2018年06月15日

GUウィナーズカップ 3日目のようす



写真:夕方練習のようす。SGを彷彿とさせるような参加選手の数です。・・が、

今節GUのレース内容がベテラン勢、そして若手勢と、期別の近い選手同士で

あっせんされているため、レースを通じて距離感が近づき、ともに腕を磨き合うという

新たな絆が生まれているのかもしれません。雨降って地固まる、です。



「K-mix杯 GUウィナーズカップ」、3日目が終了。本日までの成績をもとに、

明日のシリーズ4日目は第9&11Rに「マスターズ準決勝戦」、

第10&12Rに「ライジング準決勝戦」が交互に繰り広げられ、上位2名の選手

(マスターズから合計4名、ライジングから合計4名)が「優勝戦」進出となります。

熱戦にご期待ください!





明日6/16(土)の特別来場ゲストは天使もえさんです。

12:30頃の第6R発売中に「トークショー」を、

14:05頃の第9R発売中に「トークショー&撮影会」をイベントプラザにて実施します。

どうぞお楽しみに♪





そして「鈴木圭一郎選手のNo.1Tシャツ」や

「佐藤貴也選手のSG初優勝記念マフラータオル」などが当たる

「未確定車券抽選会」を第4〜5R発売中、1Fインフォ前にて実施します。

当日2000円分の未確定車券かはまりっちレシートを会場にご持参ください。

景品がなくなり次第終了です、ぜひレアグッズをGETしてください!









第12R「ライジング準々決勝戦」、1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、

2着3枠・鈴木健吾選手(浜松)、3着7枠・中村友和選手(浜松)の確定は8-3-7。





第11R「マスターズ準々決勝戦」、1着2枠・白次義孝選手(伊勢崎)、

2着4枠・阿部剛士選手(川口)、3着8枠・高橋 貢選手(伊勢崎)の確定は2-4-8。





第10R「ライジング準々決勝戦」、1着8枠・中村雅人選手(川口)、

2着3枠・落合 淳選手(伊勢崎)、3着7枠・渡邉 篤選手(浜松)の確定は8-3-7。





本日は浜松市内の施設を観光客へ案内するボランティアチーム、

「浜松観光ボランティア」のスタッフさんが一日をかけて浜松オートを視察。

よりオートレースの奥深さを知ってもらうために、わたくしブンブンボーイが数レースをかけて

ロッカー内見学や走路内見学を案内し、大忙しの舞台裏をご覧いただきました。

するとちょうど、全国No.1オートレーサー・浜松オート所属の鈴木圭一郎選手が

試走場へエンジンを鳴らしにいくところを発見。日本一のオートレース選手が

ここ浜松オートに所属していることに、観光ボランティアのスタッフさん方も驚きの様子で

圭一郎選手の作業のようすを熱心に眺めていました。





第9R「マスターズ準々決勝戦」、4枠・越智尚寿選手のフライングにより失権、再発走へ。

1着5枠・笠木美孝選手(浜松)、2着2枠・齋藤正悟選手(浜松)、

3着8枠・若井友和選手(川口)の確定は5-2-8。





第8R「ライジング準々決勝戦」、浜松市の観光ボランティアチームの皆さんが

浜松市の施設めぐりとして浜松オートを視察。研修用の「走路内観戦」を実施しました。

1着4枠・緒方浩一選手(山陽)、2着6枠・岩科鮮太選手(浜松)、

3着8枠・金子大輔選手(浜松)の確定は4-6-8。





第7R「2連単払戻率80%競走(マスターズ準々決勝戦)」、道中に審議がかかり、

6枠・遠藤 誠選手は反妨失格となりました。1着2枠・山崎 進選手(山陽)、

2着3枠・長谷晴久選手(浜松)、3着1枠・中村晋典選手(浜松)の確定は2-3-1。





本日と明日の2日、各日第2&3R発売中・1Fインフォメーション付近にて

はまりっちPREMIUM会員ランク別限定イベント・「パターゴルフに挑戦」を実施。

会場にてPREMIUM会員カードのご提示が必要です。



はまりっちPREMIUM会員のランク上位ほどカップの近くからパッティングができ、

ボールが大きいカップへ入ったら電子マネー・1000デルカ、

小さいカップへ入ったら5000デルカをその場でチャージします!

写真の通り、サウスポー用のパットも用意してあります♪

今日失敗してしまっても、明日もお一人様1回チャレンジができますので

ホールインワンを目指してがんばってください☆

※パターの代理打ちはできません。





第6R「ライジング準々決勝戦」、1着8枠・佐藤貴也選手(浜松)、

2着5枠・鈴木宏和選手(浜松)、3着2枠・今田真輔選手(浜松)の確定は8-5-2。





第5Rより「準々決勝戦」がマスターズバトル・ライジングバトルの順で行われます。

第5R「マスターズ準々決勝戦」、1着6枠・森 且行選手(川口)、

2着5枠・岩田行雄選手(伊勢崎)、3着3枠・鈴木静二選手(浜松)の確定は6-5-3。




先日痛恨の反妨失格により、木村武之選手は本日第4Rの「一般戦」に。雨脚がとだえ、
にわかに乾き始めた走路にて30線単騎から全車抜きを披露し1着を獲得しました。
1着8枠・木村武之選手(浜松)、2着1枠・野上史豪選手(浜松)、

3着7枠・平塚雅樹選手(浜松)の確定は8-1-7。



というわけで本日の「予想屋さんによる第4R予想会」、チャンピオン・佐々木さんの

第4R予想はズバリ的中となりました!おめでとうございました☆


 
本日までの3日間、第4R発売中・イベントプラザにて実施しました、場内予想屋さんによる
「第4Rレース予想会」。公営競技初心者さんにとって、ベテランさんの集まっている
予想屋さんの屋台に近づくのは、ちょっと気が引ける・・という方のためにに、
ぜひ予想屋さんの解説をステージイベントとしてお聴き頂きたい、というのがコンセプトです。
本日の予想担当はチャンピオンの佐々木さん。佐々木さんは本日第4Rを、
「このメンバーの中で雨でも自在、かつ、後続の抑え込みに長けているのは、1枠の野上選手。
朝練習でも雨走路のなか、外側と内側の両方を試し乗りしていましたが、やはり内側のほうが
早く走れていました。野上選手が雨走路を抑え込んで混戦となった場合、さばける腕があるのは
やはり先日の反妨失格に泣いた8枠の木村武之選手。通常は木村選手は、同ハンに必ず
数名の選手が並ぶポジションになりますが、本日は珍しく「単騎スタート」なんです。
20線の混戦を早めにくぐって行ければ、技量からしても木村選手が先頭へ。そして
6車並んだ20線勢の中からは、ランク上位かつ雨巧者である7枠・平塚雅樹選手が、
木村選手がやってくる前に野上選手を攻略できるか、がカギになるでしょう。」
ということで木村武之選手、野上史豪選手、平塚雅樹選手にマル印が付けられましたが、
果たして!?


本日より場内の夜警本部前にて「浜松オート版・バーチャルリアリティ体験」ブースを設置。
固定された競走車にまたがり、360℃全面を見渡せるゴーグルをかぶると、目の前には
実際のオートレーサーがレースを行なっている時の景色が広がります。
「選手はこのように浜松走路でハイスピードバトルを繰り広げている」という
疑似体験をお楽しみください、参加は無料です☆


場内チャンピオンレーサー前では、GU期間中「なつかしの競走車展示」を実施中。
伊藤寧歳元選手が率いる浜松オートPRチーム、「遠州動楽會」さん協力によるイベントです。
「浜松オート版バーチャルリアリティ体験」ブースに設置されている競走車も、実は
遠州動楽會さんから車両をお借りしております。いつもありがとうございます☆


朝の走行練習のようす。ご覧の通り、路面が水鏡になって写っているほどの雨となりました。
強く降ったり、弱く降ったりを繰り返しています。

  
左から、越智尚寿選手(飯塚)、藤岡一樹選手(山陽)。


左から、岩田行雄選手(伊勢崎)、鐘ヶ江将平選手(飯塚)。管理地区内にはいたる所に
手動開閉式の”ひさし”があり、雨天時に広げて屋外でエンジンを鳴らすことができます。

 
伊勢崎ナイターから浜松デーレースへ休みなし、連戦の藤本梨恵選手(伊勢崎)。
ですが朝8時には整備作業を開始していました。頭が下がります。

  
写真左:雨具を着て車両の停めてある検車場へ向かう稲原良太郎選手(山陽)。
写真右:検車場にて鈴木圭一郎選手の車両の隣に停める柴田健治選手。


自身のロッカーへ向かう辰巳裕樹選手。隣のロッカーでは栗原俊介選手(伊勢崎)が
既に整備作業を始めていました。


写真:早朝からタイヤ作りを進める鈴木健吾選手、櫻木公和選手(飯塚)。

「K-mix杯 GUウィナーズカップ」、シリーズ3日目。
浜松の天候は未明から雨が降り始めており、小雨や本降りが繰り返し起きています。
選手ロッカーでは朝8時をまわる前から「チュイーン、チュイーン」という、
タイヤを作る音が各所から鳴り響いていました。


鈴木健吾選手と仲のよい、同28期の小林悠樹選手(左奥)。手前は新井恵匠選手(伊勢崎)。


posted by ブンブンボーイ at 19:06| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする