2024年03月31日

飯塚 場外発売&浜松「第42回 中日新聞東海本社杯」前検日



本日3/31()は飯塚「アンジョルノカフェカップ」の場外発売・最終日と

浜松本場開催「第42回 中日新聞東海本社杯」の前検日。

(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:35)



浜松の今朝は晴れ。いよいよ春到来…と言いたいところですが先日の大雨が

過ぎた途端、もう初夏では、と思えるように気温が急上昇。

半袖で過ごせる気候となっています。このまま走路温度も上昇してしまうと逆に

タイヤの選択を慎重に行なわないとスリップしてしまいそうです。



本日飯塚の天k報は「くもり」、走路状況「良走路」。気温20℃、湿度75%、

走路温度26℃と発表。先日からニュースで取り上げられている

中国からの黄砂が気になるところです。

第12Rに「優勝戦」が繰り広げられます、熱戦にご期待ください!





浜松オート正門前ロータリーの桜木はご覧の通り、固いつぼみから

小さな葉っぱと額がにょきにょきと伸び始めており、傘が開くように花びらが

ふくらみ始めています。もう1日2日で一斉に開花してしまいそうです。

今節は浜松オートでレース観戦とお花見が同時に楽しめそうです♪





気温の上昇がやってくることを朝から感じさせてくれる日差しの強さとなっていますが

選手管理地区へ足を運ぶと、さっそくこの燦燦と降り注ぐ日照を利用して

ツナギやヘルメットの天日干しが行なわれていましたが、

このカラーリングのヘルメットとツナギといえば…もしや。





そう、鈴木圭一郎選手が早朝からロッカー入りを果たしており、地元前検日の

ほぼルーティンとなっている、クランク組み立て室での作業を行なっていました。





検車場の外では上村敏明選手が前後輪を外していました。

前回のレースでだいぶ雨水や泥が競走車に付いてしまっていたとのことで

水拭き掃除を行なうそうです。

上村選手:「もう昭和の頃の話だけど、あの時はタイヤの表面を削る作業であっても

各ロッカーの個室内で行なうのが普通で、タイヤゴムの微粉が室内に飛び交ってたり

していました。今は室内や通路が微粉で汚れるという理由で、サンダー(電動やすり)を

タイヤにかけたい時は屋外の加工場までタイヤを運び出して行なうようになったけど、

そのおかげでロッカー内はだいぶ汚れなくなった気がします。」





選手宿舎に荷物を置いてロッカーに向かう、同26期同士の

木村武之選手と松山茂靖選手。





自身のロッカーに到着して作業を始める、笠木美孝選手と渡邉 篤選手。

渡邉選手は兄貴分として浜松女子・桝崎星名選手のエンジンを見てあげるようです。



  

写真左:浜松新人女子・北市 唯選手。先日、同期の浅倉樹良選手(伊勢崎)が

新たにインスタグラムを始めたそうです、という情報を北市選手から教わり、

私から浅倉選手へインスタ用の写真を数点プレゼントしました。ご活用ください♪

写真右:吉田富重選手のマシン。キャブレターが取り外されています。





牧野竜人選手の整備作業を手伝ってあげる兵頭寛和選手。

牧野選手は髪の毛を金髪(脱色?)にしたようです。奥は橋本陽介選手。





マフラーを外す鈴木宏和選手。エンジン内の潤滑オイルも補充していました。





師匠・木村直幸選手のロッカー作りを手伝う弟子・吉林直都選手。





一番すみっこのロッカーを選んでキャブを解体する本田仁恵選手(川口)。





飯塚オートのCS放送にてレースが始まると選手たちは見守るように

モニターへと集まってまいります。

写真左から、西川頼臣選手、田中竜二選手、角貝拓海選手です。





写真:前節のCS放送視聴者プレゼント、優勝選手写真入りフォトフレームの絵柄です。



前節の年度末開催、「日管杯 第19回ヴィーナスカップ」からたった中2日で

新年度開催「第42回 中日新聞東海本社杯」の前検日となるスケジュールは

かなりタイトで、本日の前検日にてようやく前節のCS放送視聴者プレゼントや

場内掲示用・チャンピオンレーサー画像を制作することに。

約半日を費やしてしまいました。



  

写真左から、ロッカーの部屋作りをする山田達也選手(川口)、稲川聖也選手(川口)。





タイヤを数本用意する早津圭介選手と上回りを整備する伊藤信夫選手。





今節新年度開幕戦は浜松と川口の2場バトルとなっています。

遠征選手専用ロッカー・B棟は全て川口選手によって席巻、

押田幸夫選手(川口)や柴山信行選手(川口)から「今節よろしくおねがいします」と

挨拶の言葉をいただきました♪





交川陽子選手。





野上史豪選手。





筒井健太選手。





吉田幸司選手(川口)。





齋藤正悟選手。





小林頼介選手。





浜松新人女子・北市 唯選手へ稽古をつける深谷俊太選手。





そして飯塚最終12R「優勝戦」の発走。

モニターの前に選手が集まってまいりました。





飯塚「アンジョルノカフェカップ」、最終12R「優勝戦」は1度目の発走時に

2番・小椋華恋選手(川口)が痛恨のフライングを喫してしまい再発走へ。

2度目は正常スタート、4番・木山優輝選手(飯塚)が6周回を制し

地元年度末開催の優勝を成し遂げました!おめでとうございました☆





写真:気象情報によれば本日浜松の日中は24℃まで上昇したそうです。

もしやと思いもう一度桜木を見に行くと一斉に開花が進んでいました。





本日をもちまして2023年度の全国オートレース開催日程は全て終了となります。

明日4/1(月)からは2024年度の開幕、浜松オートが先陣をきる

「第42回 中日新聞東海本社杯」がスタートします。全7車立て・12R制にて実施、

全レースをかけて「予選」が繰り広げられます。熱戦にご期待ください!


posted by ブンブンボーイ at 17:27 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月28日

日管杯 第19回ヴィーナスカップ 4日目のようす



浜松オート2023年度ラストレース・「日管杯第19回ヴィーナスカップ」、

第12R「優勝戦」は雨降る湿走路にて競われ、スタートから終始先頭を守り抜きました

浜松新人・森下 輝選手がシリーズ全1着の完全優勝を成し遂げました!



しかも3/3〜5の「第14回浜松観光食堂杯フードアタック」に続く

2回目の完全優勝です!





しとしとと雨が降り続く走路内でしたが、弟子の快挙に師匠の鈴木健吾選手は

傘も差さずに「おめでとう!」と凱旋しました森下選手を祝福。

同門の姉貴分、金田悠伽選手もヘルメットとグローブを片づけてあげる、と

森下選手のもとへとやってきました。一緒に記念撮影です♪





そして勝利のウィニング・ランは、けっこうな雨が降っていただけに

レーシングスタッフが森下選手へ気を利かせて「こんな悪天候ですから…

ウィニング・ランの有無は森下選手にお任せします」と問うと、森下選手は

笑顔で「もちろん行ないます!」と快諾☆

森下選手を応援に浜松オートまで駆けつけて下さったファンの方々も

きっと雨中でのウィニング・ランに喜んでくださったことでしょう♪





今節はJINちゃんたっての希望でラストのシャンパンファイトを実施☆

4年をかけてすっかり細かいミストを作ることができるようになったJINちゃん。

森下選手はモトクロス時代に何度も優勝のシャンパンファイトを経験している

とのことで、今までで一番美しいシャンパンシャワーのランデブーを

披露できたように思えます♪JINちゃん、履歴書の特技に

「シャンパンファイト」と書いても良いくらいのクオリティでしたよ(笑)





今回も表彰式の後まで森下選手の帰還を待っていてくださいました、

同37期選手の皆さん。左から、浅倉樹良選手(伊勢崎)、

佐藤智也選手(伊勢崎)、北市 唯選手(浜松)です☆

こちらの写真も4選手の皆さんへ差し上げますので思い出にどうぞ♪



森下選手の勝利のコメントです。

「エンジンは特に部品交換などはしていないのですが、節を通じてずっと

良かったと思います。今日もタイヤだけを、ちょっと溝が高めのタイヤに

交換してレースに臨みました。本当は晴れタイヤで試走に出ようと思っていた

のですが、試走の前に雨が降りだしてしまって、残りわずかな時間にも関わらず

先輩や仲間たちとか、いろんな人にタイヤ交換を手伝ってもらえて、

本当に助けられたと思って…そのおかげで勝てたと皆さんに感謝しています。



あとはレースで、スタートでちゃんと残せて、コースを抑えれば大丈夫だと

思いながら、(タイヤを滑らせないように、コースを守って…)という気持ちだけで

無我夢中で走ったら、あっという間に青旗やチェッカーフラッグが振られていて。

気が付いたらゴールしていた、というくらいあっという間でした。

せめて雨が降らず良走路で思いきり走ることができたらもっと良かったですね。



これからもっとハンデが重くなると思いますが、もっと自分の走りを磨いて、

もっと興奮してもらえるようなオートレースをお見せできるよう

37期全員で頑張りますので、応援よろしくお願いします!」





最後に、本日でヴィーナスを卒業しますJINちゃんへのメッセージもお願いします。

「僕は浜松オートデビューして間もないので、先輩選手に比べたらほとんど接点は

なかったかもしれませんが…でもイベントプラザの「新人選手紹介トーク」にて

MCを担当していたJINちゃんから愛称をつけてもらったりして(笑)

お客様と僕との距離感を縮めてくれたのだと思います。



前回の優勝時はJINちゃんの来場日が初日だったので、表彰式で

お会いすることはできませんでしたが、今節は卒業の日に一緒に

表彰台に立てたことやインタビューを受けたり、シャンパンファイトを

楽しむことができたことで自分だけの思い出を残すことができて良かったです。」



森下 輝選手コメントありがとうございました&

デビュー2度目の完全優勝おめでとうございました☆






「みんな、4年間支えてくれて、ありがとう!」

第11R発売中、いよいよイベントプラザにてJINちゃんの卒業式を執り行ないました。

イベントの詳細は浜松オートのSNSにて。

さようなら、JINちゃん!また浜松オートへ遊びに来てくださいね☆





第11R「特別選抜戦」、1着1番・下平佳輝選手(浜松)、
2着3番・増田伸一選手(川口)、3着4番・浅野浩幸選手(浜松)の確定は1-3-4。



第9R、浜松新人女子・北市 唯選手が1番ゼロハンから、浜松女子・西 翔子選手が
8番50線から出場し、北市選手は7着の成績、西選手は掲示板に載る
2着の成績をおさめました!1着は5番・佐伯拓実選手(山陽)です。


第8R、伊勢崎新人・浅倉樹良選手が5番20線から出場し、掲示板に載る
3着の成績をおさめました!1着は最終コーナーで逆転に成功、
8番・落合 巧選手(浜松)です。


第7R、浜松女子・金田悠伽選手が5番30線から出場し、みごと軽ハン勢をさばいて
6周回を走りぬき1着勝利を獲得しました!


金田選手にも1着レース写真をプレゼント♪ここまでなんと、
交川選手、片野選手、金田選手と女子選手が躍進。
金田選手はキャブレター内のガソリンを抜いている片付け作業中でしたが
「撮影ですか?いいですよ♪」と、油まみれの手をウエスでぬぐって
撮影に応じてくださいました☆

ヴィーナスカップ、そしてJINちゃんの卒業だけに、女性ライダーズの
手と手が花束となってJINちゃんを笑顔で送ろうとしているのかもしれません!?


本日がラストチャレンジ、第6R発売中・イベントプラザにて実施されました
JINちゃんの「日替わりゲームチャレンジ」、最後を締めくくるのは
ごくごくシンプルな”輪投げ”です!一見子供っぽい遊びに見えるかもしれませんが
輪の重さや縦棒の角度、距離によって力の加減や輪の角度を
微妙に変える必要がある、なかなか奥深いゲームです。サウスポーのJINちゃんは
今節一番の多さとなりましたギャラリーの視線をもプレッシャーとせず、
みごとチャレンジ大成功!5名様へ景品とツーショット写真をプレゼントしました☆


第5R「ランチアタック特別一般戦」、1着2番・岩本君男選手(浜松)、
2着8番・清岡優一選手(伊勢崎)、3着3番・鈴木啓示選手(浜松)の確定は2-8-3。


第4R、川口女子・片野利沙選手が1番ゼロハンから出場し、スタートから終始
先頭を守りぬき1着チェッカー!年度末を締めくくる1着勝利を獲得しました!
なお第4Rは8番・深谷俊太選手(浜松)が身体不良による欠車のため
7車にて競われました。8番にからむ車券は返還となります。


交川選手に続いて片野選手にも1着勝利のレース写真をプレゼントしました♪
片野選手:「年度ラストに1着が取れたのも嬉しいですし、6番の川原さん
(川原 剛選手(川口))とワン・ツーを決めれたのも良かったです!」
おめでとうございました☆


第3R、浜松女子・交川陽子選手が2番10線から出場し、スタート勝負で
先頭を手に入れ1着チェッカー!年度末を締めくくる1着勝利を獲得しました!


交川選手にはさっそく1着勝利のレース写真をプレゼントしました♪
おめでとうございました☆


第2R、伊勢崎新人・佐藤智也選手が1番ゼロハンから出場し、
8着の成績となりました。1着は7番・吉松優輝選手(飯塚)です。


ともに優出を果たしました川口ライダーズ、廣瀬勝光選手と田邉 誠選手は
協力してエンジン整備を進めていました。
田邉選手:「勝負タイヤを一本持ってきてあったので、「準決勝戦」で
使ってみたものの、優出こそできましたがそれでもハネがあったので、
プレートを変えて練習に乗ってみます。あとは天候がどうなるかですね…。」


こちらは師弟コンビでの共同作業。佐藤大地選手のエンジン整備を
師匠の浅野浩幸選手が手伝っていました。大地選手いわく、
「「準決勝戦」ではタイヤの相性の良さに助けられただけで、エンジン的には
重たい感じが抜けませんでした。季節による影響もありそうなので、
エンジンの上回りと、燃焼率を上げるためにキャブを扱います」とのことです。



浜松オートの2024年度開幕レース、「第42回中日新聞東海本社杯」の
イベント情報を数日前より浜松オートオフィシャルサイトにて告知していますが
新たに追加イベントとしまして「鈴木圭一郎選手の「特別GTプレミアムカップ」
優勝報告会」を4/1(月)の第6R発売中・イベントプラザにて執り行うことが決定!

これまでCS放送の出演となっていました「優勝報告会」が、いよいよ
コロナ禍の峠を越えてお客様の待つイベントプラザでの実施として復活。
鈴木圭一郎選手へ直接、「おめでとう!」と祝福の声をかけることができる
大チャンスです。ぜひお見逃しなく!


明日から3日後には浜松オート2024年度の開幕レース、
「第42回 中日新聞東海本社杯」が始まります。
新年度に向けてのお知らせがいくつかありますのでここに紹介します。

まず浜松アーリーレースなど、本場開催の当日全レースが終了したのちに
他場ナイターレースの場外発売がリレー形式で行なわれますが、
4月からはメインスタンド2F有料席のご利用時間が17時までとなります。

さらに、1Fインフォメーションの受付が本場開催のみとなり、
場外発売時はグリーンスタンド2Fインフォメーションのみの受付となります。
どうぞご了承ください。



今節から金子大輔選手の「SG第37回 全日本選抜オートレース」優勝記念Tシャツを
1Fインフォメーションにて販売開始しています。
サイズはM・Lの2種類、数量限定により売り切れ次第終了となります。
なお、1Fインフォメーションが4月から本場開催のみの受付となるため
Tシャツの販売も本場開催のみとなります。ご購入はどうぞお早めに!


今年度からスタートし好評を博しました、親子で楽しめる
「わくわくキッズイベント」が4月からも実施決定!
まずは4/28()の浜松アーリーレース3日目に”春の子ども縁日”を開催。
お菓子釣り、輪投げ、射的の中からお一人様2種類をチョイスして
挑戦できます。保護者のかたと一緒にご来場&お楽しみください♪


浜松オート2023年度ラスト開催、「日管杯第19回ヴィーナスカップ」は
本日がシリーズ最終日。本日をもちまして浜松オートレースヴィーナスJINちゃんは
ヴィーナス卒業となります。第11R発売中・イベントプラザにて
卒業式を執り行ないます、ぜひ会いに来てください!

ここで欠車のお知らせが入ってまいりました。
本日第4Rに8番から出場予定でした深谷俊太選手(浜松)が管理棟を訪れ、
身体の不調を訴えて欠車、早退となるそうです。
つきましては本日の第4Rは7車にて競われ、8番にからむ車券は返還となります。
どうぞご了承ください。
昨晩の19:30頃、選手宿舎へ向かう深谷選手とすれ違いましたが
その時は身体をさすりながら「大丈夫です」とコメントしてくださいましたが、
今朝になると杖が必要なほどの痛々しい歩行になっており、時間の経過によって
打ち身の痛みが強くなってくるものだと改めて感じました。


選手管理地区内のフィニッシュゲート・退場門に植えられている
もみじの木では、すっかり紅葉の落ちてしまった細い枝から新たに
小さなもみじの葉が開き始めていました。
命あるものには必ずお別れと出会いが繰り返してやってきます。
JINちゃんにとって浜松オートレースヴィーナスは卒業となりますが、それは得てして
新たなステージでの出会いが待っている門出の日でもあります。


卒業を迎えても永遠に変わらないもの、それは友情です。
親友の猿谷敦史選手(伊勢崎)と岩沼靖郎選手(伊勢崎)は今日も2人で一緒に
走路内のトレーニングをこなしていました。
JINちゃんも、ヴィーナス卒業後もずっと千鶴さんやAKIちゃんと
オートレースについてアツく語り合ってもらえたらなと思います。


本日の検車場はこれまでと同じように青嶋裕治選手、廣瀬豪彦選手の
マシンに加えてもう1台、別の競走車が停まっていました。


田中竜二選手のマシンでした。前輪だけに毛布がくるまれています。
本日はくもり空ながら寒さのピークは越えて多少気温が高まるそうです。


自身のロッカーへ向かう松永幸二選手(川口)、田中 進選手(飯塚)。
松永選手は船橋オートのウェアを着用していました。

  
そこへ本日1日補充の鈴木一馬選手が「おはようございまーす」と
周囲へ挨拶しながらロッカーに到着。竹中修二選手(飯塚)や
角貝拓海選手、西川頼臣選手が挨拶を交わしていました。


西久保英幸選手(山陽)が利用しています離れのB棟ロッカーでは
毎朝淹れたての自家焙煎コーヒーが振る舞われるために
ロッカールーム内は喫茶店の香りとなっています♪
野上史豪選手や杉本雅彦選手(山陽)、篠崎 実選手(川口)が
まるで喫茶店の常連客のようにコーヒーを愛飲していました。
西久保選手:「遠征レースは3日間だとすぐに帰り支度をしなければいけないし、
かといって5日間だと長く感じるし…この4日間開催が一番ちょうどいいね。
ブンブンくん、噂に聞いたけど浜松の街中にあったコーヒー豆屋さん、
ポンポン亭って言ったかなぁ…あのお店、コーヒー関連は辞めてしまったらしいね。
今は何屋さんになってるの?へー、たい焼き屋さんになってるんだ。
浜松のコーヒー豆で検索すると必ず1・2番目くらいの上位でポンポン亭が
表示されてたから、なくなってしまったのはちょっと残念な感じがするねぇ。」
私もコーヒーが大好きなので、西久保選手があっせんされました時には
浜松市内のコーヒー豆情報を交換したりしています♪


そして本日最終日も選手管理地区内では「おはようございます!!」という
新人選手たちの初々しい掛け声が響いています。
年度末レースではありますが、中2日(3/31)で早くも新年度開催の
前検日がやってきます。新たなレースの幕開けが目の前にやってきています。

posted by ブンブンボーイ at 21:10 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日管杯第19回ヴィーナスカップ 4日目・最終日 〜JIN卒業〜


3/28(木)は浜松オート2023年度ラスト開催、
「日管杯第19回ヴィーナスカップ」の4日目・最終日。
(開門予定時刻10:00、浜松1R試走開始10:35)
浜松の天候は「くもり」、走路状況「良走路」。気温15℃、湿度50%、
走路温度12.4℃、降水確率は午前30%・午後80%と発表。
気象情報によれば午後からの降水確率が80%と報じられており
「優勝戦」が雨になる可能性が高まってまいりました。



本日をもちまして浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんが
4年間をかけましたレースヴィーナスの任務を終えて卒業します。

・開門時、来場者のお出迎えを実施します。
・第6R発売中、イベントプラザにて「輪投げチャレンジ」を実施します。
 JINちゃんが輪投げに挑戦、成功すれば会場にお越しの方から抽選5名様へ
 景品&ツーショット写真をプレゼントします!
※撮影しました写真は現像&保護フィルムに入れて
 当日第12Rの発売締切までに1Fインフォメーションにて差し上げます。
・第7R発売中、1Fインフォメーション前の「未確定車券抽選会」に参加します。
 JINちゃんが景品をプレゼントします♪
・第9R発売中、イベントプラザにて「JINトークショー」を実施します。
・11R発売中、イベントプラザにて「レースヴィーナス卒業式」を執り行います。
・第12R「優勝戦」の終了後、イベントプラザにて「優勝選手表彰式」を
 執り行ない、シャンパンファイトを実施します。

皆さまの応援をよろしくお願いします!



今節はたい焼き・「高木商店」、すっぽんエキス入り浜松餃子・「あまえん坊」が常駐。
どうぞお立ち寄りください。




本日は第12Rに「優勝戦」が繰り広げられます。
浜松新人・森下 輝選手は完全優勝へ王手をかけました。
熱戦にご期待ください!

☆3/28(木) 第12R「優勝戦」


posted by ブンブンボーイ at 08:27 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月27日

日管杯第19回ヴィーナスカップ 3日目のようす





「日管杯第19回ヴィーナスカップ」、シリーズ3日目が終了。

4つの「準決勝戦」が繰り広げられました結果、明日3/28(木)の

最終12R「優勝戦」はご覧のメンバーにて競われます。

浜松新人・森下 輝選手は完全優勝へ王手をかけました。

熱戦にご期待ください!



改めてお知らせです。

本日他落をこうむってしまいました山下知秀選手(山陽)は

打ち身が痛むとのことで身体不良のため明日休場、そして

落因となりました川口女子・伊東玲衣選手は明日罰則休のため

参加解除・早退となります。どうぞご了承ください。





第12R「準決勝戦」、上位1・2着選手が優出となります。

1着2番・深谷 輝選手(浜松)、2着8枠・井村淳一選手(飯塚)





第11R「準決勝戦」、上位1・2着選手が優出となります。

1着8番・藤波直也選手(浜松)、2着4枠・石井大志選手(川口)





第10Rから再び「準決勝戦」。上位1・2着選手が優出となります。

1着8番・谷津圭治選手(伊勢崎)、2着6番・廣瀬勝光選手(川口)





本日の第6R発売中・イベントプラザ「JINちゃんの日替わりゲームチャレンジ」は

パターゴルフに挑戦!練習では何度も外していて「パターって難しいなぁ〜」と

嘆いていたJINちゃんでしたが、なんと!本番になるや1球を外した以外は

全部カップイン!見事お客様へのプレゼントは最大の5名様となりました☆





自分でもびっくりの連続カップインに驚いたJINちゃん、まるで

藤田ニコルさんのようなコロコロとした瞳を輝かせて

思わず「やったぁ♪」と”ベット・オン・ミー”ポーズです☆

当選しました5名の皆さま、おめでとうございました☆

なるべく多くの方々へ幅広くJINちゃんとの思い出を残していただけたら幸いです♪





第9R、浜松女子・北市 唯選手が1番ゼロハンから出場し、掲示板に載る

3着の成績をおさめました。1着は7番・和田健吾選手(浜松)です。





第8R、川口女子・片野利沙選手が1番ゼロハン、伊勢崎新人・浅倉樹良選手が

5番20線から出場し、片野選手は8着の成績、浅倉選手は1級車をまくって先頭に立ち

堂々の1着チェッカー!昨日の雨走路に続いて良走路での1着を獲得し

今節2連勝をあげました!おめでとうございました☆




第6Rは波乱。道中第4コーナーにて4番・今田真輔選手(浜松)が

5番・稲原良太郎選手(山陽)のインコースを差そうとしたところタイヤ同士が接触。

両選手は落車をまぬかれたもののアウトコースへふくらみ、その直後に

後方を走行中の2番・伊東玲衣選手(川口)が7番・深谷俊太選手(浜松)と接触、

両選手の落車を避けきれなかった3番・山下知秀選手(山陽)も他落してしまう

アクシデントが発生。車体が黒潮に残ってしまい公正安全なレースを続けることは

不可能としレース中止の赤旗が振られ、第6Rは競走不成立となりました。

開催3日目の第6Rは全返還となります。どうぞご了承ください。

その後、今田選手は反妨失格の判定となりました。



選手の容態につきましては3選手とも打撲程度、既にロッカーに戻っていますが

山下選手は身体が痛むとのことで本日付で参加解除・早退するそうです。

伊東選手は落因と判定され明日1日罰則休、事実上の参加解除となります。

(落因…落車妨害・他車落車原因の略)





第5R「ランチアタック準決勝戦」、上位1・2着選手が優出となります。

1着6番・田邉 誠選手(川口)、2着7番・佐藤大地選手(浜松)





第4R、1着7番・吉松優輝選手(飯塚)、2着6番・田島敏徳選手(飯塚)、

3着4番・西川頼臣選手(浜松)の確定は7-6-4。





第3R、浜松女子・西 翔子選手が8番40線から出場し、掲示板に載る

2着の成績をおさめました。1着は7番・竹本 修選手(伊勢崎)です。





第2R、浜松女子・金田悠伽選手が6番30線から出場し、掲示板に載る

2着の成績をおさめました。1着は4番・佐伯拓実選手(山陽)です。

なおこのレースは1度目の発走にて3番・別府末彦選手(山陽)がフライング、

再発走となっています。





第1R、浜松女子・交川陽子選手が2番10線から出場し、掲示板に載る

2着の成績をおさめました。1着は6番・鈴木健吾選手(浜松)です。





藤波直也選手。レース以外の選手会としてのお仕事もあるようで

なかなかお会いするタイミグをつかめませんでした。



  

写真左から、下平佳輝選手、青嶋裕治選手。

青嶋選手は先日までの雨走路で2連勝をあげています。





開門来場者お出迎えを実施するために正門へと向かう

浜松オートレースヴィーナスJINちゃん。

なつかしのレースヴィーナス就任時の衣装で登場です☆



こちらの衣装でのJINちゃんは本日が最終回となります。

ぜひ会いに来てください!



  

写真左から、福村唯倫選手(川口)、長谷川 啓選手(川口)。





タイヤをホイールに装着する田方秀和選手(山陽)。

第5R「ランチアタック準決勝戦」に出場します。



  

左から、佐藤大地選手、保永高男選手(伊勢崎)。
第5R「ランチアタック準決勝戦」に出場します。





フロント回りを調べる田中竜二選手。私が近づいていたことさえ

気づかないくらい集中していたようで、目の前に立っていたことに驚いていました。





「日管杯第19回ヴィーナスカップ」、シリーズ3日目はようやく雨雲が去って

青空が戻ってまいりました。気象情報によれば本日は一日晴れるそうですが

また明日、天候が崩れていきそうな予報です。

走路も早朝にて既に良走路に回復していました。





本日の検車場も競走車が1台、そして見えにくいですが

右側にもう1台停めてあるようです。



  

連日早朝から走行練習の準備がしてある青嶋裕治選手と、

廣瀬豪彦選手の競走車でした。青嶋選手のマシンは毛布がくるまれていますが

廣瀬選手のマシンはタイヤウォーマーのみとなっています。

選手によってどれだけマシンを暖めたいかの度合いは違うようです。





検車場を出ると、ちょうど廣瀬選手が自身のロッカーに戻っていくところでした。



  

写真左:毎日早朝からエンジンと向き合っている川原 剛選手(川口)。

写真右:自身のロッカールームへ入る鈴木章夫選手。手前は荷物でいっぱいです。





先日梱包トラックが浜松ロッカーに到着し鈴木圭一郎選手のマシンが

戻ってきましたが、今節は元・船橋所属時代の師匠、滝沢 健選手(伊勢崎)が

圭一郎選手のロッカーを借りて過ごしているため、近場の通路に圭一郎選手の

マシンが停められています。



  

写真左から、フロントを確かめる清岡優一選手(伊勢崎)、

屋外加工場にてタイヤの表面を削る杉本雅彦選手(山陽)。





会話をしながら整備を進めていく、岩永清文選手(山陽)と

田中 進選手(飯塚)。


posted by ブンブンボーイ at 17:29 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日管杯第19回ヴィーナスカップ 3日目・準決勝戦


3/27(水)は浜松オート2023年度ラスト開催、
「日管杯第19回ヴィーナスカップ」の3日目。
(開門予定時刻10:00、浜松1R試走開始10:35)
浜松の天候は「はれ」、走路状況「良走路」。気温12.5℃、湿度44.5%、
走路温度11℃、降水確率は午前40%・午後40%と発表。
ようやく浜松に青空が戻ってまいりました。本日は一日晴れるそうです。



今節は浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんが毎日来場します♪

・開門時、来場者のお出迎えを実施します。本日は初期衣装で登場します。
・第6R発売中、イベントプラザにて「パターチャレンジ」を実施します。
 JINちゃんがパターに挑戦、成功すれば会場にお越しの方から抽選5名様へ
 景品&ツーショット写真をプレゼントします!
※撮影しました写真は現像&保護フィルムに入れて
 当日第12Rの発売締切までに1Fインフォメーションにて差し上げます。
・第9R発売中、イベントプラザにて「JINトークショー」を実施します。

皆さまの応援をよろしくお願いします!



今節はたい焼き・「高木商店」、すっぽんエキス入り浜松餃子・「あまえん坊」が常駐。
どうぞお立ち寄りください。




本日は第5&10〜12Rをかけて「準決勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待ください!


posted by ブンブンボーイ at 08:40 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする