2018年06月14日

GUウィナーズカップ 2日目のようす



写真:ASAHIちゃんのラウンドガール。CS中継カメラもサイドカーの走りを追っていますので

 第1コーナー付近は川口オートのオーロラビジョンのようになります(笑)



「K-mix杯 GUウィナーズカップ」、2日目の全レースが終了。

明日のシリーズ3日目は第5Rより「準々決勝戦」がマスターズバトル、

ライジングバトルの順で交互に繰り広げられます。熱戦にご期待ください!



  

そして明日3日目より「浜松オート版・VR体験ブース」が正門奥付近に設置され、

さらに第2&3R発売中、1Fインフォメーション付近にて

はまりっちPREMIUMランク別会員限定イベント、「パターゴルフに挑戦」を実施。

電子マネー・最大5000デルカがその場で貰えるチャンスです☆

どうぞお楽しみに!





第12R「ライジング予選」、空から数滴の雨を感じるも、飯塚完全優勝以降いまだ土つかず。

1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着7枠・高橋義弘選手(川口)、

3着2枠・松生信二選手(山陽)の確定は8-7-2。





第11R「マスターズ予選」は波乱。道中第2コーナーにて3番手の8枠・木村武之選手が

2番手を走る6枠・岩田行雄選手へイン差しを狙うも接触、落車こそなかったものの、両選手とも

着順を落とす結果に。木村選手は審議後、反妨失格と判定されました。

1着4枠・鈴木静二選手(浜松)、2着7枠・佐々木啓選手(山陽)、

3着5枠・山際真介選手(川口)の確定は4-7-5。

レース後に岩田選手をたずねましたところ、「確かに体には触ったけど、身体は大丈夫。

ふたりとも落ちなかっただけでも、良しとしなきゃ。みんなが1着を目指しているレースだもの。

いろんな事があるのが、オートレースなんだよ。」とベンチに座りながらコメントしてくださいました。





第10R「ライジング予選」、猛烈なスタートと即攻が決まる。

1着8枠・佐藤貴也選手(浜松)、2着1枠・小林頼介選手(浜松)、

3着5枠・青木治親選手(川口)の確定は8-1-5。





明日までの3日間、第9〜10Rをかけて「現金が当たるお楽しみ大抽選会」を実施。

「未確定車券」か「はまりっちレシート」2000円分をご持参で1回スロットゲームに挑戦できます。



  

1等から3等まで現金をプレゼント、さらに4等もお買い物に使えるオリジナルQUOカードと

太っ腹なイベントとなっております♪写真左は2等が当たった瞬間です。その後、

1等が当たった瞬間も立ち会えましたが・・4等や3等が当たるたびにギャラリーが増えていき、

1等当選の時には画面が見えなくなるほどの人数にまで会場が盛り上がっていました。

みごと現金をGETしました皆さま、おめでとうございました☆





第9R「マスターズ予選」、道中に審議がかかり、7枠・加賀谷建明選手は反妨失格に。

入着順は繰り上がり、1着2枠・白次義孝選手(伊勢崎)、2着6枠・松山茂靖選手(浜松)、

3着1枠・野田光宏選手(浜松)の確定は2-6-1。





第8R「ライジング予選」、1着2枠・筒井健太選手(浜松)、

2着8枠・中村雅人選手(川口)、3着1枠・稲原良太郎選手(山陽)の確定は2-8-1。





第7R「2連単払戻率80%競走(マスターズ予選)」、1着2枠・山崎 進選手(山陽)、

2着3枠・齋藤正悟選手(浜松)、3着1枠・齋藤 努選手(浜松)の確定は2-3-1。





今節GUはチャンピオンレーサー前にて実施をしている「なつかしの競走車展示」。

GU開催の1日前から元・浜松ライダー1期生の伊藤寧歳さんが来場し、

歴代競走車の紹介と説明を行なっていますが、今日の撮影時には姿が見られません。

(さすがに連日は大変かな)と思いきや、こちらのイベントを担当している浜松オートPRチーム・

遠州動楽會さんいわく、「今ちょうど食堂へラーメンを食いに行ってるところで、今日も午前中から

お客さんへの対応をしていますよ(笑)土曜日はトライアンフをはじめ

最低2台はエンジン掛けする予定です。」

とのこと。本日は第5Rにて第2期生の鈴木章夫選手が1着を獲得しており、

浜松オートは大御所の活躍が目覚ましいですね☆





第6R「ライジング予選」、1着8枠・金子大輔選手(浜松)、

2着1枠・関口隆広選手(浜松)、3着7枠・渡邉 篤選手(浜松)の確定は8-1-7。





第5R「マスターズ予選」、御年72歳の今節GU最年長出場ライダーが1着を獲得!

1着3枠・鈴木章夫選手(浜松)、2着6枠・笠木美孝選手(浜松)、

3着5枠・重富大輔選手(飯塚)の確定は3-6-5。





第4R「ライジング予選」、1着2枠・今田真輔選手(浜松)、

2着8枠・新井恵匠選手(伊勢崎)、3着1枠・柴田紘志選手(浜松)の確定は2-8-1。



  

先日告知しましたとおり、本日の第3R発売中・イベントプラザにて

「佐藤貴也選手の「GU川口記念」優勝報告会」を執り行いました。

”SG初優勝 記念Tシャツ”を自ら着用してステージに登場した貴也選手は、

優勝戦のVTRを見ながら道中〜優勝までの流れを丁寧に解説してくださいました。

貴也選手:「ゴールの直後まで、誰が1着だったのか分からなかったんです。だから映像を

見ての通り、ゴールしても僕、何もしてないでしょう?(会場笑)いつもだったら、ガッツポーズとか

ベットオンミーとか、やってるはずですけど。このあと川口オートの巨大ビジョンでスロー映像が

写って、自分が優勝したんだと分かりました。ようやく両目が$(ドル)箱になってましたね(笑)」



  

イベントのラストは貴也選手へ祝福のクラッカーがポン!ポン!と鳴り、

「GU優勝、おめでとうございまーす!」とお客さまから掛け声があがりました♪



貴也選手はお礼にと言わんばかりに、サプライズで

着用していた記念Tシャツを脱ぎ、その場で投げ込みを行ないました☆

みごとGETできたお客さま、おめでとうございました♪



佐藤貴也選手、GU優勝おめでとうございました&ありがとうございました☆





第3R「マスターズ予選」、1着6枠・青島正樹選手(浜松)、

2着8枠・松尾啓史選手(山陽)、3着3枠・長谷晴久選手(浜松)の確定は6-8-3。





第2R「ライジング予選」、1着5枠・落合 淳選手(伊勢崎)、

2着1枠・木部匡作選手(伊勢崎)、3着4枠・鈴木健吾選手(浜松)の確定は5-1-4。





第1R「マスターズ予選」、1着8枠・伊藤信夫選手(浜松)、

2着2枠・中村晋典選手(浜松)、3着6枠・遠藤 誠選手(浜松)の確定は8-2-6。





浜松オートが誇る場内移動販売・ケータリングサービスの数々。

右手前から、漬けマグロの串カツ「ほっこりDININGきら」さん、焼き鳥「鳥好」さん、

すっぽんエキス入り浜松餃子「あまえん坊」さん、軽食「浜松観光食堂」、

たい焼き「焼きたて屋」さんです。どのお店も100円・150円・200円の低価格で

ほっぺたの落ちるサイドメニューを食べられるのが魅力です。

「ほっこりDININGきら」さんでは漬けマグロの串カツの他に、混じりっけなしの本格・

”じゃがいもコロッケ”も販売。1日に1つ食べたくなりそうな、カリっとほくほくのコロッケです♪

ご来場の際にはぜひご賞味ください☆





走路内では救護班や発走補助員など、レーシングスタッフが選手の朝練習の開始前には

各ポジションに常駐しており、救護訓練や発走補助の練習・確認が行われていました。





朝の走行練習、走路内へ入れる順番を待つ選手による、長蛇の列ができあがっていました。

今回の「GUウィナーズカップ」は27期以前の歴戦選手(マスターズ)と

28期以降の若手選手(ライジング)がそれぞれ4名ずつ、優勝戦進出をかけて競い合います。



つまり、マスターズ選手にとっては「優勝戦」まで、鈴木圭一郎選手や中村雅人選手をはじめとする

若手選手と「予選」&「準決勝戦」を競うことはなく、逆にライジング選手にとっては高橋 貢選手、

木村武之選手をはじめとする歴戦選手とは、「予選」&「準決勝戦」にて競うことがありません。

しかしながら「準決勝戦」はそれぞれ2つのレース

(「マスターズ準決勝戦」は9&11R、「ライジング準決勝戦」は10&12R)

しかなく、それぞれ16名のみが進出、と”狭き門”となっています。





スタート練習。大時計に7の数字が点灯していますが、7番車のフライグではなく、

1度のスタート練習で7回も実施していることを表しています。



  

「K-mix杯 GUウィナーズカップ」、シリーズ2日目。初日に引き続き、

歴戦の「マスターズバトル」が奇数レースに、若手の「ライジングバトル」が偶数レースにて

競われます。熱戦にご期待ください!

早朝の選手ロッカー、本日も鈴木圭一郎選手のマシンは既に検車場へ運ばれており、

圭一郎選手は鈴木宏和選手のロッカーを訪ねていました。



  

写真左:ロッカーへ向かう櫻木公和選手(飯塚)。

写真右:万力を扱う小林瑞季選手(川口)。周囲の先輩の競走車には出走表が置かれていました。



   

写真左:リアタイヤを削る渡邉 篤選手。

写真右:ロッカーへ向かう藤本梨恵選手(伊勢崎)。今節は離れのB棟を使っています。



  

写真左:岩科鮮太選手&浦田信輔選手のロッカー。写真には写っていませんが

 両選手とも既にロッカーに入っており、まずはコーヒーで一服していました。

鮮太選手は「先日(GI初優勝イベント)は、ありがとうございました」とコメントを下さいました。

写真右:選手線宿舎内の食堂へ向かう稲原良太郎選手(山陽)。



  

左から、新井恵匠選手(伊勢崎)、金子大輔選手のロッカー。両選手とも整備を開始していました。




posted by ブンブンボーイ at 19:06| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする