2018年03月31日

川口「第11回 週刊実話杯」場外発売・最終日&浜松前検日のようす

  

本日3/31()をもちまして平成29年度の全国オートレース開催日程が終了となります。

場内では年度ラストレース、川口「第11回 週刊実話杯」の場外発売・最終日を実施、

選手管理地区内では東は伊勢崎、西は飯塚から梱包トラックが続々と到着し、

浜松ロッカーへの搬入作業が行なわれていました。

写真右は先日の飯塚「ミッドナイトオートレース」を終えての浜松入りとなる

浦田信輔選手(飯塚)のマシンです。





浜松オートの走路内・中庭には桜木が一本生えており、満開を迎えています。

確定表示板の背後にも、南駐車場からの桜木が高く伸びており・・





浜松本場開催と桜の季節が重なると、各レースの試走時に外周を回る選手へ

がんばれと激励するがごとく”桜吹雪”が舞い踊ります。この時期だけの見どころです♪



すると第3コーナー奥・フィニッシュゲートの方から「ブロロン、ブロロン」と、

胸躍るセアのエンジン音が聞こえてまいりました。音のする方へと移動してみると・・・





3期連続全国No.1ライダーに輝いた地元浜松の鈴木圭一郎選手が

試走場にてひとり、軽くエンジンを回し乗り味を確かめていました。

試走場の一角にも背の高い桜木が満開となっており、圭一郎選手がふもとを

駆け抜けるたびに桜吹雪が美しく舞い踊っていました。





さて、これまで長らく”月イチ”で浜松市内&周辺のお店屋さんやたばこ屋さん等に掲示されました

「浜松オート月例ポスター」が3月いっぱいで廃止となり、新年度からは

「6カ月 開催日程ポスター」として約半年間、同掲示場所にて貼られることになります。

本日が6カ月開催日程ポスターの配布日となり、前検日と重なってしまいましたが

明日から新年度につき、こちらの各所配布を優先して作業を行ないました。



  

管理棟からちょうど出場エントリーを済ませた遠征新人選手たちが外へ出てきたところで

初の浜松撮影をお願いしましたところ快諾♪左中央は木山優輝選手(飯塚)、

右は山本将之選手(山陽)です。木山選手は花田一輝選手&金田悠伽選手と一緒に。

山本選手:「自分が管理棟へ入った時に3人が退室したところで・・一緒に撮れなくて残念(苦笑)」





今節は新年度初レースとなるため、本格的な前検日作業を開始する前に

浜松市施行者、選手会浜松支部、、競走会浜松支部、日本トーター浜松オートの4組が

検車場に集まり、新年度の挨拶を実施しました。

「このたび4組の一致団結を表す”チーム浜松ポロシャツ”を作製しました。

 後日支給しますのでお待ちください。」



  

写真左:新年度より選手会浜松支部のファンサービス担当となった藤波直也選手。

 お隣の小林悠樹選手と会話をしながら整備を開始。

写真右:和田健吾選手のエンジン整備を手伝う新人・落合 巧選手。奥に師匠の下平佳輝選手も。



  

写真左:グローブを手にはめて整備を開始する岩田裕臣選手(川口)。右手前は石田智之選手。

写真右:文書を回覧する松山茂靖選手。後ろは片岡賢児選手(飯塚)。





廣瀬豪彦選手の左隣のロッカーを借りた岩元 毅選手(飯塚)、まずはロッカーの清掃を実施。



  

写真左:マシンパーツの入ったダンボール箱を開ける金子大輔選手。

写真右:渡邉 篤選手。前面に「チーム・デフジャム」、背面に「クズ会」と書かれたTシャツを着用。





木村武之選手のマシン整備を手伝う山脇孝志選手。

木村選手はおとつい3/29の23時頃に競われました飯塚「ミッドナイトオートレース」・

第5R「優勝戦」にて2着、準優勝の成績をおさめました。





鐘ヶ江将平選手(飯塚)の整備を手伝う平塚雅樹選手。鐘ヶ江選手は3/29の

23:30頃に競われました飯塚「ミッドナイトオートレース」・最終第6R

「ミッドナイト王者決定戦」にて8着の成績となりました。

昼夜をかけた連戦、体調管理&維持も勝負の分かれ目となりそうです。





廣瀬豪彦選手のロッカーに集まってきた鈴木孝治選手、上村敏明選手、野上史豪選手。

大きな整備に取り掛かると聞いて手伝おうと集まりました。





キャブレター内のガソリンを抜く長谷晴久選手。

前節「第13回ヴィーナスカップ」では弟子の新人女子・交川陽子選手が涙の初1着を獲得。

そのレースを師匠の長谷選手もCS放送の映像で観ていたそうです。

長谷選手:「ようやく初めての1着を取ることができて、本人もほっとしているとは思いますが…

これでようやく”始まり”といったところでしょうね。初1着のレースを見ていても、展開に

恵まれたといいますか・・・。八木さん(八木一之選手)が混戦しているうちに先頭に立って

逃げ続けることができたのですが、レース後半では車体が寝かせきれず、前半と比べて

だいぶ起き上がっていましたから、まだまだです。ただ、初の1着を取らなきゃという

重圧からは解放されると思いますから、これからもっと練習をして、強くなってもらいたいです。」

長谷選手、コメントありがとうございました☆





街で見かけたら”インスタ映え”するかも!?

浜松オート〜JR浜松駅を往復している「無料巡回ジャンボタクシー」の

デザインがリニューアルしました♪

ストロベリーピンクとミントブルーのカラーリングがオシャレです♪

JR浜松駅から浜松オートレース場へご観戦に向かわれる方はぜひご利用ください☆





「あぁッ!!」と浜松ロッカーに悲痛の叫びが響いた川口オート「第11回 週刊実話杯」、

最終12R「優勝戦」は6枠・篠原 睦選手(飯塚)が落車を喫してしまい、

8枠・永井大介選手(川口)が外側から接触を受け他落を被ってしまう波乱発生。

レースは続行し、7枠・早川清太郎選手(伊勢崎)が優勝となるも、

時間の都合もありCS放送にて表彰式の映像はありませんでした。

浜松ロッカー内でもしばらくの間、はりつめた雰囲気が続きました。









明日4/1()からは平成30年度・最初の開催、「第36回 中日新聞東海本社杯」が開幕。

各種イベントは浜松オートオフィシャルサイトか出走表にてご確認ください!




posted by ブンブンボーイ at 18:23| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする