2015年10月28日

第2回HK交通タクシー ブルーラインカップ 3日目のようす


明日10/29(木)の最終12R「優勝戦」はご覧のメンバーにて競われます。
熱戦にご期待ください!

なお、本日第1Rに落車を喫してしまった野村 武選手は骨折等はみられませんでしたが
身体の不調を訴えて明日休場、本日補充の齋藤正悟選手が引き続き出場するとのことです。


第12R、1着8枠・中村友和選手(浜松・32期)、2着1枠・小松久二一選手(浜松・10期)


第11R、1着6枠・今田真輔選手(浜松・29期)、2着1枠・岸 萌水選手(浜松・32期)


第10Rから再び「準決勝戦」。上位1・2着選手が優勝戦へとコマを進めます。
第10R、2着戦が接戦となり、ぎりぎり8枠がゴールラインへ滑り込み。
1着2枠・西崎洋一郎選手(山陽・22期)、2着8枠・柴田健治選手(浜松・27期)

  
コーヒー通オートレーサーでおなじみ、山陽ライダー・西久保英幸選手。
ひと仕事終えたあとにコーヒーを淹れて一服するのが日課となっております♪
「せっかくロッカーへ寄ってくれたき、コーヒーを飲んでおいきなさい。今日の豆はグァテマラやけ♪」
というわけでハンドメイドのコーヒーをご馳走になりました(笑)ごちそうさまです☆


浜松は先日の深夜に雨がひとしきり降った影響で、今朝方は路面がびっしり濡れておりました。
ところが朝を迎えると、あっという間に周囲は乾いてしまい、かつ、日中は気温が上昇して
半袖でも過ごせる初夏のような陽気となりました。マシンの湿気を取り払うために
管理地区の至る所でマシンの天日干しが見られ、まるで駅前の駐輪場のようです(笑)


明日の開催最終日は第3Rに「走路内観戦」が行われます。
第1R発売中、インフォメーション前にて「参加者抽選会」を実施。当選者20名様を
選手管理地区へとご案内します。さらに、参加20名様の中から抽選で
第6R試走時の”ラッピングジャンボタクシーによる試走先導”へ乗車体験ができます。
まずは第1R発売中・インフォメーション前の走路内観戦抽選会にご参加ください!
※赤系統の衣服の着用はご遠慮ください


第5R「ランチアタック準決勝戦」、上位1・2着選手が優出となります。
1着2枠・中野 肇選手(浜松・17期)、2着6枠・鈴木健吾選手(浜松・28期)

  
写真左から、小林啓二選手、満村陽司選手。ともに山陽ライダーです。


「片野さん、先日のレースはあのイン差しが勝負どころでしたね!」
今節のCS放送にて司会&実況を担当している小林習之さんも
朝からロッカー取材に勤しんでおりました。
「今日から実況は新人の島田君が加わって、明日以降は私から島田君に交代していきます。
 久々のオート実況、またGIとかのイベントで実況に呼んで下されば嬉しいですね!特に今節は
 浜松にあっせんされていた小林啓二選手とお会いできたのが嬉しかったです(笑)」


写真は昨晩の遠征選手専用ロッカー・B棟のようす。誰一人おらず、シンと静まり返っております。
でも宿舎にあがってしまったわけではありません。


先日レース道中に他落をこうむってしまった高宗良次選手の
夜を徹したマシンの修理作業を手伝っていたからです。


こちらは鈴木宏和選手のロッカー。宏和選手も先日のレースで落車を喫してしまい、
同期やグループの仲間が修理を手伝っておりました。


そして本日の早朝。柴田紘志選手や五所 淳選手(山陽)が自身の整備を開始しておりました。
宏和選手のマシンを見てみると・・


ガソリンタンクやフェンダーが、見覚えのあるミディアム・パープル色に。そう、
今年3月末に引退された、福井次郎選手の競走車パーツを分解して組み込まれていたのでした。


こちらは選手ロッカー・中央の廊下です。写真左から、野上史豪選手、岸 萌水選手、
本門延唯選手(飯塚)、手前に高宗良次選手(飯塚)、水口寿治選手(飯塚)。
高宗選手も宏和選手も容態は打撲程度とのことで、本日もレースに出場予定です。

posted by ブンブンボーイ at 16:50| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする