2018年10月03日

SG 第32回全日本選抜オートレース 前検日 (非開催日)



本日10/3(水)は浜松オート10月の大決戦・

「オッズパーク杯 SG第32回全日本選抜オートレース」の前検日。

(場内は非開催日です)

本日の浜松の天候は晴れ、空高く大きな白い雲が流れています。

前検日の走行練習にもってこいの気候です。





浜松オートの正門では朝から大忙し。出走表を印刷するプリント用紙、さらには

場内のトイレに設置するトイレットペーパーといった各種紙類が到着し、

日本トーター浜松オートスタッフたちが集合し、場内へと運搬。

SGの5日間ともなると相当の数、そして重さになりますがチームで手分けをして運びました。





一方、管理地区内では競走会スタッフによりSG出場選手の競走車や梱包箱、

購入タイヤなどが運び込まれていました。





つい昨日まで川口オートにて開催があり、

10線最内枠から出場の3枠・平田雅崇選手が優勝を成し遂げました。

川口オートにあっせんされていた浜松SG出場選手のマシンも今朝到着しました。





本日は午後からの出場エントリーを前に、佐藤貴也選手による

「日本エジミウソン財団」への”寄付金授与式”が走路内にて行われました。

※エジミウソン…元・ブラジル代表のサッカー選手。エジミウソン氏自身が貧困層の出から

 世界トップのプロサッカー選手へと活躍を遂げたことから、現在は貧困に苦しんでいる

 子供たちへのスポーツ・部活動支援として慈善活動の財団をブラジルに設立。

 のちに日本にも「日本エジミウソン財団」が設立されました。



「一般財団法人 日本エジミウソン財団」 の役員さんと貴也選手がお知り合いだったこと、そして

浜松はかねてよりブラジルとの親交が深いこと、などから今回、貴也選手も慈善活動に参加。

スポーツに携わる競技選手として、トラックである走路内での授与式を提案しました。





佐藤貴也選手から、一般財団法人「日本エジミウソン財団」理事・鈴木哲也様へ。

授与式にはスポーツ報知の淡路記者も参加しており、明日以降のオートレース記事にて

掲載予定とのことです。どうぞお楽しみに♪

☆佐藤貴也選手コメント

「自分も”いちアスリート”として、次の世代の子供たちが不自由な思いをすることなく、

 夢を追っていけることを願い、寄付することといたしました。どうぞお納めください。」





グレードレースの恒例、前検日の”事前抽選会”。

腕の立つ選手同士が集まるグレードレースでは、勝ち上がりによって8車全員ハンデ0mの

オープンレース(枠番は抽選形式)になることが多々あります。

0mオープンレースが決定するたびに選手を集めて抽選会を行なうのは時間や手間が

かかるため、あらかじめ番号を伏せた名簿に出場エントリー順から名前を記入し、

0mオープンレースが決まるたびに伏せた数字を開いて、数字の若い順から

1枠、2枠、…と枠番を決めていきます。選手たちはまず、この名簿に名前を書きこんでから

いよいよ前検日の整備を開始する、といった流れです。





寄付金の授与式を終えて背広からTシャツに着替えた貴也選手は

休む間もなく整備を開始。手前は松本やすし選手(伊勢崎)です。





川口の新人・黒川京介選手が先輩選手たちの作業準備を前もって進めているところへ、

師匠の中野憲人選手、そして佐藤摩弥選手がやってきました。

写真右はタイヤ削りを始める森谷隼人選手(川口)です。



  

写真左:さっそくタイヤ選びから開始した吉原恭佑選手(伊勢崎)。

写真右:「いよいよSGですね・・・」とタイヤ加工場手前のベンチで会話をする、

田中 茂選手(飯塚、右)と岩科鮮太選手(左)。岩科鮮太選手は元・飯塚所属で、先輩の茂選手と

同じグループでした。浜松斡旋の際は鮮太選手の隣のロッカーを茂選手が借りています。





お昼を過ぎていよいよ走行練習の許可がおり、走路には真っ先に

黒川京介選手が走り込みを開始。新人・2級車にてSGレースに挑みます。



ちなみに、明日のSG開催初日は恒例の”1着選手サイン書き”をCS放送にて実施します。

ひとレースを終えるごとに、1着選手の合計12名が中継カメラのカバーガラスへ

直接マジックでサインを書き込みますので、CS中継をどうぞお見逃しなく!



  

左から、重富大輔選手、久門 徹選手。ともに飯塚ライダーです。

浜松にあっせんされると毎日入念に走行練習をするイメージがあります。





昨日川口オートにて優勝を納めたばかりの平田雅崇選手(川口)が、はやくも

午前中のうちに浜松ロッカー入りを果たしました。気合が入ります。

「エンジンは良いほうですね。ただ、川口での状態が浜松でも通用できるか、です。」

平田選手は数個のキャブレターを手に持っていました。

すると平田選手のもとへ「優勝、おめでとう」と、同じ川口所属の大木 光選手や

中村雅人選手、そして新井恵匠選手(伊勢崎)が声をかけていました。





競走車を浜松ロッカーへと運び込む、(写真手前から)岩田裕臣選手(川口)、

櫻井晴光選手(伊勢崎)、松山茂靖選手。





天日干ししてあった競走車の頃合いをみてからツナギに着替えて走路へと移動する

緒方浩一選手(山陽)。





会話をしながら作業を進める、(手前から)丹村飛竜選手(山陽)、荒尾 聡選手(飯塚)。

ロッカーのお向かい、会話のお相手は・・





金子大輔選手でした♪笑顔も見えて、雰囲気はとても良さそうです。

この記事を書いている際、私のデスクへ「今節、よろしくお願いしまーす!」と、

元・飯塚オート勝利の女神、AKIちゃんが挨拶にやってきました♪

はるばる飯塚からご足労さまです、こちらこそ5日間頑張ってください☆



  

写真左:近況好調、地元飯塚の特別GTでは4日目まで3着以内の連対を続けた

 高宗良次選手(飯塚)。先輩選手のロッカーをセッティング。

写真右:選手食堂へ向かう西村龍太郎選手(山陽)。



  

浜松へ到着、髪をかき上げながら指定のロッカーに入るや、すぐさまツナギに着替えて

走路へ駈け出し走行練習を開始した森 且行選手(川口)。

浜松走路は相性が良いという森選手、まずは前検日のひと乗りです。



  



ここでニュースが入ってまいりました!



明日10/4(木)から開幕する「オッズパーク杯 SG第32回 全日本選抜オートレース」、

イベントの一部内容変更と追加が決定しました。



・10/4(木) 3R発売中、イベントプラザ 「選手会による義援金 募金活動」の参加選手が

藤波直也選手、そして川口の新人・黒川京介選手に決定!

☆皆さまのご協力をよろしくお願いします!



・10/6()〜8() 開門〜、正門奥通路

落合 巧選手、花田一輝選手、金田悠伽選手の3名による

「選手会浜松支部選手 災害義援金 募金活動」を3日間実施

☆皆さまのご協力をよろしくお願いします!



・10/7() 3R発売中、イベントプラザ

「浜松オート選手会カレンダー2019 販売記念サイン会」を、

鈴木圭一郎選手のNo.1勝負服 チャリティオークション』 に変更

☆晴れ勝負服の2枠(黒)と、雨勝負服の4枠(青)をステージで競売にかけます。

売上は災害義援金とします。都合が良ければ鈴木圭一郎選手自身がステージに登場!?

どうぞお楽しみに!





上記ニュースを書いているさなかに走路から「ブリュン」という異音が聞こえ、扉を開けると

田村治郎選手(伊勢崎)がスリップ落車を喫し、自ら立ち上がって外周へ避難していました。

他車との接触はなく、一時走行練習中段の赤旗が振られました。

田村選手の元へロッカーから池田政和選手(川口)などが駆け寄っていくと、

「すみません、すべっちゃいました・・」とコメント。

容態は軽傷、打撲程度と思われ、すぐにロッカーへ戻っていきました。





各社新聞記者をはじめ、公営競技ライター・沢 朋之さん、CS放送の安原幸子さんなど

取材陣がチームとなって選手ロッカーひとつひとつを回りインタビューを実施。

スポーツ新聞の記事にも注目です。





チーム川口でお互いのマシン状況の確認をしあう、(左から)山田達也選手、

大木 光選手、中村雅人選手、早船 歩選手。4人とも鈴木健吾選手のそばのロッカーを使用。



  

こちらは神妙な面持ちで談義をする木村武之選手と佐藤裕二選手(川口)。佐藤選手は

浜松遠征時、木村選手や中村晋典選手、伊藤信夫選手と過ごしていることが多いです。





こちらは遠征選手専用、離れのロッカー「B棟」。池田政和選手(川口)のマシン整備を

谷津圭治選手(伊勢崎)、西原智昭選手(伊勢崎)、五十嵐一夫選手(川口)が

手伝っていました。元・船橋ライダーズです。



  

こちらは山陽ライダーズ。左から、岩崎亮一選手、角南一如選手、前田 淳選手。

前田選手がツナギの下に着ているスポーツ・アンダーウェアがまるでウルトラマンみたいです。



  

写真左:若井友和選手(川口)は遠藤 誠選手のそばのロッカーを使用。その手前には

 永井大介選手(川口)もロッカーを借りています。「よろしくお願いします」と声を掛けて下さいました。

写真右:左から、古木 賢選手(川口)、黒岩 明選手(川口)。新聞記者の取材に対応。

 その奥は岩沼靖郎選手(伊勢崎)です。



このあと、上記の”SG追加&変更イベント”を浜松オートオフィシャルサイトへ

アップする作業に入り、完了した時には前検日の作業時間が終了となっていました。

本日はここまでです。







写真:「なかなか良いバイクだよねぇ」と、駐車してあったトライアンフ製バイクを眺めて

会話をする岡部 聡選手(山陽)と鈴木 清選手(川口)。





いよいよ明日より「オッズパーク杯 SG第32回全日本選抜オートレース」が

浜松オートにて開幕します。

初日10/4(木)の開門先着プレゼントは、



・先着200名様「紙パックドリンク」配布

・先着100名様「場内予想屋さん1回ご利用券」配布

・グリーンスタンド入場者先着200名様「スポーツ新聞」配布



・永井大介選手のサイン色紙 10名様

 2000円分の未確定車券かはまりっちレシートを1Fインフォ前の会場へご提示ください。

・SG出場のご希望の選手サイン色紙 5名様

 2000円分の未確定車券かはまりっちレシートを1Fインフォ前の会場へご提示ください。

※選手都合によりサイン色紙を得られない場合があります。

・鈴木圭一郎選手のサイン入りSG開催告知ポスター 2名様

 3000円分の未確定車券かはまりっちレシートを1Fインフォ前の会場へご提示ください。

・鈴木圭一郎選手のサイン入りSG開催告知のぼり旗 3名様

 5000円分の未確定車券かはまりっちレシートを1Fインフォ前の会場へご提示ください。



となっています。どうぞお早めに!




posted by ブンブンボーイ at 18:02| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする