2024年03月12日

伊勢崎 場外発売・2日目&浜松 指定整備日



本日3/12(火)の浜松オートは伊勢崎「グンツチ杯」の場外発売・2日目と

浜松「アメージングカートISK杯」の指定整備日(前々検日)。

浜松の天候は雨、本日は未明からずっとまともな雨が降っていますが

気象情報によれば今夜には雨が止むそうです。

開催地・伊勢崎の天候は「くもり」、走路状況「良走路」。

気温10℃、湿度49%、走路温度19℃と発表されています。

本日は第9〜12Rをかけて「準決勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待ください!





本日は1日をかけて雨が強く降る予報のため、安全面を考慮し

浜松オート正門前の東駐車場は閉鎖することになりました。

貯水池として使われることもある東駐車場は雨量が多いとたちまち

車の底が浸水してしまうほど水が溜まってしまいます。





選手管理地区では大型トラックが所せましと開放の順番待ちをしていました。

先日まで川口オートにて繰り広げられました「GT開設72周年記念グランプリレース」

に出場していました選手の競走車が到着したようです。

雨天時は足元や手元が滑ることがあるため細心の注意を払って

競走車や道具箱を検車場へ運び込んでいました。



  

雨降るなか次々と指定整備参加のため管理地区へ到着する選手の方々。

左から、浜松女子・桝崎星名選手、兵頭寛和選手です。





ロッカー内で一番最初にお会いできましたのは藤波直也選手。

既にエンジン上回りのカムシャフトを外していました。

藤波選手:「今日は夕方に所用があるので、前検日前の点検を早めに

済ませておこうと思って朝早くからロッカー入りしました。」





検車場にて保護カバーをかけたまま停められていましたマシン。

こちらは次々節「日管杯 第19回ヴィーナスカップ」の出場選手と思われます。

ここでクイズ、群青色のフェンダーとガソリンタンクにピンク色のネームタグが

貼られていますが、さてどの選手のマシンでしょうか?

答えは次々節の指定整備日か前検日に発表します♪





前節「第14回浜松観光食堂杯フードアタック」にてデビュー初優出にして初優勝、

しかも全1着の完全優勝を成し遂げました驚異の新人・森下 輝選手も本日の

指定整備に参加。私はオートレーサー人生の思い出に、と優勝戦と表彰式の

写真を森下選手へプレゼントしました。今節はほとんどの浜松S級選手が、そして

飯塚&山陽から強豪選手があっせんされますが、アツいレースに期待しています♪





森下選手の完全優勝表彰式後、ロッカーにてずっと森下選手の帰還を

待っていました同37期の皆さんと記念撮影を実施し、当日のうちに写真を

参加された選手の皆さんへプレゼントしました。

もちろん浜松新人女子・北市 唯選手もそのひとりです♪

北市選手:「ブンブンさん、思い出に残る写真をありがとうございました!」



いつも心の中に”どさんこファイト魂”を燃え上がらせている北市選手。

同期の皆さんで記念撮影を提案しようと、和の中に近づこうとした時、

こんな会話をしていました。

同期選手A:「すごいよな〜、37期。今年1月のデビューでもう優勝だよ。」

同期選手B:「これで何人目だっけ?優勝したのって。」

同期選手C:「確か森下君で3人目。4人目は誰になるだろう?」

すると北市選手が、「もちろん、4人目は私だもん!」と

男性陣の前で堂々宣言♪この時ちょうど北市選手の目線の先にいました私と

しっかり目が合いまして(笑) 私は(その意気込みや良しです!頑張ってください!)

とばかりにウンとうなずきながらあたたかな視線を贈ると、北市選手は

見られちゃったとばかりに頬を赤くして(てへへ…)と恥ずかしがっていました(笑)

いえいえ、オートレーサーはプロのレーサーですから、そのくらいの気骨がないと☆

夢の初優勝の瞬間、ぜひとも写真におさめさせてくださいね!





弟子の頑張りを陰ながら支え・応援する師匠の姿あり、ということで

北市選手の師匠、柴田紘志選手も指定整備に参加。

エンジンメンテナンスを無言のまませっせと進めていく一方で

いつ北市選手に作業の分からないことが発生しても対応できるよう

どっしりと構え、指定整備に付き添ってくれているようでした。





伊勢崎の超新星・浅倉樹良選手に次いで37期生の優勝2番目となりました

飯塚新人・福岡 鷹選手は前節の浜松「第14回浜松観光食堂杯フードアタック」では

練習参加としてロッカー入りしていましたが、今節はいよいよ正規の出場選手として

あっせんされています。工具と競走車はそのままロッカーに残してある状態です。

同じく飯塚新人・石橋啓士選手も前回浜松の練習参加を経て

今節正規の出場選手として初の浜松レースに臨みます。

熱戦にご期待ください!



  

さらに、今節は山陽36期生4名全員(石田啓貴選手、祐定 響選手、古谷 匠選手、

三宅真央選手)が参戦。若獅子杯にも似たフレッシュライダー同士の対決も注目です。





先月の川口「SG第37回全日本選抜オートレース」にて6日間に及ぶ激走を制し

みごと優勝を成し遂げました浜松ライダー・金子大輔選手が今節参戦。

金子選手のロッカーの周囲は大量のタイヤと梱包箱でひしめき合っていました。





若手選手たちの前準備作業が目立つ本日の指定整備となりましたが、ひとり

レジェンドライダー・上村敏明選手が参加をして部品の清掃を行なっていました。





前検日1日だけでは作業時間が足りない…という、クランクやメタル、ケースなど

エンジン下回り整備に踏みきる選手は指定整備に参加することが多く、

本日と明日前検日の2日間をかけてエンジンを組み上げ、試し乗りをしてみる、

という流れになります。本日クランク組み立て室は鈴木宏和選手が利用している

ように見えましたが、私たち取材陣はこの部屋に立ち入ることはできません。

この部屋の使用時は不正パーツ等を組み込まないようにと

レーシングスタッフが常時監視をしています。





指定整備日はお昼から午後3時までラッピングや当たり付けなどの試し走行が

認められていますが、本日はカメラのピントが雨粒で合わせられないほどの

大雨となっていた影響でほとんど走行に参加する選手はおりませんでした。

気象情報によれば浜松は明日以降、しばらく晴れ続けるそうなので

本格的な走行練習は明日の前検日に盛んに行なわれるでしょう。





指定整備には他にも青嶋裕治選手や落合 巧選手、米里崇徳選手、

早津圭介選手、牧野竜人選手、浜松女子の金田悠伽選手や

西 翔子選手も参加しており、ここ最近の指定整備日のなかでも

かなり平均年齢の若い選手で集まっていました。





そして飯塚新人・福岡 鷹選手も浜松ロッカーに到着。

各先輩選手のロッカーを準備するためひとつひとつ梱包箱を開けていました。

「自分の飯塚での優勝は、湿走路のなか40mのハンデがあったこと、

ナイターの7車立てだったこと、など好条件が揃っていたというだけで、

浜松での良走路では、いや〜…どうなりますかね(苦笑)

でも3日間頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!」





さらに「九州から浜松まで長いですね!5時間くらい、かな?…かけて

再び浜松にやってきました」と、飯塚新人・石橋啓士選手もロッカー入り。

「同期のみんながめっちゃ速いですからね、次々と優勝を決めて

負けてられないと思いますが、自分は前回の浜松練習参加の際、走行練習で

落車をしてしまったので…まずは今一度車両の点検をします。

ぶっつけ本番のレース参戦じゃなくて、練習参加でまず浜松走路を走れたのは

良かったかもしれません。浜松走路の感触は決して悪くはないと思ったので、

明日の前検日に間に合うよう点検を済ませて、早く走り込みがしたいです!」



撮影の際にポーズをキメてくださった石橋啓士選手、ありがとうございました♪





本日の作業はここまで。選手は決められた時間内でしかロッカーに常駐できず、

管理地区を出ないといけません。その後スタッフが点検をして施錠となります。



おや、真ん中の通路で若手の参加選手たちが集まっているようですが…





兄貴分である柴田紘志選手が若手選手たちへ「いいかい、流しなどは

みんなが共有で使うところだから、1日の終わりにはこうして水しぶきだけでも

軽く拭いていってあげるのが思いやりというものだよ。『来た時よりも美しく』、

『立つ鳥 跡を濁さず』ってね!」と、

先輩みずから流し台を掃除しているではありませんか♪



エンジン整備とはまた別の”真心”部分も次の世代へ受け継がせる、

よきお兄ちゃんを発揮していました☆



明日は前検日となります、どうぞお楽しみに♪


posted by ブンブンボーイ at 16:44 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月09日

川口「GT開設72周年記念グランプリレース」場外発売・4日目


本日3/9(土)は川口「川口市制施行90周年 サンケイスポーツ杯
GT開設72周年記念グランプリレース」の場外発売・4日目。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:25)
浜松の天候は「晴れ」。ご覧の通り青空が広がっていますが気象情報の通り
強烈な風が吹き荒れています。開催地・川口も天候「晴れ」、走路状況「良走路」、
気温7℃、湿度41%、走路温度14℃と発表されています。


場内では本日と明日の2日間、イベントプラザ付近にて
スカパー!のPRブースが出展します。
新規入会キャンペーンを実施、詳細はブースへおたずねください♪


本日は第9〜12Rをかけて「準決勝戦」が繰り広げられます。
浜松オートより佐藤貴也選手、金子大輔選手、木村武之選手、
伊藤信夫選手、鈴木圭一郎選手の5名が出場を果たしました。
熱戦にご期待ください!

posted by ブンブンボーイ at 10:41 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月06日

第4回アメージングカートISK杯 イベント追加情報


近況活躍が目覚ましい浜松オートからニュースです!
浜松オートの次節は3/14(木)開幕の「第4回アメージングカートISK杯」ですが
初日となる3/14(木)の第6R発売中・CS放送にて、先月の川口6日間頂上決戦・
「SG第37回全日本選抜オートレース」の覇者、金子大輔選手の出演が決定!
”SG優勝報告会”と題し、優勝戦VTRをもとに当時のレースを振り返っていただきます。



そのほか開催イベントの詳細は浜松オートオフィシャルサイトにて!

posted by ブンブンボーイ at 14:44 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月05日

第14回浜松観光食堂杯フードアタック 3日目のようす



小雨降る湿走路での決戦となりました浜松オート3日間開催、

「第14回浜松観光食堂杯フードアタック」・最終12R「優勝戦」は6周回にて競われ、

浜松新人37期生、森下 輝選手が1級車600ccの最速タイムに並ぶ

3.65を2級車500ccでマークし、全天候型の走りを披露!





地元最初の勝ち上がり権利を得ました今開催で「初の優勝戦進出」、

初優勝」、シリーズ全1着の「完全優勝」という3つの快挙を成し遂げました!





「完全優勝、おめでとう!」と、ファイティングゲートに凱旋しました森下選手を

出迎えましたのは、なんと森下選手の師匠である鈴木健吾選手です。



健吾選手は弟子が初優出にして初優勝を決めるかもしれないと聞いて、

今節は非あっせんでしたが師匠の立場として管理課より許可証を申請し

優勝戦を応援に駆けつけていたのでした。さらに記念撮影に

参加してくださいました、(左から)齋藤正悟選手、牧野竜人選手。



写真には写っていませんが、小林悠樹選手や兵頭寛和選手など

同じグループの仲間たちがこぞって祝福に集まってくださり、

森下選手も目頭をアツくさせているように見えました。





そして勝利のウィニング・ラン。

きっと森下選手をモトクロッサー時代から応援しているファンの方も

本日は「優勝戦」出場と聞いて応援に駆けつけていたことでしょう。

「優勝おめでとー!!」と、場内に響くほどの祝福の声があがっていました♪





表彰式はイベントプラザにて執り行われました。

株式会社 浜松観光食堂 代表取締役 平田隆康様と一緒に。



勝利のコメントです。

「優勝戦に向けてエンジンの中身もセッティングも、これまでと特別な変更はなく

タイヤだけグループの方々から「新しいやつを入れたほうがいいよ」と

アドバイスを頂いて、雨用に変えました。

試走での乗り味は確かに良かったです、でもまさか計測された数値(3.65)まで

出ているとは正直思っていなかったので、タイムを聞いて自分でもびっくりしました。



スタートはけっこう、うまくキマったんじゃないかなと手応えを感じました。

湿走路での「優勝戦」となりましたが、緊張して身体が固くなると絶対に

滑るだろうなと思ったので、リラックスをして余計な力を抜いて、コースを外さない

ことだけを意識して走りました。チェッカーを受けた時は目の前にゴールが

広がって、「わぁ・・・」って気持ちになれましたね、優勝できたんだなぁって(笑)」





写真:森下選手が表彰式を終えてロッカーに帰ってくるまで、

同期の仲間選手たちが待ってくれていました。

オートレースの新時代を担っていく若武者たちです♪



「師匠やグループの先輩がた、そしてフェンス越しにお客さまからも

たくさん祝福してもらえて、とても感動しました。

目標としている優勝ができて、次からも負けないような走りで連勝を重ねていって

お客さまからもっともっと応援してもらえるような選手を目指していきますので

応援よろしくお願いします!」



浜松新人・森下 輝選手、初優出・初優勝・完全優勝のトリプルスコア、

おめでとうございました☆













最終12R「優勝戦」の試走。発走予定は16:35ファンファーレです。

※本日はシーサーブログサーバーがメンテナンス作業のため

 一時更新がとだえました。スレッズインスタグラムにて

 随時更新を行ないましたので、どうぞご覧ください。





第11R「特別選抜戦」、1着1番・齋藤正悟選手(浜松)、

2着3番・青山文敏選手(飯塚)、3着8番・中村友和選手(浜松)の確定は1-3-8。





第10R「選抜戦」にて1番ゼロハン・桝崎星名選手(浜松)が先頭をキープしての

走行中、第4コーナーにて単独のスリップ落車を喫してしまうアクシデントが発生。

レースは続行し、1着は5番・鈴木静二選手(浜松)。



桝崎選手は自ら起き上がり外周へ避難、ファイティングゲート(入場門)まで

歩いて一礼し退場しました。

容態は打撲程度で大事には至らず、このまま帰宅するとのことです。







浜松オートの次節は3/14(木)〜16(土)の3日間開催、

「第4回アメージングカートISK杯」です。既に浜松オートオフィシャルサイトにて

イベント情報を掲載しています。どうぞご覧ください♪




オートレーサーデビューから現在も負けなしの13連勝と記録更新中の超新星、

今節浜松オートにて練習参加としてあっせんされていました

浅倉樹良選手(伊勢崎)へお話をうかがうことができました。



浅倉選手:「浜松オートのロッカーはとても穏やかで過ごしやすく、

開催の作業が大変だったことよりも皆さんと過ごせて楽しかった!という

気持ちのほうがはるかに上回りましたね(笑)



自分はずっとポケバイに乗っていてロードレースも少々経験があるのですが

その分だけスピードに関しては慣れがあるかな…と思うくらいで、エンジンの整備に

関してはバイク未経験の方と同じ一律でのオートレーサーデビューだと思います。



これまでバイクに乗ってきた方のほうが競走車との違いに困惑するかもしれません。

自分はエンジンの付いている自転車に近いかな?と思っています、

速度&回転メーターも、セルもブレーキもついていませんからね(笑)

それだけに目に見えて正確なデジタル機器が搭載されてない分、

全て自分の五感でエンジンの調子の良し悪しを探って感じていくところに、

オートレースの奥深さや面白さがあるのだと思います。

浜松オートでレースができる日を楽しみにしています!」



浅倉選手にとって今回の浜松遠征はとても感触の良かった3日間だったようです♪

今後の活躍も注目してまいりましょう☆





今節協賛・浜松観光食堂さんのラストイベントは第6R発売中、

1Fインフォメーション付近にてあったかい「特製とん汁」をプレゼント♪

未確定車券か未確定投票受付明細(はまりっちレシート)、たった100円分の

ご提示でご賞味いただけるというオイシイイベントです☆

先着100名様限定、ぜひあったまってください♪





第5R「ランチアタック特別一般戦」にて7番・竹谷 隆選手(飯塚)が前方を走る

4番・田中輝義選手(飯塚)を内側からさばこうとしたところ後輪と接触、

竹谷選手が右に極まる落車を喫してしまうアクシデントが発生。

レースは続行し、1着は1番・野田光宏選手(浜松)。

審議の結果、竹谷選手は落妨失格となりました。



竹谷選手は自ら起き上がり外周へ避難、到着しました救急車へ乗り込みました。

容態は打撲程度で大事には至らず、このまま帰宅するとのことです。





石川哲也選手(伊勢崎)。前回地元伊勢崎の最終日にて自落を喫してしまい

今節は指定整備日から修理を行なっていましたが、仲間の手伝いのおかげもあり

優出することができたそうです。

石川選手:「まだエンジンに足りないと感じる部分もあるので最後まで頑張ります。」




「昨日は朝練習中に他の選手の走行車へ合わせに行こうと思ってスリップ落車を
してしまったのですが、ご迷惑をおかけしました。あれから修理が間に合い、
なんとか優出できたのでよかったです。」と、花田一輝選手。
身体は大丈夫とのことでした。


今節3日間、練習参加として浜松にあっせんされていました”時の人”、
伊勢崎新人・浅倉樹良選手。毎日先輩選手の整備の手伝いと自身の整備とで
お話しする時間がまったくありませんでしたが、武者修行中の新人選手とは
本来話しかけられないくらいの多忙さで通常なのかもしれません。
浅倉選手は先日他落を被ってしまった縫田雅一選手(川口)の
マシン修理に時間を注いでいました。


吉田富重選手のタイヤ交換を手伝う橋本陽介選手。
周囲は交換用のタイヤでいっぱいです。


左から、田中竜二選手、西川頼臣選手、角貝拓海選手。
同じグループのメンバーで鈴木圭一郎選手もこちらに所属しています。


浜松オート3日間開催、「第14回浜松観光食堂杯フードアタック」は
あっという間に本日がシリーズ最終日。第12Rに「優勝戦」が繰り広げられます。
青島正樹選手、浜松新人・森下 輝選手は完全優勝へ王手をかけました。
熱戦にご期待ください!浜松の今朝はくもり。気象情報によれば
降水確率が70%と午後は雨の可能性がかなり高まっています。
ちなみに優勝戦8車による近況の湿走路3連対率は、
森下選手100%、金田選手11.1%、長谷選手50%、花田選手10%、
石川選手60%、辻選手61%、青島選手54%、松本選手50%です。
どうぞご参考に。


本日も曇っていて日照がないためにかなりの肌寒さを感じます。
シリーズ最終日も選手たちは欠かさず走路内での運動を行なっていました。


これまで賑やかだった検車場ですが、本日は上村敏明選手、
鈴木辰己選手のマシンだけが停めてありました。
両選手ともに先月のオートレース選手表彰式にて通算1500勝(辰己選手)、
1000勝(上村選手)を達成し表彰を受けました、浜松が誇るレジェンドライダーです。


ロッカー内では今節優出を果たしました松本やすし選手(伊勢崎)が
真っ先に整備を開始していました。晴れと雨、どちらのレースになっても良いように
タイヤのストックを作っているところでした。


押田和也選手(伊勢崎)。今節はもう使わない道具やタイヤを梱包していました。


フロントタイヤを確認する清水 卓選手(伊勢崎)。


背中を丸めて整備に没頭する山浦博幸選手。
今朝はユーモアいっさいなし、というような真剣な表情でした。


屋外の加工場にてタイヤの表面を削る柴田紘志選手。


選手宿舎前の試走場では前回の川口開催(〜3/2)に出場しました
選手の競走車でしょうか、梱包トラックが到着しプレハブ小屋へ遠征道具を
運び込んでいました。本日の開催が終了するまでは今節不在のロッカーも
倉庫代わりに使われているため、離れの小屋への一時保管となります。

posted by ブンブンボーイ at 18:20 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第14回浜松観光食堂杯フードアタック 3日目・最終日


3/5(火)は浜松本場開催「第14回浜松観光食堂杯フードアタック」の3日目。
(開門予定時刻10:00、浜松1R試走開始10:35)
浜松の天候は「くもり」、走路状況「良走路」。気温10.5℃、湿度41%、
走路温度7.6℃、降水確率は午前70%・午後70%と発表。
気象情報によれば午後から雨の可能性が非常に高くなっています。




本日は第6R発売中、1Fインフォメーション付近にて
浜松観光食堂特製の「豚汁」を先着100名様に配布します。
100円以上の未確定車券か未確定投票受付明細(はまりっちレシート)を
会場へご提示ください。豚汁がなくなり次第終了です。



今節はケータリング・移動販売の出店はありません。




本日は第12Rに「優勝戦」が繰り広げられます。
青島正樹選手、浜松新人・森下 輝選手は完全優勝へ王手をかけました。
熱戦にご期待ください!

☆3/5(火) 浜松第12R「優勝戦」


posted by ブンブンボーイ at 08:32 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする