2016年12月05日

オートレース選手会浜松支部、市内児童福祉施設・「ひかりの子」へ児童用玩具を寄贈しました


2016年12月5日、オートレース選手会浜松支部(代表、中村晋典支部長&西川頼臣副支部長)が
浜松市北区の児童発達支援センター・「ひかりの子」を訪問。
「みんなで仲良く遊んで下さい」と、浜松支部選手の活動募金にて購入した
児童用玩具一式を施設へ寄贈しました。


「子供たちのためにありがとうございました」と、「ひかりの子」より、お礼の感謝状が贈られました。
感謝状はオートレーサーの職場である選手管理地区内ロッカーにて飾られます。


写真:寄贈した玩具で遊ぶ子供たちを見守る中村晋典支部長&西川頼臣副支部長。
写真はトリミング処理をしております。

児童発達支援センター「ひかりの子」は浜松市北区の社会福祉法人
聖隷福祉事業団・「聖隷おおぞら療育センター」内に設けられており、
重度の各障害を併せ持つ方など、より内容の深い医療的ケアを必要とされる方々へ
生活の場を提供している福祉施設であります。
今回、選手会浜松支部が寄贈しました玩具の中でも、子供たちは特に
”音が鳴るおもちゃ”に興味を示しておりました。センターの職員いわく、
「子供たちにとって聴覚(音の鳴るもの)、そして触覚(触り心地のあるもの)をくすぐる玩具に
大変興味をもち、面白がってくれます」とのことです。


年の瀬の時期、ということで、子供たちには一足早い”クリスマスプレゼント”を、そして
「センター内でご利用くだされば」と、職員さんへ「選手会カレンダー2017」を差し上げました。

「支部長さんや副支部長さんも掲載されているのですか?」との問いに、
西川選手はカレンダーのページを開いて「これが僕で、こちらが支部長の写真です」と
ツナギ&勝負服姿の両選手を紹介すると、「雰囲気が全然違って、勇ましいですね!」と
職員さんたちは興味津々。全ページの選手写真を眺めながら
「今度はぜひライダースーツでお越しください、きっと子供たちも喜びますよ!」と
提案してくださいました(笑) 子供たちがツナギやプロテクターを装備した選手の姿を見たら
仮面ライダーだと思ってしまうかもしれませんね♪


「これからもお身体に気を付けて、オートレースを頑張って下さい!」
センターの職員さんがたは、私たちが施設を後にする駐車場まで見送って下さいました。
手厚い対応をありがとうございました☆

オートレース選手会浜松支部は、今後も浜松市内の社会福祉や地域貢献のための
慈善活動を続けてまいります。中村晋典支部長&西川頼臣副支部長、
本日もありがとうございました!


 おしまい

posted by ブンブンボーイ at 20:07| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする