2010年09月20日

浜松オート深夜便 〜SGグランプリ2日目〜  ※追加あり


写真は午後7時半を回ろうとしている浜松ロッカーのようす。
CS放送チームは選手全員の整備情報を手に入れるために手分けをしての取材を続けており、
その奥では本日落車を喫してしまった選手のマシンを今日中には修理してしまおうと
レース後も休みなしの作業が続いております。

ここで最新の選手容態情報を。本日落車を喫してしまった
山際真介選手、池田政和選手、岩田行雄選手、松尾啓史選手の容態につきまして、
山際選手は右足打撲、池田選手は左手および左前腕の打撲、
岩田選手は左肩および胸部の打撲、松尾選手は右手および右腰の打撲と診断。
奇跡的に骨折などは見られないとのことで、午後7時15分、4選手全員が無事に
病院から選手ロッカー・ファイティングゲート前へと帰ってまいりました。

最後に搬送用車両から降りました岩田行雄選手へ、わたしは
「お手をお貸しいたしましょうか、何かお手伝いできることは」と言葉をかけると、岩田選手は
安堵の表情を浮かべて、「いや、大丈夫だよ。ありがとう。」とお返事。
岩田選手はロッカーメイトへ「落車をしてしまったレースの復習がしたい。」と、当時の様子を
振りかえる談義を行っておりました。各選手とも、包帯やテーピングこそしておりますが
仲間同士で会話を交えており、ひとまず安心といったところです。

※ここでおしらせ。
一夜明けた9/21(火)、岩田選手は右肩のあたりに違和感があるとのこと、
参加解除をして今一度診察をうけるそうです。

posted by ブンブンボーイ at 19:51| Comment(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。