2018年01月10日

飯塚「SG 第31回 全日本選抜オートレース」場外発売・5日目&浜松前検日のようす



本日1/10(水)は飯塚「SG第31回 全日本選抜オートレース」の場外発売・5日目&

浜松「第2回 花の舞 新酒杯」の前検日。

(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:20)

浜松の今朝は晴れ。開催地・飯塚の天候は「雪」、走路状況「湿走路」。

気温2℃、湿度90%、走路温度2℃と発表。飯塚と浜松で気候が180℃違うようです。





本日は飯塚最終12Rに10周回・0mOP・枠番選択の「SG優勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待ください!





☆1/10(水) 飯塚SG 第12R「優勝戦(10周回・0mOP・枠番選択)」









開門時、吹雪のような走路状況を映していた飯塚オートでしたが

第1Rが始まる頃には雨&小雪へと変化し、路面は全面「湿走路」にて

レースが繰り広げられました。





一方、浜松では軽い防寒でも十分過ごせるほどの好天に恵まれ、検車場前では

今年最初の新品タイヤの入荷が行われました。もっぱら新人選手の作業です。

タイヤの購入選手はこの中からランダムでタイヤが配られていきます。





ロッカーでは既に各選手の競走車がズラリと並んでおり、いよいよ開幕といった雰囲気です。

さっそく赤堀 翼選手、上村敏明選手から「明けましておめでとうございます」と

新年のあいさつをかけてくださいました。



  

写真左から、和田健吾選手、筒井健太選手のマシン。筒井選手はロッカーの奥におりました。



  

写真左:柴田紘志選手のマシン。柴田選手もお部屋の清掃からスタート。

写真右:まずはかぜの予防マスクを装着してから梱包を解く作業に入る山本智大選手(山陽)。



  

写真左から、大月 渉選手(伊勢崎)、藤 達也選手(山陽)。



  

毎年、新年最初の前検日ではお昼時に浜松選手による点呼が行われ、

浜松オートレースの関係者が集合し年頭のあいさつ&お知らせが行われます。



「今節は3日目・1/13()の12R発売中に走路内で”競走車パレード&お餅まき”が

 行われますので、12R出場以外の選手はご参加くださいますようお願いします。」





写真:坊田寿彦選手(山陽)のマシン整備の準備を進める、高木健太郎選手(山陽)。



  

写真左:手前は辰巳裕樹選手、奥は木村直幸選手。どちらもタイヤを選定。

写真右:「どこから手を付けようか…」と、車両とにらめっこする鈴木一馬選手。



全国区選手は皆、本日まで飯塚SGにて競っているため、明日からの浜松開催は

”S級不在”となり、誰もが優勝を狙える下剋上レースとなりそうです。



  

写真左:ハンドルや腰周りを調整するための加工場へ足を運ぶ青嶋裕治選手。

写真右:4日間の生活道具を持ってロッカーへ向かう鈴木辰己選手。





浜松新人選手4名も今節は正参加選手として勝ち上がり権利が与えられます。

(写真は落合 巧選手)優勝戦進出を目指し、頑張っているところですが・・





レーシングスタッフより「走行練習中に落車がありました」という情報が入り、走路を眺めると

第1〜2コーナー付近にて新人・花田一輝選手が単独落車を喫し、救急車に乗る姿が。

競走車はすぐさまダメージチェックのため検車場前へ運び込まれました。

容態は軽い打撲程度とのこと、花田選手は「身体は大丈夫です」と即座にロッカーへ戻り

同じグループの先輩選手とともに車両の修理を始めました。



  

写真左:走行練習の順番を待つ木村享平選手(伊勢崎)。

写真右:右手前は山脇孝志選手、左奥は稲原良太郎選手(山陽)。





昨年大みそかの川口「SSシリーズ優勝戦」にて森 且行選手と激走の末、

準優勝の成績となりました伊勢崎の女子ライダー・藤本梨恵選手。

まずは跳ね対策をしないと、とコメントをくださいました。

「「SSシリーズ優勝戦」の時は、自分が先頭を走っているその外側から、森さんの姿が

見えては消えてを繰り返していて、逃げるのに必死だったのですが、8周回という中距離と、

車体が終始跳ねている状況だったので、最後はインコースから差されてしまいました・・・でも

自分でもあの舞台に立てたことはすごく良い経験と勉強になりましたし、新人の女子たちにも

”女子だってここまでやれる”っていう、何らかのメッセージとして伝えることができたら、

少しはお手伝いができたかな、と。

年が明けてすぐに伊勢崎で地元の新春レースへ出場したのですが、終始タイヤが跳ねっぱなしで

とてもレースになりませんでした。原因がエンジンから来ているのかもしれません。

浜松はとても暖かいところなので、またエンジンの色が変わるかも知れないので、とりあえず

今日の前検日にひと乗りしてみて”跳ね対策”からやっていきたいと思います。」



「他の選手も、浜松へ来たらエンジンが変わっちゃう感じですかねぇ・・?」と

浜松の温暖な気候による乗り味の変化を気にしていた藤本選手。

回復の方向に進むと良いのですが・・今節頑張ってください!





賑わいを見せていた選手ロッカーでしたが、飯塚12R「優勝戦」の映像がモニターに映ると

選手たちはこぞってモニターの前に集まり、ロッカーはたちまち静かになりました。、





優勝戦は冷たい小雨(雪?)の降る湿走路にて競われ、

「”雨でも晴れでも圭一郎”と思ってもらえるように頑張りたい」と語っていた鈴木圭一郎選手が

圧倒的な走力を発揮してチェッカー!昨年に続き破竹の”SG全日本選抜・V2”を達成しました!





今年度をもって勝利の女神・引退を発表した飯塚オートのAKIちゃん、

オッズパークのイメージキャラクター、マキバオーと一緒に

記念撮影の鈴木圭一郎選手。SG全日本選抜V2、おめでとうございました☆





明日1/11(木)からは浜松オート新春開催・「第2回 花の舞新酒杯」が開幕。

開門より恒例の”甘酒”&”酒粕”の先着配布が1Fインフォ付近にて行われます。



そして明日開催初日の3R発売中・イベントプラザ

「浜松オート2018カレンダー販売&サイン会」の参加選手は、

中村晋典選手&平塚雅樹選手に決定しました!

どうぞご参加ください☆






posted by ブンブンボーイ at 17:55| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする