるのがおすすめです♪


スーパーマーケットの入口前やお祭り時の露店では相場500円、あるいは
500円以上する昨今のたこ焼きですが、高木商店さんは「浜松オートへご来場の
皆さんのために」と、ブラックエブリデーの100円引き・400円にてご提供。
1度味わったら今節中にもう1回は食べておこう…と舌がデリシャスインプットしてしまう
不思議なリピート性があります(笑)ご来場の際はどうぞご賞味ください♪


第8R、1着5枠・鈴木一馬選手(浜松)、2着3枠・齋藤 努選手(浜松)、
3着4枠・齋藤正悟選手(浜松)の確定は5‐3‐4。

なお吉原恭佑選手(伊勢崎)はスタート戒告の判定となりました。




第7R、4枠から出場予定でした鈴木章夫選手が身体不良(朝練習自落)のため
欠車となり、レースは6車にて競われました。
1着7枠・青島正樹選手(浜松)、2着6枠・和田健吾選手(浜松)、
3着2枠・西村昭紀選手(飯塚)の確定は7‐6‐2。

なお本日浜松第7Rは4枠にまつわる購入車券は返還となります。
どうぞご了承ください。

ただいま鈴木章夫選手の容態情報が入り、診察の結果骨盤右側に骨折箇所が発覚。
本日付けで入院処置をとるとのこと、残念ながら今節参加解除となります。



明日以降の補充選手は山脇孝志選手に決定しました。


第6R、1着3枠・吉林直都選手(浜松)、2着6枠・淺田真吾選手(浜松)、
3着4枠・柴田紘志選手(浜松)の確定は3‐6‐4。


第5R「ランチアタック予選」、1着6枠・落合 巧選手(浜松)、
2着3枠・西川頼臣選手(浜松)、3着7枠・岩科鮮太選手(浜松)の確定は6‐3‐7。



浜松オートは次節「第9回大成ロテック杯」が2023年の本場ラストレースとなります。
12/6(水)から12/26(火)の20日間、場内改修工事のために非開催日となり
本場レース&場外発売ともにお休みとなりますが、的中車券の”非開催払戻し”を
実施します。上記カレンダーの12/6〜10、12/13〜17、12/22〜24が実施日です。
(実施時間…10:00〜15:00、実施場所…メインスタンド1F発売所)
的中車券の払戻し有効期間は60日となっています、どうぞお早めに。

非開催払戻しは西門から入場しての専用通路をお通りください。
さらに12/27(水)以降は正門の入場経路が変更となります。
ご不便をおかけしますがどうぞご了承ください。


第4R、1着6枠・辰巳裕樹選手(浜松)、2着3枠・野田光宏選手(浜松)、
3着7枠・野本佳章選手(伊勢崎)の確定は6‐3‐7。


第3R、1着7枠・花田一輝選手(浜松)、2着6枠・遠藤 誠選手(浜松)、
3着4枠・栗原勝測選手(伊勢崎)の確定は7‐6‐4。
なお栗原選手はスタート戒告の判定となりました。


第2R、1着7枠・西村龍太郎選手(山陽)、2着6枠・藤波直也選手(浜松)、
3着2枠・青嶋裕治選手(浜松)の確定は7‐6‐2。


第1R、1着7枠・中村友和選手(浜松)、2着5枠・木村義明選手(伊勢崎)、
3着2枠・野上史豪選手(浜松)の確定は7‐5‐2。


朝練習時、あまり風が吹かなかったからか走路の乾きが不十分となり
外周付近がまだ濡れ残っています。
開門時の走路状況は「ぶち走路」と発表されました。

すると朝練習時、走行練習中の鈴木章夫選手がスリップ自落を喫してしまう
アクシデントが発生。右側の腰部を強く痛めているとのこと、
総合病院にて検査を受けることになりました。
つきましては本日出場予定でした第7Rは欠車となり、
第7R・4枠にまつわる購入車券は返還となります。
どうぞご了承ください。


一番奥のロッカーにてひとり、リアタイヤを作る角貝拓海選手。
師匠の西川頼臣選手は今節追加あっせんが決定しています。


今節は「中日スポーツ杯」、ということで協賛の中日スポーツ社様よりご提供、
「中日スポーツ」新聞を各門開門先着200名様へプレゼント。
東海地方である浜松は中日ドラゴンズファンも多いことでしょう。
どうぞお手に取りください♪


浜松オート2連続開催の前半戦、「第57回中日スポーツ杯」が本日開幕。そして
今節が2023年・浜松オート開催のセミファイナルレースとなります。
全レース7車立てにて実施、本日は全12Rをかけて「予選」が繰り広げられます。
熱戦にご期待ください!

今朝の走路状況は昨晩に降り続けた雨の影響で全面「湿走路」となっておりますが
気象情報によりますと本日より1週間は晴れの日が続くとのこと、朝練習が終了する
頃には走路は乾くものと思われますが、レース時に乾くとなると湿走路での朝練習に
参加する選手の数は少ないかもしれません。


本日朝一番でお会いしましたのは栗原勝測選手(伊勢崎)。
日課であるトレーニングを走路内にて行なっていました。
私がブンブンボーイとなって約16年、当時からまったく変わらない
栗原選手の朝のルーティンです。


早朝から大型トラックが選手管理地区に到着。トラックには九州と書かれており、
飯塚「GT開設67周年記念レース」に出場していました今節非あっせんの
浜松所属選手の競走車&遠征道具が到着したようです。

本日から開催業務は既に始まっており、今節非あっせんの浜松選手のロッカーは
遠征選手が借りて使用しているため、梱包トラック内の競走車&遠征道具は一旦
倉庫にしまわれます。次節の「第9回大成ロテック杯」にあっせんされている選手は
11/30(木)の「優勝戦」終了後から倉庫〜ロッカーへの運び出しが行なわれます。


今朝のロッカー内はわいわい、がやがやと騒がしい音が聞こえていました。
部品庫には柴田紘志選手、検車スタッフルームには木村直幸選手がおり、どうやら
年末年始に向けたロッカー内の片付けや準備の話が進められているようです。
検車場にも競走車が複数台、多めに停めてありました。


鈴木辰己選手、


上村敏明選手、


中野 肇選手、青嶋裕治選手のマシンと、


浜松女子・西 翔子選手が検車場の自動扉の前へ競走車を停めていました。


浜松新人・牧野竜人選手をはじめ、栗原佳祐選手、吉林直都選手、
早津圭介選手も各ロッカーにて整備を開始していました。
今節はS級選手のあっせんが6名と少ないため、番組によっては
S級不在のレースもありえます。新人&女子選手にとってチャンスの節です。


下平佳輝選手のマシンの陰に隠れていますが、落合 巧選手がたったひとり
無言でタイヤを作っていました。お向かいでは和田健吾選手も作業を開始、
そしてお隣は浜松新人・栗原佳祐選手と、超がつくほど整備にストイックで
真面目な選手ばかりです。


その奥では中村友和選手が出走表の対戦メンバーに目を通していました。
お向かいでは柴田健治選手も整備に集中していました。


ロッカー中央の通路では中原 誠選手(飯塚)が浜松新人・早津圭介選手へ
話しかけていました。今節中原選手は同26期・木村武之選手の
お隣のロッカーを借りています。写真には写っていませんが
松山茂靖選手も部屋の中でタイヤを選んでいました。

posted by ブンブンボーイ at 16:41 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする