2016年11月20日

浜名湖ボートレース場にて「第8回浜名湖マラソン」開催


写真:浜名湖ボートレース場内「サンホール」にて。
オートレーサー&ボートレーサーがともに浜名湖マラソンに挑戦です!

11/20()、全国ニュースでは寒波や初雪が報じられるなか、こちら浜松は
11月とは思えないほどのポカポカ陽気に恵まれました。
この日、浜名湖は「ボートレース浜名湖」にて第8回を数える「浜名湖マラソン」が開催。
全国からマラソン愛好家が集まり、ボートレース場の周辺道路3キロ・5キロ・10キロを快走します。
今回はこの浜名湖マラソンに我らが浜松オートレーサーが出走!
浜名湖ボートレーサーとともに5キロそして10キロを走りぬきました。


まずは出場エントリーを済ませて柔軟体操。浜名湖ボートレース場の選手管理地区内です。

☆浜松所属選手・出場メンバー
1枠・柴田紘志選手、2枠・山脇孝志選手、3枠・中村友和選手、4枠・赤堀 翼選手、
5枠・今田真輔選手、6枠・木村直幸選手、7枠・鈴木啓示選手、8枠・岸 萌水選手

  
場内サンホールの手前に受付会場があり、サンホール内にて開会式が行われます。
エントリーを終えた選手たちが続々とホールに集まってまいりました。
選手がいるならば当然、選手を応援するご家族やファンの方々もいるわけでして、
場内ではいたるところに物産やお土産、軽食といった屋台&ブースが設置されておりました。

ちなみに物産展の写真は女性ボートレーサーの木村沙友希選手が撮影。
「今回の記事のお役立てができましたら」と、写真データをおすそ分けして下さいました☆
沙友希選手、優しいお心遣いありがとうございます♪
私は初めての「浜名湖マラソン」取材だっただけに、選手参加&開会式ばかり気にしてしまい
お店の写真を撮り損ねておりました。。イベントレポートとして大変助かります☆


写真:こちらも木村沙友希選手による撮影&ご提供です♪

今回の浜名湖マラソン出場にあたりまして、浜名湖ボートレーサー・豊田 結選手が
新婚のだんな様である浜松オートレース所属・赤堀 翼選手と「選手宣誓」を実施♪
『宣誓!我々はスポーツマンシップに則り、正々堂々と走りぬくことを誓います!』
オートとボートの共同作業、ここに一つとなりました☆

  
正門前がスタート&ゴールラインです。最初に5キロ部門、続いて3キロ(親子)部門、そして
最長10キロ部門でスタートしました。参加者のうち約8割が湖西市以外からの参加だそうです。


出場選手の中には身体にハンデを持つ方もおり、伴走(補助者)がついて参加することができます。
この日の浜松はかなり気温の高い1日となり、絶好のスポーツ日和となりました。



次々とゴールインを成し遂げる参加選手に混じって、浜松ライダーたちも無事に完走を達成。
実際のレース用勝負服を身にまとってマラソンを行なったのですぐに見つけることができ
全員のゴールを写真におさめることができました。


ちなみにこちらは沙友希選手による、ランナーでしか撮影できない道中の写真です。
走っている間も撮影してくださりありがとうございます☆
浜名湖ボートレースファンならばどの場所を走っているかが分かることでしょう(笑)


お礼と言ってはなんですが、沙友希選手&結選手のゴールシーンを撮影しました♪
沙友希選手はカメラを構えている私に気付いてくれてか、ゴールテープ前で
「やった〜♪」と両手を広げるポーズをとって下さいました☆
マラソン完走、おめでとうございます&おつかれさまでした♪


マラソン実施のために敷かれていた交通規制は11:30頃に全面解除となり、
「第8回浜名湖マラソン」は無事に終了となりました。
目標をひとつに最後まで走り遂げた8人ライダー、その表情はみな凛々しく爽やかなものでした☆

最後に代表でどなたかコメントを、とお願いしましたところ、満場一致で
「じゃぁ今回チームリーダーの直幸さんに」とのこと。白羽の矢が立った木村直幸選手(左2)は
「よ〜し、じゃぁみんな!今日は最後までよく頑張りました!この達成を糧に、これからも
いろんな挑戦を続けてまいりましょう!」と力強くコメント。ところがチームのお返事は・・
「直幸さん、よく言いますよ!今日一番、集合時間に遅れてきたくせに〜!(一同笑)」

そう、エントリー時間のぎりぎりになっても集合場所に現れなかった直幸選手をみんなが心配し、
柴田紘志選手は「申し訳ないけどブンブン君、代わりにエントリーしてきてくれない?」と、
参加カードを渡された私が代理で出走登録を行なったのでした(笑)

リーダーへの総ツッコミにて、今回のマラソン大会は無事にお開きです♪
皆さま大変おつかれさまでした&ありがとうございました☆

 おしまい

posted by ブンブンボーイ at 17:36| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする