2018年11月04日

川口「SG第50回日本選手権オートレース」場外発売・最終日のようす


川口オートにて5日間をかけて繰り広げられました伝統の一戦、
「オッズパーク杯 SG 第50回 日本選手権オートレース」。本日はシリーズ最終日、
第12Rに頂上決戦・10周回0mOPの「優勝戦」が繰り広げられます。

先日の「準決勝戦」にてあと一歩のところで優出を逃してしまった選手たちが
本日第11Rの「特別選抜戦」に出場。ところがこのレースでアクシデント発生。
道中第3コーナーにて3枠・新井恵匠選手(伊勢崎)のインコースを差そうとした
5枠・鈴木圭一郎選手がまさかの前輪接触、新井選手は態勢を立て直しましたが
圭一郎選手は落車、審議の末に落防失格となり、浜松の場外発売でも
悲痛の叫びが場内に響きました。容態が気になるところです。



そして最終決戦、第12R「優勝戦」では試走を終えた頃から川口の空から雨粒が・・・。
雨脚は長く続かなかったものの、走路状況が「ブチ走路」に変化したなかで
ナイター設備が稼働しレースが競われました。


終始混戦の大激走を呈した50年目の「日本選手権オートレース」優勝戦。
8枠・丹村飛竜選手(山陽)との先頭をかけた攻防戦に競り勝った伊勢崎ライダー、
4枠・青山周平選手は、中盤の追走役となった5枠・若井友和選手(川口)そして終盤の
3枠・早川清太郎選手(伊勢崎)との接戦も振りきって栄光のゴールへ。
SG優勝のチェッカーフラッグを青山選手が手に入れ、2着の準優勝は早川選手と
伊勢崎ライダーズによる”日本選手権ワンツー・フィニッシュ”を成し遂げました!!

  
ついに手に入れたSG日本選手権のタイトル。青山選手は喜びを爆発させて、
お客様からの”青山周平コール”をお願いしていました☆



ライトアップされた中での優勝選手表彰式。
川口オートのイメージガール・菜乃花ちゃんから祝福の花束が贈られました♪
菜乃花ちゃんもオートレースを世に広めるべくCMやイベント等、PRを頑張ってくださいました☆


そして優勝旗は川口オートの選手会副支部長・青木治親選手から贈呈されました。
青木選手は青山選手と同じく、世界を駆け抜けた元・ロードレーサーです。
この快挙は将来を担うモーターサイクルスポーツの選手たちにとっても
大きな自信と希望につながったかもしれませんね。



笑顔で賞金パネルを頭の上に支えて”一番ポーズ”を決めてみせた青山周平選手。
接戦&混戦での頂上決戦を制したことで、さらなる飛躍への糧となったことでしょう♪

青山周平選手、半世紀の歴史をもつオートレース伝統の一戦、
「SG 第50回 日本選手権オートレース」・優勝おめでとうございました☆



明日からの浜松オートは山陽3日間開催の場外発売を実施します。
どうぞお楽しみに♪

posted by ブンブンボーイ at 18:34| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする