2018年07月06日

伊勢崎ナイター「第4回 居酒屋まつり・寿家杯」場外発売・初日


先日繰り広げられました浜松オート「アイアンクラフト杯」・最終12R「優勝戦」は
雨の止まった湿走路にて競われ、悪状況をも味方につけた山陽ライダー・
丹村飛竜選手が6周回を走破して優勝を獲得し、幕を閉じました。

本日7/6(金)は伊勢崎ナイター「第4回 居酒屋まつり・寿家杯」の場外発売・初日。
(開門予定時刻14:00、第1R試走開始14:39)
本日は早朝から全国ニュースでも報じられていますとおり、各所にて猛烈な雨を観測。
こちら浜松も強い雨が断続的に降り続いています。

開催地・伊勢崎の天候は「小雨」、走路状況「湿走路」。
気温22℃、湿度95%、走路温度25℃、風速2m、降水確率は午後〜夜まで80%と発表。
1日雨のレースとなりそうです。



場内ではグリーンスタンド1Fの発売所を増やす工事を開始。その間、
第1発売所(メインスタンド東側)を使用できるようにするそうです。
ご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承ください。




先日は浜松オートに続き飯塚オートの「ミッドナイトオートレース」もシリーズ最終日でした。
最終7R「優勝戦」は浜松と同じく小雨の降る湿走路での決戦となり、
大外まわりvs最内しぼりという走路の幅を広く使ったレース展開に。
6周をかけた勝負は内線ぎりぎりのイン走行を選択し徹底した
4枠10線・青木治親選手(川口)に軍配が上がり、自身2度目となる
「ミッドナイトオートレース」優勝を獲得しました!
飯塚オートのお馴染み・AKIちゃん&千鶴さんも拍手をして治親選手の勝利を祝福♪


優勝からひさしく遠かった治親選手。ようやく手に入れた昨晩の勝利に、
「いろんな方々の応援や、先輩&後輩選手の手助けを頂けたおかげで、ようやく
ふたたび優勝することができました・・」と、きっとこれまでの苦労や支えの記憶が
走馬灯のように駆け巡ったのでしょう、治親選手はインタビュー時に幾度もあふれ出る涙を
ぬぐいました。人情にアツい男・解説の釜本さんも、目をうるわせて祝福の拍手を贈っていました。

青木治親選手、「ミッドナイトオートレース」優勝、おめでとうございました☆


posted by ブンブンボーイ at 11:12| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする