2018年10月20日

浜松オートのある街・和合町「西和地区」にて秋祭りが開催されました



本日より浜松オートは山陽「GU第29回 若獅子杯」の場外発売を実施、その一方で今日明日の

2日間をかけて、浜松オートのある街・和合町の「西和地区」(新屋地区+寸田ヶ谷地区)では

恒例の「秋祭り」が開催。本日は15時を過ぎたあたりから時雨が降りだし、

一時は御殿屋台の曳き回しの中止も心配されましたが、17時頃に雨雲が千切れて

天候が回復。夜6時半頃、浜松オート・中駐車場にて無事に両地区の御殿屋台がご対面となり、

休憩をとりながらお囃子演奏のお披露目が交互で行われました。





「雨が心配されましたが、こうして無事にお祭りができて、良かったです!」

と、自治会長さんのご挨拶。続いて各地区の組長さんによる挨拶も行なわれました。



  

お祭りを遂行するのはとても大変で、何カ月も前から、御殿屋台の飾り付けをはじめ

曳き回しのルートを決めたり、子供たちへお囃子の演奏を伝授したりと、街に住む一人一人が

お祭りを後世に残していこうと団結し、持てる力を出しあって、ようやくお祭りが開催されます。





写真:今年の新屋地区&寸田ヶ谷地区の組長さん。お祭りのまとめ役、お疲れ様です。





今年もお祭りができて&仲間と顔を合わせることができてよかった、と、

新屋地区の皆さんと寸田ヶ谷地区の皆さんが、ここ浜松オートの中駐車場に集結し、

お互いを讃えたのち、ふたたびそれぞれの地区へと旅立っていきます。

ちなみに両地区の合流は毎年土曜日のみとなっています。また来年お会いしましょう☆



 

浜松オートレース場は和合町西和地区の中の「新屋地区」に属しています。

新屋地区では秋祭りのイベントの一つとして”手筒花火”が南駐車場にて実施されます。

手筒花火のチームは毎年、自分たちの手筒花火を手作りし、しかも、お囃子の演奏を

頑張ってくれる子供たちや、子供会のお母さん方へ、片手で持てるサイズの

「ミニ手筒花火」を製作し、ねぎらいとして花火の体験をさせてあげています。

毎年7月に集会所で「親子花火教室」を行っている新屋地区ですから、

消防士さんに習っているとおり、水バケツや消火器などの準備は万端です♪





そして秋祭りに多大なるご支援を頂いてる役員様宅へ訪問しての”祝い練り”を実施☆

お祭りラッパと太鼓を響かせながら、肩車をしてのバンザイ三唱が行われます。





ラストは浜松オート南駐車場のお向かいにある三社神社&屋台置場へ

無事に戻ってきての締め練りを実施♪土曜日の日程はすべて終了となります。





お祭りの実行委員長さんも担ぎ上げての祝い練りとなりました☆

昨年は大雨のため、ほとんどのイベントが中止となってしまっただけに、

今年は2年分貯めていたエネルギーを発散させていたように見えました♪







和合町西和地区・秋祭りの初日を終えて。

「ブンブン君!僕たち西和・新屋組の、元気いっぱいなところをブログに紹介してよ!」と、

組長さんを中心に記念撮影☆ 皆さんとても仲が良いです♪





うらやましいほど女性陣に囲まれてのモテモテ状態だったり、





「ブンブン君!僕らも仲の良いところを撮ってくれ〜!」と、

テンションMAXの修学旅行みたいなノリです(笑)



和合町西和・新屋地区はアットホームな方々の住む、あたたかい町です♪

お祭り初日、お疲れ様でした☆ 明日も頑張って下さいね!



 おしまい


posted by ブンブンボーイ at 23:28 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする