2017年10月12日

遠州動楽會、場内へ「懐かしの競走車」を設置


飯塚3日間開催の場外発売を実施している浜松オート。
午後2時頃、伊藤寧歳元選手が率いる浜松オートPRチーム・『遠州動楽會』さんが
浜松オートへ来場。10/18(水)から開幕する「K-mix杯 GUウィナーズカップ」より先立ち
”トライアンフ”や”フジ”、”メグロ”など「なつかしの競走車」を場内正門右の警備本部前へと
運び込みました。


61年前に浜松オートが開設した際、浜松所属選手の第1期生だった伊藤寧歳元選手。
選手を引退したあとも、こうして歴代競走車の数々を各イベント会場へと持ち運び、展示しながら
現行車・セアとの違いを解説してくださいます。
本日は一般開催の場外発売ですが、遠州動楽會チームと歴代競走車たちがやってくると
場内はたちまち賑やかになりました♪

posted by ブンブンボーイ at 15:45| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする