2024年04月06日

第42回中日新聞東海本社杯 編集後記


桜が見頃のなかでの開催となりました4/1〜3の浜松オートは
2024年度の開幕戦、「第42回 中日新聞東海本社杯」。
浜松のエース・鈴木圭一郎選手が堂々の”完全優勝”を成し遂げました。


優勝戦の1着チェッカーを受けてファイティングゲートに凱旋しました
鈴木圭一郎選手でしたが、最初にお出迎えで待っていましたのは同門の後輩、
角貝拓海選手ただ一人。今節はグループメンバーが勢ぞろいで
あっせんされていましたが…。圭一郎選手も「みんな来てくれない…」と
少々さみしげの様子でしたが、すると。


角貝選手とのツーショット撮影が終わりましたちょうどその時。
「いや〜!ロッカー内でモニターを見ていたら、ウィニング・ランをやる雰囲気じゃん!」
と、野田光宏選手をはじめ西川頼臣選手、グループの親方・田中竜二選手が
駆け足で圭一郎選手のもとへとやってきたではありませんか。

西川選手:「勝負服や車番(番号札)に雨粒がつくくらいの雨だったから、もう
ウィニング・ランはあきらめると思って、ロッカー内で帰ってくるのを待ってたんだよ。
そうしたらスタッフから「圭一郎さんの希望でウィニング・ランをやります!」って
言われて。慌てて出てきたよ(苦笑)」

ロッカーメイトの先輩がたは圭一郎選手のロッカールームの前に集まって
圭一郎選手が帰還するのを待っていたのでした。

ですがこの程度の小雨くらい、きっと圭一郎選手はフェンス越しに待つ
ファンの皆さまのために「ウィニング・ランは、もちろんやります!」と、
快諾するはずだと角貝選手は信じていたのでしょう。
そのため角貝選手だけはファイティングゲートに待機していたのでした。

そのため、撮影が2回撮りになったこともあり、CS放送のエンディングは
少々詰まった感じになってしまいました。。どうぞご了承ください。


鈴木圭一郎選手、「第42回中日新聞東海本社杯」完全優勝、
おめでとうございました☆

posted by ブンブンボーイ at 11:32 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする