2016年02月27日

K−mix杯 GIIウィナーズカップ 4日目のようす


明日2/28()の最終12R「優勝戦」はご覧のメンバーにて8周回で競われます。
熱戦にご期待ください!

なお、本日反妨因となりました早川清太郎選手は明日罰則休、第5Rに身体不良で欠車となりました
亀井政和選手が本日付で早退となり、補充選手は野上史豪選手&小林頼介選手となりました。
ご了承ください。


第12R「ライジングバトル準決勝戦」は波乱。道中第2コーナーにて
6枠・早川清太郎選手が2枠・松山茂靖選手へ接触、松山選手が他落をこうむってしまう
アクシデントが発生。松山選手は自力で避難し競走車を撤去、大事には至らないそうです。
1着4枠・新井恵匠選手(船橋・30期)、2着1枠・佐久間健光選手(船橋・26期)
なお第12R直後は夕方練習実施のために公開インタビューは行われません。


第11R「マスターズバトル準決勝戦」、25期のワンツーフィニッシュ。
1着6枠・森 且行選手(川口・25期)、2着2枠・福村唯倫選手(船橋・25期)


左から、森 且行選手、福村唯倫選手。

森選手:「愛車・ムラサメの動き、良いですね、浜松では。浜松はすごい相性が良いです。
去年の終わりくらいからずっと浜松は良いです。ちょっとスベリが出て物足りなかったので、
昨日のセットに戻してみて明日走ってみます。タイヤも取っておきのがあるのですが、ちょっと
溝が低いので、明日また考えます。若手には負けたくないので、完全優勝を目指していきますので、
応援してください!」

福村選手:「展開が自分でうまく作れました。エンジン状態は初日から非常に良かったです。
今日のままでタイヤも今日ので行きます。スタートは今節は自分なりに一番きれてます。
浜松の8周戦、でも正直浜松が好きなので、一生懸命逃げるだけです。」


準決勝戦まで4連勝の森選手。MC・内野さんの「ピースならぬ、”4連勝”のポーズをどうぞ!」という
お願いに、森選手は「じゃぁ・・・いぇい!(照)」と、ちょっとはにかんで”4連勝ポーズ”を
してくださいました♪このポーズ、浜松では中村雅人選手が開場記念「GIゴールデンレース」を
4連覇した時と同じポーズなんです!浜松オートもオートレースのレース場番号で数えると
船橋、川口、伊勢崎に次いで4番目。ゆかりがありますね♪

  
まるで”スーパーアイドルの握手会”さながらの盛り上がりを見せました、
森選手による優出選手公開インタビュー。走路内のフェンスが開き、イベントプラザまでの
場内通路を選手が歩いてくるとあって、森選手の両サイドにはズラリとファンが並びました。
快く両手で握手を交わしていく森選手。ここまで”選手との距離感の近さ”を味わえるのも
浜松オートならではと言えるかもしれません。浜松オートは穴場のスポットです☆
全国から森選手の応援に駆け付けられました皆さま、おめでとうございました♪


第10R「ライジングバトル準決勝戦」、最終コーナーで逆転の優出すべり込み。
1着3枠・人見剛志選手(山陽・28期)、2着8枠・中村雅人選手(船橋・28期)


左から、人見剛志選手、中村雅人選手。

人見選手:「レースがあまりに必至だったのであまり覚えてないですね。上がりタイム3.373も
こんな数字見たことないです。浜松は相性が良いと自分でも思ってますし、自分でも全てに
満足しています。スタートはバッチリ決まってましたね。レース足は、もう全然追いつかないと
思っていましたが、徐々に追い詰めることができたので、あきらめずに入っていきました。
今節はエンジン整備をよぉやりましたね。全部やりました。タイヤも悩みますが、たぶん
今日のままで行くと思います。”28期のワンツー”なんて、お客さまは面白くないかも知れませんが
一生懸命がんばりますので応援よろしくお願いします!」

雅人選手:「僕も浜松走路は相性が良いですね。昨日までよりアクセル開けやすくなりました。
足色は最後、近い所までいくので、まぁ予選よりは良くなったと思います。もうちょっと重みが欲しい
のと、ちょっと開けやすすぎちゃうので、もうちょっと上がりがよくいけばいいと思います。今日の
最終コーナーは、内だと届かなそうだったので、外へ決め打ちしました。伸びはあると思います。
明日は優勝を狙っていきますので、応援をよろしくお願いします。」


第9R「マスターズバトル準決勝戦」、
1着2枠・浅香 潤選手(伊勢崎・23期)、2着6枠・伊藤信夫選手(浜松・24期)


左から、浅香 潤選手、伊藤信夫選手。

浅香選手:「上がりタイム3.379、ビックリですね、ハイ。試走タイムも出て、エンジンはすごい
乗りやすくなってますね。あとはミスをしなければ。スタート位置では、自分のスタートをきることだけ
考えていました。レースもこの上ない展開ですね。あとは滑らせないよう、コースが小さくならない
ようにだけ考えて走りました。明日へは点検程度で、タイヤも今日ので良いと思います。
明日も一生懸命、めいっぱい走ります。応援よろしくお願いします。」

信夫選手:「4連勝は逃しましたが、エンジンは悪くはないと思います。重たさも感じましたが、
試走タイムが出ていたので、それを信用していきました。さばいていけたので悪くないと思いますが。
3日間1着だったのですけど、何か自分のなかで気に入らなかったので、昨日、エンジンを全部
バラして、良くなったと思います。もうひとつ上が欲しいと思うのですが、いつもここで間違えて
しまうので、それを間違えないように。タイヤは今日ので行きたいのですが、山の高さを見て
考えます。地元の皆さんが観戦に集まって下さるのは嬉しいですね。地元で優勝戦に乗れて、
そしてイベントにお客さまがたくさん残っていただけるのは。3年前に同じタイトルを取っているので、
明日も取りに行きたいです。ひさびさに優勝して、このステージに来れるよう頑張ります。」


第7R「一般戦」に岡谷美由紀選手(浜松・32期)と益 春菜選手(川口・32期)が対戦。
岡谷選手が1着を手に入れました!


第6Rは「はまりっち」会員を対象とした「走路内観戦」を実施。お昼を過ぎると
発売時間が20分近くまで伸びるために、時間をかけて各施設やレース進行など
マニアックな説明を行なうことができました。ご参加ありがとうございました☆

ここでお知らせ。
第5Rにて5枠10線より出場予定でした亀井政和選手(伊勢崎・28期)が身体の不調を訴えて
本日欠車、早退に。なお本日の第5Rは「7車立て」にて競われ、
第5Rの5枠にまつわる購入車券は全額返還となります。ご了承ください。
明日の補充は野上史豪選手に決定しました。

   
今節GIIの特別イベント・「K-mixプレゼンツ 神谷宥希枝の独立宣言ライブ」は開催中毎日、
第5R発売中(12:00頃)と第8R発売中(13:30頃)の2回、イベントプラザにて実施します。
本日の静岡生まれアーティストはキモトシゲルさん。先日はステージMCとして
飯塚オートでおなじみの内野久照さんにお越しくださいました☆
ギターそしてハーモニカを巧みに演奏しつつ、しっとりとした歌を歌い上げるキモトシゲルさん。
フォークソングからバラードと、多彩な演奏&歌唱能力を持つ、浜松出身のアーティストです☆
第9R発売中もライブを実施、どうぞ会場にてお聴きください♪


本日と明日の2日間、浜松オートPRチーム・「遠州動楽會」のメンバーが
自警本部前に設置している「なつかしの歴代競走車」展示コーナーに常駐して
各競走車の解説を行っております。メンバーに一声かければ、競走車に
またがらせてもらえたり、記念撮影ができたりしますので、ぜひお声をかけてくださいね♪


なつかしの競走車展示コーナーの隣では、土日を使って
「スカパー!チューナー変更ブース」を設置。ハイビジョン化でますます見やすくなっている
オートレースの無料中継をぜひご自宅でもお楽しみ下さい!


本日の走路内観戦は急きょビッグイベントに超進化!
なんと走路内観戦の時間中(3R発売中)に、今朝がた走行練習のできなかった分を
補充したいという発令があり、走路内観戦に”走行練習見学”も追加されました!
レーシングスタッフの「走行練習の見学も、お客さま方のご要望があれば」という
粋な計らいで現実となりました。
「走行練習ってこんなに速いスピードで行っているの!?」と、見学された方々は
リアルな練習風景に目を丸くしておりましたよ♪


場内インフォメーション前では、各種の開門先着イベントが目白押しとなっており
10時の開門とともにダッシュで列につくお客さまが。
走路内観戦や選手サイン色紙のプレゼントなど、見事ゲットされました皆さま、
おめでとうございました☆

「走路内観戦」の抽選会や益 春菜選手の「サイン入りA4サイズ写真」贈呈、そして
森 且行選手の「サイン入り大型ポスター」贈呈は明日開門先着で実施します。
どうぞお早めに!
(写真とポスターの入手には3000円分の未確定車券が必要となります)


本日早朝にハプニングが発生。毎朝、走行練習が開始される前に、清掃車による
走路のクリーンアップが行われておりますが、その清掃車が走路内で停止。
自力で動かせない状態となり、スタッフと選手が集団でジャッキと補助輪を使い
手動で清掃車を中庭へと一時退避させました。練習時間がだいぶ過ぎてしまっていた為、
本日は序盤レースの発売時間を使って走行練習とスタート練習を実施するはこびとなりました。

写真手前ではレースの救護チームがダミーの競走車を使って、落車を想定した
競走車の撤去訓練を行なっておりました。

  
写真左:金子大輔選手も早朝から熱を入れた整備に没頭。手前を歩く選手も立ち止まっては
 見守っておりました。
写真右:須賀 学選手はタイヤを念入りに調べておりました。本日は気温が上がりそうで、
 これまでの冷えた走路状況でのパーツでは通用しないかもしれません。

  
朝7時台からロッカーへ向かっていた、青嶋裕治選手、上村敏明選手。
青嶋選手から「毎日、早朝から大変ですね」と声をかけてくださいました♪
上村選手について、今節来場していた伊藤寧歳元選手も「上村君は頑張ってるね」と
ねぎらいのコメントをしておりました。

posted by ブンブンボーイ at 18:20| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする