2018年11月28日

第14回レッドリボンカップ 2日目のようす



ここでお知らせ。石貝武之選手に続きまして、明日以降の補充選手として仲口武志選手が決定。

本日罰則休の遠藤 誠選手が明日復帰となり、シリーズ3日目は第1Rから通常の8車立てにて

競われることになりました。応援をよろしくお願いします!





今一度、次回開催「第33回 日刊スポーツ杯」の特別イベントのお知らせです。



浜松オートフェイスブック等にてお知らせしましたとおり、先日11/26の飯塚オート・

「GT開設62周年記念レース」にてみごと優勝を成し遂げました金子大輔選手の

優勝報告会&握手会」を12/8開幕の浜松オート開催・「第33回 日刊スポーツ杯」初日、

第5R発売中・イベントプラザにて執り行うことが決定しました☆



イベント時、ステージ左側にて「飯塚GT優勝記念ウィナーズカード」を配布。

金子選手自ら皆さまへお配りします。どうぞお早めにご来場ください!





明日の「第14回 レッドリボンカップ」・シリーズ3日目は

いよいよ第5&10〜12Rに伸るか反るかの「準決勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待ください!







第12R、火花散る日没の決戦。1着8枠・木村武之選手(浜松)、

2着7枠・岩田行雄選手(伊勢崎)、3着4枠・松井大和選手(山陽)の確定は8-7-4。





第11R、1着7枠・岩科鮮太選手(浜松)、2着6枠・金山周平選手(伊勢崎)、

3着8枠・加賀谷建明選手(川口)の確定は7-6-8。





第10R、1着6枠・柴田健治選手(浜松)、2着8枠・青島正樹選手(浜松)、

3着5枠・田中 哲選手(伊勢崎)の確定は6-8-5。





記事を書いている最中にわたくしブンブンボーイへ内線電話が入り、

「本日来場ゲストのSUGOROKUさんがとてもオートレースに関心をもってくださり、

 選手管理地区内を案内して頂きたいのですが」とのこと。

オートレースを覚えて下さるのでしたら、ぜひとも、と、急きょレッドリボン関係者の皆さまと一緒に

ロッカー見学を実施しました。するとSUGOROKUの皆さんは興味津々で

「あれってどんな作業なんですか?」、「ここがこうなっているのは、なぜですか?」等々、

”よくぞ聞いてくれました”と言わんばかりの、通好みの質問をたくさんしてくださいました♪

私も嬉しくなってしまい、時間を延長してオートレースの奥深さを説明させていただきました☆





第9R、1着7枠・笠木美孝選手(浜松)、2着6枠・古木 賢選手(川口)、

3着8枠・新井恵匠選手(伊勢崎)の確定は7-6-8。





第8R、1着8枠・西原智昭選手(伊勢崎)、2着1枠・片岡信之選手(浜松)、

3着7枠・藤波直也選手(浜松)の確定は8-1-7。





第7R、1着7枠・鈴木宏和選手(浜松)、2着8枠・平田雅崇選手(川口)、

3着5枠・伊藤正司選手(伊勢崎)の確定は7-8-5。





レッドリボンプレゼンツ・日替わり「ライブステージ」は今節毎日第6&9R発売中、

イベントプラザにて実施します。本日の来場アーティストはSUGOROKU(すごろく)さん。

浜松を拠点に活動している静岡出身アーティスト・森一馬さんと、ライブイベントで出会った

同い年のソロアーティストたちによる、結成1年目の新ユニットです。

「僕たち”昭和56年生まれ”という言葉をもじってS56・「すごろく」と名付けました。」

明日は森一馬さんによるソロライブが行なわれます。引き続きお楽しみに♪





第6R、1着6枠・鈴木一馬選手(浜松)、2着2枠・金田悠伽選手(浜松)、

3着3枠・深澤 悟選手(伊勢崎)の確定は6-2-3。





第5R以降は「準々決勝戦」が繰り広げられます。

第5R「ランチアタック準々決勝戦」、道中審議がかかり4枠・木村享平選手は反妨失格に。

1着1枠・落合 巧選手(浜松)、2着2枠・磯部真樹選手(山陽)、

3着5枠・佐久間健光選手(伊勢崎)の確定は1-2-5。





朝の走行練習時に単独落車を喫してしまった伊勢崎の新人・伊藤正真選手の

車両修理が大至急で行なわれ、お昼前に完了。レースの発売中を使って

走行&スタートのチェックを実施しました。

異常がなければ第9Rに1枠ゼロハンから出場します。





今節毎日第3R発売中はイベントプラザにて「選手会カレンダー2019 販売記念サイン会」を実施。

本日2日目の参加選手は西川頼臣選手&岩科鮮太選手です♪



  

お客さまからの「握手してもいいですか?」というお願いに、

「いいですよ!ありがとうございます!」と、ぐっと固く握手を交わしていく、

心優しい岩科選手&ダンディな西川選手。両選手に会いたくて

ご来場くださったファンの方も多くいらっしゃいました♪

西川頼臣選手&岩科鮮太選手、サイン会のご参加ありがとうございました☆





先日の落車アクシンデントにより花田一輝選手、人見剛志選手(山陽)、遠藤 誠選手が

それぞれ本日休場に(花田選手&人見選手は身体不良のため早退、遠藤選手は罰則休)。

本日以降の補充選手が石貝武之選手のみとなったために

第1&2Rは「7車立て」にて競われることになりました。

第1Rの1着は7枠・木村直幸選手、2着は2枠・永井和幸選手(川口)です。





練習でしのぎを削る、淺田真吾選手と加賀谷建明選手(川口)。





スタート練習。スタートの瞬間、わずかにタイヤが浮き上がっています。

いわゆる先立ち(ウィリー)で、先立ちしてしまうとスタート時の瞬発力や動力を

十分マシンに伝えることができず、加速力が落ちてしまい後手に回ってしまうことが多いそうです。





第2コーナー外周、ライフセーバーさんの詰所の前から撮影。

1級車での走行練習をする金田悠伽選手のアウトコースをまくる落合 巧選手。

金田選手は落合選手との車間を計っていました。



すると詰所から撮影を見にやってきたライフセーバーさんから

「いつも撮影とホームページ作り、おつかれさんね」と、コーヒーの差し入れをいただきました☆

励みになります、ありがとうございます!





朝の走行練習中、伊勢崎の新人ライダー・伊藤正真選手が第3コーナーでスリップ落車。

正真選手はすぐさま起き上がり、倒れた車両を起こしてファイティングゲートまで運び出しました。

擦過傷でしょうか、左掌の下のあたりを少々気にしているようでした。

本日は第9R「準々決勝戦」に出場予定、車両の修理が急がれます。





早朝の整備時間にて交川選手に呼び止められ、

「走行フォームを研究したいので、今日も私が走っている写真を撮ってもらえますか!?」

と依頼を受けました。もちろん、おやすい御用です!と、今朝の走行練習も開始の9時から

終了時間の10時過ぎまで走路に入り撮影を続けました。





「第14回レッドリボンカップ」、2日目の早朝。検車場にて浜松の新人・交川陽子選手と

岩本君男選手がマシンのタイヤを温めながら乗り方の談義をしていました。



  

写真左:ジャッキを持ってロッカーに向かう金田悠伽選手。

「1着を獲れたのは良かったですけど、まだタイヤがハネていて乗りにくさがあるんですよ。。」

写真右:飲み終わった缶コーヒーを丁寧に洗い上げする鈴木啓示選手。





挨拶まわりをしていた新人の落合 巧選手&伊藤正真選手(伊勢崎)へ声をかける

近藤裕保選手(伊勢崎)。新人選手を気づかう後輩思いの近藤選手、笑い声があがっていました。



  

写真左:ロッカーへ向かう保永高男選手(伊勢崎)。岩野 守選手(飯塚)も整備を開始していました。

写真右:屋外の加工場で表面を削ったタイヤを転がしながらロッカーに運ぶ平田雅崇選手(川口)。

 奥には先日自落してしまった廣瀬豪彦選手の姿も。「身体は大丈夫です」とのことです。





朝のコーヒーを淹れてから先日落車してしまったグループの先輩・遠藤 誠選手の

マシン修理の準備を始める鈴木宏和選手。

遠藤選手は落因(落車妨害による他車落車原因)のため本日1日罰則休となり、

1日をかけて車両を修理します。



  

写真左:ロッカーに向かい金田悠伽選手へおはようと声をかける鈴木健吾選手&戸塚 茂選手。

写真右:出走表で出場メンバーを確認する仲田恵一朗選手(伊勢崎)。





早朝から整備を開始する岩田行雄選手(伊勢崎)へ声をかける上村敏明選手。

ながらくオートレースをけん引してきたレジェンドライダーズのツーショットです。


posted by ブンブンボーイ at 19:02| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする