2024年01月25日

伊勢崎「オートレースふなばしPRESENTS黒潮杯」場外発売


先日浜松オートで繰り広げられました伝統の一戦、「サンケイスポーツ杯
GT第65回スピード王決定戦」、最終12R「優勝戦」は
浜松で数年に一度あるかないかという猛吹雪が吹き荒れた後の寒冷走路にて
8周回・0mOPにて競われ、浜松のエース・鈴木圭一郎選手が
試走タイム24&あがりタイム.316という超絶スピードを叩き出して完全独走。
自身4度目となる浜松「GTスピード王」タイトルを獲得し、幕を閉じました。

本日1/25(木)の浜松オートは伊勢崎「オートレースふなばしPRESENTS黒潮杯」の
場外発売。(開門10:00、第1R試走開始10:35)
浜松の天候は「はれ」。先日の猛烈な寒さ&荒れた天候が嘘のように
澄みきった空が晴れ渡っています。


写真は先日の一幕。オートレースにとって降雪は滑りで足が取られることはもちろん、
特にヘルメットのシールドにペタペタと雪が付き始めてしまうと視界がたちまち
悪くなるそうです。先日1/24は飯塚オートでも降雪が影響し中止となりました。


浜松オートが民間委託化する前より、CS放送の進行や実況、現地レポートは全て
女性が主軸となって担当していました。公営競技=男性というイメージが
強かった頃から、浜松オートのCS放送では多くの女性を採用していたことは
当時とても新鮮に見えました。
当時「浜松オート3人娘」と呼ばれていた垰口美穂子さん、安原幸子さん、
森上リエさん(のちに山咲さくらさん)はスタジオに女性が三人並んで
浜松オートのCS放送をお送りしていましたが、お三方には共通点があり、
必ず”朝晩の周囲への挨拶は欠かさない”という律義さがあるということです。

現在は浜松オートのグレードレース時にのみ現地レポーターとしてやってくる
垰口美穂子さんですが、今でも必ず開催日の朝と晩に、私のデスクの戸を
トントンと叩いて「ブンブンさん、おはようございます!1日よろしくお願いします!」、
「ブンブンさん、今日もありがとうございました!おつかれさまでした!」と
丁寧に挨拶してくださいます。安原さんもグレードレースのみならず、
一般開催の時も必ず私のデスクを毎朝訪ねて「ブンブンさん!今日も1日
よろしくお願いします!」と挨拶してくださいます。

さらに、垰口さんとは私も現地でお仕事をご一緒する機会が多いのですが、
予選の毎レース、いわゆる全12レース、カメラが設置されている中継場所へ
やってくる際に、垰口さんは必ずCSスタッフへ「よろしくお願いします!」と
挨拶をしてからレポートの定位置に向かいます。
そして中継が終わると、「ありがとうございました!」と挨拶をしてから、
再び選手ロッカーへと取材に出かけるのです。

とにかくオートの知識と礼節がすごくて、そんな真面目なところが
選手の方々からも慕われ一目置かれているのだなと、今節のGTでも感じました。
今節も5日間ありがとうございました!

posted by ブンブンボーイ at 13:45 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月24日

GT第65回スピード王決定戦 5日目・最終日のようす



浜松オート・2024年最初のグレードレース、「サンケイスポーツ杯

GT第65回スピード王決定戦」、最終12R「優勝戦」は8周回&10mOPにて競われ、

大外の8番・鈴木圭一郎選手が寒波到来の真冬走路を味方につけて

最速試走タイム24、8周戦にして上がり.316という驚異のタイムを叩き出し

断トツの1着チェッカー!





前節の「第10回 HK交通タクシー ブルーラインカップ」に続いての

2節連続優勝を成し遂げ、さらに通算4回目となる浜松「GTスピード王決定戦」

タイトルを獲得しました!(うち2回は秋のスピード王)





ファイティングゲートに凱旋しました圭一郎選手を(左から)

鈴木宏和選手、西川頼臣選手、野田光宏選手、松本やすし選手(伊勢崎)が祝福。

宏和選手と松本選手は圭一郎選手と同じ32期選手です。





そして勝利のウィニング・ラン。

圭一郎選手を慕うファンの方々が拍手や応援タオルを振って祝福していました。





圭一郎選手は競走車に乗ったままイベントプラザへやってきて

優勝選手表彰式を実施。浜松オートレースヴィーナス・JINちゃん、

浜松市のマスコットキャラ、出世大名家康くん&出世法師直虎ちゃんと一緒に。





表彰式のラストはJINちゃんと一緒にシャンパンファイト!

JINちゃんにとってはこれがラストのシャンパンファイトとなります。



圭一郎選手はJINちゃんへ”はなむけ”とばかりに、少しだけ

勝利の美酒をスプラッシュ☆JINちゃんはヴィーナス人生の思い出のひとつに

なったかもしれませんね♪

鈴木圭一郎選手、「GT第65回スピード王決定戦」優勝おめでとうございました☆









元・浜松オート3人娘のひとり、垰口美穂子さん。

今節GTも5日間をかけたレースレポートをありがとうございました☆




そして最終12R「優勝戦(8周回・10mOP)」の試走。
発走予定は16:20です。熱戦にご期待ください!


第11R「特別選抜戦(枠番抽選)」、1着5番・木村武之選手(浜松)、
2着8番・金子大輔選手(浜松)、3着4番・渡邉 篤選手(浜松)の確定は5-8-4。


レース中も雪のほうにピントが合ってしまうくらいの吹雪となった第9R。
すると1周目の第4コーナーにて7番・浅田真吾選手(浜松)が
右に極まるスリップ落車を喫してしまうアクシデントが発生。
人車ともにコース上に残ってしまう状態となり、
公正安全なレースは不可能として赤旗が振られ「競走不成立」となりました。
なお第9Rは全返還となります。どうぞご了承ください。

浅田選手の容態につきましては、背中から腰にかけての打撲とのことで
骨折などは見られなかったそうです。


第9R「特別一般戦A」、レースの直前に浜松では数年に一度あるかないかの
猛吹雪に見舞われました。


第7R「Gレース7」に浜松女子・西翔子選手が1番ゼロハンから出場し、
掲示板に載る3着の成績をあげました!1着は5枠・平塚雅樹選手(浜松)です。


第6R発売中、イベントプラザにて「優勝戦出場選手セレモニー」が執り行われました。
写真はセレモニーの開始前に管理地区で集合しました
ファイナリストライダー8名の勇姿です。


佐藤貴也選手登場の前に同29期の1番・青木治親選手(川口)が
人差し指を差して「ベットオンミー!」を先行宣言!さらに・・・


貴也選手のお向かいのロッカーである2番・藤波直也選手も
人差し指でギャラリーを差すように「ベットオンミー!」を披露。

う〜ん、どちらも若干ポーズが違うような?
すると真打登場、順番の回ってきました6番・佐藤貴也選手が…


本物はこれだ!とばかりに「ベットオンミー!」をダブルでキメると、
ギャラリーからは「本家で元祖が出た!」、「これだぁぁ!!」と大絶賛☆
会場はおおいに盛り上がりました!


空もお別れを悲しむかのように、雪の小さな粒・風花が音もなく舞っていました。


GTピットレポートも本日がラスト。レポーターの垰口美穂子さんは
「私がJINちゃんと一緒に過ごせるのは今日が最後なんですよね…。。」と
一足早くお別れを惜しんでいました。JINちゃんも、
「レースヴィーナスに就任した当時、タンバリンが得意ですと自己紹介したら
実際にやってみて!と本当にタンバリンを渡されて(笑)ここで叩いて
演奏したのが思い出されますね…お別れ悲しいです。。」と
お互いに肩を寄せて4年間のレポート任務を振り返っていました。


本日の朝練習中、間中大輔選手(川口)が第1〜2コーナー間で
スリップ自落を喫してしまうハプニングが発生。救急車で医務室に運ばれ、
医師の診断によると骨折等は見られないとのことでしたが打ち身が痛むとのことで
本日予定していました第7Rの出場を欠車、早退することになりました。

なお本日浜松GT5日目の第7Rは7車にて競われ、
2番車に絡む車券は返還
となります。どうぞご了承ください。


本日朝一番でお会いできました選手は走路内にてトレーニングをしていました
鈴木健吾選手。すると健吾選手は「公園の前に掲示されている
鈴木圭一郎選手の応援幕だけど、昨日の風で紐がほどけちゃってるから
直しておいたほうがいいよ」と情報をくださいました。


なるほど確かに耳の部分の紐がほどけています、ということで
係員が結び直しを行ないました。選手はトレーニングをしながらも
応援幕や走路、機材などにエラーがないか調べてくれているんですね。
頭がさがります。


浜松新人・森下 輝選手は新人女子・北市 唯選手のエンジン整備を
手伝っていました。各先輩選手へ出走表を配るのも早朝の作業のひとつです。
奥は柴田健治選手、エンジンのふたを開けて上回りを調整していました。


佐藤貴也選手も若手選手とともに早朝からロッカー入りを果たして
作業を開始していました。


早朝に風花が空に舞っていました浜松オートは「サンケイスポーツ杯
GT第65回スピード王決定戦」の5日目はシリーズ最終日。
第12Rに8周回・10mOPの「優勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待ください!

まずはお知らせです。
飯塚オートにて本日予定していました浜松「GT第65回スピード王決定戦」の
場外発売が、飯塚降雪のため中止という情報が入ってまいりました。
どうぞご了承ください。


ロッカー内では昨晩から少しずつ、もう5日目には使わない道具やタイヤを
まとめたり梱包箱に詰め込む片付け作業が始まっています。


タイヤもご覧の通り、各選手ごとに串ざしでまとめられており、
次なる遠征地の書かれた札が貼られています。

posted by ブンブンボーイ at 18:15 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GT第65回スピード王決定戦 5日目・最終日


1/24(水)は本場開催「サンケイスポーツ杯 GT第65回スピード王決定戦」の5日目。
(開門予定時刻10:00、浜松1R試走開始10:15)
浜松の天候は「はれ」、走路状況「良走路」。気温0.5℃、湿度65%、
走路温度0.3℃、降水確率は午前40%・午後10%と発表。
気象情報のとおり、今朝は先日よりもさらに強い寒さを感じます。
早朝は空に今季初めての風花(晴天時に小雪が風に舞う現象)を観測しました。




今節はたい焼き・「焼きたて屋」、焼き鳥・「鳥好」、広島焼き・「夏目商店」、
すっぽんエキス入り浜松餃子「あまえん坊」が常駐。
どうぞご利用ください♪





本日第6R発売中、イベントプラザにて「優出選手出場セレモニー」を執り行います。
皆さまの応援をよろしくお願いします!



本日第12Rに8周回・10mOPの「優勝戦」が繰り広げられます。
レース後、優勝選手が競走車に乗ってウィニング・ランのままイベントプラザに登場。
表彰式&シャンパンファイトを執り行います。
熱戦にご期待ください!

☆1/24(水) 浜松GT第12R「優勝戦(8周回・10mOP)」


posted by ブンブンボーイ at 08:53 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月23日

GT第65回スピード王決定戦 4日目のようす





「サンケイスポーツ杯 GT第65回スピード王決定戦」、シリーズ4日目が終了。

4つの「準決勝戦」が繰り広げられました結果、最終12R「優勝戦」は

ご覧のメンバーにて8周回・10mOPで競われることが決定しました。

熱戦にご期待ください!





左から、鈴木圭一郎選手、伊藤信夫選手。

第12Rの優出インタビューは管理地区からの中継となります。

夕方の走行練習がすぐに始まるためです。





第12R「準決勝戦」、1着8番・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着6番・伊藤信夫選手(浜松)





左から、青木治親選手、佐藤摩弥選手。

青木選手:「2番手でマヤちゃんの後を走っている際、風が強いだけに

マヤちゃんの後ろでスリップストリーム行けるか?って思ったけど、身体が小さくて

自分の顔にバンバン風が当たって。全然スリップは使えなかったです(苦笑)」





第11R「準決勝戦」、1着7番・佐藤摩弥選手(川口)、2着2番・青木治親選手(川口)





左から、有吉辰也選手、上和田拓海選手。

上和田選手はGT2回目の「優勝戦」進出、初のタイトル獲得がかかります。





第10R「準決勝戦」、1着8番・有吉辰也選手(飯塚)、2着6番・上和田拓海選手(川口)





左から、佐藤貴也選手、藤波直也選手。

ちょっと西日が眩しすぎたかも知れません…ごめんなさい。





第9Rから天下分け目の「準決勝戦」。

上位1・2着の選手が明日の「優勝戦」へコマを進めることができます。

第9R「準決勝戦」、1着8番・佐藤貴也選手(浜松)、2着2番・藤波直也選手(浜松)





本日の第5R発売中・イベントプラザ「JINトークショー」はJINちゃんがワンオペで実施。

今後のGTイベント情報や来月のわくわくキッズイベントの紹介が行なわれ、

少々尺の余ったJINちゃんは、

「今までは私、昼食はお弁当を注文してもらっていましたが、最近では

場内の食堂メニューを味わっています。中でもオススメは、メインスタンド1F

フードコート、「麺処 弐輪舎」さんの”豚ねぎ塩 焼肉丼”です!

ご来場の際にはぜひご賞味ください☆





さすがはJINちゃん、あの美味しさが分かりますか♪

メインスタンドが旧式だった頃の最上階に「第一食堂」というビュッフェがあり、

働くお母さんたちが朝からご飯をガスで炊いて丼やランチ、ラーメンなどを

提供していました。旧メインスタンドが解体されてから、お母さんたちもまた

一時はばらばらになったのですが、新スタンドの1Fへ新たに「麺処 弐輪舎」が

オープンすると、再び当時のお母さんが集結。”おふくろの味”を提供しているのです♪

私も以前にオススメとして紹介しましたこちらの「豚ねぎ塩 焼肉丼」、具のおいしさは

もちろん、まずはガスで炊いたご飯の美味しさを感じてもらいたいです☆





本日のGT4日目は「準決勝戦」までの時間をかけて、こちらのフォトフレームを

初日に行なわれました全12R・1着選手サインと一緒に制作中。

お一人様1種類限りのCS放送視聴者プレゼントになります。

詳しくはCS放送をご覧ください!





写真は先日3日目に行なわれましたJINちゃんのCS中継カメラ・

カバーガラスへサイン書き。ちなみにJINちゃんはサウスポー(左利き)です。





今節GTは走行練習に大勢の選手参加が予想されることから、

開門前後の走行練習はGT出場選手、そして第1R発売中の時間に

”練習参加”の新人選手&若手選手が参加するよう振り分けを行なっています。



本日第1Rの発売中、牧野竜人選手がファイティングゲートから入場してすぐの

外周でスリップ自落をしてしまうハプニングが発生。すぐさま車両はゲート外へ

撤去され、牧野選手も周囲へ「すみません!」と謝り、歩いてゲートから退場。

容態は打撲程度で大事には至らないとのことです。





開門来場者お出迎えを行ないましたJINちゃんはCS放送・ピットレポートのため

走路内へ。ファイティングゲート・入場門へ入る際、レポーターの垰口美穂子さんと

一緒にお辞儀をしてから入場していました。



  

今節は5日間連続で開門先着200名様へサンケイスポーツ新聞をプレゼント。

今節協賛・サンケイスポーツ社のご提供です。いつもありがとうございます♪



そして1Fインフォメーションでは各日開門先着2名様へ、佐藤貴也選手と

JINちゃんのサイン入りGTポスターをプレゼントしています。

こちらは4000円以上の未確定車券か未確定投票受付明細(はまりっちレシート)を

受付へご提示ください。各日なくなり次第終了となります。

JINちゃんから「3月をもって浜松オートレースヴィーナスを卒業します」と発表があり、

ヴィーナス関連グッズは3月までで終了となります。入手はどうぞお早めに!





いよいよ終盤を迎える浜松オートは「サンケイスポーツ杯 第65回スピード王決定戦」。

本日はシリーズ4日目、第9〜12Rをかけて「準決勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待ください!

浜松の今朝は池に氷が張ってそうなほどの冷たさに見舞われました。

気象情報によれば今後1週間は好天が続くそうですが強い風が吹くと報じられています。





今朝の検車場。先日までと変わらず、丹村飛竜選手(山陽)、

渡邉 篤選手、鈴木圭一郎選手のマシンが停めてありますが…





よく見ると圭一郎選手のマシンにはエンジンオイルの貯蔵部分に

暖気が施されています。エンジンオイルは気温が下がると粘度が増して

暖かくなるとサラサラになり潤滑しやすくなります。

走行練習に出かける最初からオイル回りを良くさせる配慮ですが、

逆を言えばそれだけ気温が下がっていることの表れでもあります。





選手用の掲示板を一読する松井大和選手(山陽)。

各選手の次なる開催場所へのあっせんが記されており、

ここを訪れる選手がおりますといよいよレースも終盤かと感じます。





今節GTは先輩の作業のお手伝いと走行練習参加のためあっせんされています

浜松新人37期選手。森下 輝選手が私に気づいて「おはようございます!」と

挨拶してくださいました♪GTの5日間をかけてさらに、ひとつ上の先輩・

36期選手たちと距離が縮まり仲良く過ごしているように思えます。



  

写真左:タイヤウォーマーを装着する栗原俊介選手(伊勢崎)。

写真右:鈴木宏和選手と赤堀 翼選手。GT開催期間でも前節同様、

入門しました新人女子・北市 唯選手の面倒を1日1日つきっきりで見ています。

宏和選手といえば伝家の宝刀・ロケットスタートを弟分の深谷俊太選手へ

伝授したこともあり、今度は北市選手がトップスタート巧者に育つかもしれません。





タイヤの溝を彫る鈴木幸治選手(伊勢崎)。



  

写真左から、アクセルグリップを調整する鈴木 清選手(川口)、

クラッチ板のふたを外す角南一如選手(山陽)。





毎朝恒例の29期談義。左から、平田雅崇選手(川口)、金子大輔選手、

早川清太郎選手(伊勢崎)です。岩科鮮太選手は部屋の中で

振る舞い用のコーヒーを淹れていました。


posted by ブンブンボーイ at 18:39 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンケイスポーツ杯 GT第65回スピード王決定戦 4日目


1/23(火)は本場開催「サンケイスポーツ杯 GT第65回スピード王決定戦」の4日目。
(開門予定時刻10:00、浜松1R試走開始10:15)
浜松の天候は「はれ」、走路状況「良走路」。気温6.2℃、湿度55%、
走路温度3.5℃、降水確率は午前20%・午後20%と発表。
気象情報によれば今季一番の寒波が日本海側に到来、その影響からか
こちら浜松でも凍えるような風の冷たさを感じます。
手袋か耳当て、マフラーが必要となるでしょう。




今節はたい焼き・「焼きたて屋」、焼き鳥・「鳥好」、広島焼き・「夏目商店」、
すっぽんエキス入り浜松餃子「あまえん坊」が常駐。
どうぞご利用ください♪




本日は第9Rから「準決勝戦」が繰り広げられます。第9・10・11Rの
上位1・2着選手はレース後、イベントプラザにて優出インタビューが行なわれます。
(第12Rの優出インタビューはレース後、CS放送にて中継します)
熱戦にご期待ください!


posted by ブンブンボーイ at 08:45 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする