2024年05月12日

GT開場68周年記念ゴールデンレース 5日目のようす



「遠鉄グリーンカップ GT開場68周年記念ゴールデンレース」、最終12R「優勝戦」は

一時雨が降ってしまうかと心配されたくらい微妙なくもり空の8周回にて競われ、

最重ハンの8番10線・鈴木圭一郎選手(浜松)が8周戦を制して1着チェッカー!





昨年に続く「GTゴールデンレース」2連覇を達成、そして5日間シリーズ

全1着の完全優勝を成し遂げました!





圭一郎選手の凱旋を出迎えましたのは同期の親友、吉原恭佑選手(伊勢崎)。

お互い多くを語らずとも分かり合える、勝手知ったる間柄です。





そして勝利のウィニング・ラン。

フェンス越しにはたくさん鈴木圭一郎選手の応援タオルを振って祝福するお客様がおり

圭一郎選手は何度も「ありがとうございます!」と手を振ってお礼にかえていました。





優勝選手表彰式はイベントプラザにて。

浜松市 副市長、長田繫喜様より小切手パネルを授与された圭一郎選手。

「次節(5/16〜20開催、「第3回 うなぎの井口杯」)では新しいエンジンに

乗り替わります。まだどうなるかは分かりませんが、今節と同じような動きが出せる

エンジンに仕上げたいと思いますので、応援よろしくお願いします!」





写真:勝利の噴水、シャンパンファイト。オートレースを総括する財団法人・

JKAさんより圭一郎選手の優勝戦ならびに表彰式の写真を特集記事の挿絵用に

分けてほしいという依頼がありますので、これから仕分けしてお送りします。

オートレースJPの記事&写真もどうぞご覧ください♪



鈴木圭一郎選手、「遠鉄グリーンカップ GT開場68周年記念ゴールデンレース」

完全優勝&2連覇、おめでとうございました☆













GT5日間をかけて走路情報や選手情報を伝えて下さった

CS中継・垰口美穂子さん。今節もありがとうございました!





そして最終12R「優勝戦」の試走。

発走予定は16:50ファンファーレです。

熱戦にご期待ください!





第11R「特別選抜戦」、1着5番・平田雅崇選手(川口)、

2着6番・伊藤信夫選手(浜松)、3着3番・青島正樹選手(浜松)の確定は5-6-3。





第11R発売中、イベントプラザにて「予想業組合によるレース予想解説会」を実施。

最終日の担当は明朗社さん、第11Rと第12Rの予想を解説して頂きました。

「特別選抜戦」と「優勝戦」、GTトップ2のレース展開を解説していただけるとあって

拝聴するお客様の数がものすごいことになっていました!





第10R「選抜戦」、1着8番・佐藤貴也選手(浜松)、

2着4番・藤波直也選手(浜松)、3着1番・和田健吾選手(浜松)の確定は8-4-1。





本日ラストの「GTオリジナルQUOカードの当たる未確定車券抽選会」は

第8&9R発売中、イベントプラザにて。

当日1,000円分の未確定車券か未確定投票受付明細(はまりっちレシート)を

会場へご覧いただければ1回、スロットゲームに挑戦できます。

全てプレゼント次第終了となります、当選しました皆さま、おめでとうございました☆





土日をかけてお送りしてまいりました「スイーツマルシェ in浜松オート」は

16:30をもちまして終了となります。オイシイお買い物はお早めに!





イベントステージからの退場時、お客様の声援に応えようと手を振る

小林瑞季選手(川口)と篠崎 実選手(川口)。

弾丸ミッキーこと篠崎選手は今年75歳の鉄人ライダーです。

瑞季選手は開催2日前の指定整備日からロッカー入りをして整備を頑張りました。





セレモニーでは「優勝戦」にかける意気込みを一言いただき、ラストには

プレゼントと交換できるカラーボールの投げ込みが行なわれました。

皆さまの応援をよろしくお願いします!





第6R発売中、イベントプラザにて「優勝戦出場選手セレモニー」を実施。

みごと5日間をかけて勝ち上がりましたファイナリスト8ライダーの勇姿です。







浜松オートの次節は3日後が前検日、中3日での5日間開催・「第3回うなぎの井口杯」

が開催。前回に好評を博しました、場内のケータリングや食堂にて

「うなぎの井口」のうなぎを使ったコラボメニューの限定販売を今回も実施。

浜松のうなぎを安価で味わえる大チャンスです♪

5/19()の「未確定車券抽選会」も1等が”うなぎの井口 詰め合わせセット”と

豪華絢爛。一足早い夏の気候の到来で体調を崩しがちですが、それならばと

一足早い”土用の丑の日”としてうなぎメニューを食べてスタミナをつけましょう♪

次節もどうぞお楽しみに☆





第5R、浜松女子・西 翔子選手が2番10線から出場し、掲示板に載る

3着の成績をおさめました。1着は1番・栗原佳祐選手(浜松)です。





浜松オートではGTに引き続き「GU第2回浜松記念曳馬野賞」(6/19〜23開催)の


選手応援幕を5/8(水)から受付開始しています。




現在の「GTゴールデンレース」終了後、こちらで応援幕を一時保管しての

来月GU連続掲載も可能ですが、必ず本日5/12()までに

電話での連絡をお願いします。なお、浜松連続掲載をご希望の場合、


川口「GU川口記念」や伊勢崎「GU稲妻賞」での掲載はできなくなります。

詳細は浜松オートオフィシャルサイトにて。





1Fインフォメーション前の「初心者講座」ブースでは

はじめてオートレースの予想に挑戦するお客様へ

マークシートの書き方などを優しくレクチャー。まずは当てやすい複勝や

単勝などからチャレンジしてみてはいかがでしょうか♪





B棟ロッカーの一番奥にて虎視眈々と整備を続ける荒尾 聡選手(飯塚)。





運転席はまるで飛行機のコックピットのようにボタンでいっぱいです。

旧式のバスは観光旅行の移動中、お客様へ見せる&聞かせるDVDやCDデッキなどの

スイッチやテレビの開閉は、添乗員さんの座る場所にコントローラーが付属していた

そうですが新型バスでは添乗員さんがいなくても運転手さんが操作できるよう、

社内サービス用のコントローラーも運転席に一括して含まれているのだそうです。



こちらの運転席、係員さんに一言言えば座らせてもらえるそうなので、お子様に

遠鉄バスの運転手さん気分を体感させてあげるのも良いかもしれませんね♪





遠鉄の新型観光バス展示ブース。外見だけでなく、

バスの車内まで見に行くことができます。





第1R、レース後に審議がかかり、3番・柴山信行選手(川口)は反妨失格の

判定となりました。1着は5番・田中正樹選手(飯塚)です。



  

弾丸ミッキーこと篠崎 実選手(川口)。今節みごと優出を果たし、1番ゼロハンから

出場します。岩田選手と同じく篠崎選手にも毎回あっせん時にはお世話になっており、

整備をしている最中でも「兄ちゃん!電気バイクをここまで持って来いよ!

調子を見てやっから!」と、私が愛用している電気バイクのメンテナンスまで

見てくださいます。おかげさまで電気バイクはすこぶる元気です(笑)

篠崎選手:「俺ぁまた来月(6/6〜9)の浜松アーリーレースに呼ばれてっからよ、

そん時ぁまたバイクを見てやっから、兄ちゃんはそれまで少し痩せときなよ!(笑)」





1Fインフォメーション前では「はじめてのオートレース」ブースと題し、

初心者講座を行なっています。10分程度の解説と遊び方のパンフレットを

お渡ししますので、浜松オートへのご来場が初めての方はぜひお立ち寄りください☆





本日まで場内のメインスタンド北側通路では「スイーツマルシェ in浜松オート」と題し

選りすぐりの絶品スイーツ・キッチンカーが集結しています♪

レース観戦とともにお食事もお楽しみください☆





本日シリーズ最終日はさらに開門先着プレゼントとして

「スポーツ新聞」、「遠州鉄道オリジナルウェットティッシュ」のほかに

遠州鉄道オリジナルハイチュウ、”エンテチュウ”が配られました♪

森永製菓と遠州鉄道のコラボ・ソフトキャンディです☆



  

写真左:最終日の整備を進める平田雅崇選手(川口)。

写真右:ハンドドリップでコーヒーを淹れる岩田行雄選手(伊勢崎)。今節GTでは

ほぼ毎朝、ロッカーへ「今日もよろしくお願いします」と挨拶に向かうと岩田選手は

「一杯飲んでいくかい?」とコーヒーを淹れてくださいました。今日は

「昔、浜松オートには宮本政尚さんというトライアンプ乗りの大先生がいてね。

俺もトライアンプへの乗り換えが認められてから、整備から乗り方からいろいろと

宮本さんに教えてもらったっけなぁ…伊藤力示さんよりも前、期前の大先輩だよ」

と、コーヒーを片手にお話してくださいました。





どんよりとした雲に覆われました、浜松オートは「遠鉄グリーンカップ

GT開場68周年記念ゴールデンレース」のシリーズ5日目・最終日。

浜松の今朝は「くもり」、走路状況「良走路」。ご覧の通り直射日光が遮られるほどの

くもり空となっており、走路温度の急激な上昇は起こらないものと思われます。





ロッカー内のいたる通路にまとめられていました、タイヤの串。

本日のレースを終え次第、梱包トラックに積み込む準備が進められています。







今朝の検車場は1台のみ停めてありました。





鈴木圭一郎選手のマシンです。一時期エンジンオイルを温めるヒーターの

ファンか軸が曲がっていたのか、カタカタと小さな音がしていましたが

修理が済んだのでしょう、本日は静かに回っていました。



  

写真左:出走表を手に取る米里崇徳選手。

写真右:朝練習を前にしたセッティングをする浜松新人・森下 輝選手。





いつもなら山浦博幸選手や柴田紘志選手の談笑の声が聞こえる

選手ロッカー右側通路ですが、最終日の今朝は静かな雰囲気に包まれていました。





GTの5日間を振り返るように会話をする、浜松女子・西 翔子選手、

永島潤太郎選手(山陽)、伊藤正真選手(伊勢崎)。





鈴木宏和選手のマシン。本人は既にロッカールームに入っていました。



  

写真左:タイヤの表面を削る小林瑞季選手(川口)。

写真右:工具に囲まれて整備に集中する佐藤 励選手(川口)。





フロントタイヤを確認する鈴木章夫選手。





一心に整備を進める田中正樹選手(飯塚)。シリアスです。



  

写真左:タイヤの表面を削る岩科鮮太選手。

写真右:先輩ロッカーへ挨拶にまわる栗原佳祐選手。左は押田和也選手(伊勢崎)。





B棟ロッカー。田邉 誠選手(川口)がコーヒーミルを使って豆を砕いての

本格コーヒーを淹れており、角南一如選手(川口)や田中 進選手(飯塚)が

およばれにやってきていました。皆さん同じ27期の選手です。





写真は先日のニコニコ生放送youtube ライブ配信のようす。

元・浜松女子ライダーの岸 萌水さん、元・川口女子ライダーの益 春菜さんが

ゲスト来場とあって、時間の合間をみてスタジオまで会いに行きました。

先日の第10〜11Rくらいでしたでしょうか、放送中にお三方が右方向を向いて

「あぁ!」という表情をみせた時は私がスタジオ入りした時です(笑)



本日のライブ配信は「オートレースガチ予想」と題し、ボートレースより幸田智裕選手、

競輪より山中貴雄選手、オートより解説役で釜本和茂さんが参加します。

MCは引き続き千鶴さん、AKIちゃんです♪どうぞご覧ください☆


posted by ブンブンボーイ at 18:01 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遠鉄グリーンカップGT開場68周年記念ゴールデンレース 5日目


5/12()は浜松オート伝統の一戦、「遠鉄グリーンカップ GT開場68周年記念
ゴールデンレース」の5日目。(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:15)
浜松の天候は「くもり」、走路状況「良走路」。気温19.7℃、湿度64%、
走路温度18.8℃、降水確率は午前30%・午後30%と発表。
開催5日間のうち一番どんよりとした雲に覆われた朝を迎えました。
気象情報によれば雨は18時以降に降りだすそうで、本日「優勝戦」まではくもりのまま
続きそうです。直射日光のない分、走路温度の上昇は緩やかになるかもしれません。



本日は浜松オート・新レースヴィーナスの「ちとせよしの」さんが来場します。
開門時に来場者の出迎えを実施、第2R発売中・イベントプラザにて
トークショーを実施、第3&10R発売中、イベントプラザにて
「オートレース初心者教室」を実施します。
皆さまの応援をよろしくお願いします!



今節はたい焼き「高木商店」、すっぽんエキス入り浜松餃子「あまえん坊」、
焼き鳥「鳥好」、広島焼き「夏目商店」、昔なつかし「駄菓子屋さん」が常駐。
どうぞご賞味ください!


本日第6R発売中、イベントプラザにて
「優勝戦出場選手セレモニー」を執り行います。
皆さまの応援をよろしくお願いします!



本日まで場内にて「スイーツマルシェ in浜松オート」が開催。
東西自慢のスイーツをどうぞご賞味ください☆





本日は第12Rに8周回の「優勝戦」が繰り広げられます。
鈴木圭一郎選手は完全優勝へ王手をかけました。
レース後、ウィニング・ラン〜イベントプラザにて表彰式&
シャンパンファイトを実施します。
熱戦にご期待ください!

☆浜松 第12R「優勝戦(8周回)」


posted by ブンブンボーイ at 08:23 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする